C32 DB Performance on Cloud by 安藤賀章

  • 448 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
448
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
31
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. DB Performance on Cloud株式会社インターネットイニシアティブ 1
  • 2. 自己紹介• 名前 :安藤賀章• 会社 :(株)インターネットイニシアティブ データベース技術課• DB暦:データベースと出会って二十有余年。 業務系のデータベース設計、開発から 始まり、データベースの機能検証担当、 プロジェクトのDBAとして従事。現在 はクラウドのサービス企画・開発を担 当。• 趣味: 野球と子育て。最近は子育ての比重が 大きく、野球が出来ないためストレス が溜まっている。 2
  • 3. 目次1. クラウドコンピューティングの現状2. オンプレミスとクラウドの性能比較3. IIJが考えるデータベースサービス 3
  • 4. クラウドコンピューティングの現状 4
  • 5. クラウドコンピューティングの現状クラウドコンピューティングは、早い・安い・持たない早い ・オンラインで申込みが可能 ・契約してから短期間で利用が開始できる SaaS安い PaaS ・価格が安い持たない IaaS ・利用している期間の使用料金を支払う ・アセットレス 本当に問題はないのでしょうか? 5
  • 6. クラウドコンピューティングの現状データベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・バックアップ運用 ・手間、コストがかかる 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 6
  • 7. オンプレミスとクラウドの性能比較 7
  • 8. オンプレミスとクラウドの性能比較オンプレミスからクラウドへ移行MySQLのDBサーバをオンプレミスからクラウド環境へ移行した例※MySQLのバージョンは5.5 オンプレミス クラウド■オンプレミスDBサーバ ■クラウドDBサーバCPU:Xeon(5540シリーズ)×2 (計8コア 16スレッド) CPU:仮想CPU×12メモリ:24GB メモリ:24GBディスク:ローカルディスク(SAS RAID1) ディスク:IP-SAN 外部ディスクOS:Red Hat Enterprise Linux 5.4 (64ビット) OS:Cent OS 5.6 (64ビット) 8
  • 9. オンプレミスとクラウドの性能比較トランザクションの性能で比較MySQLに同条件でオンプレミスとクラウド環境に対し、同じ負荷を与えた。 ロードジェネレータ 測定ツール:tpcc-mysql(TPC-C準拠) クライアント接続数:50セッション ウェアハウス:100オンプレミス クラウド 9
  • 10. オンプレミスとクラウドの性能比較トランザクション性能で比較 tpm25002000 1,966 オンプレミス比1500 33%まで低下1000500 657 0 オンプレミス クラウド 10
  • 11. オンプレミスとクラウドの性能比較なぜクラウドは性能が延びないのか?原因1 I/Oパフォーマンス 外部ストレージとサーバ間のネットワーク帯域上限とIP-SANストレージのI/O性能 I/Oパフォーマンスが上がらないと処理できるトランザクション数も伸び悩む原因2 MySQLの設定 デフォルト設定のMySQLではInnoDB関連の設定値が小さい I/Oパフォーマンスが高くないのにチェックポイントやログファイルへの書込みも多発 オンプレミスも同条件だが、ハードウェアの力でカバー 11
  • 12. オンプレミスとクラウドの性能比較なぜクラウドはオンプレミスに勝てないのか?1にも2にもI/Oの性能差がトランザクションの性能差Web/アプリケーションサーバ用途では十分なスペック。データベース、特に細かなトランザクションが数多く実行されるTPC-Cでは不利。オンプレミスには叶わねぇよ 12
  • 13. オンプレミスとクラウドの性能比較クラウドでも何とかしてみましょう 対応1 I/Oパフォーマンス 外部ディスクをI/O性能の高いIP-SANストレージに切り替える ⇒ すぐにリソースを調達できるのはクラウドの最大のメリット IOパフォーマンスが約2倍に向上 ただしネットワーク帯域の上限は変えられない 対応2 MySQLの設定 InnoDBバッファプールとInnoDBログファイルを適切なサイズに設定 チェックポイントの遅延化 I/OリソースをInnoDBログファイルへの書込みを優先 クラウドは名誉挽回できるか?? 13
  • 14. オンプレミスとクラウドの性能比較 再度トランザクション性能で比較 tpm10000 9000 8000 8,810 7000 オンプレミス比 6000 85%の性能 7,504 5000 4000 4,334 3000 2000 1000 0 オンプレミス クラウド クラウド MySQL設定有 MySQL設定有 MySQL設定有+ディスク変更 14
  • 15. オンプレミスとクラウドの性能比較クラウドでデータベースはダメなの??安くてすぐ使える便利なクラウドサービスをあきらめるのはもったない。クラウドサービスを提供する事業者としてもお客様に快適な環境をご提供する事が必要。答えは単純です。 クラウドサービスでもオンプレミスに匹敵する 高性能ストレージが使えれば解決よ。 15
  • 16. IIJが考えるデータベースサービス 16
  • 17. IIJ GIOのサービス体系と特長高い品質・柔軟性・実績で、ビジネスを支えるクラウド 「IIJ GIO」IIJ GIO(ジオ)は国内最大級のインターネットバックボーン上に、高品質かつ大容量のリソースプールを備えたクラウドプラットフォームです。あらゆるシステム基盤と連携し、お客様のビジネスを強力にサポートします。 17
  • 18. IIJ GIOコンポーネントサービス データベースアドオンの特長高い品質と性能のデータベースをDBaaSとして月額提供IIJ GIOコンポーネントサービス データベースアドオンは、Oracle Database、MySQLをDBaaS(DataBase as a Service)として提供します。 IIJ GIOコンポーネントサービスの各サービスとリソースを自由に組み合わせ、エンタープライズシステムの用途にご利用いただける高品質、高性能、耐障害性を考慮したデータベースサービスです。Oracle Databaseライセンスを月額利用 データベース IIJGIOコンポーネン インスタンス トサービス Oracle DB MySQL標準設計で利便性を向上 冗長 構成 データベース基盤 FC-SAN高品質、高性能な基盤 ストレージ基盤※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 18
  • 19. IIJが考えるデータベースサービスデータベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・バックアップ運用 ・手間、コストがかかる 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 19
  • 20. IIJが考えるデータベースサービス ~構築の課題~構築の課題 – ソフトウェアライセンス ( 例 )4core2CPU x86 サ ー バ 上 に 仮 想 化 ソ フ ト で 4 VM×2サーバ構築●ライセンス数 クラウドでは物理サーバ何台でサーバ Oracle マイグレーション Oracle プールを構成しているかわからない。 DB DB サービス事業者に確認が必要。 VM VM VM VM VM VM VM VM●高額な初期投資 core core core core core core core core core core core core core core core core サーバプールを構成する物理サーバの 台数分ライセンスが対象。●資産保持 ライセンス: クラウドのメリットが活かせない。 Oracle Databaseが稼働する 物理サーバ2台がライセンス対象 8core×2×50% Oracle Databaseライセンスを月額利用 20
  • 21. IIJが考えるデータベースサービスデータベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・バックアップ運用 ・手間、コストがかかる 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 21
  • 22. IIJが考えるデータベースサービス ~構築の課題~構築の課題 – クラウド上で可用性・耐障害性に関する配慮・自動フェイルオーバ ・自動フェイルオーバ ・データベースインスタンス再起動 通常構成 IIJ GIO データベースアドオン インスタンス インスタンス インスタンス再起動 障害発生 障害発生 DB DB F/O F/O VM VM 物理サーバ 物理サーバ 障害発生 障害発生 – 自動フェイルオーバ、データベースインスタンス再起動の機能 により可用性を向上 22
  • 23. IIJが考えるデータベースサービスデータベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・手間、コストがかかる ・バックアップ運用 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 23
  • 24. IIJが考えるデータベースサービス ~運用の課題~運用の課題 – データベースを運用するのは専門のエンジニアを必要とし お客様にとっては非常に手間とコストのかかる作業 通常構成 IIJ GIO データベースアドオン IaaS型サービス提供 PaaS型サービス提供 ・ハードウェア監視 ・OS監視 ・データベースインスタンス 利用者はデータベー 監視 スにログインし操作。 ・データベースバックアップ 利用者はOSにロ OS,ハードウェアは ・領域監視 グインし操作。 透過的で運用負荷 自由度は高いが 軽減。 運用負荷も高い。 運 運 運 データ 用 ベース 用 データベース 用 視 監 監 OS 視 OS 視 :サービスの 運用監視の 範囲 ハードウェア ハードウェア (標準提供) – PaaS提供によるマネジメント型サービスによりお客様の煩わ しい作業軽減 24
  • 25. IIJが考えるデータベースサービスデータベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・手間、コストがかかる ・バックアップ運用 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 25
  • 26. IIJが考えるデータベースサービス ~運用の課題~運用の課題 – バックアップ構築、バックアップ運用も手間です。 通常構成 IIJ GIO データベースアドオン サーバ お客様 お客様 ネットワーク ネットワーク データベース IPネットワーク インスタンス ストレージ 自動バックアップ リソース プール DB Backup Backup – バックアップの作り込みも不要。万一の障害に備えるバック アップも自動実行。 26
  • 27. IIJが考えるデータベースサービスデータベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 お客様 社内環境 ・ソフトウェアライセンス ・可用性/耐障害性の配慮 構築 ・動作保障運用の課題 ・手間、コストがかかる ・バックアップ運用 運用パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い どう解決すればよいでしょうか? 27
  • 28. IIJが考えるデータベースサービス ~パフォーマンスの課題~パフォーマンスの課題 – IPネットワークによるIP-SANのストレージによりパフォーマ ンス問題がある 通常構成 IIJ GIO データベースアドオン サーバ データベース アドオンプール お客様 お客様 ・・・・ ネットワーク ネットワーク ファイバーチャネル IPネットワーク ネットワーク ストレージ ストレージ リソース ・・・ リソース ・・・ プール プール iSCSIストレージ SANストレージ – 高パフォーマンス、高信頼性を実現するFC-SANの共用スト レージ 28
  • 29. IIJが考えるデータベースサービス ~パフォーマンスレポート~ベンチマークテスト – 測定条件 • ベンチマーク:IOバウンドモード • データベース:Oracle Database 11g R2 • DBメモリ:MEMORY_TARGET=8G • 同時実行数:150プロセス – 測定パターン • データベースアドオン TypeC • クラウドA環境 : VCPU8 高性能ストレージ • クラウドB環境 : VCPU8 標準ストレージ • オンプレミス: 2P12C HDD SAS 300GB (10krpm×2 RAID1+0) 29
  • 30. IIJが考えるデータベースサービス ~パフォーマンスレポート~ベンチマークテスト – データベースアドオンでオンプレミス環境と同等の結果を記録 TPS グラフを乗せる 100% 105% ・V80の測定結果 ・TypeC Oracle 65% ・TypeC MySQL ・オンプレ参考値 5% DBアドオンTypeC クラウドA クラウドB オンプレミス 30
  • 31. まとめ 31
  • 32. まとめ ~データベースをクラウド環境で利用する上での課題~データベースを利用するには問題が多くないですか。構築の課題 ・ソフトウェアライセンス サービス事業者に確認 ・可用性/耐障害性の配慮 HA等の冗長化を配慮したクラウド ・動作保障 サービス事業者に確認運用の課題 ・手間、コストがかかる 頑張ってやるしかない バックアップボリュームは要注意パフォーマンスの課題 ・処理(SQL)が遅い 高性能ストレージを選びましょう データベースアドオンをご検討ください! 32
  • 33. ご清聴ありがとうございましたお問い合わせ先 IIJインフォメーションセンターTEL:03-5205-4466 (9:30~17:30 土/日/祝日除く)info@iij.ad.jphttp://www.iij.ad.jp/ 33