第7回 LTしゃけ(@pggm)
一般意志2.0• 著者:東浩紀• 2011/11/22発売
一般意志2.01. ルソーの提唱した「一般意志」2. 情報技術の発展3. 上記二つを軸にした新しい社会の可能性
ルソー• 「社会契約論」の著者(1712〜1778)
社会契約論• 個人のための社会のあり方を論じている – ひとは自由で孤独な存在として生まれた。そ   の状態は維持できなくなり、集団生活を行い   社会を作らざるを得ない。これを社会契約と   呼ぶ – 社会契約とは人民ひとりひとりが「自分の持...
一般意志共同体の 意志 社会 契約人民
僕と契約して一般意志を生んで      よ
一般意志と政府の関係• 政府は人民と一般意志のあいだの、相互  の連絡のため設けられ、法の執行や社会  的自由を維持するための中間団体   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%A...
一般意志共同体の            代行機関 意志        社会                 政府               (統治機構)契約              立法、行政人民            等
一般意志の定義• 人民の総意 – 全体意志(≒世論)とは異なる• 一般意志はつねに正しく、つねに公共の  利益に向かう – 利己心を捨て、一体となった人民の意志
一般意志の再定義• ルソーは一般意志をある程度数理的に定  式化できると考えていた –例  • 政府は一般意志と人民の間の調整機関だから、一    般意志:政府と政府:人民の比率は同じがよい      – 人民が1万人なら政府は100人    ...
情報技術の発展
Webサービス利用の拡大• Twitter  – 1日あたり2億ツイート• Facebook  – ユーザ数8億人• スマートフォン普及率  – アメリカ30%   (※日本6%)• ネット上の総データ量は500万TB以上
一般意志2.0• 一般意志とはデータベース – 我々の行為と欲望はデータに記録されている    • 総記録社会 • データの蓄積こそが一般意志を生む
一般意志2.0=データベー       ス      共同体の       意志    ITインフラ      利用     人民
新しい社会の可能性• 一般意志が情報技術により実現できれば、  現在の民主主義でなくてもよくなる – 直接民主制でなくても間接民主制でなくても   よい – 無意識民主制
一般意志2.0=データベー       ス共同体の             代行機関 意志       ITインフラ                政府2.0                (統治機構)行動            立法、行政人民...
政府2.0• 今までの政治のやり方に、データベース  (≒一般意志2.0)を活かす手法を著者は  提案している
代行機関が政策           を決定          双方の          良い点      データベー有識者による    を抽出  熟議                 ス
AKB48で考える
一般意志48=データベース共同体の        代行機関 意志          秋本康&電通          (統治機構) 行動          握手会等          サービス我々
一般意志2.0一般意志48 終わり
Presen ippanishi public_20111126
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Presen ippanishi public_20111126

575

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
575
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Presen ippanishi public_20111126

  1. 1. 第7回 LTしゃけ(@pggm)
  2. 2. 一般意志2.0• 著者:東浩紀• 2011/11/22発売
  3. 3. 一般意志2.01. ルソーの提唱した「一般意志」2. 情報技術の発展3. 上記二つを軸にした新しい社会の可能性
  4. 4. ルソー• 「社会契約論」の著者(1712〜1778)
  5. 5. 社会契約論• 個人のための社会のあり方を論じている – ひとは自由で孤独な存在として生まれた。そ の状態は維持できなくなり、集団生活を行い 社会を作らざるを得ない。これを社会契約と 呼ぶ – 社会契約とは人民ひとりひとりが「自分の持 つ全ての権利とともに自分を共同体に譲渡す ること」である。その結果、個人の意志の集 合体である共同体の意志、「一般意志」が生 まれる http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%A5%91%E7%B4%84%E8%AB%96
  6. 6. 一般意志共同体の 意志 社会 契約人民
  7. 7. 僕と契約して一般意志を生んで よ
  8. 8. 一般意志と政府の関係• 政府は人民と一般意志のあいだの、相互 の連絡のため設けられ、法の執行や社会 的自由を維持するための中間団体 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%A5%91%E7%B4%84%E8%AB%96
  9. 9. 一般意志共同体の 代行機関 意志 社会 政府 (統治機構)契約 立法、行政人民 等
  10. 10. 一般意志の定義• 人民の総意 – 全体意志(≒世論)とは異なる• 一般意志はつねに正しく、つねに公共の 利益に向かう – 利己心を捨て、一体となった人民の意志
  11. 11. 一般意志の再定義• ルソーは一般意志をある程度数理的に定 式化できると考えていた –例 • 政府は一般意志と人民の間の調整機関だから、一 般意志:政府と政府:人民の比率は同じがよい – 人民が1万人なら政府は100人 – 「全体意志は特殊意志の単純な和にすぎない。しかし一 般意志はその単純な和から『相殺し合う』ものを取り除 いた上で残る『差異の和』として定義される」• 東(著者)の拡大解釈 – 一般意志は数学的な存在である
  12. 12. 情報技術の発展
  13. 13. Webサービス利用の拡大• Twitter – 1日あたり2億ツイート• Facebook – ユーザ数8億人• スマートフォン普及率 – アメリカ30% (※日本6%)• ネット上の総データ量は500万TB以上
  14. 14. 一般意志2.0• 一般意志とはデータベース – 我々の行為と欲望はデータに記録されている • 総記録社会 • データの蓄積こそが一般意志を生む
  15. 15. 一般意志2.0=データベー ス 共同体の 意志 ITインフラ 利用 人民
  16. 16. 新しい社会の可能性• 一般意志が情報技術により実現できれば、 現在の民主主義でなくてもよくなる – 直接民主制でなくても間接民主制でなくても よい – 無意識民主制
  17. 17. 一般意志2.0=データベー ス共同体の 代行機関 意志 ITインフラ 政府2.0 (統治機構)行動 立法、行政人民 等
  18. 18. 政府2.0• 今までの政治のやり方に、データベース (≒一般意志2.0)を活かす手法を著者は 提案している
  19. 19. 代行機関が政策 を決定 双方の 良い点 データベー有識者による を抽出 熟議 ス
  20. 20. AKB48で考える
  21. 21. 一般意志48=データベース共同体の 代行機関 意志 秋本康&電通 (統治機構) 行動 握手会等 サービス我々
  22. 22. 一般意志2.0一般意志48 終わり
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×