concrete5セミナー資料公開版

2,221 views

Published on

concrete5活用セミナー 事例を除いた公開版資料

Published in: Technology
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,221
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
992
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

concrete5セミナー資料公開版

  1. 1. コンテンツ管理に自由をもたらす
 オープンソースCMS concrete5 コンクリートファイブジャパン株式会社 菱川拓郎
  2. 2. レジュメ • concrete5の編集モード • concrete5を構成する要素 • concrete5における権限の概念 • concrete5をベースにした開発手法 • concrete5を運用するインフラ構成
  3. 3. concrete5の編集モード • concrete5の代名詞とも言えるのが、サイトを見たまま編 集でき、ブロックをドラッグ&ドロップで積み上げていく 「編集モード」 • ブラウザの進化に伴い実装が容易になったことで近年では 珍しくなくなった • 10年以上の歴史の中で、concrete5はブロック型CMSに特 有のバージョン管理やキャッシュの難しさを克服してきた • デモ実演
  4. 4. 編集モードのメリット • HTML/CSSを全く書かない • ドラッグ&ドロップで並び替えるから、間違ったHTML を書くことによる表示崩れが起きない • レスポンシブに対応したレイアウトもGUIで作成でき る • 担当者の違いによるばらつきが起きない • テンプレートの変更もGUIで行える
  5. 5. 編集モードのデメリット • テキストと1つのサムネイル画像、程度のシンプル なコンテンツを作るには、かえって手間がかかる • コンポーザーフォーム機能で、編集モードを使わ ないシンプルな入力フォームを作成可能 • 「ブロック」という単位に設計が縛られる • 機能設計段階で、少しコツが必要になる
  6. 6. ファイルバージョン ページバージョン ページ エリア concrete5を構成する要素 ブロック ブロック ブロック ファイル ユーザー 属性
  7. 7. ファイルバージョン ページバージョン ページ エリア concrete5を構成する要素 ブロック ブロック ブロック ファイル ユーザー 属性 !! ! ! ! ! ! すべての要素に 権限の設定が可能
  8. 8. 各要素の独立性が高く、拡張可能 • 「ブロック」という独立性の高い要素を最小単位とすることで、 堅牢な運用が可能になる • 1つのWYSIWYGエディタをいじくってカスタマイズする CMSでは、すぐにバージョンアップが困難になる • ページ、ファイル、ユーザーの3大要素をGUIから自由に拡張 できる設計の「属性」 • あらゆる要素に適用可能な設計の「権限」 • concrete5をベースに拡張する際にも利用できる
  9. 9. concrete5における権限の概念 タスク ページを編集 ワークフロー アクセス エンティティ ページを承認 ファイルを追加 ページを表示 ユーザーを検索 タスクを保留して 承認後に遅延実行 グループ ユーザー グループセット グループの
 組み合わせ
  10. 10. concrete5をベースにした開発手法
  11. 11. シンプルなWebサイト構築 サイト設計&デザイン ブロック&エリア設計 HTMLコーディング テーマ作成 ブロックテンプ レート作成 1.5∼3ヶ月
  12. 12. プロトタイピング開発 大まかなサイト設計 編集モードでプロトタイプサイトを作成 HTMLコーディング テーマ作成 ブロックテンプレート 作成 1∼3ヶ月
 +ユーザーテスト コア機能の開発 デザイン 1∼3ヶ月 デベロッ パーはサイトのキー機能 をブロックとして開発 ブロックはドラッグ&ドロッ プで配置 社内ユーザーによる 運用テストを経た精度の高い デザインが行える
  13. 13. アジャイル開発 企画 設計 実装テスト 企画 設計 実装テスト ブロックA ブロックB 開発者は、独立性の高いミニ アプリケーションとして
 個々の機能の設計・実装が可能 テストは社内ユーザーが ドラッグ&ドロップで実施できる
  14. 14. concrete5を運用するインフラ構成 • 基本:Linux + Apache + MySQL + PHP • Nginx, Azureでも動作させることは可能 • PHPの中間コードキャッシュ(APC等)が非常に 重要 → 共有サーバーはちょっと辛い • 内蔵のフルページキャッシュ機能を使えばDB負荷 を大幅に軽減
  15. 15. concrete5を運用するインフラ構成 • CDN • 負荷分散 • 編集サーバーの隔離 • 可用性の確保 ※あくまで一例 Internet ELB Amazon EC2 Amazon EC2 MySQL standby (Multi-AZ) MySQL mastar オリジナルとして参照 ↓ Cloudfrontにキャッシング オリジナルとして参照 ↓ Cloudfrontにキャッシング Amazon S3 画像をS3へアップロード Amazon EC2 Amazon CloudFront www.hogehoge.comimg.hogehoge.com 画像アップ用バケット Cloudfrontオリジナル用 PHPが実行される組
  16. 16. コンクリートファイブジャパン株式会社は、 concrete5のコアコミッターを中心とした技術力、 CMS案件の豊富な経験、 インフラからデザインまで幅広いパートナーシップで 成果につながるCMS導入をお手伝いします concrete5.co.jp

×