30分後から すぐに使える 会話技術

1,307 views

Published on

社内向け資料

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,307
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,145
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

30分後から すぐに使える 会話技術

  1. 1. 30分後から すぐに使える 会話技術 林 成順
  2. 2. こんなシーンを見たことはありませんか? 合コン・飲み会・遊びの場 商談・MTG 「お前話きいてるのかよ?」というやつ
  3. 3. 身に覚えはありませんか? 「そんなこと検索させてごめんな」な状態にしてしまった事
  4. 4. この時、人の心におこっていること 1:せっかく時間をとったのに… ー 残念 2:俺の話つまんないのかな? ー 焦り 3:自分に興味がないんじゃないの? ー 不安 ↓ 「話をきいてない!」=不信・不満 →「おこ」に変わることも
  5. 5. 本当にきいてなかったらそれは聞いてない人が悪い。 でも残念なのは「こっちは聞いてるつもりなのに」! というとき
  6. 6. どっちにせよ相手のあなたに対する信用貯金は 目減りしています なぜ「おこ」に変わるかはまた別の長い話なので割愛しますが、 とにかく、人は 「話しかけているのに、きいてもらえてない」 と感じると気持ちが乱れ、相手に対して悪印象を もつ傾向にあります。 「話をきいてくれてない!」から派手な喧嘩に発展して別れたり、 ビジネスではフェードアウトされたり、別部署や別会社に紹介してもらえなかったり、など
  7. 7. ちょっと気をつけるだけで回避できます。 「傾聴」とは 1:耳を傾けて熱心に相手の話を聞くこと 2:英語でActive listening 「あなたの話をきいていますよ」というサインを出すこと
  8. 8. 傾聴のメリット 「聴き」に徹することで… 1:部下、顧客、パートナーが本音を話してくれる 2:「わかってくれた!」と信頼される 3:逆に「話をきこう」と思ってもらえる 4:商談、社内調整、夫婦の話し合いがうまくいく バトらず、無駄なく話がすすみます ※応用していくと「サーバント(奉仕型)リーダーシップ」を発揮できるようになります。
  9. 9. 傾聴のポイント〜動作編〜 ・体を話者に向ける ・話者の目を見る(恥ずかしい場合は相手の眉間でOK) ・ちょっと深めに頷く これだけ ※小学校でなら習った、「人の目を見て話しをしろ」聞く時もそうです。
  10. 10. 傾聴のポイント〜言葉編〜 ・へえ~! ・そうなんだ! ・それでそれで??? ※間違っても「へー、そうなんだ、…で?」ではない
  11. 11. ポイントをおさえる効果 ・体を向ける=「受け止めてもらえている」 ・目をみる=「真剣にきいてもらっている」 ・深めにうなずく=「きちんと聞いてもらっている」 ・へえー!=「きちんときいてもらっている」 ・そうなんだ!=「理解してもらっている」 ・それでそれで?=「時間をさいてくれてる!もっと話していいんだ!」 ⇨全体的に話者はいい気分になれる⇨もっと話す⇨本音出る
  12. 12. 傾聴のポイント〜応用編〜 ・クローズドクエスチョン(YesかNoで答えられるもの) ・オープンクエスチョン(5W1Hのもの) ・オウムがえし(「●●なんだ」と相手の伝えたことをそのまま繰り返す) ・ヘルピング(「それは●●ってことだね」「それは●●だったね」と、相手の気持ちを要約す る) シーンによって使いわけが必要で、 ・オープンクエスチョンばかりだとバカにされたような気持ちになるし ・オウムがえしばかりだと「聞いてるのか?」と思われるし ・ヘルピングを間違うことが続くと「こいつわかってねえな」と思われるし ・クローズドクエスチョンばかりだと「詰められてる」と感じさせてしまう ので、練習が必要です。
  13. 13. 傾聴のポイント〜使えるビジネスシーン編〜 ・初対面(信頼構築) ・訪問時(相手の本音を引き出す) ・新卒の就活時(オウムがえし、うなづき、オープンクエスチョンは積極的に) ・クレーム言われた時(相手の気持ちを受け止め、今後の取引を有利にすすめる) ※彼女が怒ってる時にも使えます
  14. 14. 傾聴レベルとその事例
  15. 15. 参考にすべきは
  16. 16. ではなくて
  17. 17. この人
  18. 18. ここで、明石家さんまさん(60)の、 「さんまのまんま」における女性芸能人 とのトークをご覧ください
  19. 19. さんま「彼氏に、そうやって料理作ってあげるんだぁー」(クローズドクエスチョン) ゲスト「いえ、彼氏いませんから」 さんま「え? 彼氏おらへんの? ありえへんわー。俺やったら、絶対ほっとかへんわー」(オウム返し+ 承認) ゲスト「さんまさん、誰か紹介してください」 さんま「えー、どんなタイプの男性が好みなの?」(オープンクエスチョン) ゲスト「さんまさんのような方がいいですー」 さんま「ひえー、むちゃくちゃうれしいけど、俺なんかより、○○ちゃんやったら、いい男いくらでもおる やろー」(承認) ゲスト「そんなことないですよー。でも、面白くて優しい男性で…芸能人でない方がいいですね」(本音) さんま「へー、○○ちゃんは、普通の人がいいんだー」(要約、言い換え) さんま「俺が芸能人でなくて、20年若かったらなー(悔しがる)。……ってただのおっさんやろ!」(承 認) ※出展:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0906/22/news014.html
  20. 20. 林がよく使うフレーズ 「へえ〜!」 「すごいですね」 「おもしろーい!」 「そうなんだ〜!」 「素敵ですね」 「はんぱない!」 「やば〜い!」 「イケてますね」 「とがってますね!」 「やさしい/親切/丁寧/ですねー」 「プロですね」 「かっこいい〜」 「努力家なんですねー!」 「超感動〜〜〜」 「かしこくなった!」
  21. 21. 喋っている人に気持ちよくなってもらうと 本音を言ってくれたり、重要な 情報をだしてくれたりするので便利です。

×