Game Community Summit 2013 - IGDA日本 SIG-Audioについて

1,909
-1

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,909
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Game Community Summit 2013 - IGDA日本 SIG-Audioについて

  1. 1. Game Community Summit 2013IGDA日本SIG-AudioについてIGDA日本 SIG-Audio 副世話人稲森 崇史2013/6/22Game Community Summit 2013
  2. 2. SIG-Audioとは
  3. 3. Game Community Summit 20133行で言うと・ゲームオーディオに関わる全ての内容を扱う勉強会・プロ / アマを問わずどんな方でも参加可能・交流の場という名の飲み会を同時開催(未成年はお酒飲んじゃだめだよ!)
  4. 4. Game Community Summit 2013崇高なる目的もちゃんとあります・積極的な情報交換を促進すること・次世代の育成・業界の枠を越えた交流の場をつくること↑…あれ、言いかえてるだけなんじゃ…?↓ ・ゲームオーディオに関わる全ての内容を扱う勉強会 ・プロ / アマを問わずどんな方でも参加可能 ・交流の場という名の飲み会を同時開催 (未成年はお酒飲んじゃだめだよ!)
  5. 5. Game Community Summit 2013詳しくはこちらを御覧ください・IGDA日本サイトhttp://www.igda.jp・SIG­Audioサイトhttp://igdajaudio.blogspot.jp/・Facebook内SIG-Audioグループhttp://www.facebook.com/groups/347775368626047/・連絡先audio@igda.jp…では終わってしまうので、もう少しご紹介します
  6. 6. これまでの活動
  7. 7. Game Community Summit 2013はじまりはGDCオーディオ報告会準備会#0 GDC2012オーディオ報告会(2012/4) ・ローカリゼーションサミット ・オーディオセッション報告準備会#1 SIG-Audio設立に向けたラウンドテーブル(2012/7)
  8. 8. Game Community Summit 2013準備会を重ねてついに正式なSIGへ!準備会#2 リアルタイムオーディオ信号処理入門 他(2012/9) ・リアルタイムオーディオ信号処理入門 ・オーディオツールの作り方 超入門編 ・自分たちでも作れる!簡単にかっこいいツールアイコンを作る方法SIG-Audio正式発足(2012/10) SIG = Special Interest Group 専門部会
  9. 9. Game Community Summit 2013#1 ラウドネス勉強会(2012/11) ・はじめてのラウドネス ・CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告 ・最先端のゲーム開発現場におけるラウドネスへの取り組み事例最先端の話題も積極的にとりあげます#2 HDRオーディオを実装して分かったこと 他(2013/1) ・「GraphArpeggiator3」と「Max」の関係 ・HDRオーディオを実装してみて思ったこと
  10. 10. Game Community Summit 2013笑いの絶えない空間∼そして一年#3 モバイル特集(2013/3) ・スマートフォンサウンド、これ鳴る? ・スマートフォン/タブレットでのシンセアプリ制作のツボ#4 GDC2013オーディオ報告会(2013/5) ・GDC 2013 Audio報告会 オーディオトピック編 ・GDC 2013 Audio報告会 音楽編
  11. 11. Game Community Summit 2013まだまだネタは尽きません#5 ※2013/7開催予定 セミナー内容は近日公開 これ以降も、効果音制作、サウンドミドルウェア 学生向けに特化したセミナーなどを計画中!
  12. 12. Game Community Summit 2013参加者はどんな人たち?・ゲームオーディオ関係者が7∼8割 (新人からベテランまで)・その他は音楽系の方、学生さん、学校の先生 プログラマーやプランナー等別職種の方など・毎回およそ60∼90人ほどの参加者・セミナー後の懇親会も30∼40人規模
  13. 13. Game Community Summit 2013内容に満足した!という声多数・毎回アンケートで評価してもらっています  →アンケート結果はサイトで公開・「これを取り上げて欲しい」という要望は実に広範囲・要望にできるだけ応えられるよう進めてまいります
  14. 14. CEDECとの違い
  15. 15. Game Community Summit 2013扱うテーマが自由!・CEDECでは厳密な審査があり、採択にあたっては より多くの有意性があるものが優先されます・その枠に収まらないユニークなものや とてもニッチな内容でもSIG-Audioなら大歓迎!・個人が持つ知見やスキルもどんどん公開しましょう
  16. 16. Game Community Summit 2013参加しやすい!・参加資格等はありません 事前に申し込みさえしておけば誰でも参加可能です・セミナー参加費は1000円が基本 たまに学割もやってます   ※ 集まった参加費は、講師及び会場運営者の懇親会費を除き    IGDA日本の法人運営費とさせて頂いてます
  17. 17. Game Community Summit 2013開催頻度が高い!・SIG-Audioは2ヶ月に一回の割合で開催 金曜日の19:00∼21:00というのが定番  →アンケートの結果、この時間帯の希望が最多でした・旬なテーマを取り上げやすい・定期的なサウンド飲み会として利用するのもアリ?
  18. 18. 今後の課題
  19. 19. Game Community Summit 2013なんだかんだでプロ向けのテーマが多い・ハードルが高いというイメージがついてしまうかも  →色々な切り口のセミナーを用意してとっつきやすく・次世代の育成のためには学生さんに来てもらいたい!  →アンケートによると、就職の仕方に最も興味がある  →学生向けに現場の仕事を紹介するセミナーを計画中・別コミュニティの方にも興味を持ってもらいたい!  →コラボレーション企画やりましょう
  20. 20. Game Community Summit 2013認知度が低い・そんなセミナーがあったんだ!という声をよく聞く  →地道な口コミマーケティング  →コミュニティサミットに参加して名前を売ってみる・プロが業務の一環として参加できるくらいの 信頼ある勉強会に早くなりたい!  →まずは回数を重ねて実績を作る  →企業ベースのセミナーを実施してみるなど
  21. 21. Game Community Summit 2013講演したいという人がそんなに現れない・参加するだけではなく、ぜひ登壇してもらいたい  →得られるものはとても多いです・逆に言えばこれはチャンス!今なら採用率高いです  →CEDECで不採択だったネタの発表の場として自薦他薦は問いませんFacebookグループ経由やメールでご連絡下さい
  22. 22. 最後に
  23. 23. Game Community Summit 2013SIG-Audioとってもいいところみんな来てね!

×