澤田賢也
            Blog http://smbserver.spaces.live.com
2010/3/19                                           1
開発環境 と 利用環境

            SSASの開発

            基本的な開発手順

            時間ディメンジョン

            まとめ

2010/3/19                 2
2010/3/19   3
Small Business Server 2008             Windows Server 2008
         (SQL Server)               (SQL Server SSAS 9.0/10.0/1...
Small Business Server 2008         Windows Server 2008
         (SQL Server)           (SQL Server SSAS 9.0/10.0/10.5)



...
 SBSのMonitoringデータベースの情報




2010/3/19                   6
2010/3/19   7
 多次元軸の分析
 操作が簡単
 非正規データ

 しかし、
     大量のデータ
     時間軸




 シートの分割
 データの加工

2010/3/19      8
3次元分析


データベースから
 データの取込
(キューブ処理)




            ソース
                                      ピボットテーブル
                     ...
1. 新しいプロジェクトの作成
2. データソースの選択
3. データソースビューの作成
4. キューブの作成
5. 属性の追加
6. キューブの処理
7. キューブブラウザでの確認
    1.      リレーションの変更
    2.  ...
2010/3/19   11
 新しいプロジェクト で、以下のプロジェクトを選択
     [プロジェクトの種類]
      ビジネス インテリジェンス プロジェクト
     [テンプレート]
      Analysis Servicesプロジェクト




2...
 ソリューション エクスプローラ
     [データ ソース]を右クリック
     [新しいデータ ソース]からウィザード起動




2010/3/19                     13
2010/3/19   14
プロバイダー                                                      10.5(CTP)   10.0   9.0
     .NETプロバイダー
       SqlClient Data P...
 ソリューション エクスプローラ
     [データ ソース ビュー]を右クリック
     [新しいデータ ソース ビュー]からウィザード起動




2010/3/19                         16
関連テーブルを自動判断して追加。
            リレーションも反映される



2010/3/19                      17
2010/3/19   18
 ソリューション エクスプローラ
     [キューブ]を右クリック
     [新しいキューブ]からウィザード起動




2010/3/19                  19
2010/3/19   20
2010/3/19   21
2010/3/19   22
ファクトテーブル
            メジャー




                      ディメンジョンテーブル




2010/3/19                           23
 ソリューション エクスプローラ
     [Event type.dim]をダブルクリック
     データソースビューから属性へドラッグ&ドロップ




2010/3/19                        24
 ソリューション エクスプローラ
     [SBS Monitoring.cube]を右クリック
     [処理]を選択




2010/3/19                           25
SSASに変更を加えたら、
            必ず、キューブの処理を実行する




2010/3/19                     26
 ソリューション エクスプローラ
     [SBSMonitoring.ds]を右クリック
     [デザイナーの表示]の「権限借用情報」を確認




2010/3/19                        27
 [キューブ]は作成できた
     [キューブの処理]の確認も問題ない




2010/3/19                 28
 各種フィールドへ配置




2010/3/19          29
 修正 ー [Description]がおかしい




2010/3/19                       30
 [SBS Monitoring.div]を表示
     [リレーション]をダブルクリック




2010/3/19                       31
 修正 完了




       データのつくりによって、ディメンジョンの階層を使用してもよい


2010/3/19                               32
2010/3/19   33
 ソリューション エクスプローラ
     [ディメンジョン]を右クリック
     [新しいディメンジョン]からウィザード起動




2010/3/19                     34
SQL Server データベース
            が必要




2010/3/19                   35
SQL Server データベース
            が必要




2010/3/19                   36
2010/3/19   37
 [SBS Monitoring.div]を表示
     [リレーション]をドラッグ&ドロップで追加




                         「名前つき計算」を追加してる



2010/3/19            ...
 [EventLog]テーブルを選択
     右クリックメニューから「データの探索」を選択




2010/3/19                      39
2010/3/19   40
 [SBS Monitoring.cube]を表示
     [ディメンジョンの使用方法]を表示




2010/3/19                        41
2010/3/19   42
 時間軸フィルターの追加




2010/3/19           43
2010/3/19   44
 はじめてSSAS開発を行うときは、
   SQL Server 2008(10.0)・2008 R2(10.5) から
   始めることをお勧めします。

 SQL Server 2005(9.0)・2008(10.0)・2008 R2(...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

はじめてのSSAS開発

2,735

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,735
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

はじめてのSSAS開発

  1. 1. 澤田賢也 Blog http://smbserver.spaces.live.com 2010/3/19 1
  2. 2. 開発環境 と 利用環境 SSASの開発 基本的な開発手順 時間ディメンジョン まとめ 2010/3/19 2
  3. 3. 2010/3/19 3
  4. 4. Small Business Server 2008 Windows Server 2008 (SQL Server) (SQL Server SSAS 9.0/10.0/10.5) データ キューブ ※SQL Server データベース エンジンはなくでもいい Windows 7 (SQL Server Business Intelligence Development Studio) 2010/3/19 4
  5. 5. Small Business Server 2008 Windows Server 2008 (SQL Server) (SQL Server SSAS 9.0/10.0/10.5) (データの更新) (キューブの処理) 今回は、データベースにログ データの参照・分析 が自動追加されるので不要 Windows 7 (EXCEL ピボットテーブル) 2010/3/19 5
  6. 6.  SBSのMonitoringデータベースの情報 2010/3/19 6
  7. 7. 2010/3/19 7
  8. 8.  多次元軸の分析  操作が簡単  非正規データ  しかし、  大量のデータ  時間軸  シートの分割  データの加工 2010/3/19 8
  9. 9. 3次元分析 データベースから データの取込 (キューブ処理) ソース ピボットテーブル でデータ分析 時間 タイプ ディメンジョン(分析軸) メジャー(集計対象) 2010/3/19 9
  10. 10. 1. 新しいプロジェクトの作成 2. データソースの選択 3. データソースビューの作成 4. キューブの作成 5. 属性の追加 6. キューブの処理 7. キューブブラウザでの確認 1. リレーションの変更 2. ・・・・  時間ディメンジョンの追加 2010/3/19 10
  11. 11. 2010/3/19 11
  12. 12.  新しいプロジェクト で、以下のプロジェクトを選択  [プロジェクトの種類] ビジネス インテリジェンス プロジェクト  [テンプレート] Analysis Servicesプロジェクト 2010/3/19 12
  13. 13.  ソリューション エクスプローラ  [データ ソース]を右クリック  [新しいデータ ソース]からウィザード起動 2010/3/19 13
  14. 14. 2010/3/19 14
  15. 15. プロバイダー 10.5(CTP) 10.0 9.0 .NETプロバイダー SqlClient Data Provider ○ ○ ○ OracleClient Data Provider ○ ○ ○ Microsoft SQL Server Compact Data Provider ○ ○ Microsoft SQL Server Compact Edition Client Data Provider ○ ○ ネイティブ OLE DB Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Analysis Services 10.0 ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Analysis Services 9.0 ○ Microsoft OLE DB Provider for Data Mining Services ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for DTS Packages ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Indexing Services ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for OLAP Services 8.0 ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Oracle ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for SQL Server ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Simple Provider ○ ○ ○ MSDataShape ○ ○ ○ OLE DB Provider for Microsoft Directory Services ○ ○ ○ SQL Native Client ○ ○ SQL Server Native Client 10.0 ○ ○ SQL Server Replication OLE DB Provider for DTS ○ ○ SQLXMLOLEDB ○ SQLXMLOLEDB 4.0 ○ 2010/3/19 15
  16. 16.  ソリューション エクスプローラ  [データ ソース ビュー]を右クリック  [新しいデータ ソース ビュー]からウィザード起動 2010/3/19 16
  17. 17. 関連テーブルを自動判断して追加。 リレーションも反映される 2010/3/19 17
  18. 18. 2010/3/19 18
  19. 19.  ソリューション エクスプローラ  [キューブ]を右クリック  [新しいキューブ]からウィザード起動 2010/3/19 19
  20. 20. 2010/3/19 20
  21. 21. 2010/3/19 21
  22. 22. 2010/3/19 22
  23. 23. ファクトテーブル メジャー ディメンジョンテーブル 2010/3/19 23
  24. 24.  ソリューション エクスプローラ  [Event type.dim]をダブルクリック  データソースビューから属性へドラッグ&ドロップ 2010/3/19 24
  25. 25.  ソリューション エクスプローラ  [SBS Monitoring.cube]を右クリック  [処理]を選択 2010/3/19 25
  26. 26. SSASに変更を加えたら、 必ず、キューブの処理を実行する 2010/3/19 26
  27. 27.  ソリューション エクスプローラ  [SBSMonitoring.ds]を右クリック  [デザイナーの表示]の「権限借用情報」を確認 2010/3/19 27
  28. 28.  [キューブ]は作成できた  [キューブの処理]の確認も問題ない 2010/3/19 28
  29. 29.  各種フィールドへ配置 2010/3/19 29
  30. 30.  修正 ー [Description]がおかしい 2010/3/19 30
  31. 31.  [SBS Monitoring.div]を表示  [リレーション]をダブルクリック 2010/3/19 31
  32. 32.  修正 完了 データのつくりによって、ディメンジョンの階層を使用してもよい 2010/3/19 32
  33. 33. 2010/3/19 33
  34. 34.  ソリューション エクスプローラ  [ディメンジョン]を右クリック  [新しいディメンジョン]からウィザード起動 2010/3/19 34
  35. 35. SQL Server データベース が必要 2010/3/19 35
  36. 36. SQL Server データベース が必要 2010/3/19 36
  37. 37. 2010/3/19 37
  38. 38.  [SBS Monitoring.div]を表示  [リレーション]をドラッグ&ドロップで追加 「名前つき計算」を追加してる 2010/3/19 38
  39. 39.  [EventLog]テーブルを選択  右クリックメニューから「データの探索」を選択 2010/3/19 39
  40. 40. 2010/3/19 40
  41. 41.  [SBS Monitoring.cube]を表示  [ディメンジョンの使用方法]を表示 2010/3/19 41
  42. 42. 2010/3/19 42
  43. 43.  時間軸フィルターの追加 2010/3/19 43
  44. 44. 2010/3/19 44
  45. 45.  はじめてSSAS開発を行うときは、 SQL Server 2008(10.0)・2008 R2(10.5) から 始めることをお勧めします。  SQL Server 2005(9.0)・2008(10.0)・2008 R2(10.5) では、分析できるデータが異なります。  データソースは、正規化を検討してください。  SSASでは、ディメンジョン(分析軸)を どのように表現するかを決めていきます。  これ以外にデータの更新とキューブの処理の 検討が必要です。 2010/3/19 45
  1. Gostou de algum slide específico?

    Recortar slides é uma maneira fácil de colecionar informações para acessar mais tarde.

×