Your SlideShare is downloading. ×
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo

269

Published on

Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo

Transaction Analysis Workbench - IMS Tools Demo - IMS UG June 2014 Tokyo

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
269
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. © 2014 IBM Corporation メインフレームのトランザクション・パフォーマンスを斬る! Transaction Analysis Workbench ご紹介 2014年 6月12日 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 System z ソフトウェア IMS ユーザー・グループ 東京 2014
  • 2. © 2014 IBM Corporation2 システム環境の変化 1980年代: ユーザーは社内のみ; 単純なデータ, 単箇所にデータ格納 今日: ユーザーは社内に加え社外も; データは複雑化, データ格納箇所は増加 System z上のシステム環境は大きく変化しています。 Transaction Manager: IMS DC or CICS Users: company employees Database: IMS DB or DB2 Users: employees, customers (public), automated systems Transaction Manager: IMS DC or CICS WebSphere MQ IMS DB DB2 non Z servers
  • 3. © 2014 IBM Corporation3 DB2 MQ DLI 問題はどこで起きているのか? ひとつのトランザクションが、複 数のサブシステムにまたがって 処理されることは少なくありま せん パフォーマンスの問題をすばや く確認するには、トランザクショ ンの処理全体を⾒通す必要 があります サブシステムに特化したアプ ローチやツールでは限界があり ます 各サブシステムはそれぞれログ やSMFレコードを持っています IMS
  • 4. © 2014 IBM Corporation4 システム環境の変化に適応した問題解析ツールの必要性 System z上の単⼀のトランザクション環境で分析に役⽴つツールは多くあります。 既存のツールは各環境の分 析によく適合しています。 しかし、既存ツールを使い こなすには、一般的に、そ れぞれの製品の専門知 識が必要となります。 One transaction, not four! CICS Performance Analyzer IMS Performance Analyzer DB2 Performance Expert Many others... CICS IMS DB2 CICS IMS DB2 MQ One transaction, not three! IMS DB2 MQ
  • 5. © 2014 IBM Corporation5 IMS ログ、IMS モニターログ、IMS Connect Extensions イベント・データ 、OMEGAMON TRF/ATF データをもとに、各種パフォーマンスレポートを出⼒ –トランザクション・レスポンスタイム、DBアクセス状況、システム資源使用状況、プログラムトレース、など [参考] IMS Performance Analyzer (IMSPA) とは
  • 6. © 2014 IBM Corporation6 Transaction Analysis Workbench (TAW) 機能と特徴 ログやその他のデータを分析するためのプラットフォームを提供することにより、トランザ クションのパフォーマンスと動きの解析を容易にします 問題原因のピンポイント化を助け、外部イベントが原因の問題分析をより容易にする ことにより、トランザクション分析技術のスコープを拡張します 既存のパフォーマンス・レポート作成ツール(IMS Performance Analyzer, CICS Performance Analyzer)と連携するほか、SMF・SYSLOG・その他のトレースの 中にある、価値のあるパフォーマンス情報やその他の活動情報も利⽤します 中程度のスキルの分析者が専門的な分析を実施するのを助けます お客様への価値 問題解析時間を短縮します。問題の初期対応者が問題原因を分離することを⽀ 援します。 それにより、問題の対象エリアの適切な専門家が問題解析に早期に関与できます。 TAW は、特定のトランザクション・マネージャー製品に特化しない、 System z 上のトランザクション分析のためのフレームワークを提供します
  • 7. © 2014 IBM Corporation7 Transaction Analysis Workbench CICS IMS DB2 MQ z/OS • IMS ログ • IMS transaction index • IMS モニター、DBモニター • IMS Connect イベント・データ • CQS ログ・ストリーム • OMEGAMON TRF/ATF データ • CMF (SMF 110) • CICSトレース (GTF, AUX) • MQ ログ • アカウンティング (SMF) • SMF (ログ・ストリーム含む) • OPERLOG (ログ・ストリー ム) • DB2 ログ • アカウンティング(SMF) • パフォーマンス(SMF) • トレース(SMF, GTF) • OMEGAMON NTH (予定) TAW が使用するデータ
  • 8. © 2014 IBM Corporation8 IMS-DB2 トランザクションの例 (その1) BROWSE FUW000.QADATA.FBOSPM4C.IMS.D130703.INDEX Record 00005529 More: < > Command ===> Scroll ===> CSR Navigate < 00.00.01.000000 > Date/Time 2013-07-03 16.33.53.849552 / ———— Tracking ———————————————————————— Wednesday 2013-07-03 Time (Relative) CA01 IMS Transaction TranCode=FBOICT42 Region=0002 16.40.55.075503 01 Input Message TranCode=FBOICT42 +0.000000 31 DLI GU TranCode=FBOICT42 Region=0002 +0.000266 5600 Sign-on to ESAF Region=0002 SSID=DBA6 +0.005517 112 Thread allocate FBOIAP42 DBA6 +0.005996 177 Package allocation FBOIAP42 DBA6 +0.006304 380 SP entry FBOSPM4C STMT=001044 DBA6 +0.006511 177 Package allocation FBOSPM4C DBA6 +0.006681 060 SQL SELECT STMT=000009 DBA6 +0.006796 058 SQL call completion SQLCODE=0 STMT=000009 DBA6 +0.016090 061 SQL DELETE STMT=000011 DBA6 +0.016387 0020 Begin UR +0.017584 325 Trigger entry USERDEL STMT=000011 DBA6 +0.017762 177 Package allocation USERDEL DBA6 +0.017836 061 SQL INSERT STMT=000002 DBA6 +0.017887 058 SQL call completion SQLCODE=0 STMT=000002 DBA6 +0.018139 Continued on next foil... 1. IMS トランザクションは Transaction Index レコード (CA01) で始まります 2. IMS ログ (緑), DB2 トレース (⻩⾊) and DB2 ログ (⻘緑) がマージして表示されています 3. トランザクションは、SQLコールを発⾏する DB2 ストアド・プロシージャーを呼び出しています IMS DB2
  • 9. © 2014 IBM Corporation9 IMS-DB2 トランザクションの例 (その2) ... Continuation from previous foil 061 SQL DELETE STMT=000003 DBA6 +0.018179 0600 Delete from a data page . . . +0.019696 0600 Delete from a data page +1.082712 058 SQL call completion SQLCODE=0 STMT=000003 DBA6 +1.083240 325 Trigger exit SQLCODE=0 DBA6 +1.083254 058 SQL call completion SQLCODE=0 STMT=000011 DBA6 +1.083310 499 SP statement execution detail DBA6 +1.083370 380 SP exit FBOSPM4C SQLCODE=0 STMT=001044 DBA6 +1.083400 053 SQL request SQLCODE=0 STMT=001044 DBA6 +1.083436 5600 Commit Prepare starting Region=0002 SSID=DBA6 +1.084442 084 Prepare start DBA6 +1.084894 0020 End commit phase 1 +1.085008 085 Prepare end DBA6 +1.086509 03 Output Message Response LTerm=FUNTRM07 +1.086577 3730 Syncpoint End of Phase 1 Region=0002 +1.086598 074 Terminate thread start DBA6 +1.086969 0020 Begin commit phase 2 +1.087056 0020 End commit phase 2 +1.087728 003 Thread accounting DBA6 +1.089002 075 Terminate thread end DBA6 +1.089944 5600 Commit Continue completed Region=0002 SSID=DBA6 +1.089970 37 Syncpoint Message Transfer Region=0002 +1.089987 5612 Syncpoint End of Phase 2 Program=FBOIAP42 Region=0002 +1.090012 31 Communications GU LTerm=FUNTRM07 +1.090054 36 Output Message Dequeue LTerm=FUNTRM07 +1.093952 ******************************* Bottom of Data ******************************** IMS SYNCPOINT DB2 Delay 4. SQL DELETE が より多くのテーブル⾏の削除を引き起こし、遅れが発⽣しています
  • 10. © 2014 IBM Corporation10 IMS-DB2 トランザクションの例 (その3) BROWSE FUW000.QADATA.FBOSPM3C.IMS.D131011.INDEX Record 00006876 More: < > Command ===> Scroll ===> CSR Navigate < 00.00.01.000000 > Date/Time 2013-10-11 11.29.17.925791 / ———— Tracking ———————————————————————— Friday 2013-10-11 Time (LOCAL) CA01 IMS Transaction 11.33.58.759345 TranCode=FBOIAT42 Program=FBOIAP42 Userid=FUNTRM14 LTerm=FUNTRM14 Terminal=SC0TCP14 SSID=IDDG Region=0001 RecToken=IDDG/0000000E00000000 OrgUOWID=IDDG/CC17F12AB6B85204 InputQ=0.000332 Process=1.094017 OutputQ=0.000028 TotalTm=0.134377 CPU=0.111167 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————— . . . ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————— 003 DB2 Thread accounting DBA6 11.33.58.893342 TranCode=FBOIAP42 Program=FBOIAP42 Userid=FUNTRM14 RecToken=IDDG/0000000E00000000 ClientID=IDDG Region=0001 LUWID=FTS3/DBA6LU/CC17F12AB853/0002 RESP=1.086945 CPU1=0.107330 CPU2=0.000688 I/O3=0 Source=IMS_MPP SEL=4 DEL=1 CAL=1 LogRecs=9777 GetPage=19777 UpdPage=9776 MaxLock=162 ———————————————————————————————————————————————————————————————————————————— ******************************* Bottom of Data ******************************** 5. 複数⾏表⽰させることで(PF11)、より多くの情報が表示されます 6. DB2 アカウンティング (IFCID 003) が、⼤量ロギング、バッファリング、ロッキングを⽰しています
  • 11. © 2014 IBM Corporation11 Transaction Analysis Workbench (TAW) V1.2 の新機能 IMS-DB2 および CICS-DB2 トランザクションの Exception (例外) 処理 –処理対象データ量を減らし解析を効率化する –CICS-DBCTL トランザクションは V1.1 でサポート済み DB2トレース・レコードの拡張サポート –60 個以上の IFCID について フィールドごとのフォーマッティングを⾏う ワークフロー と セッション・テンプレート –セッション: 問題の単位。(問題解析に必要なシステム名やログ・ファイル等が含まれる) –専門家がワークフロー(解析に必要なタスクの順番)を定義し、セッション・テンプ レートとして登録しておく –初期対応者は適切なセッション・テンプレートを選び、サブシステム名やログの 所在など細かい情報を知らなくても問題(セッション)を登録できる Eclipse ベースの Rich Client Platform (RCP) ユーザー・インターフェース SMFファイルの自動選択 –IMS、DB2ログの自動選択については V1.1 でサポート済み SMF 42.6 DASD データセット I/O レポート 5/6 発表、 5/30 出荷開始
  • 12. © 2014 IBM Corporation12 Exception 処理: Transaction Index テラバイト級のログ・データ TAW Transaction index 例外(Exception): 例外条件に⼀致す るトランザクション (⻑ いレスポンスタイム、ア ベンドなど) 例外(Exception): 例外条件に⼀致す るトランザクション (⻑ いレスポンスタイム、ア ベンドなど) ⼤量のログ・データ全体をもとにすると、レポート作成にも解 析にも⻑時間を要し、効率が下がる ⼤量のログ・データ全体をもとにすると、レポート作成にも解 析にも⻑時間を要し、効率が下がる 抽出・削減 されたデータ をもとに、レ ポート作成 および対話 式解析を⾏ えば効率的 抽出・削減 されたデータ をもとに、レ ポート作成 および対話 式解析を⾏ えば効率的
  • 13. © 2014 IBM Corporation13 Exception 処理: Transaction Index (続き) CICS パフォーマンス レコード SMF 110 CICS Transaction Index DB2 アカウンティン グ レコード SMF 101, IFCID 3 DB2 Transaction Index IMS ログ IMS Transaction Index WebSphere MQ アカウンティング レコード SMF 116 WebSphere MQ Transaction Index TAW Exception処理処理処理処理 Transaction Index とは・・・ 1トランザクションにつき1つ作成されるログ・レコード (時系列) パフォーマンス・サマリーと資源利⽤情報が含まれる 例外状況のトランザクションだけフィルタリングし抽出することができる Transaction Index とは・・・ 1トランザクションにつき1つ作成されるログ・レコード (時系列) パフォーマンス・サマリーと資源利⽤情報が含まれる 例外状況のトランザクションだけフィルタリングし抽出することができる
  • 14. © 2014 IBM Corporation14 Response and CPU time: / Apportion rollup Response time . . 0.5 (0.000001-99 seconds) CPU class 1 . . . 0.1 In-DB2 elapsed . . 0.2 CPU class 2 . . . 0.05 Database I/O . . . 0.05 Lock suspend . . . 0.05 Stored Procedure: Elapsed . . . . . 0.1 (0.000001-99 seconds) CPU . . . . . . . 0.05 Row activity: Fetched . . . . . 1000 (0 to 999999) Inserted . . . . . 100 Updated . . . . . 100 Deleted . . . . . 100 Locking: Deadlocks . . . . 1 (0 to 999999) Suspends . . . . . 20 Timeouts . . . . . 1 Lock requests . . 50 Buffering: Get pages . . . . 50 (0 to 999999) Update pages . . . 30 Logging: Log records . . . 100 (0 to 999999) Abnormal conditions: Abort . . . . . . 1 (1=check for condition) Check pending . . 1 Response and CPU time: / Apportion rollup Response time . . 0.5 (0.000001-99 seconds) CPU class 1 . . . 0.1 In-DB2 elapsed . . 0.2 CPU class 2 . . . 0.05 Database I/O . . . 0.05 Lock suspend . . . 0.05 Stored Procedure: Elapsed . . . . . 0.1 (0.000001-99 seconds) CPU . . . . . . . 0.05 Row activity: Fetched . . . . . 1000 (0 to 999999) Inserted . . . . . 100 Updated . . . . . 100 Deleted . . . . . 100 Locking: Deadlocks . . . . 1 (0 to 999999) Suspends . . . . . 20 Timeouts . . . . . 1 Lock requests . . 50 Buffering: Get pages . . . . 50 (0 to 999999) Update pages . . . 30 Logging: Log records . . . 100 (0 to 999999) Abnormal conditions: Abort . . . . . . 1 (1=check for condition) Check pending . . 1 DB2 Exception 処理 (DB2X): しきい値の指定 DB2アカウンティング・レコード (SMF 101) を対象に、しき い値を設定し、それを越える DB2スレッドを例外とする 例外のレコードをレポートする (次頁)ほか、別データセットに 抽出することができる 抽出データセットは更なる調 査に使用 – OMEGAMON XE for DB2 PE – TAWの ISPFダイアログで 解析 (DB2ログや他のロ グとマージ)
  • 15. © 2014 IBM Corporation15 DB2 Exception 処理 (DB2X): レポート V1R2M0 2014-02-20 Thursday DB2 Exception List Page 1 SSID Correlation Connect Plan Auth id Time Exception Threshold LUWID ---- ------------ -------- -------- -------- --------------- ----------------------- --------- ----------------------------- DBA4 MQP1DB2SRV02 RRSAF CSQ5L710 STC@ZOSN 10:02:04.512982 Abort 1 1 FTS1/DBA4LU/CCBDD2D0C2CD/0002 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Response 1.402972 0.5 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Class 1 CPU 0.387519 0.1 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Rows fetched 6329 1000 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Lock requests 267 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Get pages 2264 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Update pages 483 30 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 AXSSIGNO DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:02:07.263130 Log records 574 100 FTS1/DBP4LU/CCBDD2D20BE5/0005 DBP4 MXMSCHD DB2CALL DSNREXX MXM 10:08:44.907535 Get pages 2668 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD44E91C7/0002 DBP4 MXMSCHD DB2CALL DSNREXX MXM 10:08:46.466276 Get pages 2668 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD4500BE1/0002 DBA4 MQP1DB2SRV02 RRSAF CSQ5L710 STC@ZOSN 10:10:04.877879 Abort 1 1 FTS1/DBA4LU/CCBDD49ADF64/0002 DBP4 AXS#GENE DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:10:05.766411 Response 1.338092 0.5 FTS1/DBP4LU/CCBDD49A71E6/0011 DBP4 AXS#GENE DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:10:05.766411 Class 1 CPU 0.361788 0.1 FTS1/DBP4LU/CCBDD49A71E6/0011 DBP4 AXS#GENE DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:10:05.766411 Lock requests 135 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD49A71E6/0011 DBP4 AXS#GENE DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:10:05.766411 Get pages 223 50 FTS1/DBP4LU/CCBDD49A71E6/0011 DBP4 AXS#GENE DB2CALL PTS46 PROTEUS 10:10:05.766411 Update pages 72 30 FTS1/DBP4LU/CCBDD49A71E6/0011 各Exceptionについて詳細がリストされる SSID DB2 subsystem id Correlation Correlation id Connect Connection name. If the name is not available then the connecting system type is substituted Plan Plan name Auth id Authorization id Time End of accounting interval stamp. This is not the thread start time. This time matches the record timestamp displayed in the ISPF dialog. Exception The exception event that was triggered – its description and value Threshold The exception threshold that was exceeded LUWID Logical unit of work id, used to uniquely identify the DB2 accounting record.
  • 16. © 2014 IBM Corporation16 +0120 QW0058ID... Scan information +0120 Scan type.... 'SEQD' Rows processed... +24069 +0130 Rows examined.... +24069 +0138 Rows qualified after stage 1... +24069 +0140 Rows qualified after stage 2... +1 +0148 Rows inserted.... +0 +0150 Rows updated... +0 +0158 Rows deleted... +0 +0160 Pages scanned.... +428 +0164 Pages scanned (RI)... +0 +0168 Rows deleted (RI).... +0 +0170 Pages scanned (LOB).... +0 +0174 Pages updated (LOB).... +0 +01A0 QW0058TY... Statement-level information +01A0 SQL statement type... 4000 +01A8 Statement ID... +28917 +01B0 Sync reads... +0 Getpages... +428 +01C0 Rows examined.... +24069 +01C8 Rows processed... +0 Sorts...... +0 +01D8 Index scans.... +0 +01E0 Table space scans.... +1 +01E8 Buffer writes.... +0 +01F0 Parallel groups.... +0 +01F8 In-DB2 elapsed... 0.008537 +0120 QW0058ID... Scan information +0120 Scan type.... 'SEQD' Rows processed... +24069 +0130 Rows examined.... +24069 +0138 Rows qualified after stage 1... +24069 +0140 Rows qualified after stage 2... +1 +0148 Rows inserted.... +0 +0150 Rows updated... +0 +0158 Rows deleted... +0 +0160 Pages scanned.... +428 +0164 Pages scanned (RI)... +0 +0168 Rows deleted (RI).... +0 +0170 Pages scanned (LOB).... +0 +0174 Pages updated (LOB).... +0 +01A0 QW0058TY... Statement-level information +01A0 SQL statement type... 4000 +01A8 Statement ID... +28917 +01B0 Sync reads... +0 Getpages... +428 +01C0 Rows examined.... +24069 +01C8 Rows processed... +0 Sorts...... +0 +01D8 Index scans.... +0 +01E0 Table space scans.... +1 +01E8 Buffer writes.... +0 +01F0 Parallel groups.... +0 +01F8 In-DB2 elapsed... 0.008537 DB2トレース (IFCID) レコードの拡張サポート IFCID 特有のフィールドを詳細にフォーマットして表示 +0120 QW0058ID... 'SEQD' Scan type Off QW0058IX... 'INDX' Index On QW0058SD... 'SEQD' Sequential data Off QW0058SW... 'SEQW' Sequential data workfile +0120 QW0058ID... 'SEQD' Scan type Off QW0058IX... 'INDX' Index On QW0058SD... 'SEQD' Sequential data Off QW0058SW... 'SEQW' Sequential data workfile
  • 17. © 2014 IBM Corporation17 Eclipse ベースの Rich Client Platform (RCP) ユーザー・インターフェース
  • 18. © 2014 IBM Corporation18 デモ: IMS-DB2トランザクション ① TAWの起動 ② セッションの作成 (※) 「Session」–「1. Register」 問題タイトル、担当者、問題の起きた日時など ③ ワークフローの実⾏ (※) 「Session」–「2. Workflow」 各タスクは、バッチジョブ(JCL)またはインストラクション記述 1. DB2ログの自動選択 2. DB2トレース(SMF)の自動選択 3. IMSログの自動選択 4. IMS Transaction Index の作成 5. レポート(IMSPA)作成 ④ ログ・ファイルの確認 「Session」–「3. Files」 ⑤ ログ分析 「Session」–「5. Investigate」 ブラウズするログの時間帯指定(Time Slicing): T ⾏コマンド フィルター: FILTER コマンド 表⽰⾏数の切替: PF10/PF11 キー トラッキング: TX ⾏コマンド ログタイプ毎の表示色設定: HILITE コマンド 時間表⽰の変更: W(Wall-clock), E(Elapsed), R(Relative) ⾏コマンド (※)デモでは確認のみ
  • 19. © 2014 IBM Corporation19 ツール製品の前提条件 CICS TS V3.1 以降 IMS V10 以降 z/OS V1.12 以降 IMS V11 以降 CICS TS V4.2 以降 DB2 V10 以降 WebSphere MQ V7 以降 レポート作成には以下が必要: IMS Performance Analyzer CICS Performance Analyzer 前提S/W CICSトランザクション・パフォーマンスや 資源利⽤状況のレポート作成 CICS Performance Analyzer V5.1 IMSトランザクション・パフォーマンスや 資源利⽤状況のレポート作成 IMS Performance Analyzer V4.3 System z 上の様々なパフォーマン ス・データを包括してトランザクションの 問題解析を⾏うためのフレームワークを 提供 IBM Transaction Analysis Workbench V1.2 機能製品

×