Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて

1,692
-1

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,692
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて

  1. 1. CEDECサウンドセッションについてCEDEC 2013 運営委員会サウンド分野 主担当 中西 哲一2013/6/22
  2. 2. CEDECとは• 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CESA ( COMPUTER ENTERTAINMENT SUPPLIER‘S ASSOCIATION)における技術委員会主催の技術カンファレンスCEDEC(Computer Entertainment Developers Conference)イベント委員会技術委員会調査広報委員会ネットワークゲーム委員会
  3. 3. CEDECとは• 日本最大のコンピュータエンタテインメント開発者向けカンファレンス (http://cedec.cesa.or.jp)2013年 8/21(水)~8/23(金) パシフィコ横浜• ゲーム開発者同士の技術交流を中心とした約200のセッションがあります。
  4. 4. (参考)CEDEC講演の雰囲気
  5. 5. CEDECの特徴• 主たる対象者はプロのゲーム開発者。プロがプロのために情報を発信して、コミュニケーションを図る場。• 講演者や参加者の多くは「企業」の看板を背負って参加されているのが特徴。
  6. 6. CEDECの特徴• 開発者とは、単にディベロッパーだけでなく、パブリッシャーも含めた、広い意味での業界関係者。• デジタルエンターテインメントであれば幅広く取り扱う。ゲーム以外の業種やアカデミックからの参加も歓迎。
  7. 7. CEDECの特徴• 講演品質を高めるために、公募に対して厳密な審査を行っている。• また指定トピックに対して語れる適任者を招待する場合もある。
  8. 8. CEDEC参加費用(2012年度)
  9. 9. CEDECの楽しみ方• 最先端のゲーム開発が持つ課題と解決の具体的な事例を知ることが出来る。• 幅広い分野をカバーしているので、自分の専門分野だけでなく、各職種の知識の幅を広げる機会としても活用できる。• 大イベントなので全国からの同志が集まる。交流から得る情報も貴重。夜はパーティーや集会も。
  10. 10. GDCとの違いは?GDC CEDEC開催地 サンフランシスコ 横浜開催期間 5日 3日セッション数 400 200参加人数 25000人 4600人
  11. 11. 2012年度セッション(一部紹介)
  12. 12. 2013年度セッション(開示済のみ)
  13. 13. CEDiL(CEDEC Digital Library)• http://cedil.cesa.or.jp/• 過去の講演資料を無料で閲覧できます。• その年度の資料は、CEDEC参加者のみ先行で閲覧可能。一般公開は半年ほど遅れて開始。
  14. 14. 参考:CEDEC 関連記事http://www.4gamer.net/words/005/W00554/• CEDEC講演記事が掲載されています。様々なセッション(講演)がありますので、ご参考にどうぞ。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×