ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編

2,607 views
2,525 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,607
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,912
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編

  1. 1. ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio 編 IGDA日本 SIG-Audio 副世話人 稲森 崇史 2014/2/2
  2. 2. 自己紹介 SIG-Audio副世話人 稲森 崇史(いなもり たかふみ) 株式会社ヴァルハラゲームスタジオ  オーディオディレクター 兼 プログラマ 代表作品:DEAD OR ALIVE、NINJA GAIDENシリーズ 過去にCEDEC、SIG-Audio、GameCommunitySummitなど登壇
  3. 3. SIG-Audioとは
  4. 4. SIG-Audioは何をするところ? ・ゲームの音に関するあらゆる事を扱う勉強会 ・過去に3回の準備会と6回のセミナーを実施
  5. 5. 参加者はどんな人たち? ・ゲームオーディオ関係者が7∼8割 (新人からベテランまで) ・その他は音楽系の方、学生さん、学校の先生  プログラマーやプランナー等別職種の方など ・毎回およそ60∼90人ほどの参加者 ・セミナー後の懇親会も30∼40人規模 ・Facebook内SIG-Audioグループに256人登録 ※2014.2.1現在
  6. 6. ゲームオーディオのトレンド
  7. 7. 今、ゲームオーディオは最高に熱い! ・なんでもありの時代!   - ありとあらゆるジャンルの音楽   - こだわりの音響効果(ハリウッド品質∼宅録まで)   - ゲームの状況に合わせて自在に音をコントロール ・ゲーム性やプラットフォームのトレンドとは無関係 『こんな音で楽しませたい!』という想いを  誰もが率直に表現できる時代だということ
  8. 8. 音が熱いタイトル その1 140 ・音と密接に結びついたゲームプレイ ・ゲームの展開と音楽の展開のシンクロ ・相乗効果によって気持ちよさが大幅アップ!
  9. 9. 音が熱いタイトル その2 The Last of Us ・圧倒的な存在感の効果音 ・プレイヤーの行動と状況に応じたボイス ・ゲームプレイ - 映像 - 音の全てが凄まじい完成度で統合
  10. 10. トレンドを支える技術
  11. 11. ゲームとの相互関係性の強化(ほぼ実用化&発展中) ・ゲームの状況や展開に音が寄り添う(ゲーム→音) - 物理やアニメーションの挙動から音を自動再生 - ジオメトリ情報からリバーブや遮蔽の制御 - AI思考とボイスのテンションのリンク ・音情報からゲーム側の展開を促す(音→ゲーム) - ノイズ発生源をAIが感知 - リアルタイムBPM解析 ・相互コントロールのきっかけは至る所にある
  12. 12. 音素材制作の効率化(実用レベルまでもう少し) ・最近は素材作るのめっちゃ大変!  例えば、爆発音なら…   昔:いくつかの爆発音を音量や音程を変えて使い回し   今:色んな種類の爆発がある!→ 規模に応じて個別に用意     同時に複数の爆発が発生!→ 要バリエーション (+発音数制御)    距離に応じた聞こえ方に!→ 音のLOD化・衝撃波     爆発地点の周辺物も散乱!→ 材質種類に応じた散乱音が必要 ・事前自動生成でバリエーション作成の手間を削減 ・リアルタイム生成でメモリ節約
  13. 13. 聞き心地の追求(模索中) ・ラウドネスコントロール   - ラウドネスとは人間が感じる音の大きさの単位 - テレビの放送基準とのすり合わせ ・リアルタイムミキシング - 場に適した音量バランス、重要音へのフォーカス   - ラウドネスコントロールとも密接に関係 - 限られた音量解像度の中でいかに効果的に振る舞うか
  14. 14. ゲームオーディオ技術の発展によって ・(会社単位ではともかく)業界全体として  一度確立された手法は当たり前になる ・技術を無理やり使う必要はないが  『できること』を多く持っていると音演出に幅が出る ・勉強し続けることが大切  できるベテランほど勉強熱心で貪欲!
  15. 15. SIG-Audioが担うところ
  16. 16. より良いゲームオーディオ体験に必要なもの ・必要な要素 - よい音源(音楽、効果音、ボイス) - 効果的な演出方法(音源の使い方) - 演出を実現するゲームプログラム ・音源は飛躍的に作りやすくなった(個性的かは別の話) ・よい音源だけでは不十分!残り2つが超重要!  これらを会得・使いこなすために現場経験が必要不可欠  …が、日本では経験を積む場が減少中
  17. 17. SIG-Audioが担うところ ・プログラムやグラフィック分野と比べて  文書化されたノウハウの量が圧倒的に少ない ・日本のゲーム業界はゲーム開発の情報共有に消極的 ・ゲームオーディオ以外の分野にもヒントは多い  → 業界の枠を超えた情報・知見を共有し    日本のゲームオーディオ開発力を高め    そして次世代へとつないでいきたい!
  18. 18. 学生のみなさまへ
  19. 19. 学生のみなさまへ ・こうしたノウハウはただの情報であって  結局は個人の体験がモノ作りのベースになります  たくさんインプットし、そしてアウトプットして下さい  (…特に音を交えた体験をしておいて欲しいデス…) ・変わったものをアウトプット=センスではありません  その人の『当たり前』が個性を帯びることがセンスです ・あなたたちの作るゲームがこの先のスタンダードです  期待しています!!
  20. 20. ご静聴ありがとうございました ・IGDA日本サイト http://www.igda.jp ・SIG­Audioサイト http://igdajaudio.blogspot.jp/ ・Facebook内SIG-Audioグループ http://www.facebook.com/groups/347775368626047/ ・連絡先 audio@igda.jp

×