Android概要資料

52,717 views
53,998 views

Published on

Published in: Business, Technology
1 Comment
65 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
52,717
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11,920
Actions
Shares
0
Downloads
1,380
Comments
1
Likes
65
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Android概要資料

  1. 1. Android概要資料 株式会社CA Beat 1Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  2. 2. Agenda 1. Androidとは 2. Androidの市場 3. 国内のAndroid 4. iPhone VS Android 5. アプリプロモーション 6. 2011年Android予想 2Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  3. 3. 1.Androidとは 3Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  4. 4. Androidとは Googleが2007年11月に発表した携帯電話向けのプラットフォーム。 Linuxベースのオープンソースで提供され、誰でも開発可能。 歴史 2003.10 アンディールーピンによるAndroid社設立 2005.8 Googleが買収 2007.11 ※OHAがAndroid発表 2008.10 初のAndroid端末「G1」をT-Mobile社を発売 アンディールーピン 2009.7 日本初のAndroid端末「HT-03A」をHTC社を発売 2010.12 世界で約166種類のAndroid端末が流通 OHA( Open Handset Alliance)とは G1 ・Google社の呼びかけで設立された、携帯電話における共通の ソフトウェア基盤の開発・普及を推進する業界団体。 ・世界の携帯電話事業者や端末メーカーなど33社により設立された。 HT-03A 4Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  5. 5. OSの種類と割合 OS2.1と2.2で約80%のシェア率。 約半年のペースで新しいVerがリリースされる。 OSの主な特徴について 遅 【 2.1(Eclair) 】 2010.1 ・ライブ壁紙への対応 ・Googleアカウントが複数使用可能 ・マルチタッチ対応 【 2.2(Froyo) 】2010.6 43.4% 速 ・FlashPlayer10.1への対応(PCと同等) 度 ・テザリング対応(国内はイーモバイルのみ) 6.3% 【 2.3(Gingerbread) 】2010.12 39.6% 10.6% ・NFC(近距離無線通信)サポート ※次ページにて詳細説明 【 3.0(Honeycomb) 】2011.2(未確 ※ android developers調べ 定) 速 ・UIが全面刷新 【 3.X(IceeBooksへ対応 ・Google cream) 】 5Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  6. 6. NFC(近距離無線通信) 日本でいう「おサイフケータイ」と同様のサービスを提供可能。 FeliCaのような機能を世界で実現できる。※FeliCa使用可能国は限定的 決済以外にも、他の端末のアプリを起動することなども可能。 NFCとは・・・ ソニーとPhilips社が開発した、短距離無線通信規格。2003年12月にISO/IEC IS 18092 として国際標準となった。ソニーの「FeliCa」や、Philips社の「Mifare」の上位規格。※IT用語辞典 用途は? 決済機能(おサイフケータイ) 他の端末のアプリ起動(インテント送信) ・Felicaと異なり、世界中で使用可 ・デジタルコンテンツなどへの利用 ・1~2年で、NFC決済システムは一気 ・ユーティリティ系アプリへの利用 にインフラが整う 指令 起動 情報 情報 (例)カレンダーアプリ情報入力 ※2011年発売予定のiPhone5にも搭載予定 6Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  7. 7. 2.Androidの市場 7Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  8. 8. Android端末普及状況 世界では2000万台以上が販売されている。(2010.11時点) GALAXY Sは世界で1000万台を突破。(2011.1現在) 国内では約200万台と予想されている。(2011.3現在) 【世界】スマートフォン販売台数推移 【国内】スマートフォン販売台数推移 ※ Gartner調べ ※ ROA調べ AndroidはiOSを抜き第 位 2 2012年にAndroidはiOSとシェアで並ぶ 8Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  9. 9. ユーザー属性 30~54歳でiPhoneを上回り、ボリュームゾーンと言える。 女性より男性に人気がある。 次に選ぶOS:男女別 次に選ぶOS:年齢別 ※ Nielsen 2010/12調べ REGZA Phone T-01C IS03 ※現状、米では女性への人気が男性に比べ低 いが、国内メーカーが発売するアンドロイド端末 はデザインやカラーが女性向きの物が発売され、 女性人気も高まると予想できる。 9Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  10. 10. アプリの有料、無料の割合 Androidの無料:有料は約6:4で無料アプリが多い。 有料アプリのうち約7割が、販売数50件以下。多くのアプリは埋もれている。 返金率は約 3割。 アプリのDL数割合 OS別有料、無料アプリ比率 ※ Androlib 2010/8調べ 収益モデルとして 有料の売り切りモデルよりも、 返金の可能性が無い無料の広告モデル Distimo の方が主流 ※ 2010/6調べ 10Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  11. 11. 3.国内のAndroid 11Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  12. 12. 国内のAndroid端末について 国内のAndroid端末は2011年1月までで28種類が販売・発表された。 国内ではガラケー機能を有した端末が主流。OSは 2.1 or 2.2。 2011年度、Panasonicなど国内メーカーが多数参入予定。 Samsung製Androidの投入 2011春にAndroid2.3搭載端末の発売 IS03でガラケー機能搭載端末アピール ※ ウェブスミス調べ すべての端末にAndroid2.2を搭 テザリング機能を搭載 載 12Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  13. 13. 国内Androidアプリプラットフォーム Google提供AndroidMarketとサードパーティー制プラットフォームが共存。 通信キャリア独自のプラットフォームによるキャリア課金に注目。 AppStore(iPhone)に比べ、相当複雑。レッドオーシャン気味。 Google サードパーティー制 AndroidMarke キャリア決済Mkt 独自決済Mkt t サードパーティー制プラットフォームは乱立傾向。DeNAやGREEも参入。 13Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  14. 14. AndroidMarket 有料アプリの返金制度がある(購入後15分以内)。 ランキングが存在しないので、プロモーションが打ちにくい。 審査が無い。 詳細 PC 【全体】 ・審査が無い。 ・申請後すぐにリリースされる。 AppStoreのような ・不良アプリが多数、返金制度有り。 ランキングが無い ためプロモーション ・約13万のアプリがあり。 が打ちにくい。 【PC】 Android MB Apple ・PCからアプリをDLできないため、ほぼ放置。 ・日本語非対応。 【MB】 ・ランキングがない。 ・表示順アルゴリズムが不明。 ・最近アップデートがあり、今後のGoogleの 力の入れ具合に注目。 14Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  15. 15. 国内三大キャリアマーケットについて ドコモマーケットはDLする際はAndroidMarketへ移動する。 au one Marketは直接、アプリのDLと課金が可能。 SoftBankはAndroidMarketから直接キャリア課金可能。※未リリース 項目 名称 ドコモマーケット au one Market 未発表 決済名 SP決済 auかんたん決済 未発表 サービス 2010年9月 2010年8月 2010年12月予定(遅れている) 開始日 アプリ数 未発表 開始時は約200個 13万個以上(AndroidMarketと同数) 申請 必要。ドコモマーケットへの登録が必要 必要。au one Marketへの登録が必要 不必要。AndroidMarketの規定に遵守 アプリ 基本的にAndroidMarketへ移動し、DL au one MarketからDL可能 AndroidMarketからDL AndroidMarketから直接キャリア課金が 特徴 アプリ以外ニュースなどの情報も提供 唯一、独自マーケット内でDL課金できる。 可能 キャリア課金はGMOなど他のプラットフォームにも各社提供予定。 15Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  16. 16. ドコモマーケットとau one Market比較 ドコモマーケットは情報ポータルサイト。 au one Marketはアプリポータルサイト。 ドコモマーケットはAndroidMarketからDL後SP決済が大半。 購入フロー(AndroidMkt経 由) 1.アプリ検索 2.Marketへ移 3.「無料」でDL 4.初回起動時に 検索、DL、決済がすべ アプリ以外の情報 動 SP決済画面へ てマーケット内で可能 (天気など)も提供 有料アプリ購入までが複雑 どちらのマーケットも月額課金が可能。新たなコンテンツが生まれる可能性大 16Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  17. 17. Gゲー(GMO)について 3大キャリア決済すべてに対応予定。(2011.1現在はauのみ) Gゲー(アプリ)をDLする必要がある。 開発にはGMOが提供する開発ツール(SDK)を使用する必要がある。 アプリアイコンがホーム画面表示される場合 アプリアイコンがホーム画面表示されない場合 + AndroidMarke 端末ホーム画面 GゲーTOP画面 アプリDL画面 マイアプリ画面 t ■STEP1 ■STEP2 ■STEP3 ■STEP1 ■STEP2 ■STEP3 AndroidMarket アプリと同時に ホーム画面にアプリア Gゲーアプリ起動。 Gゲー内から登録 ホーム画面にアプリア からGゲーに登録 Gゲーアプリも イコンが表示される。 されているアプリを イコンは表示されず、 されているアプリ検 DLされる。 DL。 Gゲーアプリ内の「マ 索。 イアプリ」に表示され る。 他のプラットフォームも同様のスタイルで展開すると予想される。DeNAは同様。 17Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  18. 18. 4.iPhone VS 4.iPhone VS Android Android 18Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  19. 19. iPhoneとAndroidの比較 項目 日本:約600万台 日本:約200万台 台数 世界:スマートフォン全体の約17% 世界:スマートフォン全体の約25% 発売予定機種 2011年夏 iPhone5発売予定 最新AndroidOS2.2、2.3を搭載したAndroid端末多数発売 Android Market マーケット App Storeのみ ドコモマーケット au one market など複数存在(※詳細はページ) アプリの数 約30万個 約13万個 決済方法 Appleの決済システムに基づく 各マーケットごとに決済方法が異なる(クレジット、キャリアなど) 審査 厳格化 ほぼない 開発登録費 年間1万円 マーケットによって異なる。AndroidMarketは初回のみ25$ 各マーケットによるが主に30%。 手数料 Appleへ30%の手数料 AndroidMarketは手数料30%はGoogelではなく、キャリアなどへ 開発言語 Objective-C Java プラットフォームがしっかりしているため、施策によってはDL メリット 審査がない分、アプリの内容や配信方法の自由度が高い。 数が伸びる可能性が大いにある。 ・審査基準が厳しくなっていく傾向にあり、開発者のリスク ・審査がないため、不良アプリもマーケットに並んでしまう。 デメリット (リジェクト)が高い ・ランキングがないため、マーケティングがしづらい。 ・開発言語が特殊のため開発者が少ない。 ・機種が豊富のため全端末への対応が困難。 19Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  20. 20. AndroidあってiPhoneないもの アプリ間連携機能「インテント」。 ガラケーの着せ替えのような「ホームアプリ」という概念。 ホーム画面を便利にするウィジェット機能。 インテント ホームアプリ ウィジェット アプリからアプリ起動、及び 待受画面をカスタマイズでき、 PCのようにウィジェットを配置 情報の送信ができる。 操作やデザインが一新される。 することが可能。 標準ホーム画面 iPhone 1.写真アプリ起動 カレンダー 2.共有ボタンタップ Home++beta(ホームアプリ) Twitter 3.端末内のさまざ ※KAZAUMOBLOG参照 まなアプリへ写真を 共有できる。 ※アンドロイダー参照 20Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  21. 21. 5.アプリプロモーション 21Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  22. 22. プロモーション手法 AppStoreと違いランキングがAndroidMarketに存在しないため難しい。 現状はアプリレビューサイトからの導線が影響力が大きい。 アプリ内広告は、売上において国内外共にAdmobがトップ。 ①アプリレビューサイト アプリ専門情報サイト ②プレスリリース、PRの活用 ③ソーシャルメディアの活用 ④スマートフォン広告 世界最大アプリ情報サイト 国内最大級アプリレビューサイト 多くの人に目に付きやすい。アプリプロモーション影響力大。 企業のAndroidアプリはまだまだ 初期の加速に有効。 Androidから直接マーケットへのスムーこちらからフォーラムに情報を 無いので多くのメディアに掲載 アプリを認知させるにはクチコミ ズな誘導をかけることができる。送り、掲載される。 される可能性も。 の効果が高い。 22Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  23. 23. 国内レビューサイトについて ゲーム系アプリよりツール系アプリの方が反響が大きい。 他と比べて特徴のあるしたレビューサイトが誕生してきている。 国内最大級レビューサイト情報 様々なレビューサイト OCTOBAとは・・・ 女性向けに特化した物や、一般ユーザーの声を取り 入れた物など、特徴のあるレビューサイトもある。 日本初のAndroid携帯「HT-03A」の発売を機に立ち 上げたサイトで国内最大級のレビューサイト Android版Appbankのような作り。 PV比率 PV比率 掲載アプリ数 PC:MB = 5:5 1200個 男女比 年齢層 男:女 = 9:1 35~45歳が6割 アプリ内訳 寄稿 ツール系 30% 4~5件/日 ゲーム系 17% 約1ヶ月待ち 23Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  24. 24. 6.2011年Android予想 6. 24Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  25. 25. 2011年のAndroid予想 端末のリリースラッシュ 国内外から大量のAndroid端末(タブレットも含む)の発売。パナソニック、 ディズニーなど多数企業の参入も発表されている。 アプリマーケットの競争激化 キャリアマーケットを始め、DeNAやGREEなどガラケーの大手プラットフォーマー も本格参入予定。決済方法や、月額課金などにも注目。 プロモーション手法の多様化 現状は、レビューサイトが一番。レッドオーシャン気味なので、ソーシャルメディア を活用したものなど、さまざまな方法のプロモーションがでてくる。 ソーシャルゲームの参入 ガラケーのSAPを始め、コンシューマーゲーム会社も参入してくると考えられる。 AndroidはFlashが使用可能なのに加え、ガラケーよりリッチな表現ができるため、 さまざまなタイプのソーシャルゲームが誕生する。 25Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011
  26. 26. info@cabeat.co.jp 26Copyright Ⓒ CA Beat,Inc 2011

×