Your SlideShare is downloading. ×
pgcafenite3rd ToriSat
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

pgcafenite3rd ToriSat

870
views

Published on


0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
870
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • こんにちは。株式会社鳥人間のごうだまりぽです。
    本日は「ガジェットと人工衛星」ということで、宇宙のお話をいたします。
  • 私たちが開発しているのは、人工衛星の動きを実際の景色に重ねてシミュレーションするというアプリケーションです。
    拡張現実(AR)というのですね。
  • 衛星といっても大きいものから小さいものまでいろいろあって、
    レベル1、一番簡単なのが国際宇宙ステーション、ISSです。
    これは夜空の中で月の次に明るいんです。マイナス3等級、金星より明るく見えます。



  • 運がいいと、ISS にドッキングするためにだんだん近づいて距離をつめていく、
    ランデブー飛行が見えます。
    5月に、スペースシャトルアトランティス号の最後のミッション STS-132 があったんですが、
    そのとき、ドッキングの2時間前に追っかけていくのを ToriSat でばっちりシミュレーションして、撮影してきたものです。
  • 運がいいと、ISS にドッキングするためにだんだん近づいて距離をつめていく、
    ランデブー飛行が見えます。
    5月に、スペースシャトルアトランティス号の最後のミッション STS-132 があったんですが、
    そのとき、ドッキングの2時間前に追っかけていくのを ToriSat でばっちりシミュレーションして、撮影してきたものです。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。
  • それを行ったら衛星を見ること自体、べつに得するわけじゃないんですよね……。
    でも世界中で衛星のファンがいる。そういう人がどう楽しんでいるかというと、
    まず肉眼で見てみる。実際に地球の周りをぐるぐる回って働いている衛星を見て萌えるというものです。
    それから、カメラで長時間露光して撮影するという楽しみ方があります。三脚とレリーズケーブルを持って、事前にシミュレーションしてばっちり構図を決めると、天文写真として最高に格好いい。
    さらに、望遠鏡で追っかけてみるんですが、これ、望遠鏡を買ったり赤道儀を買ったりすると軽く百万いっちゃうんで、かなり富豪な趣味です。
    あとは、実際に衛星にアメリカ海洋大気圏局アンテナを向けて、衛星の発している信号を受信するっていう楽しみがあります。普通の無線レシーバで、これはアメリカ海洋大気圏局 NOAA の衛星を追っかけて受信したものですが、天気予報より早く衛星写真がゲットできます。






  • 最近、加速度センサ・電子コンパス・カメラ・GPS という4種の神器を搭載したスマートフォンが出てきて、一般の人が気軽に使える拡張現実 (AR) が出てきました。
    それを実装する技術を二つにわけると、マーカーを認識して何かを表示するタイプ……あ、これは私の彼女なんですけど、
    それから、マーカーなしで GPS とセンサを活用したもの、この二つが主流かと思います。

  • 最近、加速度センサ・電子コンパス・カメラ・GPS という4種の神器を搭載したスマートフォンが出てきて、一般の人が気軽に使える拡張現実 (AR) が出てきました。
    それを実装する技術を二つにわけると、マーカーを認識して何かを表示するタイプ……あ、これは私の彼女なんですけど、
    それから、マーカーなしで GPS とセンサを活用したもの、この二つが主流かと思います。







  • 私たちが開発しているのは、人工衛星の動きを実際の景色に重ねてシミュレーションするというアプリケーションです。
    拡張現実(AR)というのですね。


  • Transcript

    • 1. (AR) /
    • 2. ToriSat for iPhone & Android
    • 3. ISS ( )
    • 4. TRMM ( )
    • 5. STS-131 NY Apple Store
    • 6. STS-132 2 ISS ( )
    • 7.
    • 8. • •
    • 9. • • http://www.flickr.com/photos/esm723/4214060005/
    • 10. • •
    • 11. • • •
    • 12. • • • http://www.flickr.com/photos/jrlasers/2990061291/
    • 13. • • •
    • 14. • • • •
    • 15. • • • • http://www.flickr.com/photos/lu6fpj/3248902398/
    • 16. • • • •
    • 17. iPhone (Amazon EC2) Android
    • 18. Amazon EC2
    • 19. Amazon EC2
    • 20. Amazon EC2
    • 21. Amazon EC2 …
    • 22. Amazon EC2 ISS ! … !? ISS !! !! !!
    • 23. Amazon EC2 ISS ! … !? ISS !! !! !! →
    • 24. AR
    • 25. AR
    • 26. AR ( )
    • 27. AR GPS →
    • 28. • • GPS ( WiFi ) •
    • 29. OK
    • 30. • • • WiFi •
    • 31. •1 8 • AR • (※ )
    • 32. 4:33 28°
    • 33. ToriSat for iPhone & Android
    • 34. 12 + ……