Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
インターナショナル・オープンデータ・デイ2014オンラインレクチャー(1)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

インターナショナル・オープンデータ・デイ2014オンラインレクチャー(1)

  • 3,171 views
Published

 

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,171
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9

Actions

Shares
Downloads
14
Comments
0
Likes
5

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. インターナショナル・ オープンデータ・デイ2014 庄司昌彦 Masahiko SHOJI 一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン 代表理事 国際大学GLOCOM 主任研究員 1
  • 2. International Open Data Day 2014 2014年2月22日(土) 世界158会場、国内32会場で開催! 2
  • 3. 3
  • 4. オープンデータとは オープンデータとは、自由に使えて再利用もでき、かつ誰でも再配 布できるようなデータのことである。従うべきはせいぜい「作者のク レジットを残す」あるいは「同じ条件で配布する」程度である。 出典: http://opendefinition.org/ 「公開されたデータ」ではなく、「オープンライセンスの(広く開かれた利用条件の)」データ。 機械可読が望ましいが、まずは「利用できる」ということが重要。 開放資料 4
  • 5. データ循環社会のプロセスの一部 データ提供 データ生成 •一元化 •権利処理 •活用を前提とした 形式・内容 事業化支援 データ循環 社会 •企業育成 •市民活動支援 課題発見分析 •対話と協働 •リテラシー向上 開発 •解決、価値創出 筆者作成 5
  • 6. 電子行政オープンデータ戦略 (2012年) 1. (行政の)透明性・信頼性向上 目 2. 国民参加・官民協働 的 3. 経済活性化・行政効率化 1. 原 2. 則 3. 4. 政府自ら積極的にデータ公開 機械判読可能な形式で公開 営利・非営利目的を問わず活用促進 取組み可能なデータから速やかに公開 『世界最先端IT国家創造』宣言(2013年) 公共データについては、オープン化を原則とする発想の転換を 行い、ビジネスや官民協働のサービスでの利用がしやすいよう に、政府、(略)地方公共団体等が保有する多様で膨大なデータ を、機械判読に適したデータ形式で、営利目的も含め自由な編 集・加工等を認める利用ルールの下、インターネットを通じて公 6 開する。
  • 7. 政府主催イベント・コンテスト 7
  • 8. G8オープンデータ憲章 技術的別添 翻訳:OKFJ 8
  • 9. データセット別の公開の現状と今後の取組予定 (「日本のオープンデータ憲章アクションプラン」より) 9 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai53/plan_jp.pd
  • 10. 10 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai53/plan_jp.pd
  • 11. 11 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai53/plan_jp.pd
  • 12. 12 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai53/plan_jp.pd
  • 13. 13 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai53/plan_jp.pd
  • 14. 14
  • 15. 政府データカタログサイト試行版 省庁名 国土交通省 文部科学省 環境省 内閣府 財務省 厚生労働省 経済産業省 総務省 法務省 農林水産省 警察庁 防衛省 公正取引委員会 人事院 金融庁 外務省 宮内庁 消費者庁 内閣法制局 内閣官房 復興庁 合計 データ数 2771 832 802 755 705 701 452 427 419 368 276 254 148 126 93 93 78 45 35 17 11 9408 15
  • 16. 可視化による社会的インパクト 税金はどこへ行った? 「税金はどこへ行った?」横浜市版 16
  • 17. 可視化による社会的インパクト 説明責任・啓発 Recobery .gov You Choose 市民参加型予算編成へ 17
  • 18. 可視化による社会的インパクト 説明責任・啓発 伝わるインフォグラフィックス 経済産業省 自分で計算して みる少子高齢化 (株)シンクトナイト 18
  • 19. ビジネス支援 ・ 業界プラット フォーム G to 地元産業 • 農林水産 • 観光 • 建築土木 • 伝統工芸 • エネルギー • 製造 • 流通…etc <現場の課題> B B • • • • to コストの削減 仕事が楽になる 事業機会の発見 市場の拡大 to C 19
  • 20. G to B to B to C 農業:市場/直売所売上データ 株式会社いろどり (徳島県上勝町) • つまもの(葉っぱ)販売 – 年間2億円の売上(2011年) • 徹底した農家間データ共有 – 市場から上勝町JAに入った注 文情報 – 出荷状況、入札価格 – 販売動向予測、過去の出荷数 量と単価の比較 – 各生産農家の出荷実績、月間 売上金額(順位付き) 内子フレッシュパークからり (愛媛県内子町) • 道の駅(直売所) – 年間7億円の売上 • 販売情報管理「からりネット」 – POS(販売時点即時情報管理) を活用 – 出荷者はどこでも携帯電話で売 れ筋や残品をリアルタイムに確 認 – 売れ行きに応じ、農家が新鮮な 作物を納入 – トレーサビリティにも対応 20
  • 21. 「地域の○○を探す」 子育て関連情報の民間提供 • かなざわ育なび.net (横浜市金沢区) • – 施設・イベント情報を 場所と生年月日で カスタマイズ提供 – 使用データは 「二次利用可能」な 条件で一般にも提供 – 行政内外からのアイデアで新サービス 創出へ。アイデアソン、ハッカソンを開 催 千葉市 妊娠出産手続き情報 – Yahoo!と連携 – 「妊娠・出産 手続き&得するお金 チェックリスト」サービスに活用 – 現時点では千葉市以外の自治体では 全国一律の一般的な情報しか得られ ないが、千葉市では妊婦や乳児向け 健康診断にかかる費用や、独自の子 ども医療費助成等の情報を得られる Yahoo!Japan かなざわ育なび.net 21
  • 22. 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 • オープンデータに関する速報をご紹介します • 最終成果は2014年3月に公開予定 22
  • 23. [表頭] [表側2重] (SA)問4項目10.現在、国などでは情報システム調達の適正化を図るため、ガイドラインや参考となる各種の情報を公開していま す。それぞれの活用状況について、あてはまるもの1つずつお選びください。-電子行政オープンデータ戦略 (SA)問28.貴自治体の形態として、あてはまるもの1つをお選びください。 全体 調達条件や規 調達の参考に 範として用い している ている 知っている 知らなかった 全体(n=702) % 100.0 0.3 ③4.3 ①52.8 ②42.6 都道府県(n=29) % 100.0 0.0 6.9 86.2 6.9 東京都特別区(n=14) % 100.0 0.0 0.0 92.9 7.1 政令指定都市(n=11) % 100.0 0.0 9.1 90.9 0.0 政令指定都市以外の市(n=357) % 100.0 0.3 ③5.3 ①59.4 ②35.0 町(n=238) 村(n=53) % % 100.0 100.0 0.4 0.0 ③2.9 ③1.9 ②41.6 ②22.6 ①55.0 ①75.5 都道府県(n=29) 東京都特別区(n=14) 政令指定都市(n=11) 政令指定都市以外の市(n=357) 町(n=238) 村(n=53) 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 23
  • 24. (SA)問20.オープンデータに関する取組みについて、どのようにお考えでしょうか。現在のお考えに最も近 実数 % 1 全体 積極的に進めるべきである 711 59 100.0 8.3 2 進めるべきである 128 18.0 3 4 5 6 できるだけ慎重に進めるべきである まだ判断できない、様子見である 必要性を感じていない その他 174 311 36 3 24.5 43.7 5.1 0.4 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 24
  • 25. (SA)問21.情報公開やオープンデータに関連する以下の項目の取組み状況はいかがでしょうか。各項目ごとにあてはまるもの1つずつお選びください。 実施していな 実施しておら 全体として実 一部実施して いが、検討・ ず、検討もし 施している いる 計画している ていない 全体 問21項目1 ホームページでの情報公開 問21項目2 ホームページでのオープンデータの提供 問21項目6 CSV、XMLなど機械判読可能な形式でのデータ公開 問21項目3 所有しているデータのカタログの作成と公開 問21項目5 市民や企業と利用アイディアを話し合うイベント 問21項目4 データオープン化の基本方針やガイドラインの作成 問21項目7 その他 % 実数 % 100.0 709 100.0 20.5 145 1.3 34.6 245 14.8 4.2 30 12.6 40.8 289 71.3 実数 % 708 100.0 9 0.7 105 7.5 89 9.8 505 82.0 実数 % 704 100.0 5 0.0 53 4.5 69 10.5 577 85.0 実数 % 707 100.0 0 0.4 32 2.8 74 7.4 601 89.4 実数 % 706 100.0 3 0.3 20 0.4 52 13.2 631 86.1 実数 % 707 100.0 2 0.0 3 20.0 93 0.0 609 80.0 実数 10 0 2 0 8 ホームページでの情報公開 ホームページでのオープンデータの提供 CSV、XMLなど機械判読可能な形式でのデータ公開 所有しているデータのカタログの作成と公開 市民や企業と利用アイディアを話し合うイベント データオープン化の基本方針やガイドラインの作成 その他 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 25
  • 26. (MA)問22.オープンデータの推進を主に担当する部署は下記のうちどのような部署でしょうか。一つ 実数 % 全体 713 100.0 1 情報化計画の策定など企画立案を主に担当する部署 189 26.5 2 情報システムの管理・運用を主に担当する部署 191 26.8 3 産業育成を主に担当する部署 8 1.1 4 統計を主に担当する部署 72 10.1 5 まちづくりや官民協働を主に担当する部署 44 6.2 6 広報や情報公開を主に担当する部署 147 20.6 7 組織横断的な行政改革などを主に担当する部署 65 9.1 8 まだ決まっていない 412 57.8 9 その他 3 0.4 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 26
  • 27. (SA)問23.下記の各分野のデータをホームページ上で提供・公開していますか。各項目ごとにあてはまるもの1つずつお選びください。 全体 問23項目1 基礎的な統計情報(人口、産業等) 問23項目2 防災分野の各種情報 問23項目9 公共施設の位置やサービスに関する情報 問23項目4 予算・決算・調達に関する情報 問23項目10 観光に関する情報 問23項目11 議会や各種会議の議事録 問23項目12 都市計画・まちづくりに関する情報 問23項目14 子育てに関する情報 問23項目8 健康づくり、医療福祉に関する情報 問23項目7 学校教育に関する情報 問23項目6 環境に関する情報(大気、水質等) 問23項目5 公共交通関連の情報(時刻表、運行状況等) 問23項目13 交通事故や犯罪、火災等に関する情報 問23項目3 地理空間情報(地図・地形・地質等) 問23項目15 その他 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 % 実数 100.0 706 100.0 697 100.0 702 100.0 702 100.0 700 100.0 701 100.0 700 100.0 697 100.0 703 100.0 698 100.0 693 100.0 691 100.0 692 100.0 695 100.0 6 二次利用可能 著作権の範囲 機械判読可能 なオープン オープンデー で公開してい なオープン データとして タとしての提 る(オープン データとして 提供中(機械 供を検討して データとして 公開中 判読可能化未 いる の提供は未検 対応) 討) 12.3 87 5.5 38 5.7 40 5.6 39 5.3 37 6.0 42 4.6 32 4.7 33 4.6 32 4.7 33 3.5 24 4.1 28 2.9 20 2.3 16 16.7 1 14.7 104 12.1 84 11.5 81 12.1 85 10.3 72 9.7 68 9.7 68 9.0 63 9.1 64 8.7 61 8.5 59 7.7 53 7.8 54 4.2 29 0.0 0 5.7 40 6.2 43 6.4 45 5.4 38 6.6 46 5.0 35 6.1 43 5.9 41 5.4 38 4.7 33 4.9 34 4.6 32 4.8 33 7.1 49 0.0 0 58.8 415 61.0 425 64.5 453 62.5 439 66.4 465 61.2 429 62.6 438 66.0 460 64.2 451 61.9 432 50.2 348 44.7 309 48.1 333 32.1 223 33.3 2 一般に公開・ 提供していな い(オープン データとして の提供は未検 討) 8.5 60 15.4 107 11.8 83 14.4 101 11.4 80 18.1 127 17.0 119 14.3 100 16.8 118 19.9 139 32.9 228 38.9 269 36.4 252 54.4 378 50.0 3 27
  • 28. (MA)問25.オープンデータの提供・公開を進めるにあたっての課題として、具体的にどのような点 % 実数 708 100.0 6 保有データの使用条件などの制度的検討や整理ができていない 317 44.8 1 施策の進め方・体制などがよくわからない 310 43.8 2 283 先進事例や実績が少なく、利用形態や用途が明確にイメージできない 3 職員のスキル、ノウハウが不足している 5 224 個人情報の悪用やデータの誤用・誤解による社会的混乱への懸念がある 4 担当職員の負荷が増大する懸念がある 8 118 オープンデータ化や機械判読可能化、公開にかかるコスト負担が大きい 7 自治体内部での合意形成が難しい 74 10.5 10 地域にデータを活用できる企業や市民グループ等が少ない 50 7.1 9 システムの構築や調達が難しい 28 4.0 11 その他 17 2.4 12 該当なし 28 4.0 全体 独立行政法人情報処理推進機構 マーケット分析WG 地方自治体における情報システム基盤に関する調査 266 166 40.0 37.6 31.6 23.4 16.7 28
  • 29. アイディアソン・ハッカソンの意味 • 啓発・学習 – 社会課題やデータ、ツール – 異なる立場の人との対話からの気付き (官・民、業界、 職種) – 仕事から離れて自由な発想で課題に向き合う機会 – イノベーションのヒントを見つける • 人間関係 – 後につながるネットワーキング プロダクトよりもプロセスが重要 長期で捉える 29
  • 30. 前後のプロセスを考える • 社会課題設定+インキュベー ション • OGDチューリッヒの教訓 1. OGDには政治的支援が必要 – 英国ODIはNESTA(科学・技術・芸 術基金)と組み2年で7課題にチャ レンジ 2. OGD作成と活用は違う – 予算は約1.9億円(運営費含む) 4. OGDはコミュニケーション、コミュニ ケーション、コミュニケーション、コ ミュニケーション – 課題設定、公開データの選定・評 価、コンテスト、インキュベーション 等を一連のプロセスとして設計 – 各段階が参加型 • ポストハッカソンプロセス 3. OGDは放置してても回るプロジェク トではない • ツイッター、ニューズレター、ラウ ンドテーブル、リーフレット 5. OGDの効果は数字に現れるものだ けではない – 何度も改善 • 長期滞在型 – Code for America / XX 30
  • 31. ハッカソン以外の方法 • ニュース作成 – データジャーナリズムキャンプ • データ発掘・登録 – データ発掘キャンプ • エディットソン – Wikipediaタウン • アーカイブづくり – Historypin 写真を用いた世代間対話 • ユーザ参加による既存サービスの改善 – イノベーションキャンプ(デンマーク政府) 31
  • 32. 成功させるためのポイント • 場を作る – 空間 • 備品、配置、色、音… – 茶菓 • 栄養ドリンク、おやつ他 – 開発環境 • ネット環境、電源 • PC – サポート体制 • 検索チーム • 参加者の多様性 – – – – – – – エンジニア 課題意識のある人 デザイナー アナリスト・ジャーナリスト 事業モデルを考える人 人数に枠を設ける 役割を明示してもらう • 対話の重視 – 事前アイディアソン – 参加意識・満足度に影響 32
  • 33. 成功させるためのポイント • 時間割 – チェックイン • アイスブレイク • 非日常な雰囲気を作る – インプット • 次のステップ – コンテスト応募などの目標設定 – 次のアクションの宣言 – 連絡グループの作成 • メーリングリスト • フェイスブックグループ • 課題設定 • 使えるデータ・ツール等 – アイディア出し • 自分で考える • 対話しながら考える(ワールドカ フェ等) • 仲間を見つける – グループ形成 • この指とまれ形式 • オープンスペーステクノロジー • 記録 – 成果物の可視化と把握 • ブログ • Googleドキュメント 等 • 参加者・登録データ等の数 – 記念 • 写真撮影など – ワーク • 時間を区切る • 中間発表 • 偵察タイム – アウトプットとシェア • 発表フォーマット 33