団地再生

  • 320 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
320
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. リ す て そ 葛 駅 『 男 「 寅 環 電 化 安 省 団 エ 地 ー 城 。 東 ば 飾 は は 金 さ 境 気 石 い 」( Ⓡ 東 京 の 区 『 つ 町 ん に 自 燃 化 ネ 三 は に 地 理 こ は や 動 料 石 墨 区 科 菱 人 ち ら 東 」「 さ 車 に 燃 と 田 製 情 い こ 防 で ら も 大 よ 京 し や 頼 料 区 今 学 紙 味 葛 』 都 ち く I ら の 災 ) も 工 あ 飾 亀 、 エ 葛 の 葛 利 T な 時 で っ 飾 場 ふ 区 「 飾 」「 便 を い 代 見 し と 跡 れ 亀 守 リ 新 フ 区 東 性 使 シ が ょ も キ 地 る 有 ー に 京 の っ ス う 注 に キ 終 り 公 た ア ャ テ あ ス 高 テ わ 。 目 ン は ャ 園 ン り カ い 独 ム っ を 下 さ 、 ラ 前 踏 マ パ の ま イ 技 居 が た 町 れ 2 ク 派 情 て ス 0 タ 寅 す ツ 術 老 団 今 ま 出 さ リ ネ 緒 の 1 ー 。 は 人 地 、 え い 所 ん ー の ヒ 整 金 今 を あ る 備 3 で 』 」、 町 見 ー た ジ ふ の 年 有 」 も 再 れ は も 4 名 の や 駅 ® 開 守 生 ト ま 進 「 の り ポ ち メ る 「 月 で は 発 す ン 両 城 東 め 開 す 津 り 隣 中 シ る プ 一 づ 現代風の民間マンションや戸建て住宅への建て替えも 社員寮をリフォームしてできた介護 ス ン 東 京 ら 校 。 隣 の だ 際 の 般 く れ 勘 柴 テ 社 付き有料老人ホーム 地 ス を 金 吉 駅 。 に 活 り て 又 ム 団 ト 区 カ 目 町 」 の は 用 法 も イ い 指 駅 亀 駅 な 有 こ ツ ま し の と 有 は ど な 人 を 、 効 ど エ な リ 選 ア101 択 マ 100 第 3 排 一 力 蓄 さ エ の ア ー の 肢 ネ の 的 テ 態 企 さ 担 市 が ら さ す 進 社 利 珍 出 次 を 熱 れ ネ な に は よ ジ で な ン こ も 業 れ や で 市 起 れ れ 。 め 社 宅 く し 章 だ メ 団 量 エ 上 槽 て ル か は 、 う ろ ン は ビ シ の あ へ た 公 は と こ ま た 実 る 宅 団 ミ く 地 は ネ 手 を い ギ で 地 高 に う ト な ジ ャ よ る の 一 共 給 し り し ま 際 に 団 地 ニ あ と ル に 活 ま ー 最 域 さ 刻 。 推 い ョ ル う よ ア 方 性 与 て や た ま に も 地 の バ り 地 48 ギ % 引 用 す 消 高 冷 が 々 進 で ン を に う ン 、「 の 住 も す 。 に も 総 は 今 ス ま 域 減 ー き す 。こ 費 レ 暖 注 と 協 し を 有 社 で ケ 配 宅 、 い し な 、 合 所 後 の せ の と 消 出 る で ベ 房 目 そ 会 ょ も す 宅 す ー 市 慮 は 第 と か っ 更 的 有 に 運 ん 再 大 費 す こ れ 割 ル ( さ の う っ る 。 ト へ な 重 二 い し て 新 な 向 行 。 生 は 理 団 者 マ 幅 量 こ と っ の D れ 姿 事 か た わ 地 を の ど 要 次 う 逆 い 計 調 が け が こ は 地 提 住 早 ネ に と で た 総 H る を 。 コ け は 実 、 な 見 に た 画 整 多 て 始 の ジ 削 個 が 大 域 値 合 C こ 変 ー で 施 供 多 要 宅 方 そ り が や め よ 機 様 メ ン 減 別 で 変 冷 暖 )「 エ ) と え 坂 デ す 能 し 可 様 素 マ も の 、 決 コ な ら う 能 ス ト さ 方 式 き 効 房 1 ネ が が て 房 ィ が 更 た 性 な で タ で 多 更 ま ン の れ な れ た 率 ・ ル 導 多 い ネ 、 新 が 視 あ き 様 地 ら ト で た 課 た に か の で 3 ギ 入 い ま 次 ー そ の 、 な 点 る ー ま 性 の な ロ 、 の 題 計 比 ら 高 初 以 ー さ の す タ れ 協 ど か が プ す ゆ ま い ー リ で の め 実 画 べ で い 上 効 れ で 。 も ク 人 再 力 早 は ー を 績 力 に ら 、 ラ 。 え ま の ル フ し 解 と 約 す 熱 て 」 率 、 す こ っ を 正 開 。 稲 や の 活 企 つ 検 企 ン に の か は ォ ょ 決 の た 啓 会 発 経 田 さ と な 。 源 と ( 国 が の い 蒙 員 コ 営 大 か 存 か さ 業 い 討 業 の 部 敷 、 難 ー う に っ 43 % こ 機 地 な 販 内 、 東 な ・ 在 す な て が ・ 策 分 地 以 し ム 。 向 中 い し 。 ー 管 学 ふ ら て 減 の シ る 売 の こ 京 学 脱 N P デ ィ 理 政 さ が た な し 社 必 行 定 的 も 前 い や け い 、 結 ス 熱 こ 熱 地 の ス 会 浪 学 経 じ 重 め 」 宅 要 政 に な い の 面 建 、 年 の 理 費 O ネ 修 学 る ま 果 テ と 量 域 開 カ 事 社 法 ー 士 部 要 に 期 と を 」 の 際 建 く 住 が て 小 間 利 会 人 タ ( 卒 有 し す C 、 ム 用 が を 冷 発 イ を 石 ー M 。 に は 待 い と 役 て つ 棟 あ 替 回 。 年 の 予 一 暖 エ ツ め 油 協 B 東 な 総 、 う す 記 割 、「 替 か が り え り O や ざ 会 A 京 ま 間 能 定 次 房 リ リ ピ る 合 ポ 実 る 述 分 本 え 見 残 ま を が 2 、 す ー 個 ) 。 電
  • 2. 分 熱 し 動 内 使 ら あ ネ を 環 車 は も も て 源 と 増 術 を 見 る 石 繁 図 費 ら 災 再 長 安 予 な た の の く さ や わ ヒ で り ル 頭 家 境 の そ 「 あ 化 も の 兄 え の 生 量 そ か 燃 殖 2 量 で を 生 く 東 い 定 ど 、 一 量 み せ 庫 れ ー す ま ギ に 庭 ・ 活 の 化 る 石 、 奪 弟 た 向 産 を の と 料 し の 総 す 考 を な 京 化 で 大 蓄 か に な る 内 て ト 。 せ ー 思 の 省 用 た 石 の 燃 農 い の こ 上 量 石 化 思 の た 人 量 。 え 考 り ス 石 す 規 熱 で 比 の こ の い ポ ん 消 い 省 エ を め 燃 で 料 機 合 よ と と で 油 石 い 大 と 口 を 図 た え ま カ 燃 。 模 槽 済 べ で と 熱 る ン 。 費 浮 エ ネ 提 に 料 す か 具 い う に 原 割 生 燃 ま 量 さ の 、 1 ま る し イ 料 災 に み 、 「 で を し プ こ を か ネ ・ 案 具 を 。 ら を と な よ 油 っ 産 料 す 消 え 推 棒 は ち う た ツ の 害 は ま コ ヒ 冷 室 く と れ 見 べ と 防 し 体 使 団 つ 動 い も り 価 た 量 で 。 費 見 移 グ 、 づ え 。 リ 時 時 約 す ン ー や 外 み は は る る い 災 て 的 わ 地 く か っ の ま 格 値 が す に え の ラ 曲 く で あ ー 代 に 7 。 プ ト し や で エ ヒ と 方 う を い に な 再 ら す た で す の ) 上 が 支 る グ フ 線 り 持 え エ は は 0 使 レ ポ ま 庫 す ア ー 、 も 考 ま い 生 れ に 事 す 。 上 が 回 、 え 現 ラ が が 」 続 て リ 終 消 0 と ① 。 っ ッ ン す 外 。 コ ト 冷 多 エ え す ヒ 住 を ま も 態 天 昇 っ 石 ら 代 フ 一 石 の 的 ご ア わ 防 0 た サ プ 。 に エ ポ 房 い た 。 ま 考 す 化 も 資 然 に 40 年 て 油 れ 社 と 油 視 社 説 っ 用 ト ン ア ー 源 人 の エ ー 」 熱 コ ア ( ン は か 団 い え 。 石 懸 に ガ 伴 前 い を て 会 見 当 に 点 会 明 省 た 水 ン ネ を と を ン コ 冷 プ 暖 と コ 地 ト 」 る エ 燃 念 ス っ 後 ま 例 い が 比 換 が 構 さ ・ の ン ポ は た エ ル 動 い ポ プ ン 房 と 房 思 再 を う ネ 料 さ ① も て で す に る 、 べ り 算 必 築 せ ネ 生 水 ギ か い ン レ ( ) い や い を 生 ン 指 え ル が れ 生 採 変 。 と こ エ て し 要 に て 活 が 使 プ 濃 消 ・ ー す ま プ ッ 冷 や う 給 ま 向 で ギ 必 ま 縮 成 掘 わ 可 る と ネ く 費 た 不 は い 省 用 蓄 の エ す で サ 房 冷 も 湯 す う の す 、 ー 要 す 過 に ら 採 と が ル だ 人 可 「 た 水 え こ 活 し 量 C 何 ネ 。 く ー ) 蔵 の に 。 べ こ 問 で 。 て 程 か な 年 、 お ギ さ を 類 欠 環 だ O と ら 倍 ル こ み と や 庫 を 比 家 と 用 き れ 題 す 食 か け い 数 す わ ー い の と 境 い し れ を と い 示 ・ 2 も ギ の 上 い 冷 を 使 べ 庭 で か は し 糧 る ら ら の ( で か 革 。 し エ 考 ・ た て て の ー 移 げ う 蔵 冷 っ あ に や ② す ら 食 、 問 見 れ は 確 に り 命 人 ネ え 省 の 防 活 お め 電 、 て 熱 の 動 る 機 庫 や て ま お 。 の 糧 化 題 ② れ る 、 認 油 い 以 類 ル て エ は 災 用 り る 気 い の を 量 さ よ 械 は す い り け 住 問 学 を 大 ば お 回 埋 田 た 降 が ま ギ い ネ 、 さ 、 生 は せ う で 、 の る 多 る こ 自 ま 題 肥 考 量 石 金 収 蔵 の だ の 異 ー る ・ 団 話 れ 地 み 何 る な 移 屋 に か く エ と 動 い で 料 え に 油 が 技 量 発 け 化 常 す 消 か 防 地 が る 震 。103 102 第 3 に で ネ お 動 出 い % と ち い ル 化 や た 社 す 料 状 い ド が 資 徳 あ 章 夜 電 も に 湯 か す 日 に 、 日 う ギ 石 奴 ち 会 と 団 を で ま レ 日 源 著『 る お 気 見 は を す こ 本 過 34 石 % 本 こ ー 燃 隷 の 的 、 地 大 す せ ー 本 と 、 団 落 こ つ 方 と の ぎ 油 と 源 料 に 生 弱 安 量 。 ん ト 近 は 知 ③ 地 湯 式 を の 再 ら と を の と の く 向 が 国 ま 占 ・ 2 で を の 代 活 者 い 生 に 安 。 は 海 質 な 経 地 つ 給 し 暖 る を で 際 せ め 天 0 す 確 時 わ を に 化 で 使 い 資 た に が き 済 域 湯 て 房 こ 逆 き 的 ん 然 0 。 保 代 っ 改 大 石 え 化 源 し 大 す 的 の く て な ゃ 再 っ 機 い や と に る 競 。 い ガ 8 し が て め 変 燃 ぜ る 石 と か 量 べ ヤ な 生 て は る 給 が す の 争 今 ま ス 年 な 終 機 て 厳 料 こ 時 燃 し に に て バ 位 マ タ 、 こ 湯 で る で 力 後 す ・ 度 け わ 械 考 し の の 代 料 て 大 あ な イ 置 ネ 夜 と 分 き だ す の 、 石 の れ っ に え い 時 は の 見 量 る の に ジ ン 。 よ ! メ ク 間 が 野 た け 。 低 少 こ 炭 輸 ば た さ る 世 代 う ほ 時 て に と で 石 あ ン に の 多 に り で エ 下 子 れ と 入 生 と せ と の の な ん 代 い あ い す 油 る ト 貯 安 く 大 す 暖 ア が 高 に い 額 活 い て 、 中 終 こ の は い る う 。 ピ と い 見 き る 房 コ 危 齢 対 っ は レ う い 炊 に 了 『 終 か の 議 た い め 電 受 な の に ン 惧 化 た ベ こ る 事 な は と 一 わ 、 で 論 と ー う て し を ク 気 け 余 で 使 ( さ や 食 鉱 71 ・ ル と こ ・ り 、 瞬 っ ま す が え で 条 お 料 ら 地 す え 冷 れ 新 物 9 を は と 洗 か 高 申 』 た だ が あ ば 件 く 料 し 食 金 れ が 。 た 房 ま 興 品 性 兆 下 、 が 濯 ね 齢 か と 見 、 り メ 糧 が し を ま あ 家 り ) す 国 燃 円 げ ほ わ ・ な 者 上 も い 極 濃 ま タ あ く は げ 危 上 す る 庭 、 や 。 の 6 料 で ざ か か 掃 い を し え め 縮 す ン 機 り み 手 。 こ に お 冷 と 経 ・ は し る の り 除 か は た れ ま て し 。 ハ ま が に と お 風 蔵 り 済 0 た を 安 ま な ら じ か ま す い て メ イ が す 一 使 を け 呂 庫 わ 発 兆 24 。 ・ 得 価 す ど で め と せ 。 る 存 タ ド 訪 ( 般 う 専 る な の け 展 円 5 そ な な 。 召 す と い ん 化 の 在 ン レ れ 石 的 た 門 省 ど 熱 、 に と 兆 の い エ 安 使 。 し い 。 石 が し ハ ー る 井 東京スカイツリー ® エリア・イメージ図 で め 家 エ の の 資 伴 8 円 う と ネ い い 私 た ま 燃 現 て イ ト 』) 吉 画像提供 東武鉄道㈱・東武タワースカイツリー㈱ : 。
  • 3. 脱化石燃料社会(低炭素社会)構築へ向けた2つの柱 図1 人類とエネルギーのかかわり : ヒートポンプの活用 電気自動車の活用 一 石 人 油 当 換 た 算 り 消 消 費 費 量( 量( 一 一 〇 〇 〇 〇 万 〇 キ キ ロ ロ リ カ ッ ロ ト リ ル 1995年の阪神・淡路大震災におけるライフラインの復旧 ー / / 日 日 )・ (%) 7日 100 )・ 曲 83日 90日 棒 線 電気 グ グ 80 ラ ラ フ フ 都市ガス 水道 復 60 旧 原始人 100万年前の東アフリカ、 食料のみ。 率 狩猟人 10万年前のヨーロッパ、 暖房と料理に薪を燃やした。 40 初期農業人 B.C.5000年の肥沃三角州地帯、穀物を栽培し家畜のエネルギーを使った。105 高度農業人 1400年の北西ヨーロッパ、 暖房用石炭・水力・風力を使い、家畜を輸送に利用した。 104 第 産業人 1875年のイギリス、 蒸気機関を使用していた。 20 3 章 技術人 1970年のアメリカ、 電力を使用、 食料は家畜用を含む。 団 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 出典 総合研究開発機構 : 「エネルギーを考える」/「原子力・エネルギー」図面集2010 地 経過日数 (日) と 地 出典 阪神・淡路大震災調査研究委員会報告書 : 「大震災に学ぶ」 域 の 再 生 マ 図2 世界人口の推移 : (推計値) ネ ジ メ ン ト IP-Camera 安否検知センサ 出口晴三代表理事のお父さま宅の設置例 出典:国連人口基金(UNFPA)東京事務所HP http://www.unfpa.or.jp/p_graph/pgraph.html
  • 4. に と し ル ガ ま を さ も ー ま て を く は 程 用 す頼 考 て ギ 専 ソ す 確 れ 顔 タ す ラ い 我 な 地 度 水 。ら え い ー 門 リ 。 保 ま を ー 。 イ る 慢 っ 震 確 の 阪ざ る る 消 家 ン し す 洗 が し フ 可 す た で 保 確 神る 方 が 費 で 自 ま 。「 っ 使 か ラ 能 る 方 お で 保 ・を も 、 の も 動 す 東 た え し イ 性 た の 亡 き 」 淡得 多 地 問 よ 車 が 京 り る 、 ン が め ほ く ま だ 路な い 方 題 く に 、 ス 、 と 電 の あ 水 う な す そ 大い と の が 間 頼 オ カ 体 は 気 復 り 分 が り 。 う 震た 思 人 あ 違 っ ー イ を 限 が 旧 ま の 多 に 困 で 災め わ は り う た ル ツ ふ り 復 は す 摂 い な る す で、必 れ 自 ま こ 生 電 リ い ま 旧 電 。 取 と っ の 。 被ず ま 然 す と 活 化 ー た せ し 気 を も た が 飲 災し す の 。 に を 住 り ん て が 控 い 方 ト 料 者も 。 な 都 、 見 宅 」Ⓡ す 。 も え わ よ イ 水 が 実 か 会 都 直 は は る ま 点 い た れ り レ は もそ は で の 会 す 各 ま だ た 検 ち こ て 、 で ペ っう 地 エ 人 と 家 ち け 、 が ば と い エ す ッ とと 方 コ は 地 庭 全 で お 終 ん が ま コ 。 ト もは で な エ 方 で 体 不 風 わ 早 原 す ノ 中 ボ 困言 は 生 ネ の こ で 快 呂 る い 因 。 ミ 越 ト っい 移 活 ル 家 の こ さ に ま と の こ ー 地 ル た切 動 を ギ 庭 準 の は 入 で い 1 れ 症 震 な のれ を し ー で 備 生 相 れ は わ つ は 候 の ど はま 自 て を の が 活 当 な エ れ に ト 群 際 で 「せ 動 い 浪 エ で 用 改 く レ て な イ で な あ 生ん 車 る 費 ネ き 水 善 て ベ い っ レ 亡 ど る 活。 106 ど し が 名 つ ど を ら 住 は と 世 大 高 I と 要 郊 の て ら 誉 い も 見 本 し ま 出 考 帯 規 齢 団 T て な 外 検 長 、 教 て 、 守 来 高 い 口 え 化 模 者 地 を も 課 型 討 距 地 授 は 地 る は 齢 の 晴 ら し ニ の 再 活 重 題 の も 離 方 ・ ぜ 域 の 、 者 三 れ 、 ュ 増 生 用 要 で 団 進 ト 公 東 ひ 住 が 人 の 92 歳 代 て 団 ー 加 に し に す 地 め ラ 共 京 取 民 理 手 見 の 表 い 地 タ 」 も た な 。 な て ッ 団 理 り の 想 に 守 お 理 る に ウ の う 独 る 団 ど い ク 体 科 組 金 な 頼 り 父 事 か 残 ン 問 1 居 こ 地 ガ ま の と 大 ま 銭 の り シ さ 自 ら っ に 題 つ 老 と 再 ソ す 運 一 学 な 的 で 訪 ス ま ら で た 集 で 重 人 も 生 リ 。 転 緒 教 け ・ し 問 テ を U す 親 中 す 要 対 お に ン 手 に 授 れ 労 ょ し ム 被 R 。 世 流 。 な 策 わ は 自 の な の ば 力 う て の 験 都 エ 代 入 高 視 か 電 動 方 っ 板 い 的 。 一 実 者 市 リ の し 度 点 り 気 車 な た 尾 け 負 し 人 験 に 機 ア 高 た 成 が い 自 に ど 取 清 な 担 か 暮 」 「 構 マ 齢 世 長 あ た 動 頼 へ り 先 い を し ら を I の ネ 化 代 期 り だ 車 っ も 組 生 課 考 、 し し T 東 ジ が が に ま け を た 活 み の 題 え 地 の て を 金 メ 過 子 郊 す る う 生 用 や ご で る 方 お い 活 町 ン 度 世 外 。「 か ま 活 で 、 助 す と 公 年 ま 用 第 ト に 代 に と く の き 応 言 。 I 共 寄 す し 二 推 進 の 開 一 思 使 見 な 用 も 東 T 団 り 。 た 団 進 む 独 発 人 い う 直 い 分 受 京 活 体 の 一 地 協 た 立 さ 暮 ま 視 し か 野 け 大 用 や 様 人 に 会 め で れ ら す 点 は な と な 学 に 子 子 暮 お で だ 小 た し 。 が 重