Your SlideShare is downloading. ×
0
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

オープンデータに関する海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~

793

Published on

2013年10月21日に開催された経済産業省公共データWGでの発表資料です。

2013年10月21日に開催された経済産業省公共データWGでの発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
793
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. オープンデータに関する 海外の最新動向 ~Open Knowledge Conference を中心に~ 庄司昌彦 shoji@glocom.ac.jp 国際大学GLOCOM 主任研究員 Open Knowledge Foundation Japan 代表 1
  • 2. Open Knowledge Conference • Open Knowledge Foundationが 毎年開催する国際会議 • • • • • • • • 2007年3月 OKCon ロンドン 2008年3月 OKCon ロンドン 2009年3月 OKCon ロンドン 2010年4月 OKCon ロンドン 2011年6月 OKCon ベルリン 2012年9月 OKFest ヘルシンキ 2013年9月 OKCon ジュネーブ 2014年7月 OKFest ベルリン(予 定) 2
  • 3. • 会場:CICG (International Conference Centre Geneva) • 参加者:900人 OKCon Flickrより 筆者撮影 筆者撮影 • 共催:スイス政府 • 開催に合わせ データポータル を開設 • プログラム • スピーチ • パネル • ワークショップ • ハッカソンも複 数実施 筆者撮影 筆者撮影 • 関連イベント • Opening up the United Nations 3
  • 4. 世界各国の動向(抜粋) • ウルグアイ • ラテンアメリカ初の地域会議 「Conference on Open Data in Latin America and the Caribbean」開催 • チュニジア • 2011年11月Open Data チュニジ ア発足。海外の支援を受け活動 中。 • 目的は人権保護、透明性 • リベリア • 政府はまだ紙で管理しているため クリエイティブにデジタル化する 方法が必要 • 香港 • オープンデータ不十分だが市民参 加は広がっている • 政府サイトでは統計、交通、環境 データ等が公開 • ネパール • イタリア • スパゲッティ・オープンデータ (公務員も参加するオンライン・ コミュニティ)が牽引 • 多数のローカルイニシアチブ。 • 政府の関与は弱く、活動もデータ も構造化されていない • 有志がデータポータルを立上げ • ハッカソン等を通じ能力開発 • インド • 8月に政府データポータル開設 • 3500データセット • アクティブな都市が多数 • ロシア • オープンデータカウンシルが作ら れた。行政、ビジネスマン、アク ティビストが参加 • 1000データセットを連邦政府が 公開 • フィリピン • 11-12月に政府データポータル開 設 4
  • 5. • 日本、韓国、香港、バングラデシュ、 オーストラリアからの参加者で、アジア 太平洋連携を相談 • オンライン情報交換、International Open Data Dayでの協力、地域OKCon開催等 筆者撮影 • 技術的先進性=制度的リーダーとは限らない • (アジアの)関係構築・ルール作りに早期か ら踏み出していく必要 5 バングラデシュの有力紙「プロトム・アロ」より
  • 6. Chris Taggart氏資料より OpenCorporates • 欧州のオープンデータチャ レンジでアプリ部門3位 • 欧州委員会や金融安定理事 会にも関わる • 「オープン化がデータの質 を高める」 Chris Taggart氏資料より 6
  • 7. 英国と世界銀行の存在感 • 世界銀行 • 英国 • 「オープンデータはグローバルス テージへ」 • 「開発のためのオープンデータパートナ シップ」のため、120万ドルを世界銀行か らODIとOKFに拠出 • → G8、OGP • 「ユーザとの協働をどうすればもっ とよく出来るか?」 • 社会課題アプローチ • ODIはNESTA(科学・技術・芸術基金) と組み2年で7つのチャレンジを実施 • 予算は約1.9億円(運営費含む) • 問題設定から民間の声を入れ、ビジネ スと技術者と政府の協働で推進。 • データの種類や質についてフィード バックを受けてから開発フェーズへ OKFブログより 7
  • 8. ハッカソンの次は? • 限界 • 「週末だけでできることは限られる」 • 「アプリが産業を作ることはない」 • ハッカソンの強みは何か? • • • • 認知度向上 開発者間のネットワーキング 官民のコミュニケーション 面白いアイディアがイノベーションの 契機に • ヒント • • • • 社会課題設定(英国NESTA) インキュベーション(ODI) 長期滞在型Code 4 EU/America B2Bマーケット • オープンデータチューリッヒ 1. OGDは政治的サポートを必要とする 2. Building up OGD is not running OGD 3. OGD is not a project that runs by itself 4. OGD is communication. communication, communication, com munication. • Twitterもニューズレターもラウンドテー ブルもリーフレットも… 5. The revenue side of OGD is not only about numbers 8
  • 9. 米国の動向 • 原則オープンデータ化 • • 新たな政府の情報資産は基本的にオープンで、マ シン・リーダブルに • • 2013年5月大統領令 行政管理予算局(OMB)がオープンデータポリ シーを発行。各省庁は対応 National Day of Civic Hacking • 2013年6月1-2日に全米で開催 • 各地のデータを集約・共有 • 行政から課題設定+データ提供 • 政府停止によるData.gov閉鎖 • Sunlight Foundationブログ 「APIではなく生データが重要」 9

×