Ruby紹介3(pdf)

534
-1

Published on

S高コン部のRuby紹介-3。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
534
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ruby紹介3(pdf)

  1. 1. ➢ Ruby紹介-3 5月何日か gohryuh
  2. 2. ➢ コメントについて ➢コメントは#~行末で記述。 実行に影響しない。 例:print(”文”) #文を出力。 ➢ 複数行コメントを書く場合は =begin 文1 文2 =end で。これは埋め込みドキュメントと呼ばれる。
  3. 3. ➢ 文字コードについて ➢ print(”日本語n”)と打って実行すると、文字 コードが違うからだせねぇぜ。とエラーがでる。 ➢ 文字コードってのは文字を表示する規格のこと ➢ 規格によって出せる文字が違う。 ➢ 「日本語」を出せるように文字コードを変換する には・・・一回下のを書いてみて。 #! ruby -Ks print(“日本語¥n”) 実行して「日本語」とでればOK。
  4. 4. ➢ 文字コード指定の解説 ➢ #! ruby -K[kcode]を先頭行に打てば文字コー ドが変えられる。 ➢ #は本来コメントだが、先頭行でかつ、!がつい ていたらコマンドと認識する。 文字コードにはいかのがある。 $KCODEの値 文字コード -Ks Shift_JIS -Ke EUC-JP -Ku UTF-8 -Kn ASCII 今回は文字コードをShift_JISにしました。 ちなみにコマプロ上で実行時に ruby -K[Kcode] 実行ファイル名.rbでもできる。
  5. 5. ➢ 文の中に””とかnを書きたいとき ➢ 文の中に””を書きたくても print(”こんにちは”犬”さん”)だけではエラーにな る。 こんなときは記述したい文字の前にをつければ よい。つまりさっきの文では print(”こんにちは”犬”さん”) とうてばよい。またnを打ちたいときもnでOK。 さらにprint(文)のときは 内の文字列を全て出 力する。 print(全部出力n)→全部出力n
  6. 6. ➢ 文字列を複数行書きたいとき ➢ 文字列をプログラムに書く時点から複数行に 渡って書きたいときには print <<”変数名” 文 変数名
  7. 7. ➢ 型変換 ➢ だまって下のを書きな print("3.14".to_i,"n") print("3.14".to_f,"n") print("3.14".to_s,"n") print(”rrr3.14rrrr”.to_i,”n”)
  8. 8. ➢ 解説 ➢ to_iとかto_fとかは文字列をそれぞれ指定 した型に変換するやつ。 to_i・・・整数に変換(int型) to_f・・・浮動小数点数に変換(float型) to_s・・・文字列に変換(string型) (ruby1.7からto_i(数)で2~36進数での表示 ができるらしい。) 浮動小数点数は少数入りの数
  9. 9. ➢ 値取得(キー入力) ➢次は値を入力できるようにする関数。 以下のを書いてくださいな。 a=gets() print(a) 実行して文字を入力してエンターを押した後同じ 文字が出力されればOK。
  10. 10. ➢ 解説 ➢ 変数=gets() で変数に入力した文字列を代入する。 今回はaに入力した文字を代入してそれを出力す る。(STRING型) ➢ これはよく使う。
  11. 11. ➢ メソッド ➢ def メソッド名(引数1,引数2・・・)     実行文 end でメソッド定義 だったりする。 使いたいときは メソッド名(引数1,引数2・・・)で。
  12. 12. ➢ 配列 ➢ 次は配列をやります。」配列とは、 a[5] = [2006,2007,2008,2009,2010]#こんなの print(a[4]) これを実行すると2010が出てくる。 配列とは複数のデータの列挙。エクセルをイメー ジすればいいと思う。 a[添え字]でその数の配列番号に入っている数を 指定する。 ➢ 配列の番号は1からではなく0からと言うことに 注意。(つまりここの場合だとa[1]==2007) ➢ 何も入っていない要素を作るならnilで
  13. 13. ➢ 配列演習 ➢じゃあ配列とついでにgets()の演習をやっても らいます。 以下のを書いて c=gets() a=Array.new(c.to_i) for b in 0..(c.to_i) do a[b]=gets() end print(a[2]) print(a.size)
  14. 14. ➢ 解説 ➢ 2行目・・・aの配列を新たに作る。1行目で入力 したcの値がaの配列の要素数になる。配列の 要素数だけを定義するときは 配列名=Array.new(要素数) で。 2,3行目で.to_iにするのはgets()で代入した文字 はstring型だから数字として認識されない。 なので数値型に変換する。 ➢ 最後の行⇒a.sizeでその配列の要素数を出す。 ➢ nilの要素を省いた数が知りたいならa.nitems
  15. 15. ➢ 配列演習2 ➢ 配列の演習。下の書いて。 a=[2010,2011,2012],[1,2,3] print(a[1][1],"n")
  16. 16. ➢ 解説 ➢ 複数の配列をひとつの変数に入れると多次元 配列となる。配列の個数によって2次元、三次 元となる。 ➢ 二次元配列のイメージはエクセルでいいと思う ➢ 添え字(インデックス)はたての列から指定 ➢ 2010 2011 2012 1 2 3
  17. 17. ➢ 配列演習3 ➢ 以下のを書いて a=[1,2,3,4,5] b=[1,3,5,7] print(a-b,"n") print(a+b,"n") print(a&b,"n") print(a|b,"n")
  18. 18. ➢ 解説 ➢ 実行結果からそれぞれどんな性質を持ってい るか予測しといて。和集合とかの概念だから数 Aの集合のところを読んでおいたら集合の勉強 にもなるし一石二鳥カモシレナイ。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×