• Save
センサデータ解析におけるJubatus活用事例
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

センサデータ解析におけるJubatus活用事例

on

  • 3,643 views

 

Statistics

Views

Total Views
3,643
Views on SlideShare
520
Embed Views
3,123

Actions

Likes
3
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 3,123

http://blog.jubat.us 3057
https://2023884025454259159_72fe9922d69be86dcda13bb0adbe886583a5d5ad.blogspot.com 61
http://2023884025454259159_72fe9922d69be86dcda13bb0adbe886583a5d5ad.blogspot.jp 4
http://www.google.co.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

センサデータ解析におけるJubatus活用事例 Presentation Transcript

  • 1. センサデータ解析における Jubatus活⽤用事例例 2014-­‐06-­‐29   住友精密⼯工業株式会社   宮本
  • 2. 無線センサネットワークとは Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 2 基地局 インターネット v  たくさんの無線センサノードをばらまく v  ⾃自律律的にネットワークを構築する v  センサを使って、周囲の様々な情報を集めネットワーク上へ送る 省省電⼒力力・短距離離通信→マルチホップ ⾃自律律ネットワーク構築→アドホック
  • 3. SmartDustプロジェクト Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 3 v  ⽶米国防総省省DARPAの資⾦金金提供を受けてUCバークレイ が中⼼心となって⾏行行われたセンサネットワークに関す る研究プロジェクト n 1.5mm3以下、5mg以下の超⼩小型センサノードを MEMS技術を⽤用いて開発することを⽬目標とした (1999年年頃〜~2001年年)
  • 4. MOTE Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 4 v COTS (Commercial Off-the-Shelf) Dust n 市販されている部品を使って、低コストで実際に 動作するセンサノードを開発する n ⽶米Crossbow MICA MOTEの市販へ u MOTE(塵):ノード u MICA(雲⺟母):センサ基板多重化構造 v 研究領領域の拡⼤大 n 限られたハードウエア上で効率率率よく動作する ソフトウエア(TinyOSやさまざまなプロトコル) n それらのセンサノードを使った現実の アプリケーション
  • 5. EcoWizard Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 5
  • 6. 実証試験⽤用屋外センサノード Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 6 Arduino UNO 920MHz無線シールド 920MHz無線モジュール (WM-Z3000) 無線設定⽤用 スイッチ
  • 7. センサデータ活⽤用の課題 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 7 計測 •  データロガー •  センサネット 収集 •  EXCEL •  データベース ⾒見見える化 •  グラフ •  閾値によるア ラート 新たな課題 ⾒見見える化だけで効果があるのか? 閾値をどうやって決めるのか?
  • 8. ITの進化をセンサデータに応⽤用 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 8 センサ データ ⾒見見える 化 データ 分析 課題解決
  • 9. センサデータの価値 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 9 計測 • センサネット 収集 • データベース 分析 •  機械学習 予測 •  制御 •  アラート 課題解決 多点センサデータと結果から学習 単純な閾値ではなく複数の センサ値から起こる事象を予測 予測に基づいて制御やアラート
  • 10. 事例例:ビニルハウスモニタ v ビニルハウス内の換気扇が故障して⾼高温状態が 15分程度度続くとハウスみかんが損傷する v 故障の発⽣生要因 n 換気扇そのものの故障 n 停電 n ⿃鳥などが換気扇にはさまる v 成⻑⾧長ステージによって 温度度設定が異異なり警告閾値も それに伴って変える必要がある n これまでは⼈人⼿手により警告閾値を変更更していた v 機械学習により異異常を⾃自動検出できるようにしたい Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 10
  • 11. 事例例:ビニルハウスモニタ Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 11 温度センサノード 基地局 0   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   ●基地局 ●温度ノード ●電源&換気異常、重  油使用量計測ノード ●中継ノード   1号 2号 3号 4号 6号 5号
  • 12. 事例例:ビニルハウスモニタ Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 12 基地ノード 温度 センサノード 中継ノード ゲートウエイ ボイラ 重油油量計 制御盤 パルス入力ノード 3Gルータ インターネット クラウドサーバ
  • 13. 事例例:ビニルハウスモニタ Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 13 各ハウスの温度 ハウス1,2の油使用量
  • 14. なぜJubatusなのか? v リアルタイム n 異異常検出ではリアルタイムは必須である n 温度度データは1分間隔で計測・収集 v スケーラビリティ n 将来的に数万のハウスから 1分間隔でデータが集められる n データベースは分散化しても 機械学習エンジンがボトルネック になる可能性がある Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 14
  • 15. 基本⽅方針 v JubatusのAnomalyを使う v 異異常値(σ2>5)を除去した温度度データを教師 データとする n 農家さんに逐⼀一確認して異異常値を除去するのが理理 想であるが簡易易的な⼿手段とした v 検出したい異異常値を含む温度度データを評価し、 異異常度度を確認する Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 15
  • 16. 第1試⾏行行 v 2012年年12⽉月〜~2013年年4⽉月の異異常値を除去した温度度 データを教師データとして使⽤用 v 異異常値を除去していない温度度データを評価 正しく、異異常値に対して異異常度度が上がっている Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 16 学習したJubatusが温 度度異異常に対して反応し ている
  • 17. 第1試⾏行行 v しかし、3⽉月頃のデータをみると… 正常なデータも異異常度度が⾼高くなっている Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 17 成長ステージの設定温度の違い
  • 18. 第2試⾏行行 v ⽉月ごとにデータを細分化することで成⻑⾧長ス テージの設定温度度の違いに対応する v 2012年年12⽉月の教師データに対して、2012年年12 ⽉月の異異常値含むデータを評価 v 2013年年4⽉月についても同様 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 18
  • 19. 第2試⾏行行結果 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 19 2012年年12⽉月のデータ 2013年年4⽉月のデータ
  • 20. 第3試⾏行行 v 今年年度度(2013-2014)データが得られたので、 昨年年度度の教師データに対して今年年度度データを 評価する Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 20
  • 21. 第3試⾏行行結果 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 21 2013年年12⽉月のデータ 異異常発⽣生しなかった 2014年年3⽉月のデータ 別ハウス、異異常発⽣生
  • 22. まだまだある課題 v そもそも⽉月に分けることがベストなのか? v ハウス毎に分けるのは現実的ではない n 教師データが多くなるし、それぞれjubaanomaly を動かす必要がある n 加温開始時期を基準にすべきではないか v 成⻑⾧長ステージを意識識したアルゴリズムで解決 してもよいが、多くの環境や作物に対応させ たい Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 22
  • 23. 成⻑⾧長ステージと温度度 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 23 加温開始〜~発芽期 発芽後〜~開花前 成熟期 開花〜~⽣生理理落落果〜~果実肥⼤大 温度(℃) 加温日数(日)
  • 24. センサデータと解析 v EcoWizard最⼤大デマンド予測 n その⽇日の朝9:00のデマンドと最⾼高気温予報から、 最⼤大デマンドを予測する v ビニルハウス油量量による給油予想 n 油量量計のコストを削減しながら、外気温とハウス 内温度度から使⽤用した油量量を予測し、給油タイミン グを予測する v 栽培技術や故障予測、不不良良率率率低減 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 24
  • 25. データサイエンス  ベン図 Copyright(C) 2014 Sumitomo Precision Products Co.,Ltd All Rights Reserved. CONFIDENTIAL 25 出典:Drew  Conway   h9p://drewconway.com/zia/2013/3/26/the-­‐data-­‐science-­‐venn-­‐diagram