WordPress使いのためのconcrete5入門

4,324 views

Published on

CPI x CSS Nite x 優クリエイト「After Dark」(19)「WordPress使いのためのconcrete5」

Published in: Technology
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,324
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,410
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

WordPress使いのためのconcrete5入門

  1. 1. 1 / 31
  2. 2. WordPress使いのため の concrete5入門 Takuro Hishikawa 2 / 31
  3. 3. 自己紹介 菱川拓郎 コンクリートファイブジャパン株式会社 代表取締役 2012年創業 concrete5歴 5年 WordPress歴 7年 Really Simple CSV Importer 3 / 31
  4. 4. concrete5はWordPress に代わるCMSになるか? 4 / 31
  5. 5. 普及するWordPress 5 / 31
  6. 6. 次に学ぶべきCMSは? 6 / 31
  7. 7. concrete5への注目度の高 まり 7 / 31
  8. 8. concrete5は万能ではない 8 / 31
  9. 9. concrete5はひとつの選択 肢 9 / 31
  10. 10. こんなデザインも、 ブロック型CMSだから作 れる! 更新できる! 10 / 31
  11. 11. サンプルデータ Home 複雑で魅力的なレイアウトだが、テンプレー トファイルは「1カラム」 Contact これも1カラムテンプレート。フォームの変 更?クリックするだけ Blog 表示件数の変更、ページ送りのオンオフ、サ ムネイルのオンオフ、全部画面から 11 / 31
  12. 12. プロモーションサイト ブロックの組み合わせでクライアントに高い表現 力を提供できる 伝えたい情報に合わせた魅力的なページを作りや すい 事例 12 / 31
  13. 13. ポータルサイト サイトマップで整理できるから、ページ数の多い サイトも管理しやすい サイト内リンクがリンク切れしない設計 ページ数の多いサイトで威力を発揮するナビゲー ションブロック 事例1, 事例2 13 / 31
  14. 14. 大学サイト 対象となるユーザーセグメントや、サイトの階 層、コンテンツの種類によって、様々なレイアウ トやページの構成 届けたいターゲットに、適切な見せ方ができる。 しかも無理せず更新できる。div地獄にならな い。 14 / 31
  15. 15. CMSを導入するとサイトが単調 になる? concrete5は表現力を求められるマーケティン グサイトで使われている 昨今のデザイントレンド。メインカラムとサイド バーの時代じゃない 1カラムベースで自由なレイアウト。デザイナー の強力な味方 15 / 31
  16. 16. concrete5で、 コンテンツを「魅せる」運用が できる このページだけあれを変えたい!これを変えた い! ページごとに自由で制約の少ない表現ができる コードを書かずにクライアントでできる 感覚で変えまくるとカオスに…運用ルールやドキ ュメントの整備が重要 16 / 31
  17. 17. WordPressは、 「書く」ことに集中した運用が できる 見た目に関与しないからこそ書くことに集中でき る 執筆集中モード 見た目と分かれているから遠隔でコンテンツを更 新することもできる メディアとしての運用に最適 17 / 31
  18. 18. WordPressにはない 企業サイト向きな機能が もりだくさん! 18 / 31
  19. 19. 何と言っても権限機能 詳細なページ権限 時限設定 ファイルマネージャー権限 ワークフロー 19 / 31
  20. 20. ページ属性 カスタムフィールドに該当する機能 属性タイプ(型)、検索オプション サイト内検索に含めるかどうか WordPressのカスタムフィールドは物足りない 20 / 31
  21. 21. バージョン管理 ページバージョン ここまで戻せる!完全な履歴管理 WordPressのリビジョンは不完全 ファイルバージョン ファイルの差し替え、編集もバージョン管理 21 / 31
  22. 22. ユーザー管理 ユーザーグループ 組織をCMSにあわせるのではなく、CMSを 組織に合わせる 「管理者」と「編集者」という分け方は多く の組織に当てはまらない 会員登録機能 ユーザー属性 認証タイプ 22 / 31
  23. 23. ビルトインキャッシュ コア機能と同時に開発・改善されている 高速なフルページキャッシュ ページごとのキャッシュ設定 アクセスの集中しがちなトップページの個別 設定など 23 / 31
  24. 24. 多言語サイト作成 言語ごとに独立したサイトマップツリー 言語間のページのマッピングとマージ コア機能に同梱 ユーザーごとのログイン言語 24 / 31
  25. 25. 気が利いてる! 細かいけど必要な機能 Google Analyticsのトラッキングコードの入力 欄 sitemap.xml生成 IPブラックリスト メンテナンスモード SMTP設定 プロキシ設定 25 / 31
  26. 26. エンタープライズ機能 静的HTML出力 多段階、複経路ワークフロー デジタルアセット管理 26 / 31
  27. 27. ライセンス WordPressはGPLライセンス 派生物もすべてGPLライセンスに従う concrete5はMITライセンス 派生物は違うライセンスでも良い concrete5自体をカスタマイズして配布して も、ソースを公開しなくていい 公式マーケットプレイスではオープンソース のアドオン/テーマもあるが、販売されてい るものは非オープンソースが多い 27 / 31
  28. 28. デメリット マーケットプレイスのアイテム数がまだまだ少な い …と言われるけれど、そんなに不便は感じな い 日本語情報が少ない 最近増えてきた! 本が少ない 2冊めを書くのはあなた! どれもコミュニティが盛り上がれば改善できま す! 28 / 31
  29. 29. 最後に 29 / 31
  30. 30. concrete5 Japan Community と  コンクリートファイブジャパン 株式会社の関係 オープンソースコミュニティから生まれた企業 よりビジネスを意識したコミュニティ運営 パートナー制度(制作会社検索) パートナー交流会 非営利のコミュニティと株式会社は相互補完 30 / 31
  31. 31. ご清聴ありがとうございました。 31 / 31

×