Presen scalability public_20121009

884 views

Published on

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
884
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
246
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • フロー 劇場公演➡握手会 雑誌・ TV➡CD 発売➡握手会➡
  • 持ち歌のバリエーションを増やす 一般的なアーティストはスケールアップで対応 スケールアウトは AKB みたいなやり方でしか実現不可 今後の展開 AKB➡ スケールアウト、海外展開 ももクロ➡スケールアップの方向、 TV でライブ的感覚が伝わるかがカギ
  • Presen scalability public_20121009

    1. 1. 第 12 回 ライトニングトークアイドルグループにおけるスケーラビリティについてしゃけ@pggm
    2. 2. アイドルブーム AKB48 ももいろクローバー Z
    3. 3. AKB  東京ドームでライブ実施 2012/8 実施
    4. 4. ももクロ 西武ドームでライブ実施 2012/8 実施
    5. 5. AKB とももクロの違い AKB ももクロメンバー数 91※ 1 5楽曲数 494※ 2 50 程度レーベル キングレコード スターチャイルド(キングレコー ドの子会社)事務所 各メンバーの所属事務所は スターダストプロモーション 分散仕掛人 秋元康 川上アキラ裏方 前山田健一(ヒャダイン)結成年月 2005 年 12 月 2008 年 5 月コンセプト・ 会いに行けるアイドル 週末ヒロインキャッチフレーズ いま、会えるアイドル ※ 1  AKB48 のみのメンバー数 2012 年 9 月時点  Wikipedia より ※ 2  AKB グループ全体  http://d.hatena.ne.jp/syoyoyu/20110713/1310563010 ※ 3  http://ameblo.jp/kenkun-momokuro-no1/entry-11165801667.html
    6. 6. AKB とももクロの共通点• コンセプトが似ている • ファンとの距離感の近さを強調したコンセプト• 現在( 2012/9 月時点)、人気がある • ライブの客数 • 昔は10〜300人 • 現在は10000人以上• 課題 • 客数が多いことで、一人一人へのサービス品質(距離感の 近さ)は低下する AKB とももクロはどのようにして、サービス品質 を維持しながらファンを増やしていったか?
    7. 7. ファン数増加の必要条件• アイドルがファン数の増加させるには ➡スケーラビリティを向上させなければならない
    8. 8. スケーラビリティ• スケーラビリティとは • IT 用語 • コンピュータシステムの持つ拡張性。システムの利用者や 負荷の増大に応じて、柔軟に性能や機能を向上させられる ことを意味する• スケーラビリティが必要な状況 • サービスの利用者数が増えたとき • 例:サイトへのアクセス数が増えたら、システム性能を向上さ せなければならない• アイドルグループにおけるスケーラビリティ • ファン数が増えても、サービス品質を維持するために、ア イドルグループとしての魅力を向上させる必要がある
    9. 9. スケーラビリティの向上方法• スケールアップ • マシンの性能( CPU やメモリ)を向上させる• スケールアウト • マシンの台数を増やす
    10. 10. AKB とももクロにおけるスケーラビリティももクロ AKB
    11. 11. AKB のスケーラビリティ• スケールアウト • メンバー数が増えることを指す• スケールアウトの施策 • 全国へ姉妹グループを展開 • 握手会の開催 • 雑誌や TV の囲い込み戦略 • 選抜総選挙• ボトルネックポイント
    12. 12. 全国へ姉妹グループを展開• 国内・海外へグループを展開している • SKE48 、 NMB48 、 HKT48 、 JKT48 、 SNH48 ・・・ • メリット • AKB48 の劇場公演を姉妹グループに流用し、かつアイドルグ ループ運営ノウハウはあるため、投資に対して一定の需要は見 込める • 地域ごとにコアなファンを作り、そこから顧客層を拡大してい ける
    13. 13. 握手会の開催• 背景 • 音楽データがコピー可能になり CD が売れなくなった  ➡コピーできない価値を付けないと売れない  ➡握手券付属の CD を売る  ➡全国各地で握手会を開催し、 CD 売り上げは100万本超• 握手会 • メンバー数が多くないとスケールしない • メンバー数が少ないとコアなファンが少数のメンバーに握手が 集中して、ライトなファンが握手できない • メンバー数が多いため、ファン数が増加しても握手会が開催で きる • ライトなファンは人気メンバーと握手 • 1回の握手で満足 • コアなファンは不人気メンバーと握手 • 何度も握手をして満足
    14. 14. 雑誌や TV の囲い込み戦略• 多くの事務所にメンバーを所属 • ホリプロ、プロダクション尾木、サムデイ、太田プロダク ション、ワタナベエンターティメント、 Mousa• 多くの雑誌・ TV に AKB を出演 • D 社のコネクション • 姉妹グループやユニットグループをローテーションしてグ ラビア出演させ、読者を飽きさせない • メンバー数が多くなければできない ➡多方面からファンを増やしていった
    15. 15. 選抜総選挙• スケールアウト(メンバー数が増加=発散)したものを 、収束させる仕組みとして機能している • 対象のメンバー数が多ければ多いほどよい • 「5人を選抜総選挙」より「100人を選抜総選挙」のほうが 盛り上がる
    16. 16. AKB のボトルネック• プロデューサーのリソース • 楽曲の全てを秋本康が作詞(してることになっている) • 多くの AKB 関連の企画に秋本康は関わっている • 秋本康のリソースはスケールアウトできない
    17. 17. ももクロのスケーラビリティ• スケールアップ • メンバーが能力向上することを指す• スケールアップの施策 • ライブパフォーマンスの向上 • えびぞりジャンプ • 円形ステージにおけるライブ • ライブ DVD/BD の評価 • 多様な音楽フェスへの出演• ウィークポイント
    18. 18. ライブパフォーマンスの向上 えびぞりジャンプ ⬅昔 今➡
    19. 19. 円形ステージにおける公演①• 横浜アリーナで2日ライブ (2012/3) • 客席17000人 • 1日目 • アイドルライブでは一般的な A ステージ • 問題点 • 端にステージがあり、後方席からだとステージまで遠く、観づ らい ステージ 後方の席だとス 後方の席だとス テージまで遠い テージまで遠い
    20. 20. 円形ステージにおける公演②• 2日目 • 中央ステージパターン • アイドルが中央ステージ型でライブをするパターンはほぼない • 端にステージがある場合とは、メンバーは異なるライブパ フォーマンスをする必要がある( 360 度へ向けたダンス)  ➡メンバーが能力向上している • 中央ステージなのでステージと客席の距離が縮まり、生のパ フォーマンスを品質落とさず多くの客に魅せることができるステージまステージま ステージで近いで近い
    21. 21. ライブ DVD/BD の評価①
    22. 22. ライブ DVD/BD の評価②• AKB の評価が低い理由 • メンバー数が多すぎるため、ライブがリハーサル不足にな りがち • メンバー数が多い&顧客数が多いと客のニーズも多様化し 、不満のあるユーザが出てくる• ももクロの評価が高い理由 • ライブの完成度が高い • 新規客・既存客の両方から受け入れられる構成 • メンバーのライブパフォーマンスが向上(スケールアッ プ)している
    23. 23. 多様な音楽フェスへの出演• ライブがももクロの強み • 短時間でもライブなら魅力が伝わる  ➡新規客の開拓に有効  ➡既存のアイドルファンだけでなく、別ジャンルの音楽ファン へ訴える必要があるため、メンバーの能力も向上する• 出演音楽フェス • アニメロサマーライブ (2011/8) • SUMMER SONIC 2012 (2012/8) • 氣志團万博 2012 (2012/9) • MUSIC COMPLEX 2012 (2012/11) • オールナイトニッポン 45 周年感謝祭  ALL LIVE NIPPON (2012/12)
    24. 24. ももクロのウィークポイント• メンバーの代替が効かない • 一人欠けるとライブ実施すら厳しい・・・ • 仮に新規メンバーが参入しても・・・ • 今のライブパフォーマンスのクオリティを新規メンバーがこな すことは不可能
    25. 25. まとめ• アイドルグループがファン数を増加させるには、スケー ラビリティを向上させなければならない AKB ももクロスケーラビリ スケールアウト スケールアップティの手法強み 握手会・総選挙 ライブ弱み 秋本康のリソース メンバーの代替性
    26. 26. ご清聴ありがとうございました

    ×