業界 3 位の歩む道                                         -銅メダリストの苦悩-                                                            ...
要因を 3 位品目の成長・衰退、および上位品目の衰【図 2 シェア 3 位品目と 2 位品目・4 位品目の差】                                                              退、下位品...
衰退による棚ぼた的な逆転は 3 位品目とその下位                                    かつてのように売上至上主義という風潮は薄らぎ、品目との関係ほど期待できない。                        ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

業界3位の歩む道 -銅メダリストの苦悩-

245

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
245
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

業界3位の歩む道 -銅メダリストの苦悩-

  1. 1. 業界 3 位の歩む道 -銅メダリストの苦悩- ボーダーゼロ 2008 年 8 月 北京オリンピックもあと僅か。 日常生活での格差が叫ばれて久しいがビジネス オリンピックの表彰台に上ることのできる選手は僅 での格差もここ数年進んでおり、その証左として 1 位か 3 人であり、ビジネスシーンも同様で業界に君臨 品目のシェアが図 1 のとおり逓増している。また、上できるのは僅かに限られている。当レポートでは、表 位 3 品目合計では、59.8%(2002 年)→61.1%彰台の当落線上にある 3 位品目を製造・販売してい (2006 年)と上位へのシェア集中が加速している。る企業(銅メダリスト)に焦点を当て、彼らが業界で置 【図 1 シェア 1 位品目のシェア推移】かれている位置づけを明らかにしてみる。 (%) 30.2 なお、分析に当たってのデータは日経産業新聞 30.0「市場占有率」の 2004 年版(2002 年集計データ) 29.8から 2008 年版(2006 年集計データ)の 5 年分(135 品目)を参照している。シェア算出については 29.6「売上金額」「販売数量」など参照データを単純平均 29.4している(「売上金額」もしくは「販売数量」に統一して 29.2いない)。 29.0 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 しかし、上位 3 品目の各々の推移に目を転じると、 銅メダリストのシェアは伸びるどころか、2002 年か ら 2006 年にかけて低下している。つまり、上位 3 品 目合計のシェア拡大は上位 2 品目の伸びが 3 位品 目の衰退を補うほどの伸びを示しているのである。さ らに注目すべきは、2 位と 3 位との差が拡大している のに反し、3 位と 4 位の差が縮小するという、3 位に とっては上位をうかがうどころか下位からの脅威にさ らされるという苦しい状況にある(次ページ図 2 参 照)。Copyright ©2008-. Border Zero All rights reserved. -1-
  2. 2. 要因を 3 位品目の成長・衰退、および上位品目の衰【図 2 シェア 3 位品目と 2 位品目・4 位品目の差】 退、下位品目の成長に分類してまとめてみた(図 3)。 (%) 7.0 なお、「成長」「衰退」の定義は表 1 のとおり。 6.5 6.0 【図 3 3 位品目のランク推移要因】 3 位品目と 2 位品目のシェア差 5.5 (件) 5.0 60 3 位の衰退 4.5 50 3 位品目と 4 位品目のシェア差 4.0 2 位の衰退 40 3.5 3 位の成長 30 3.0 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 20 4 位の成長 10 3 位品目にとって上記のような厳しい状況がなぜ 0生まれつつあるのか。シェア増減に伴うランク上下の 1位←3位 2位←3位 3位→4位 3位→5位以下 【表 1 用語定義】 シェア増減の向き 定義 上位品目 下位品目 下位の増大シェア幅>上位の増減シェア幅 成長 ↑/ -/↓ ↑ 上位の成長を下位が上回る場合 例:M&A や商品のヒットなど 上位の減少シェア幅>下位の増大シェア幅 衰退 ↓ ↑/ -/↓ 下位の成長後シェアが上位の成長前シェアを下回る場合 例:事業撤退や商品ライフサイクルの後期など 図 3 から次の 3 点が特徴として挙げられる。 2).図 3 から、3 位のランクが上昇したケースの内 の約 2/3 が、3 位品目の成長によって勝ち取ったも 1) 2 位品目と3位品目とのシェア差拡大にも関 のであり、その事実は 3 位品目が 1 位に大躍進する わらず、2 位と 3 位の逆転件数が最も多い ときにはより顕著である。すなわち、1)で示したよう 2) 3 位品目の上昇は自らの成長により実現 に 2 位品目とのシェア差拡大の中で逆転するために は、3 位品目企業による努力なくして実現はないとい 3) 3 位品目の転落の要因は、下位の成長よりも うことを示している。 3 位自らの衰退による 3).2)とは異なり 4 位との逆転では約 1/2 が 3 1).図 2 では 2 位品目とでここ数年の間にシェア 位の衰退による転落(4 位品目自らの成長努力が逆差が拡大傾向にあることを示したが、実際は 2 位と 3 転の要因であるというケースは 2 位と 3 位の間ほど位が逆転するケース件数は 3 位と 4 位が逆転する 多くない)が占め、3 位が 5 位以下に転落するケースケースよりも多い。このことから、シェア拡大傾向に にではほとんどが 3 位の衰退によるものとなっていある 2 位と 3 位が逆転するためには、両者の間で大 る。一方で、2)で示したとおり 3 位が上位に食い込幅なシェアの増減が生じていると判断できる。 むには自らの成長によるケースが多く、上位品目のCopyright ©2008-. Border Zero All rights reserved. -2-
  3. 3. 衰退による棚ぼた的な逆転は 3 位品目とその下位 かつてのように売上至上主義という風潮は薄らぎ、品目との関係ほど期待できない。 それがためにシェアの位置づけも幾分変化が生じて いる。だが、シェアや業界内での順位はわかりやす 上記 3 つの特徴の通り、3 位品目を扱う企業は上 いという特徴も手伝って未だに注目を集めていること位との差が拡大する一方で下位との差が縮小し、油 は紛れもない事実である。3 位品目を扱う銅メダリス断すればすぐに逆転を許してしまうという極めて厳し トたる経営者にとって、自らの商品を表彰台に立たい環境での舵取りが求められる存在である。 せるべく経営努力を行うのか(2 位を追い越すには 従来以上の努力が必要)、表彰台を守るための経営 ではなく別の指標に基づいた経営を行うべく勇んで 表彰台を降りるかの検討・意思決定を行うべき時期 に差し掛かっている。 以上 《お問合せ先》 ボーダーゼロ Border Zero 福元 聖也(ふくもと まさや) URL:http://www.borderzero.com UCopyright ©2008-. Border Zero All rights reserved. -3-

×