団塊くそ食らえ

1,273 views

Published on

시니어 클럽: 메구미의 쌩쌩 일본어 (club.yourstage.com/japanese) 강사이신 '김혜련 선생님'께서 참조하라고 주신 글

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,273
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
310
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

団塊くそ食らえ

  1. 1. だんかい く団塊くそ食らえ だんかい せだい私は団塊 の世代 だ。一九四七年つまり昭和二十二年生まれのいどし亥年で、今年のうちに六十歳になる。 よ な さかいやたいちこの「団塊の世代」という呼び名は、三十年前に堺屋太一さん きんみらい よそく だいめい ちしつがくようごによって書かれた近未来を予測する小説の題名で、地質学用語 きょだい かたまりからきた巨大な人口の 塊 を意味するものだそうだ。 じどうしゃ ぎんこう かんちょうここでは、コンビに、自動車 、銀行 に 官 庁 といった先端のぎょうかい ぶたい せだい よじょう つか す くる すがた業 界 を舞台に、この世代の余剰と使い捨てにもがき苦しむ 姿 かくねんだいごと おが、各年代毎に追われていて、よく言い当てられているだけに だんかい じっぱうら悲しい。それにしても、団塊などとこんな十把ひとからげ かた なさ はなしの扱い方 をされるのも情 けない 話 だが、でも私の中学時代を しりつちゅうがっこう思い出してみても、そんなに大きくもない私立中学校だったに どうがくねん ひとくみもかかわらず、同学年の者が一組五十四、五人で十六組もあっ たし とお うなずたのだから、確かにその通りと 頷 くしかない。 とちゅう けいざい つく あこれがそこに書かれているように、途中のバブル経済を作り上 こわ げきれつ じゅけん しゅうしょく い のこ きょうそうしゃかいげ壊 しながら、激烈 な受験 と 就 職 と生 き残 りの競 争 社 会 をつうか あと ゆきくず こ通過してきた後、そのまま雪崩れ込むようにして、二〇〇七年 たいりょう ていねんたいしょくしゃ う だの今に 大 量 の定 年 退 職 者 を生み出すことになった。 いまさら さわ じつ かちゅうと、今更 のように騒 がれてはいるが、実 はその渦中 にあるとうじしゃ べつ まあたら当事者にしてみれば、別に真新しいことではなく、生まれたと せんご せだい い つづきから戦後ベビーブームの世代と言われ続けていて、もうとっ じかくしょうじょう も つづくの昔からそれについて自 覚 症 状 を持 ち続 けてきているのだ。わたしじしん すうねんまえ ねんれい びんかん かん はじ あしおと私自身、数年前から自分の年齢を敏感に感じ始めていて、足音ちか ていねんたいしょく近 づく定 年 退 職 とその先のあれこれについて、思いあぐねる 1
  2. 2. じ か ん ぎ むか かた たたようになっていた。このまま時間切れを迎えて肩を叩かれ、も ようず ひ め みおく しずうお前は用済 みだぞと冷 ややかな目 で見送 られ、静 かにかつなにごと さ何事もなかったかのように忘れ去 られてゆく・・・・・これはいか じゃく す つら いっぽう しばら とおにも 寂 し過ぎるし辛い。またその一方で、すぐにでも 暫 く遠 きょうそう うば あ しごとさが はしざかっていた 競 争 と奪 い合 いの仕事探 しに走 らなければなら せいかつ よゆう もの とく わたしない。生活 に余裕 のある者 ばかりではないのだ。特 に 私 のばあい すうかい てんしょく く かえ場合 は 、 数回 の 転 職 を 繰 り 返 し て き て い て 、 ま と ま っ たたいしょくきん て はい さきざき ねんきん あ退 職 金 は手 に入 らないし、先々 の年金 も当 てにはならない。もちろんたくわ はたら つづ勿 論 蓄 えもないから、 働 き続 けなくてはならない。そこでかんが ていねん むか にねんまえ ごじゅうはちさい考 えた。定年 を迎 える二年前 、すなわち五十八歳 にして今のつと や勤めを辞めることにした。こうすれば、ぎりぎりながらかろう よりょく お み ひじて、あいつはまだ余力があるのにと惜しまれながら身を引く で き さら さいしゅうしょく みち せばことが出来る。更には 再 就 職 する道もまだ狭まってはいない つぎ ろくじゅうさいす はたら で き しょくば みだろう。次 は六十歳過 ぎても 働 くことが出来 る職場 を見 つけ おも き さいわればいいのだ。そして思 い切 った。私は 幸 いにして、と言う ふこう いせいかくとくきょうそう やぶ つづか不幸にしてと言うべきか、今日までの異性獲得競争に敗れ続 いま ひと み としお りょうしん み と やくめ すけて未 だに独 り身 だし、年老 いた 両 親 を看取 る役目 も済 んで、い ま は や こうれいしゃひとりぐ ひつよう てだす きたい今流行りの高齢者一人暮らし。必要な手助けさえ期待はできな か せいかつ しかた めいわく ものいが、その代わり、生活の仕方について迷惑をかけるような者 だれひとり な じっさいは誰一人として無い。実際これはうまくいった、と思った。な いまや みな おどろ ようぜ今辞めるのだと皆 が 驚 いてくれたし、まだ用 なしにはなっ とつぜん さていないのに突然いなくなるのか、と思われ言われながらも去 かいかん や あと よいん のこるこの快感。辞めた後の余韻さえ残った。と感じて少しばかり え おもわく はずほくそ笑んだ。ところがすぐに思惑が外れだした。何ものにも 2
  3. 3. しば あじ縛られないこんな時間というのは、そうそう味わえるものでは つか ま しあわ むさぼ おもむろない。この時とばかりに束の間の 幸 せを 貪 り、 徐 にゆった さいしゅうしょく みち さぐ しつぎょうほけん いただり と 再 就 職 の 道 を 探 ろ う と 、 失業保険 を 頂 き な が らしゅうしょくあんていじょ きゅうじんえつらん がめん なが ひ び つづ就 職 安 定 所 の 求 人 閲 覧 のパソコン画面 を眺 める日々 が続 い いっこうた。だが一向にこれといったものが見つからない。それに今ど わけ わき何だか訳の分からないものが多い。パタンナー、プランナー、 なんデザイナーにコーディネーター、何とかアシスタントやらスタ せそう はんえい か い ご しッ フ や ら 。 さ ら に は 世相 を 反映 し て か 、 や た ら に 介護士 とけいたいでんわはんばいそくしんいん か い ご し しかく ひつよう携帯電話販売促進員が多い。介護士はヘルパーの資格が必要だ かいご つ しごと けいたいはんばいし、もうすぐ介護されそうな私が就く仕事でもない。携帯販売 ぶんや おも じょせいむ ゆうこうきゅうじんばいりつ おの分野 は主 に女性向 けだ。こんなもので有効求人倍率 が押 しあ ねんだい もの上げられているとすれば、私ら年代の者にはたまったものでは せいしゃいんあつか ていねんろくじゅうさいない。その上どれもこれも正 社 員 扱 いのものは、定年 六 十 歳 のこ みち はけんばかり。残された道は派遣かアルバイトかパート。 けいびいん こうつうゆうどういん い じしかも警備員か交通誘導員か、はたまた何とか生活を維持しょ にしゅめんきょ うんてんしゅうと思えば、二種免許を取ってタクシーの運転手ぐらい。甘かった。 そうりょみならそのうち、ちょっと変わったものが目に入った。僧侶見習い。げっきゅうじゅうにまんえん やす しゅういつかきんむ す こ しょくじつ月給十二万円 と安 いが週五日勤務 。住 み込 み食事付 きだろうか。こうなったらこれでも・・・・・と思ってよく見たら、ろくじゅうさいていねん ぼうず ていねん六 十 歳 定 年 とある。なんで坊主にまで定年があるんだ。 た ごじゅうきゅうさいそうこうしているうちに日だけが経 ち、私もすぐ五 十 九 歳 に ねんれい ちゅうとはんぱなってしまった。この五十九歳という年齢はひどく中途半端で、あら しゅうしょく おそす ていねんご新たな 就 職 では遅過ぎるし、かと言って定年後のそれでもな 3
  4. 4. やと い ほう ちゅうちょ ためいから、雇い入れる方でも 躊 躇 してしまう。試しに、ろくじゅうごさい さいこようえんちょう しょくば おうぼ六十五歳まで再雇用延長ありとある職場に応募してみたら、そ ごじゅうごさい つと はじ ごれは少なくとも五十五歳 ぐらいで勤 め始 めていて、その後 のえんちょう ことわ けいえいしゃ延 長 です、と 断 られた。それはそうだろう。私が経営者だっ けっきょく ことしてそうすると思う。何のことはない。 結 局 二〇〇七年の今年 、だんかい せだい ていねんたいしょくしゃ まぎ な じたい の団塊 の世代 の定 年 退 職 者 の一人という、紛 れも無 い事態 に飲 こみ込まれてしまった。 しょくたくそれでもつい最近、やっと一つ見つかった。 嘱 託 。しかもこ ぎょうせいきかん しさく ふ ちゅうこうねんれいしゃ さい うたれには行政機関 の施策 を踏 まえて中 高 年 齢 者 を採 用、と謳 っ しょくたく いじょう まいとし けいやくこうしんせい しょうよてある。 嘱 託 である以上 、毎年 の契約更新制 で賞与 もないが、とうめんろくじゅうさいていねん さっそくおうぼ めんせつ う当面六十歳定年 はない。早速応募 して面接 を受 けてみようかと思っているが・・・・・さき しょうせつ ぼうとう ぶん か先の 小 説 の冒頭には、こんな文が書かれていた。 よ だんかいかつてハイティーンと呼ばれ、ヤングと言われた、この「団塊 せだい か こ しょうらいの世代」は、過去 においてそうであったように、 将 来 におい かずかず りゅうこう じゅよう つく かとうきょうそう かじょうしせつ のこても数々 の 流 行 と需要 を作 り、過当競争 と過剰施設 とを残 し としお いつつ、年老いて行くことであろう。 としお ねんきんでも年老 いたところでこれで終わりではない。まだ 年金 とびょういん そうさいじょう ぼ ち そうだつせん かじょうか のこ病 院 と葬 祭 場 と墓地の争奪戦と過剰化が残っている。 どうねんだい し た ひゃくさい いこうなった私は、同年代 の者がほぼ死 に絶 える 百 歳 まで生 きの みきわ延び、そのときの社会がどうなっているのか、しっかりと見極 おおごえ さけ きめた上で、目いっぱい大声で叫んでから消えてやる。だんかい く団塊くそ食らえ!!! 4

×