Your SlideShare is downloading. ×
ソフトウェア開発を勉強し始めて3年間でやったこと~After~ #devsumi
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

ソフトウェア開発を勉強し始めて3年間でやったこと~After~ #devsumi

11,557
views

Published on

2014/02/13のデベロッパーズサミット2014で講演したスライドです。

2014/02/13のデベロッパーズサミット2014で講演したスライドです。

Published in: Technology

1 Comment
71 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
11,557
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
94
Comments
1
Likes
71
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ソフトウェア開発を勉強 し始めて3年間でやった こと~After~ in Developers Summit 2014 k yon_mm
  • 2. Self Introduction きょん(@kyon_mm) テストアーキテクト Groovy, F#, C#, Scala SCMBootCamp, Nagoya.Testing, TDDBootCamp
  • 3. Preface 今日は「僕がソフトウェア開発を勉強し始めて3 年間でやったこと - うさぎ組」というエントリ ーとその後のエンジニア生活について話しま す。 http://d.hatena.ne.jp/kyon_mm/ 20120521/1337570172
  • 4. Preface 26歳ゆとり世代がどのように成長したかの一例 をお見せします。
  • 5. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 6. Dark History ゆとり世代だぜ! 電気通信大学に入学。 19歳で就職(大学中退して未経験入社)。 リーマンショック直前でタイミング良かった。
  • 7. Dark History スキル ifとforはわかるかも。 以上。 会社 官公庁案件の多重下請けの下層にいる50名以 下企業。 残業がやばい。
  • 8. Dark History 会社で勉強が必要という事がわかっていない オブジェクト指向って何かわからない MVCって何かわからない それっぽく動いたら手動テストでがんばる 仕事の仕方もわからない
  • 9. Dark History 何の仕事をしているかわからない日々
  • 10. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 11. 2009.5 - 2010.4 独自フレームワーク専用に仕上げられた Eclipse2.x系の使いにくさから、Javaのエディ タを検索していたら、NetBeansを知る。 NetBeansの記事をたくさん書いていたのが、 id:shin, id:nowokayさん二人だった。
  • 12. 2009.5 - 2010.4 そしてbleis-tiftというWeb上でも希有な存在を 知る。
  • 13. 2009.5 - 2010.4 様々な書籍に関する鋭いレビュー 設計や実装についての考え方 良書の紹介
  • 14. 2009.5 - 2010.4 bleis-tiftが僕のヒーローになる。
  • 15. 2009.5 - 2010.4 bleisさんがオススメしているClean Code[by Robert.C.Martin]の邦訳が出るという事から、 初めて技術書を買う。 そして何もかもに衝撃を受ける。
  • 16. 2009.5 - 2010.4 ここからOOの勉強を始める事になります。 bleisさんと会話できるレベルになる事が目標。
  • 17. 2009.5 - 2010.4 今、自分の仕事を変える事が出来るかはわから ない。 でも、いつか、いつの日かbleisさんに、すごい 人達に追いつきたい。
  • 18. 2009.5 - 2010.4 この1年が今までで最も勉強した。 就職してからの空白を埋める事へ必死になっ た。 Kent Beck, Martin Fowler, Robert.C.Martin,Joshua Bloch,などの書籍を読 みまくる。 だいたい年間70冊くらい。
  • 19. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 20. 2010.5 - 2011.4 bleisさんにお礼を言うためにTwitterを始め る。 Twitter経由で「勉強会」を知る。 よくわからないまま第一回Hudson勉強会に参加 する。
  • 21. 2010.5 - 2011.4 bleisさんが自分より一個年上なだけだと知る。 (ハイスキルなので、30前後だと思ってた。) 当時 kyon_mm 23歳 bleis-tift 24歳
  • 22. 2010.5 - 2011.4 僕と一歳しか違わ ずにあの実力 Orz
  • 23. 2010.5 - 2011.4 でも追いつきたい
  • 24. 2010.5 - 2011.4 TDD, Jenkins, Mercurial, Groovyに手をつけ る。 Scrumっぽい何かをやってみる。 DVCSもBTSも知らない人達とScrumをやってみ た。 - うさぎ組 http://d.hatena.ne.jp/kyon_mm/ 20120126/1327566701
  • 25. 2010.5 - 2011.4 この頃からブログを少しでも書いたり、勉強し ていてわからないことやわかったことは、 Twitterに書くようにしたり。 いろんな人が教えてくれて勉強になった。
  • 26. 2010.5 - 2011.4 社内の都合で決定的に会社をやめたくなる。 まだ国内でのGitHub転職などが盛んではなかっ た頃。
  • 27. 2010.5 - 2011.4 Google Docsに職務経歴書を公開してSNSで放 流。 Twitterのフッターテキストに[転職活動中]とつ ける。
  • 28. 2010.5 - 2011.4 SNSに「転職活動します!」と流す! 直後に憧れのbleisさんから「うちに来ないか」 と誘われたのが今でも忘れられない。
  • 29. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 30. 2011.5 - 2012.4 ソフトウェアテスト、自動化、開発環境連携に ついて勉強を始める。 Ustreamでフリーテーマでソフトウェア開発につ いてのラジオ配信をする。 初めてのLT、50分発表、主催をしていく。
  • 31. 2011.5 - 2012.4 JGGUG(Groovy) TDDBootCamp(TDD) SCMBootCamp(SCM, DVCS)
  • 32. 2011.5 - 2012.4 ここから各種勉強会の主催をたくさんするよう になる。 もしかしたら間違っているかもしれないけれ ど、真摯であればみんな助けてくれる。 きっといいことが生まれる。
  • 33. 2011.5 - 2012.4 2011.09 : 名古屋のbleis-tiftさんがいる会社 に転職。
  • 34. 2011.5 - 2012.4 素晴らしい仲間に囲まれて仕事を思い切りする 事ができるようになる。 会社で初めて見たサンプルコードはC# なのに OCamlかと思うようなコードだった。。。
  • 35. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 36. Now 社内エンジニアとのプログラミングのスキル差 に絶望する。
  • 37. Now もともと勉強していた「ソフトウェアテスト」 ならみんなが必要としていて、もっと役に立て る気がして、更に勉強することに。 名古屋のいろんな勉強会に参加したり、東京の 勉強会にも参加したり。
  • 38. Now テストの事をたくさんTwitterに書いていると、 JaSST(ソフトウェアテストシンポジウム)の方々 が教えてくれて勉強になった。 そしてどうやって会社のエンジニアの凄さを立 証するか?どうやって組織を向上させるか?と いう意味でも「ソフトウェア工学」の勉強も強 化する。
  • 39. Now アジャイル、ソフトウェアテスト、TDDを中心に 自分の仕事をすすめていって、外でもたくさん (多いときは月に10回近く)発表、主催をするよ うになるときも。
  • 40. Now なごやこわい の文化によって「基礎勉強会」を 始める。 Java基礎 -> Javaの型付け規則の証明、JVMメ モリモデル Scala基礎 -> Scalaの型付け規則の証明 モナド基礎 -> 圏論 Groovy基礎 -> GroovyのAST
  • 41. Now 素直に自分の思った事を表現することはとても 大切。 自分でいろんな思考実験をしながら勉強する。 一人でもやれる事はたくさんある。 アウトプットするとその思考実験がどれくらい 正しいかわかる。
  • 42. Now それなりにテストを中心とした技術に関しては 詳しくなったし、社内ではある程度できるよう になってきた。
  • 43. Now 自動テストの誤解とアンチパターン in 楽天 Tech Talk http://www.slideshare.net/KyonMm/in-techtalk
  • 44. Now これまでに培ったもの、そしていま勉強してい る事をもっとビジネスとして活かしたい。
  • 45. Now きょんくんによるソフトウェアテストを軸とし た、トレーニング、コンサルタントの事業を始 めました。 導入したいなーとか思う方はご連絡ください。 kyon.mm@gmail.com twitter:kyon_mm
  • 46. Agenda 黒歴史時代 2009.5 - 2010.4 2010.5 - 2011.4 2011.5 - 2012.4 現在
  • 47. Summary 最初は本当にダメなエンジニアでした。 でも、思いがあれば、目標を持っていれば、そ して努力すれば、きっと実ります。 すぐに出来なくても諦めず、腐らず、流され ず、理想を求めて、理想から妥協は自分で考え て。。。
  • 48. Summary 次に素敵なエンジニアの舞台にたつのはあなた の番です。 ぜひ、一緒にエンジニアライフに誇りを持って 過ごす時間を共有しましょう。
  • 49. ご清聴ありがとうござい ました。

×