8th jan 2013_wotconf

2,651 views

Published on

0 Comments
18 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,651
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
32
Actions
Shares
0
Downloads
42
Comments
0
Likes
18
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

8th jan 2013_wotconf

  1. 1. HTML5によるデバイス連携 最新事情と未来予測 2013/2/8 (fri) NTT communications 小松健作
  2. 2. 自己紹介• 名前 – 小松健作• 所属 – NTTコミュニケーションズ – 次世代Webの研究開発・標準化• HTML5コミュニティの運営 – Google Developers Expert(HTML5) – Microsoft MVP (IE)
  3. 3. agenda• Inroduction• Base technology• Practice for Web of Things• Keep up w/ Web of Things
  4. 4. agenda• Inroduction• Base technology• Practice for Web of Things• Keep up w/ Web of Things
  5. 5. Web of things“The Web of Things is a vision inspiredfrom the Internet of Things where everydaydevices and objects, i.e. objects that containan embedded device or computer, areconnected by fully integrating them to theWeb. Examples of smart devices andobjects are wireless sensor networks,ambient devices, household tagged objects, etc.”appliances, RFID http://en.wikipedia.org/wiki/Web_of_Things
  6. 6. 和名(直訳)「モノ」のWeb
  7. 7. 意訳• Webから様々なマルチデバイスを使いこな せるようになること – パソコン – スマートフォン – タブレット – テレビ –車 – サイネージ – ……..
  8. 8. Webってそもそも何?
  9. 9. 今までのWebBrowser +Web OS
  10. 10. これからのWebBrowser +Web OS
  11. 11. Demo : 従来Webのユースケース http://events.html5j.org/conference/2012/09/program.html
  12. 12. 従来Webのモデル
  13. 13. Demo : これからのWebの ユースケース
  14. 14. これからのWebのモデル
  15. 15. Interactivedocument
  16. 16. agenda• Inroduction• Base technology• Practice for Web of Things• Keep up w/ Web of Things
  17. 17. Browser +Web OS
  18. 18. プロトコルとは?• 車みたいなもの –フォーマット • 乗用車 • バイク • トラック –ふるまい • 走り方
  19. 19. HTTP片側一車線を一台しか走れない必ずクライアントから開始
  20. 20. WebSocket片側一車線を何台でも走れる好きなタイミングで発車できる
  21. 21. ブラウザーで出来る事• これまでは、HTTPのみ – 文書のダウンロード• これからはWebSocketも – インタラクティブにデバイス間で通信• でも、それ以上のことはなかなか出来な い – セキュリティリスクが大きすぎる
  22. 22. Browser +Web OS
  23. 23. Web OSで出来る事• Raw Socket API• Bluetooth• USB•…
  24. 24. Ex) Chrome Packaged Apps
  25. 25. Web OSWeb page Web OS apps Native appsBrowser Browser run-time OS(windows, mac, linux, …)
  26. 26. Web OS (cont)Web page Web OS appsBrowser Browser run-time
  27. 27. Web OS (cont)
  28. 28. System Applications WGhttp://www.w3.org/2012/09/sysapps-wg-charter
  29. 29. agenda• Inroduction• Base technology• Practice for Web of Things• Keep up w/ Web of Things
  30. 30. Socket APIによるDLNAの実装• Socket API – 生のSocket コーディングを可能にするAPI – 車の例で言えば、車自体を作ったりすること ができる • これまでのWebでは出来合いの車しか使えなかっ た。
  31. 31. Demo(DLNAをそのままWebで使 う) Micro web server is serve inside!! renderDMR DMS controll DLNA protocol hasImplemented by komasshu based on Socket API DMC
  32. 32. Socket APIを用いたDLNAの実装 Chrome Packaged Apps Generic Web Site (micro web server) by Socket API REST→DLNA 変換 DLNAユーザー操作
  33. 33. Demo(認証コンテンツ) Micro web server is serve inside!! renderDMR DMS controll DLNA protocol hasImplemented by komasshu based on Socket API DMC + proxy
  34. 34. 認証コンテンツをDLNAで見れるよ うにする仕組み Certification handling server is implemented inside of Chrome (Socket API) User input is on Browser only!!
  35. 35. Demo (accessible from another network) Manipulation WebSocket server via WebSocket connections. render serveDMR controll DMS DMC Home Network Mobile Network
  36. 36. Public wifi considerations.• 同一Wifiだからといって、DLNAが使えるとは 限らない – セキュリティリスクの低減• 特に、Public Wifiでは致命的 – DLNA(IP multicast, direct connection)は、まず通ら ないと思ったほうがいい• Cloudとのハイブリッド、DLNAのenhanceが必 要
  37. 37. http://www.flickr.com/photos/utacnyc/3524755021/
  38. 38. 標準化へ既存サービスをWebで再構築 Existing serviceと Web との GAP 標準化提案
  39. 39. agenda• Inroduction• Base technology• Practice for Web of Things• Keep up w/ Web of Things
  40. 40. Webの範疇は拡大の一途• ブラウザだけではない• 表現だけではない• HTTPだけではない• 組み込み系も操作可能 (bluetooth, usb)
  41. 41. Webの特徴は全てを繋ぐこと ゆえに・・・• HTMLが書けるだけでは。。。• デザイン能力があるだけでは。。。• プログラムが書けるだけでは。。。• 通信プロトコルが書けるだけでは。。。• デバイス知識を持っているだけでは。。。
  42. 42. 理想的な人材 designsemantics programming protocol device
  43. 43. 一人じゃ無理 designsemantics programming protocol device
  44. 44. 意図的なoverlap design programminsemantics g device protocol
  45. 45. これまでの深い経験・知識が次のイノベーションを起こすはず
  46. 46. Thank you!!

×