IBM のソーシャル・メディア・ガイドラインと 活用事例 日本アイ・ビー・エム株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ 栗原 進
IBM のソーシャル・メディア Tumblr ブログ ブロガー・ミーティング
IBM には、公式ブログも公式 Twitter もない?!
IBM  ソーシャル・コンピューティングのガイドライン <ul><li><サマリー> </li></ul><ul><li>IBM のビジネス・コンダクト・ガイドラインを熟知、それに従う </li></ul><ul><li>自分が掲載した内容に個...
ビジネス・コンダクト・ガイドライン <ul><li>IBM の企業行動基準(倫理規定) </li></ul><ul><li>会社と社員との契約、年に 1 回サイン (年初) </li></ul><ul><li>熟読、 e- ラーニング、試験の後...
IBM の基本スタンス <ul><li>Social Mediaは、個人の意見・考えを表す場 </li></ul><ul><li>世の中に役立つ意見を持つ社員が IBM に所属している<=ブランディング </li></ul><ul><li>社外...
Twitter IBM 関連ニュースの紹介 開発者 コミュニケーション プレスリリース の配信 イベント情報 の配信
社外ブログ <ul><li>会社の宣伝にとどまらず、自らの意見を言う場所 </li></ul><ul><li>業種を超えたコミュニティーの醸成 </li></ul><ul><li>ー朝カフェ </li></ul><ul><li>ー Twitte...
ブロガーズ・ミーティング <ul><li>現場で働く企業人の集い </li></ul><ul><li>エキスパート同士のディスカッション </li></ul><ul><li>懇親会などを通してのコミュニケーションの醸成 </li></ul>< ...
電話営業部隊での活用 <ul><li>Face to Face ではなく電話でのビジネス活動を行っている営業毎のサイト </li></ul><ul><li>それぞれの担当エリア / 担当業種に密着したコンテンツを揃え、よりコンパクトに情報発信 ...
社内の Social Media Communication Digital   Strategy & Development -Guide Line の作成 - 研修の提供     - 関連情報の提供  C H Q 社内コミュニティー 勉強会...
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

IBMソーシャル・コンピューティング・ガイドライン

1,941

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,941
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
37
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

IBMソーシャル・コンピューティング・ガイドライン

  1. 1. IBM のソーシャル・メディア・ガイドラインと 活用事例 日本アイ・ビー・エム株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ 栗原 進
  2. 2. IBM のソーシャル・メディア Tumblr ブログ ブロガー・ミーティング
  3. 3. IBM には、公式ブログも公式 Twitter もない?!
  4. 4. IBM ソーシャル・コンピューティングのガイドライン <ul><li><サマリー> </li></ul><ul><li>IBM のビジネス・コンダクト・ガイドラインを熟知、それに従う </li></ul><ul><li>自分が掲載した内容に個人的に責任を持つ。自身のプライバシー保護に努める </li></ul><ul><li>IBM や IBM に関連した事柄について書く際には、身元(氏名、任務)を明らかに。人称は一人称で。 </li></ul><ul><li>IBM での自身の仕事や IBM に関する話題でブログを公開したりコメントを掲載したりする際には、次のような免責文を「このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、必ずしも IBM の立場、戦略、意見を代表するものではありません」 </li></ul><ul><li>著作権とその公正使用、および財務情報公開に関する法律を遵守 </li></ul><ul><li>IBM および他者の、機密情報や専有情報を提供してはならない。 </li></ul><ul><li>承認を得ずにお客様、パートナー、サプライヤーに言及するのは厳禁。 </li></ul><ul><li>読者に敬意を。 </li></ul><ul><li>他の誰がその話題についてブログで記事を書いているか調べ、引用 </li></ul><ul><li>IBMer として同僚やお客様に紹介したいプロフィールや記事内容を発表 </li></ul><ul><li>喧嘩を仕掛けてはならない。自分の間違いがあればいち早く訂正。ただし過去の掲載内容を断りなく変更してはならない。 </li></ul><ul><li>価値を付加するよう心がけてる。 IBM のブランド価値は社員により示される。 IBM のブランド価値を左右するものであることを忘れないように </li></ul>http://www.ibm.com/jp/ibm/partner/scg.html
  5. 5. ビジネス・コンダクト・ガイドライン <ul><li>IBM の企業行動基準(倫理規定) </li></ul><ul><li>会社と社員との契約、年に 1 回サイン (年初) </li></ul><ul><li>熟読、 e- ラーニング、試験の後署名 (オンライン) </li></ul><ul><li>全てのビジネス活動のよりどころ </li></ul>http://www.ibm.com/jp/ibm/bcg/ 会社と社員との共有のガバナンスを確立しておくことが大事
  6. 6. IBM の基本スタンス <ul><li>Social Mediaは、個人の意見・考えを表す場 </li></ul><ul><li>世の中に役立つ意見を持つ社員が IBM に所属している<=ブランディング </li></ul><ul><li>社外の方々とのコミュニケーション・ツール </li></ul><ul><li>よりよいソーシャル・コミュニケーションを醸成するための自発的コミュニティーの活動の推進 </li></ul><ul><li>社員の自主性を尊重 </li></ul>社外 Social Media のターゲット <ul><li>お客様 </li></ul><ul><li>ビジネス・パートナー </li></ul><ul><li>社員 </li></ul><ul><li>潜在顧客 </li></ul>
  7. 7. Twitter IBM 関連ニュースの紹介 開発者 コミュニケーション プレスリリース の配信 イベント情報 の配信
  8. 8. 社外ブログ <ul><li>会社の宣伝にとどまらず、自らの意見を言う場所 </li></ul><ul><li>業種を超えたコミュニティーの醸成 </li></ul><ul><li>ー朝カフェ </li></ul><ul><li>ー Twitter との連動 </li></ul><ul><li>ーセミナー、勉強など </li></ul><ul><li> -趣味の共有 </li></ul>
  9. 9. ブロガーズ・ミーティング <ul><li>現場で働く企業人の集い </li></ul><ul><li>エキスパート同士のディスカッション </li></ul><ul><li>懇親会などを通してのコミュニケーションの醸成 </li></ul>< これまで実施したテーマ > Yamato Innovation Days / CEO Study / Venture Capital / ibm.com Web 2.0 / Developper Works / Smarter Planet   / Cloud Computing / LotusLive   etc. http://blogs.itmedia.co.jp/portal/meeting.html
  10. 10. 電話営業部隊での活用 <ul><li>Face to Face ではなく電話でのビジネス活動を行っている営業毎のサイト </li></ul><ul><li>それぞれの担当エリア / 担当業種に密着したコンテンツを揃え、よりコンパクトに情報発信 </li></ul><ul><li>電話だけではカバーしきれないコミュニケーションを補完する </li></ul><ul><li>担当者ブログと連携 </li></ul><ul><li>営業の自己紹介、おすすめ情報、最新情報を提供 </li></ul>自己紹介サイト 担当者ブログ <ul><li>Face to Face ではなく電話でのビジネス活動を行っている営業毎のブログ </li></ul><ul><li>それぞれの担当エリア / 担当業種に密着したコンテンツを週 1 ~ 2 回執筆 </li></ul><ul><li>電話だけではカバーしきれないコミュニケーションを補完する </li></ul><ul><li>個人の Twitter と連携 </li></ul><ul><li>業界動向、 IT トレンドの解説、お客様との会話を通じての営業の日々の気づきなどを掲載 </li></ul>
  11. 11. 社内の Social Media Communication Digital Strategy & Development -Guide Line の作成 - 研修の提供     - 関連情報の提供  C H Q 社内コミュニティー 勉強会 社内研修 プログラム 情報共有 コミュニティー ショーケース 推薦図書 戦略 自発的 実践
  12. 12. ご清聴ありがとうございました
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×