ちゃんと理解するForce.com canvas

1,472 views
1,315 views

Published on

Salesforce Mobile Developer Week Meetup Tokyoでの発表資料
http://eventregist.com/e/devweektokyo

Published in: Technology

ちゃんと理解するForce.com canvas

  1. 1. ちゃんと理解するForce.com CanvasHiroshi Nakamura - @nahiTechnical Architect, Appirio
  2. 2. AD: CodeZineで連載やってます「Force.comプラットフォームのすすめ」by Appirio照井http://codezine.jp/article/detail/7044
  3. 3. Topic● Canvasの概要● OAuthとかSigned Requestってどんなの?● postMessageって?ご注意: Mobile関係ありません(すいません)
  4. 4. Force.com Canvasの概要
  5. 5. Github Events to Chatter
  6. 6. Github Events to Chatterの連携認証連携、API連携
  7. 7. できること● Visualforceによるコーディングなしに別アプリの画面を統合○ 従来ならSFDCで画面作ってコールアウト、または別アプリからAPI連携使いどころ● 既存アプリ/サービスのSFDC画面への統合● 外部データソースを利用する新サービス開発
  8. 8. 仕組み認証連携 / OAuthとSigned Request情報連携API連携
  9. 9. 認証連携の仕組み署名 検証
  10. 10. OAuthとSigned RequestSigned Request● デフォルト● サーバ側でSFDCから来た署名を検証● Context情報が渡ってくるOAuth● 標準● Canvasだからといって特別なことはない● User-Agent Authenticationならサーバ側コーディングな○ でもリフレッシュトークン非対応なので期限切れ対応×● Server AuthenticationならSigned Requestでいい?
  11. 11. Context情報https://gist.github.com/nahi/903b4aa246b32833d471parameters: Visualforce Pageからパラメータを渡せるoauthToken: OAuthのアクセストークンが取れる
  12. 12. JavaScriptによる他サーバ呼び出し制限oauthToken
  13. 13. Canvas FrameworkにおけるREST APIの呼び出し
  14. 14. 様々なAPI呼び出し方法←postMessage→
  15. 15. Summer13● General availability.● Ability to specify user access to canvas apps byusing profiles and permission sets.● Canvas apps now distributed by using the standardpackaging process.● New objects and fields.● Ability to resize a canvas app.● Ability for canvas apps on a page to communicateby using events.
  16. 16. Canvas間連携←postMessage→

×