Your SlideShare is downloading. ×
Ja 20 intercession
Ja 20 intercession
Ja 20 intercession
Ja 20 intercession
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Ja 20 intercession

105

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
105
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. とりなし ﴾ ‫﴿ ﻟﺸﻔﺎﻋﺔ‬ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  • 2. ‫﴿ ﻟﺸﻔﺎﻋﺔ ﴾‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  • 3. 3 。たしでんせまりあはとこるす宗改にムーラスイ局結、がたしまけ続し護庇く厚手を彼も時たれさ害迫にめたのそ、し始開を教布でカッマが彼たま。たしまぎ継き引を見後の彼たっか幼だま、後たし界他が父祖たいてし護庇を彼、で父叔の)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(者言預は彼:注者訳 2 」)んせまりあが事るれさに故反を束約はたなあに当本(えまたせら蘇を彼に”階位たれ溢に賛賞“ のろことた 。れさ束約に彼がたなあ、え与を誉栄としなりとにドマンハム、よ主の拝礼るれわ行と)とこの ンーザア(けかび呼たれさ成完 のこ、よーラッア「 すまいてれ さ奨推がとこる祈にうよの次、後 の)けかび呼のへ拝礼( : ンーザア:注者訳 1 。しなりとのめたる得をし許おのめたる入に国天が者仰信のて全 ⑥ 。しなりとのめたるす減軽を罰懲ので獄地の2ブリータ・ーブア父叔の)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預 ⑤ 。しなりとるめ高でまに階位の上以階位ので国天たっだずはるれら得てしと奨報のい行ので世現のそ、内の者る入に国天 ④ 。しなりとるすにうよるれ入に国天、がちた者たっあで量いし等が行悪と行善 ③ 」 だのるれ 。入らか扉の翼右最の国天、をちた者いなの算清らか体同共のたなあ「 すまり仰はー :ラッアきとのこ。すまれ入に国天にしな算清を々人のも人 00007、でしなりとるす対に々人るす属に体同共の)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(ドマンハム者言預 ② 。すでのな1」階位たれ溢に讃賞「の)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(ドマンハム者言預るゆわいがれこ、がすまれか裁をら彼はーラッアてしうこ。すでのものろことる来出がとこるけ受をしなりとつか、れか裁てっよにれそが々人つ待ていおに地台を定裁の判審はれそ。すで」しなりとの大最「るあでのもな大偉も最 ① :すまりあか類種何はにれそ:しなりとの有特)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(ドマンハム者言預-1 :すまりあ類種 2 はにしなりとの日の判審: 類種のしなりと 類種のしなりと 類種のしなりと 類種のしなりと ● 。すでとこう請を助援のから何てし対にか誰: はとしなりと はとしなりと はとしなりと はとしなりと ● とりなし
  • 4. 4 。 1022(ドーウーダ・ーブア・ンナス・フーヒサ、 2252(ドーウーダ・ーブア・ンナス。承伝な正真 ) ) 5 。のものムリスムは章文。 991(ムリスム・フーヒサ、 4036(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 4 。とこの照参を章の」クルシ.5「はくし詳:注者訳 3 )84:47 ンーアルク( 。いなはとこるす益もしなりとのち 。いなはとこるす益もしなりとのち 。いなはとこるす益もしなりとのち 。いなはとこるす益もしなりとのちた者すなりとはにら彼た者すなりとはにら彼た者すなりとはにら彼た者すなりとはにら彼 :たしまれら仰うこ、てし関にちた者き深罪ら彼は方おるな高崇。んせまりあはとこるす益を彼がれそ もてしとたしなりとにめたの彼がか誰え例 すまり 、 。なにとこむ住に獄地に遠永、ばれけなもとこる入に国天、くなはしなりとに者仰信不 ● )82:12 ンーアルク( 。いながとこすなりと 。いながとこすなりと 。いながとこすなりと 。いながとこすなりと、はてし対に外以者たれらなにび喜おがーラッア)はら彼(てしそ、はてし対に外以者たれらなにび喜おがーラッア)はら彼(てしそ、はてし対に外以者たれらなにび喜おがーラッア)はら彼(てしそ、はてし対に外以者たれらなにび喜おがーラッア)はら彼(てしそ :たしまれら仰うこはーラッアるな高崇:悦満ごのーラッア、るす対に方両象対るれさなりとと手しなりと-2 )552:2ンーアルク( ?かうよ来出がとこすなりとで許御のれかが誰、てしくなし許おの)ーラ ?かうよ来出がとこすなりとで許御のれかが誰、てしくなし許おの)ーラ ?かうよ来出がとこすなりとで許御のれかが誰、てしくなし許おの)ーラ ?かうよ来出がとこすなりとで許御のれかが誰、てしくなし許おの)ーラッア(れかッア(れかッア(れかッア(れか :たしまれら仰はーラッアるな高崇:し許おのしなりとのらかーラッア-1 :すで要必が件条のつ 2 はにるす現実がしなりとのこ :すで要必が件条のつ 2 はにるす現実がしなりとのこ :すで要必が件条のつ 2 はにるす現実がしなりとのこ :すで要必が件条のつ 2 はにるす現実がしなりとのこ ● 」。 )5承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” るれらえ与を利権のしなりとるす対に人07 の系家のそ、は者教殉“ たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使 :のーラッア「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ゥーダルダ=ッア・ーブア ③ : )62:35 ンー 。 だのいなはとこるす益(はにしなとこるれらなにび悦お)に者るれさを ) )アルク( 。 だのいなはとこるす益(はにしなとこるれらなにび悦お)に者るれさを 。 だのいなはとこるす益(はにしなとこるれらなにび悦お)に者るれさを 。 だのいなはとこるす益(はにしなとこるれらなにび悦お)に者るれさを ) )しなりとがーラッア(つか、れらえ与をし許お)のしなりと(に)手しなりと(者るなしなりとがーラッア(つか、れらえ与をし許お)のしなりと(に)手しなりと(者るなしなりとがーラッア(つか、れらえ与をし許お)のしなりと(に)手しなりと(者るなしなりとがーラッア(つか、れらえ与をし許お)のしなりと(に)手しなりと(者るな 。 。にみ望おのれかがーラッア)はしなりとのら彼( かとこたっあで損り折骨がしなりとにみ望おのれかがーラッア)はしなりとのら彼( かとこたっあで損り折骨がしなりとにみ望おのれかがーラッア)はしなりとのら彼( かとこたっあで損り折骨がしなりとにみ望おのれかがーラッア)はしなりとのら彼( かとこたっあで損り折骨がしなりと 。 。のちた使天のく多にかいてしそのちた使天のく多にかいてしそのちた使天のく多にかいてしそ :たしまれら仰うこ、ていつに使天はーラッアの高至のちた使天のく多にかいてしそ ② 」 )4承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。うろだるなにとこる得がて全者たし界他ままいなさ犯を3クルシてし対にーラッア、で者の内の体同共の私‐ばれれらなにみ望おうそがーラッア‐はれそてしそ るあでのたいおてし存温にめたのしなりとの日の判 。審、を事い願の私は私しかし。たっましてい用を事い願のそは者言預のて全てしそ。るあが事い願るれらえ叶はに者言預のて全「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラ :ッアに彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア ① 。すでとこのしなりとのめたるすにうよる出らかこそがのもたっ入に獄地、としなりとのめたるすにうよいなら入にこそが者きべる入に獄地りまつはれそ:しなりとるす有がちた者仰信、使天諸 ちた者言預の外以 れあ安平と福祝のらかーラッアに彼( マンハム者言預-2 、 ) ド

×