Ja 26 ehsan

151 views
138 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
151
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 26 ehsan

  1. 1. イフサーン ﴾ ﴿ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫﴾‬ ‫﴿‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3 礼 (ー ラ サ 、 し言証 と 」 るあ で 徒 使 のそ はド マ ン ハム 、 く な はの もき べ す 拝崇 に 真 に 他 ) の ーラ ッ ア ( ーラ ッル ー ス ラッ ゥ ド マ ンハ ム、 ー ラ ッラ ッ イ ・ ハーラ イ ・ ーラ 「 は ム ー 、 ラス イ “ た しま い言 は ) れあ 安 平 と 福祝 のら か ー ラッ ア に 彼 (徒 使の ー ラ ッア と る す : ” れくてえ教ていつにムーラスイ、よドマ 。 ンハ ム “ た しま い言 て し そ。 た し ま き置 に上 の 腿 両の そ を 手 両の 彼、 り 座 てし に う よ る : せわ合きつに膝両を膝両の彼、とる来てっやでまともの)れあ安平と福祝のらかーラッア に彼(者言預は彼。たしでんせまいは者る知を彼てしと人 誰のちた私、がたしでんせま 1 りあは跡形の旅はに彼。たしまれ現にとものちた私が男の人 の髪の黒漆、いとまを服衣 1 の白純、時るあに共と)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア日るあがち た私 「 た しま い 言 は) れ あ 悦 満 ご のー ラ ッ アに 彼 ( ブ ー タ ッハ = ル ア・ ン ブ ・ ル マ ウ : 。すでのるあが幹基のか つくいはに階段の々各てしそ。すで階段の高最がンーサフイ、りあでとこのンーサフイ③ 、ンーマーイ②、ムーラスイ①:はれそりまつ。すまりあが階段のつ はにムーラスイ 3 :階段諸るけおにムーラスイ :階段諸るけおにムーラスイ ● :階段諸るけおにムーラスイ :階段諸るけおにムーラスイ ) : ンーア 10 61 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも ルク( 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方 たなあが)とこのーラッア(られわてしそ たなあが)とこのーラッア(られわてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至- たなあが)とこのーラッア(られわてしそ たなあが)とこのーラッア(られわてしそ 3 ) - 217 220 26 ) ) : ン ー ア ルク ( 。る れら あで方 おの知 全聴全 はそ これか 。 方 おるれ らな に覧ご ( 。る れら あで方 おの知 全聴全 はそ これか 。 方 おるれ らな に覧ご ( 。る れら あで方 おの知 全聴全 はそ これか 。 方 おるれ らな に覧ご ( 。る れら あで方 おの知 全聴全 はそ これか 。 方 おるれ らな に覧ご ( ) ) も姿のたなあるせ伏はてっ立)で拝礼団集(に共とちた者す伏平てしそ。方おるれらなに も姿のたなあるせ伏はてっ立)で拝礼団集(に共とちた者す伏平てしそ。方おるれらなに も姿のたなあるせ伏はてっ立)で拝礼団集(に共とちた者す伏平てしそ。方おるれらなに も姿のたなあるせ伏はてっ立)で拝礼団集(に共とちた者す伏平てしそ。方おるれらなに 1 覧ご、時つ立)に拝礼にか密人 (がたなあ)はれか( だのるす)とこるね委をて全(ル 。 。 覧ご、時つ立)に拝礼にか密人 (がたなあ)はれか( だのるす)とこるね委をて全(ル 覧ご、時つ立)に拝礼にか密人 (がたなあ)はれか( だのるす)とこるね委をて全(ル 覧ご、時つ立)に拝礼にか密人 (がたなあ)はれか( だのるす)とこるね委をて全(ル 。 。 クッワタに方おたち満に悲慈と力威てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至- クッワタに方おたち満に悲慈と力威てしそ クッワタに方おたち満に悲慈と力威てしそ クッワタに方おたち満に悲慈と力威てしそ 2 ) : ンーアルク( 16 128 。るあでのるあに共とちた者るあで徒のンーサフイたま、り守を身)らか柄事なうよく 。るあでのるあに共とちた者るあで徒のンーサフイたま、り守を身)らか柄事なうよく 。るあでのるあに共とちた者るあで徒のンーサフイたま、り守を身)らか柄事なうよく 。るあでのるあに共とちた者るあで徒のンーサフイたま、り守を身)らか柄事なうよく 招を罰懲やり怒おのれか( はーラッアに実 、 、 招を罰懲やり怒おのれか( はーラッアに実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至- 招を罰懲やり怒おのれか( はーラッアに実 招を罰懲やり怒おのれか( はーラッアに実 、 、 1 。すでの る いてれ らなに 覧ご をたな あはれ か、も とく ないて え見に 際実が ーラ ッアえ 例てし そ。すでとこるめ崇をれか、てしにうよのかるえみまにーラッアでるま:はとンーサフイ ● はとンーサフイ はとンーサフイ はとンーサフイ )善至(ンーサフイ- )善至(ンーサフイ- )善至(ンーサフイ- )善至(ンーサフイ- 11
  4. 4. 4 ) 8 。 (ムリスム・フーヒサ 1 2 まつ: すまいてし立成 に上の柄 事のつ 、は) 為行拝崇 (ダーバイのー ラッアの 高至 ● 」 すでのるれらなに覧ごをたなあはれか、もてく 。 な 来出 が と こ るめ 崇て し に うよ る れ ら おに 前眼 を れ かが た な あ 「 すで と こ るめ 崇 を れ か 。、てっもで)為行拝崇(ダーバイなうよう従てっだくりへにれか、れ逃らか罰懲のれか、れ 恐をれかはれそ。とこるす拝崇をれかにうよのかるいてれらなに覧ごをたなあがれか、も てくな来出がとこるめ崇をれかにうよのかるれらおに前眼でるまがーラッア:階段 第 階段 第 階段 第 階段 第 2 。すでのな‐」とこるめ崇をれか、にうよの かるれらおに前眼でるまがーラッア「‐階段い高りよ、内の階段のつ はれこ。すでのる 2 す拝崇てしにうよのかるいてえみまにれかもかたあ、し図意、め求をーラッアるな厳荘つ か大偉るあで象対るす愛の彼は彼。すまめ崇てっもで)為行拝崇(ダーバイなうよるす愛 階段 第 階段 第、み望、い慕、め求をれかりまつ。とこるめ崇にうよのかるいて見に前眼を主:階段 第 階段 第 1 :すまりあが階段のつ はにンーサフイ :すまりあが階段のつ はにンーサフイ :すまりあが階段のつ はにンーサフイ2 :すまりあが階段のつ はにンーサフイ ● 1 ) 承伝のムリスム(” るあでのた来てっやへともの方たなあ、にめたるえ教を教宗 」。 の方 たな あ 。 だル ー リブ ジ そこ 彼 “ たし ま い 言) は 徒使 の ー ラッ ア ( 。 す で 知存 ご く よ : ” が徒使のそとーラッア“ たしまい言は私”?かるか分か誰が者問質のあ、よルマウ“ た : : しまい言うこに私)は徒使のーラッア(とるす、がたしまいてっま留ままのそく暫は)ル マ ウ( 私 。 た しま き行 て っ 去) は 男 ( らかれ そ ” うろ あ で る 見を のう 合 て 建を 物 築 建 い 。 高てっ競、がちたい飼羊いし貧いないてけつも靴も服衣たま。うろだる見をのむ産を人主 の そが 女 隷 奴 )て しと 兆 予 の々 諸 の そ (はた な あ “ た し ま い 言) は徒 使 の ーラ ッ ア ( : ” れくてえ 。 教て いつ に 兆 予の 々 諸の そ はで れ そ “ た し ま い言 ) たま は 男 ( 。 い な はで け わる い て っ : ” 知 もり よ 者 問 質、 てい つ に れそ は 者 た け受を 問 質 “ た し ま い 言) は徒 使 の ーラ ッ ア ( : ” れくてえ教ていつに日の判審はでれそ“ たしまい言)たまは男(。がだの 。 : ” るれらなに覧ごをたなあはれか、もとくなえ見がれかえ例てしそ。るあでとこるめ崇をれ か 、に う よ の かる れら お に 前眼 で る ま がーラ ッ ア “ た し ま い 言) は徒 使 の ーラ ッ ア ( : ”れ 。 くてえ教ていつにンーサフイはでれそ“ たしまい言)てけ続は男てしそ(。いし正“ た : ” : し ま い 言 ) は男 ( 。る あ で と こ る じ 信を命 定 れ あ で と こ い 悪 れあで と こ い 良 が れ そ て し ” そ 、日 の 後 最 、徒 使諸 、 典 啓諸 、 ち た 使天の そ と ーラ ッ ア “ たし まい 言 ) は徒 使 の ー ラ : ッア( 。 れ く てえ 教 て いつ に ンー マ ー イは で れそ “ たし ま い 言) て し 問質 て け続 は 男 ( ” :。たしまき驚に男のそるす証認をえ答、らがなきおてね尋で分自はちた私” いし正“ たし 。 : まい言)は男(。るあでとこう行を)礼巡大(ジッハてし指目殿神バアカばらなるあで能 ” 可がれそ、し)食断るゆわい、戒斎(ムウサに月ンーダマラ、し施を)財浄(ーカザ、し )拝
  5. 5. 5 14 16 2 。だのたっかならなはと者たれか導、し敗失は引取のら彼 ) - : ンーアルク( 。だのたっかならなはと者たれか導、し敗失は引取のら彼 。だのたっかならなはと者たれか導、し敗失は引取のら彼 。だのたっかならなはと者たれか導、し敗失は引取のら彼。るあでちた者たっ購を妄迷、てっもでき導いし正はそこら彼。うこおてせさにままるす往。るあでちた者たっ購を妄迷、てっもでき導いし正はそこら彼。うこおてせさにままるす往。るあでちた者たっ購を妄迷、てっもでき導いし正はそこら彼。うこおてせさにままるす往。るあでちた者たっ購を妄迷、てっもでき導いし正はそこら彼。うこおてせさにままるす往 左往右で中の妄迷をら彼はれか。るあでのるいてっからかをら彼がーラッア」 だのなけ 左往右で中の妄迷をら彼はれか。るあでのるいてっからかをら彼がーラッア」 だのなけ 左往右で中の妄迷をら彼はれか。るあでのるいてっからかをら彼がーラッア」 だのなけ 左往右で中の妄迷をら彼はれか。るあでのるいてっからかをら彼がーラッア」 だのなけ 。 。。 。 だるいてっからか)をちた者仰信(はちた私。るあに共と方たなあはちた私「 う言、ば だるいてっからか)をちた者仰信(はちた私。るあに共と方たなあはちた私「 う言、ば だるいてっからか)をちた者仰信(はちた私。るあに共と方たなあはちた私「 う言、ば だるいてっからか)をちた者仰信(はちた私。るあに共と方たなあはちた私「 う言、ば : :: : れす会密とちた)魔悪(ンータイャシ)るあで間仲(の彼しかし。う言と」 たし仰信は れす会密とちた)魔悪(ンータイャシ)るあで間仲(の彼しかし。う言と」 たし仰信は れす会密とちた)魔悪(ンータイャシ)るあで間仲(の彼しかし。う言と」 たし仰信は れす会密とちた)魔悪(ンータイャシ)るあで間仲(の彼しかし。う言と」 たし仰信は 。 。 。 。 、 、 ちた私「 ばえ会にちた者仰信)はちた者信偽(てしそ :すまいてれら仰うこはーラッ ちた私「 ばえ会にちた者仰信)はちた者信偽(てしそ ちた私「 ばえ会にちた者仰信)はちた者信偽(てしそ ちた私「 ばえ会にちた者仰信)はちた者信偽(てしそ 、 、 ア るな 高 崇 。すま し らた も を幸 不 て いおに 世 来と 世 現、 り あ で失 損 は引 取 の者 信 偽 - 2 。すでとこのえ教のムー 11 10 61 ラスイ、り通るいてれら仰と) - : ンーアルク( 。るあでのなとこな善最)も 。るあでのなとこな善最)も 。るあでのなとこな善最)も 。るあでのなとこな善最)も り よ 命 生 や 財( て っ と に 方 た な あ そ これ そ 、 ば れ あ で 者 る 知 が方 た な あ し も 。 だ の る す り よ 命 生 や 財( て っ と に 方 た な あ そ これ そ 、 ば れ あ で 者 る 知 が方 た な あ し も 。 だ の る す り よ 命 生 や 財( て っ と に 方 た な あ そ これ そ 、 ば れ あ で 者 る 知 が方 た な あ し も 。 だ の る す り よ 命 生 や 財( て っ と に 方 た な あ そ これ そ 、 ば れ あ で 者 る 知 が方 た な あ し も 。 だ の る す 闘奮力努ていおに道のーラッアてっもを命生と財、し仰信を徒使のそとーラッア?かうろ 闘奮力努ていおに道のーラッアてっもを命生と財、し仰信を徒使のそとーラッア?かうろ 闘奮力努ていおに道のーラッアてっもを命生と財、し仰信を徒使のそとーラッア?かうろ 闘奮力努ていおに道のーラッアてっもを命生と財、し仰信を徒使のそとーラッア?かうろ やてえ教を引取う救を方たなあらか罰懲いしま痛、よちた者るす仰信 がーラッアるな高 やてえ教を引取う救を方たなあらか罰懲いしま痛、よちた者るす仰信 やてえ教を引取う救を方たなあらか罰懲いしま痛、よちた者るす仰信 やてえ教を引取う救を方たなあらか罰懲いしま痛、よちた者るす仰信 崇 はれ そ 。 すまし 現 実を 福 幸て い お に世来 と 世現 、 での も い 多の 利 は引 取 の者 仰 信 - 1 。すで引取 の者信偽②、と引取の者仰信①:すまいてれさ及言が引取の類種 はに中のンーアルク 2 :引取い多の利 :引取い多の利 ● :引取い多の利 :引取い多の利 ) : ンーアルク( 2 112 、 、 。だのいなもとこむし悲)し対にとこたっ去ぎ過( ばれけなもとこるれ恐)を安不な 。だのいなもとこむし悲)し対にとこたっ去ぎ過( ばれけなもとこるれ恐)を安不な 。だのいなもとこむし悲)し対にとこたっ去ぎ過( ばれけなもとこるれ恐)を安不な 。だのいなもとこむし悲)し対にとこたっ去ぎ過( ばれけなもとこるれ恐)を安不な 、 、 々様ので世来(は彼てしそ。るあが奨報に許御の主のそはに者るあで徒のンーサフイ、し 々様ので世来(は彼てしそ。るあが奨報に許御の主のそはに者るあで徒のンーサフイ、し 々様ので世来(は彼てしそ。るあが奨報に許御の主のそはに者るあで徒のンーサフイ、し 々様ので世来(は彼てしそ。るあが奨報に許御の主のそはに者るあで徒のンーサフイ、し 従服てっか向に摯真にみのーラッア、やい 従服てっか向に摯真にみのーラッア、やい 従服てっか向に摯真にみのーラッア、やい :たしまれら仰うこはーラッアの高至- 従服てっか向に摯真にみのーラッア、やい 3 。く行り還とへーラッア 31 22 ) : ンーアルク( 。く行り還とへーラッア 。く行り還とへーラッア 。く行り還とへーラッア、は末結の事物のて全てしそ。者ため締り握を手っ取な固堅は者るあで徒のンーサフイ、し、は末結の事物のて全てしそ。者ため締り握を手っ取な固堅は者るあで徒のンーサフイ、し、は末結の事物のて全てしそ。者ため締り握を手っ取な固堅は者るあで徒のンーサフイ、し、は末結の事物のて全てしそ。者ため締り握を手っ取な固堅は者るあで徒のンーサフイ、し 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至- 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 2 4 125 ) : ンーアルク( ?かうろあが者るあで善最ていおに教宗どほ ?かうろあが者るあで善最ていおに教宗どほ ?かうろあが者るあで善最ていおに教宗どほ ?かうろあが者るあで善最ていおに教宗どほ 、 、 者るす襲踏をえ教のムーヒーラブイるあで正純)らか妄虚( りあで徒のンーサフイ、し 者るす襲踏をえ教のムーヒーラブイるあで正純)らか妄虚( りあで徒のンーサフイ、し 者るす襲踏をえ教のムーヒーラブイるあで正純)らか妄虚( りあで徒のンーサフイ、し 者るす襲踏をえ教のムーヒーラブイるあで正純)らか妄虚( りあで徒のンーサフイ、し 、 、 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至- 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 従服てっか向に摯真にみのーラッアてしそ 1 。すでの る れらで 愛を徒 のン ーサフ イはー ラッア 、り あでン ーサフ イるけ おに )為行 拝崇( ダ ー バイの ーラッ アる な高崇 がれこ 。すま せさ 難避を 彼とへ ともの 護庇 のれか たま、 い 養 を念の 怖畏は 事る だくり へてし 対にれ かつ か、し 美賛を さ大偉 いな 類比の れか方 一、せ わ慕め 求をーラ ッアに彼 は念の 慕愛。す でさ全完 るけお に事るだ くりへて し対に れ か 、し美 賛をさ 大偉 いな類 比のれ か②、 と念 の慕愛 いな上 のこる す対 にーラ ッア① り

×