チケット駆動開発によるアダプタブル・ウォータフォール開発

3,660 views
3,493 views

Published on

Agile Tour Osaka 2011ライトニングトーク

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,660
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,242
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

チケット駆動開発によるアダプタブル・ウォータフォール開発

  1. 1. チケット駆動開発によるアダプタブル・ウォータフォール開発 阪井誠 http://sakaba.cocolog-nifty.com/sakaba/ @sakaba37 sakai@sra.co.jp
  2. 2. 10/22@江坂 自己紹介 RxTstudy開催あきぴーさんとチケット駆動開発(TiDD)の本を書いてます 阪井 誠 (さかば)
  3. 3. Ultimete Agile Stories にも協力させて     いただきました アジャイル放談 (最強のアジャイラー) + TiDDの記事
  4. 4. ウォーターフォール開発の苦悩トップダウンなプロセス ・文書コミュニケーション ・厳密で手順的な計画 ・柔軟に再計画・管理できない ・変更を随時受け入れる⇒計画外の事象が多いと混乱
  5. 5. アジャイル開発への期待現場力の発揮 ・コミュニケーション向上 ・リズミカルな開発 ・開発に集中できる変化への対応 他にもある でしょうけど ・タスク(カード)単位の管理 ・イテレーション毎の受け入れ
  6. 6. アジャイル開発への壁自社の壁 解決すべき 妨害事項 ・開発標準(工程ごとの管理) ・紙ベースの報告(各種報告書) ・タスクボードの設置場所顧客の壁 ・契約(仕様+変更)、スポンサー ・並行開発システムの組合せ⇒ ウォーターフォール開発を   ベースに何とか改善したい
  7. 7. アダプタブル・ウォーターフォール開発ウォータフォールにアジャイルの要素を取り込む ・補完型チケット駆動開発 ・追加のタスクをBTSで管理 ・既存のルールは変更しない
  8. 8. チケット駆動開発とは
  9. 9. BTSでタスクを管理しますRedmine, trac, mantis,bugzilla, 影舞, etc.
  10. 10. チケットはタスクカードです
  11. 11. ある意味WBSですチケット一覧(レポート)はタスクボードです
  12. 12. 色々使えます構成管理ツールと連携します subversion, cvs, git, etc.
  13. 13. 議論など修正の 理由がわかりますチケットに コメント履歴が 残せます
  14. 14. No ticket, no commit!チケットのないコミットは許しません 作業、担当、ステータス、進捗 開始、終了 コメント 構成管理 BTS ツール
  15. 15. リアルタイムに コミュニケーション!チケットの更新は メール、rss、eclipse で通知できます
  16. 16. CSVでエクセルと 連携できます。見える化できます SQiP2009発表資料より ©小川明彦, 阪井誠
  17. 17. いわゆる線表ガントチャートで見えます SQiP2009発表資料より ©小川明彦, 阪井誠
  18. 18. ワークフローで 管理できます現在 ステータスの移行先のステータス SQiP2009発表資料より ©小川明彦, 阪井誠
  19. 19. チケット駆動開発によるアジャイル要素 の取り込み
  20. 20. アジャイル要素の取り込みコミュニケーションの向上 依存とリズム 集中 変化への対応
  21. 21. コミュニケーションの向上チケットに情報が一元化され、リアルタイムに見える化されます Closed Rejected Resolved Assigned 作業、担当、New ステータス、進捗 Feedback 開始、終了 コメント 構成管理 BTS ツール
  22. 22. 依存とリズム. チケットに依存することで、 プロジェクトにリズムが 生まれます チケットの粒度が 重要です!
  23. 23. 日々のリズム担当チケットを 確認、実施、進捗を更新します BTSのチケット一覧 内容 期限 担当 ステータス・・・ 担当作 作業 進捗 業確認 実施 更新
  24. 24. イテレーションのリズムマイルストーンごとに・チケットを優先順位で選択 (割り込み作業の調整)・実施・ふりかえり
  25. 25. マイルストーン(バージョン)    の定義によって、 リリース毎に管理できるRedmineによるタスクマネジメント実践技法より ©小川明彦, 阪井誠
  26. 26. 非同期による集中作業指示は非同期ですチケットを介するので作業に集中できます(緊急時を除く)
  27. 27. 変化への対応想定外の事象が生じるとチケットを追加して対応します アダプタブル ウォーターフォール を実現
  28. 28. チケット駆動開発による そのほかのメリット
  29. 29. トレーサビリティの向上チケットの議論をソース(チェンジセット)と関連付け
  30. 30. 重要! 作業漏れ防止プロジェクトは、たった一つの作業漏れで破たんすることがある
  31. 31. チケットによる管理やワークフローで作業漏れを防止 見失った1匹を探す 良き羊飼い
  32. 32. ま とめ チケット駆動開発による アダプタブル・ウォータフォール開発 ・開発ルールを変更しない ・現場力を発揮 ・変化に対応 ・トレーサビリティ向上 あなたの ・作業漏れ防止 救世主かも
  33. 33.

×