SIG-Audio#7 アンケート集計結果
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,715
On Slideshare
213
From Embeds
1,502
Number of Embeds
4

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 1,502

http://igdajaudio.blogspot.jp 1,487
http://igdajaudio.blogspot.com 12
http://igdajaudio.blogspot.de 2
http://igdajaudio.blogspot.fr 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. IGDA日本 SIG-Audio#7 アンケート結果 2014/4/25実施
  • 2. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて 今日の話を聞いて、 仕事に生かせそうだと思いましたか? はい 24 いいえ 1 無回答 5 はい いいえ 無回答
  • 3. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて Wwiseを用いてゲームサウンド制作を 行ったことはありますか? はい 2 いいえ 27 無回答 1 はい いいえ 無回答
  • 4. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて Wwiseが小規模インディーズタイトル対象に 無償提供されているのをご存じでしたか? はい 18 いいえ 11 無回答 1 はい いいえ 無回答
  • 5. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて Wwiseについてもっと知りたい内容はありますか?(1)  圧縮フォーマットの圧縮率と音質、ゲーム内での処理負荷、そして これらのADX2との比較。  複数の人間でWwiseのアクションやパラメータを変化させると、 作業者のみが知っている情報を他の人が変更できてしまうと 思います。1歩踏み込んで実用的なルールや規則的なルールなどあ れば教えていただきたかったです。  過去の制作で、やろうとしたがWwise上で実装できなかった仕様な ど。  インタラクティブミュージックについて  本講演中でもありましたが、インタラクティブミュージックの項目 が気になります。  遅延や各スペックによる依存や差が存在するかどうか。  アラートやスイッチを設定する際に、プログラマやプランナーとど の様なやりとりをするか、どの様に決定していくのか。
  • 6. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて Wwiseについてもっと知りたい内容はありますか?(2)  ランタイム側の実装とかもちょっと知りたいです。  ライセンスについて  プログラマとのやりとりに使用したリストを見てみたかったです。  モバイル向けのプロジェクト実例  実際に用いられて作られたゲーム作品が、その使われている現場の 環境、用いている人間の規模や職種なども併せて知ることが出来れ ば、学生である私個人としては参考になります。  オーディオ素材の圧縮はあるでしょうか?(ex:CRIのADX、HCA のような)  ゲームアプリのプログラムとの連結部分。 サウンドバンク容量決め(メモリ調整)、処理負荷調整
  • 7. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて オーディオミドルウェア(Wwise・ADX2・FMOD等)に 望む事は何かありますか?(1)  機能のより細かいバラ売り。金額含め、小規模のクライアントさん にとっては未だ未だ敷居が高いようです。あるいは完全レベニュー シェア的なライセンスがあると少し導入しやすくなるのかもしれま せん。  もっと楽ができると良い。  使用リソースを少なく頂ければー  価格的な使いやすさ  この分野に関連する学習を行う学生が実際に知る・触れる機会が多 くなるとより業界にとって少なからず利益があるのでは、と感じま す。加えて、やはり日本語化されるとわかり易い部分も多くなるか と考えました。  機能を限定したスマートフォンアプリ向けのツール、料金体系もさ らに小さく
  • 8. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて オーディオミドルウェア(Wwise・ADX2・FMOD等)に 望む事は何かありますか?(2)  今回のような勉強会  コスト減
  • 9. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて コメント・意見(1)  実際のゲームへの実装実演は思っていた以上に全体像を掴みやすく、 理解の助けになりました。参加出来て良かったと思います。有難う ございました!  非常に参考になりました、ご講演ありがとうございます。 私の立場上、使うミドルウェアはクライアントの意向次第なもので、 Wwiseは使用した事が無く。。講演を拝見させていただき、便利な ミドルウェアだなぁ、と、とても羨ましく思いました。 講演の内容としては初歩的な部分であったと思いますが普段仕事で 触れないソフトでの作業を拝見出来、とても参考になりました。  実演がとても有意義でした。楽しかったです。まだ使用したことは ないのですが、機会があれば是非、作業してみたいと思いました。  テンポよく程よくアットホームで楽しくきかせて頂きました。あり がとうございました!
  • 10. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて コメント・意見(2)  どのようにパラメータを設定するのか気になっていたので知れて良 かった。  今までで、一番わかりやすいデモでした。  とても興味深かったです。  考え方の面で、参考になるものが多くありました。(イベント等)  とても参考になりました。  小さい文字が多く扱われる内容の画面を講演で用いる場合、拡大鏡 などのPC上での機能を用いてみてはいかがでしょうか?  実際の動きが見れたことが分かりやすかった。階層、イベントなど の構造がとてもわかった。  今まであまり触れなかった、ミドルウェアについての知識や機能に ついて知ることができる機会になりました。
  • 11. 講演「オーディオミドルウェア制作実践」に ついて コメント・意見(3)  Limboの音を変えていくのが楽しいと思った。自分でもやってみよ うと思った。  いつもありがとうございます。
  • 12. フリーコメント  UnityやCocosなどゲームエンジンデフォルト付属のオーディオ機 能向上にも期待しています。 また、オーディオミドルウェアの比較検証を希望されるクライアン トさんも多いので、国内外のオーディオミドルウェアの情報を集め たポータルサイトなどがあると良いかな、と思います。  私も何かSIG-Audioで発表できればと思いました! ハイレゾ環境構築、効果音制作のノウハウ、オレ流作成術座談会み たいなのを見たい、やりたい!!  ゲームの実演もあり、しっかりと設定後の拳動を確認出来た部分が とても素晴らしかったと思います。また機会がございましたら、ま た是非参加したく存じます。  SIG-Audioはよく開催してくださるので、ありがたいです。  Unityでの音声の遅延にこまっています。Unity関連の音に関する事 をききたいです。