• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
団地再生
 

団地再生

on

  • 498 views

 

Statistics

Views

Total Views
498
Views on SlideShare
498
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    団地再生 団地再生 Presentation Transcript

    • リ す て そ 葛 駅 『 男 「 寅 環 電 化 安 省 団 エ 地 ー 城 。 東 ば 飾 は は 金 さ 境 気 石 い 」( Ⓡ 東 京 の 区 『 つ 町 ん に 自 燃 化 ネ 三 は に 地 理 こ は や 動 料 石 墨 区 科 菱 人 ち ら 東 」「 さ 車 に 燃 と 田 製 情 い こ 防 で ら も 大 よ 京 し や 頼 料 区 今 学 紙 味 葛 』 都 ち く I ら の 災 ) も 工 あ 飾 亀 、 エ 葛 の 葛 利 T な 時 で っ 飾 場 ふ 区 「 飾 」「 便 を い 代 見 し と 跡 れ 亀 守 リ 新 フ 区 東 性 使 シ が ょ も キ 地 る 有 ー に 京 の っ ス う 注 に キ 終 り 公 た ア ャ テ あ ス 高 テ わ 。 目 ン は ャ 園 ン り カ い 独 ム っ を 下 さ 、 ラ 前 踏 マ パ の ま イ 技 居 が た 町 れ 2 ク 派 情 て ス 0 タ 寅 す ツ 術 老 団 今 ま 出 さ リ ネ 緒 の 1 ー 。 は 人 地 、 え い 所 ん ー の ヒ 整 金 今 を あ る 備 3 で 』 」、 町 見 ー た ジ ふ の 年 有 」 も 再 れ は も 4 名 の や 駅 ® 開 守 生 ト ま 進 「 の り ポ ち メ る 「 月 で は 発 す ン 両 城 東 め 開 す 津 り 隣 中 シ る プ 一 づ 現代風の民間マンションや戸建て住宅への建て替えも 社員寮をリフォームしてできた介護 ス ン 東 京 ら 校 。 隣 の だ 際 の 般 く れ 勘 柴 テ 社 付き有料老人ホーム 地 ス を 金 吉 駅 。 に 活 り て 又 ム 団 ト 区 カ 目 町 」 の は 用 法 も イ い 指 駅 亀 駅 な 有 こ ツ ま し の と 有 は ど な 人 を 、 効 ど エ な リ 選 ア101 択 マ 100 第 3 排 一 力 蓄 さ エ の ア ー の 肢 ネ の 的 テ 態 企 さ 担 市 が ら さ す 進 社 利 珍 出 次 を 熱 れ ネ な に は よ ジ で な ン こ も 業 れ や で 市 起 れ れ 。 め 社 宅 く し 章 だ メ 団 量 エ 上 槽 て ル か は 、 う ろ ン は ビ シ の あ へ た 公 は と こ ま た 実 る 宅 団 ミ く 地 は ネ 手 を い ギ で 地 高 に う ト な ジ ャ よ る の 一 共 給 し り し ま 際 に 団 地 ニ あ と ル に 活 ま ー 最 域 さ 刻 。 推 い ョ ル う よ ア 方 性 与 て や た ま に も 地 の バ り 地 48 ギ % 引 用 す 消 高 冷 が 々 進 で ン を に う ン 、「 の 住 も す 。 に も 総 は 今 ス ま 域 減 ー き す 。こ 費 レ 暖 注 と 協 し を 有 社 で ケ 配 宅 、 い し な 、 合 所 後 の せ の と 消 出 る で ベ 房 目 そ 会 ょ も す 宅 す ー 市 慮 は 第 と か っ 更 的 有 に 運 ん 再 大 費 す こ れ 割 ル ( さ の う っ る 。 ト へ な 重 二 い し て 新 な 向 行 。 生 は 理 団 者 マ 幅 量 こ と っ の D れ 姿 事 か た わ 地 を の ど 要 次 う 逆 い 計 調 が け が こ は 地 提 住 早 ネ に と で た 総 H る を 。 コ け は 実 、 な 見 に た 画 整 多 て 始 の ジ 削 個 が 大 域 値 合 C こ 変 ー で 施 供 多 要 宅 方 そ り が や め よ 機 様 メ ン 減 別 で 変 冷 暖 )「 エ ) と え 坂 デ す 能 し 可 様 素 マ も の 、 決 コ な ら う 能 ス ト さ 方 式 き 効 房 1 ネ が が て 房 ィ が 更 た 性 な で タ で 多 更 ま ン の れ な れ た 率 ・ ル 導 多 い ネ 、 新 が 視 あ き 様 地 ら ト で た 課 た に か の で 3 ギ 入 い ま 次 ー そ の 、 な 点 る ー ま 性 の な ロ 、 の 題 計 比 ら 高 初 以 ー さ の す タ れ 協 ど か が プ す ゆ ま い ー リ で の め 実 画 べ で い 上 効 れ で 。 も ク 人 再 力 早 は ー を 績 力 に ら 、 ラ 。 え ま の ル フ し 解 と 約 す 熱 て 」 率 、 す こ っ を 正 開 。 稲 や の 活 企 つ 検 企 ン に の か は ォ ょ 決 の た 啓 会 発 経 田 さ と な 。 源 と ( 国 が の い 蒙 員 コ 営 大 か 存 か さ 業 い 討 業 の 部 敷 、 難 ー う に っ 43 % こ 機 地 な 販 内 、 東 な ・ 在 す な て が ・ 策 分 地 以 し ム 。 向 中 い し 。 ー 管 学 ふ ら て 減 の シ る 売 の こ 京 学 脱 N P デ ィ 理 政 さ が た な し 社 必 行 定 的 も 前 い や け い 、 結 ス 熱 こ 熱 地 の ス 会 浪 学 経 じ 重 め 」 宅 要 政 に な い の 面 建 、 年 の 理 費 O ネ 修 学 る ま 果 テ と 量 域 開 カ 事 社 法 ー 士 部 要 に 期 と を 」 の 際 建 く 住 が て 小 間 利 会 人 タ ( 卒 有 し す C 、 ム 用 が を 冷 発 イ を 石 ー M 。 に は 待 い と 役 て つ 棟 あ 替 回 。 年 の 予 一 暖 エ ツ め 油 協 B 東 な 総 、 う す 記 割 、「 替 か が り え り O や ざ 会 A 京 ま 間 能 定 次 房 リ リ ピ る 合 ポ 実 る 述 分 本 え 見 残 ま を が 2 、 す ー 個 ) 。 電
    • 分 熱 し 動 内 使 ら あ ネ を 環 車 は も も て 源 と 増 術 を 見 る 石 繁 図 費 ら 災 再 長 安 予 な た の の く さ や わ ヒ で り ル 頭 家 境 の そ 「 あ 化 も の 兄 え の 生 量 そ か 燃 殖 2 量 で を 生 く 東 い 定 ど 、 一 量 み せ 庫 れ ー す ま ギ に 庭 ・ 活 の 化 る 石 、 奪 弟 た 向 産 を の と 料 し の 総 す 考 を な 京 化 で 大 蓄 か に な る 内 て ト 。 せ ー 思 の 省 用 た 石 の 燃 農 い の こ 上 量 石 化 思 の た 人 量 。 え 考 り ス 石 す 規 熱 で 比 の こ の い ポ ん 消 い 省 エ を め 燃 で 料 機 合 よ と と で 油 石 い 大 と 口 を 図 た え ま カ 燃 。 模 槽 済 べ で と 熱 る ン 。 費 浮 エ ネ 提 に 料 す か 具 い う に 原 割 生 燃 ま 量 さ の 、 1 ま る し イ 料 災 に み 、 「 で を し プ こ を か ネ ・ 案 具 を 。 ら を と な よ 油 っ 産 料 す 消 え 推 棒 は ち う た ツ の 害 は ま コ ヒ 冷 室 く と れ 見 べ と 防 し 体 使 団 つ 動 い も り 価 た 量 で 。 費 見 移 グ 、 づ え 。 リ 時 時 約 す ン ー や 外 み は は る る い 災 て 的 わ 地 く か っ の ま 格 値 が す に え の ラ 曲 く で あ ー 代 に 7 。 プ ト し や で エ ヒ と 方 う を い に な 再 ら す た で す の ) 上 が 支 る グ フ 線 り 持 え エ は は 0 使 レ ポ ま 庫 す ア ー 、 も 考 ま い 生 れ に 事 す 。 上 が 回 、 え 現 ラ が が 」 続 て リ 終 消 0 と ① 。 っ ッ ン す 外 。 コ ト 冷 多 エ え す ヒ 住 を ま も 態 天 昇 っ 石 ら 代 フ 一 石 の 的 ご ア わ 防 0 た サ プ 。 に エ ポ 房 い た 。 ま 考 す 化 も 資 然 に 40 年 て 油 れ 社 と 油 視 社 説 っ 用 ト ン ア ー 源 人 の エ ー 」 熱 コ ア ( ン は か 団 い え 。 石 懸 に ガ 伴 前 い を て 会 見 当 に 点 会 明 省 た 水 ン ネ を と を ン コ 冷 プ 暖 と コ 地 ト 」 る エ 燃 念 ス っ 後 ま 例 い が 比 換 が 構 さ ・ の ン ポ は た エ ル 動 い ポ プ ン 房 と 房 思 再 を う ネ 料 さ ① も て で す に る 、 べ り 算 必 築 せ ネ 生 水 ギ か い ン レ ( ) い や い を 生 ン 指 え ル が れ 生 採 変 。 と こ エ て し 要 に て 活 が 使 プ 濃 消 ・ ー す ま プ ッ 冷 や う 給 ま 向 で ギ 必 ま 縮 成 掘 わ 可 る と ネ く 費 た 不 は い 省 用 蓄 の エ す で サ 房 冷 も 湯 す う の す 、 ー 要 す 過 に ら 採 と が ル だ 人 可 「 た 水 え こ 活 し 量 C 何 ネ 。 く ー ) 蔵 の に 。 べ こ 問 で 。 て 程 か な 年 、 お ギ さ を 類 欠 環 だ O と ら 倍 ル こ み と や 庫 を 比 家 と 用 き れ 題 す 食 か け い 数 す わ ー い の と 境 い し れ を と い 示 ・ 2 も ギ の 上 い 冷 を 使 べ 庭 で か は し 糧 る ら ら の ( で か 革 。 し エ 考 ・ た て て の ー 移 げ う 蔵 冷 っ あ に や ② す ら 食 、 問 見 れ は 確 に り 命 人 ネ え 省 の 防 活 お め 電 、 て 熱 の 動 る 機 庫 や て ま お 。 の 糧 化 題 ② れ る 、 認 油 い 以 類 ル て エ は 災 用 り る 気 い の を 量 さ よ 械 は す い り け 住 問 学 を 大 ば お 回 埋 田 た 降 が ま ギ い ネ 、 さ 、 生 は せ う で 、 の る 多 る こ 自 ま 題 肥 考 量 石 金 収 蔵 の だ の 異 ー る ・ 団 話 れ 地 み 何 る な 移 屋 に か く エ と 動 い で 料 え に 油 が 技 量 発 け 化 常 す 消 か 防 地 が る 震 。103 102 第 3 に で ネ お 動 出 い % と ち い ル 化 や た 社 す 料 状 い ド が 資 徳 あ 章 夜 電 も に 湯 か す 日 に 、 日 う ギ 石 奴 ち 会 と 団 を で ま レ 日 源 著『 る お 気 見 は を す こ 本 過 34 石 % 本 こ ー 燃 隷 の 的 、 地 大 す せ ー 本 と 、 団 落 こ つ 方 と の ぎ 油 と 源 料 に 生 弱 安 量 。 ん ト 近 は 知 ③ 地 湯 式 を の 再 ら と を の と の く 向 が 国 ま 占 ・ 2 で を の 代 活 者 い 生 に 安 。 は 海 質 な 経 地 つ 給 し 暖 る を で 際 せ め 天 0 す 確 時 わ を に 化 で 使 い 資 た に が き 済 域 湯 て 房 こ 逆 き 的 ん 然 0 。 保 代 っ 改 大 石 え 化 源 し 大 す 的 の く て な ゃ 再 っ 機 い や と に る 競 。 い ガ 8 し が て め 変 燃 ぜ る 石 と か 量 べ ヤ な 生 て は る 給 が す の 争 今 ま ス 年 な 終 機 て 厳 料 こ 時 燃 し に に て バ 位 マ タ 、 こ 湯 で る で 力 後 す ・ 度 け わ 械 考 し の の 代 料 て 大 あ な イ 置 ネ 夜 と 分 き だ す の 、 石 の れ っ に え い 時 は の 見 量 る の に ジ ン 。 よ ! メ ク 間 が 野 た け 。 低 少 こ 炭 輸 ば た さ る 世 代 う ほ 時 て に と で 石 あ ン に の 多 に り で エ 下 子 れ と 入 生 と せ と の の な ん 代 い あ い す 油 る ト 貯 安 く 大 す 暖 ア が 高 に い 額 活 い て 、 中 終 こ の は い る う 。 ピ と い 見 き る 房 コ 危 齢 対 っ は レ う い 炊 に 了 『 終 か の 議 た い め 電 受 な の に ン 惧 化 た ベ こ る 事 な は と 一 わ 、 で 論 と ー う て し を ク 気 け 余 で 使 ( さ や 食 鉱 71 ・ ル と こ ・ り 、 瞬 っ ま す が え で 条 お 料 ら 地 す え 冷 れ 新 物 9 を は と 洗 か 高 申 』 た だ が あ ば 件 く 料 し 食 金 れ が 。 た 房 ま 興 品 性 兆 下 、 が 濯 ね 齢 か と 見 、 り メ 糧 が し を ま あ 家 り ) す 国 燃 円 げ ほ わ ・ な 者 上 も い 極 濃 ま タ あ く は げ 危 上 す る 庭 、 や 。 の 6 料 で ざ か か 掃 い を し え め 縮 す ン 機 り み 手 。 こ に お 冷 と 経 ・ は し る の り 除 か は た れ ま て し 。 ハ ま が に と お 風 蔵 り 済 0 た を 安 ま な ら じ か ま す い て メ イ が す 一 使 を け 呂 庫 わ 発 兆 24 。 ・ 得 価 す ど で め と せ 。 る 存 タ ド 訪 ( 般 う 専 る な の け 展 円 5 そ な な 。 召 す と い ん 化 の 在 ン レ れ 石 的 た 門 省 ど 熱 、 に と 兆 の い エ 安 使 。 し い 。 石 が し ハ ー る 井 東京スカイツリー ® エリア・イメージ図 で め 家 エ の の 資 伴 8 円 う と ネ い い 私 た ま 燃 現 て イ ト 』) 吉 画像提供 東武鉄道㈱・東武タワースカイツリー㈱ : 。
    • 脱化石燃料社会(低炭素社会)構築へ向けた2つの柱 図1 人類とエネルギーのかかわり : ヒートポンプの活用 電気自動車の活用 一 石 人 油 当 換 た 算 り 消 消 費 費 量( 量( 一 一 〇 〇 〇 〇 万 〇 キ キ ロ ロ リ カ ッ ロ ト リ ル 1995年の阪神・淡路大震災におけるライフラインの復旧 ー / / 日 日 )・ (%) 7日 100 )・ 曲 83日 90日 棒 線 電気 グ グ 80 ラ ラ フ フ 都市ガス 水道 復 60 旧 原始人 100万年前の東アフリカ、 食料のみ。 率 狩猟人 10万年前のヨーロッパ、 暖房と料理に薪を燃やした。 40 初期農業人 B.C.5000年の肥沃三角州地帯、穀物を栽培し家畜のエネルギーを使った。105 高度農業人 1400年の北西ヨーロッパ、 暖房用石炭・水力・風力を使い、家畜を輸送に利用した。 104 第 産業人 1875年のイギリス、 蒸気機関を使用していた。 20 3 章 技術人 1970年のアメリカ、 電力を使用、 食料は家畜用を含む。 団 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 出典 総合研究開発機構 : 「エネルギーを考える」/「原子力・エネルギー」図面集2010 地 経過日数 (日) と 地 出典 阪神・淡路大震災調査研究委員会報告書 : 「大震災に学ぶ」 域 の 再 生 マ 図2 世界人口の推移 : (推計値) ネ ジ メ ン ト IP-Camera 安否検知センサ 出口晴三代表理事のお父さま宅の設置例 出典:国連人口基金(UNFPA)東京事務所HP http://www.unfpa.or.jp/p_graph/pgraph.html
    • に と し ル ガ ま を さ も ー ま て を く は 程 用 す頼 考 て ギ 専 ソ す 確 れ 顔 タ す ラ い 我 な 地 度 水 。ら え い ー 門 リ 。 保 ま を ー 。 イ る 慢 っ 震 確 の 阪ざ る る 消 家 ン し す 洗 が し フ 可 す た で 保 確 神る 方 が 費 で 自 ま 。「 っ 使 か ラ 能 る 方 お で 保 ・を も 、 の も 動 す 東 た え し イ 性 た の 亡 き 」 淡得 多 地 問 よ 車 が 京 り る 、 ン が め ほ く ま だ 路な い 方 題 く に 、 ス 、 と 電 の あ 水 う な す そ 大い と の が 間 頼 オ カ 体 は 気 復 り 分 が り 。 う 震た 思 人 あ 違 っ ー イ を 限 が 旧 ま の 多 に 困 で 災め わ は り う た ル ツ ふ り 復 は す 摂 い な る す で、必 れ 自 ま こ 生 電 リ い ま 旧 電 。 取 と っ の 。 被ず ま 然 す と 活 化 ー た せ し 気 を も た が 飲 災し す の 。 に を 住 り ん て が 控 い 方 ト 料 者も 。 な 都 、 見 宅 」Ⓡ す 。 も え わ よ イ 水 が 実 か 会 都 直 は は る ま 点 い た れ り レ は もそ は で の 会 す 各 ま だ た 検 ち こ て 、 で ペ っう 地 エ 人 と 家 ち け 、 が ば と い エ す ッ とと 方 コ は 地 庭 全 で お 終 ん が ま コ 。 ト もは で な エ 方 で 体 不 風 わ 早 原 す ノ 中 ボ 困言 は 生 ネ の こ で 快 呂 る い 因 。 ミ 越 ト っい 移 活 ル 家 の こ さ に ま と の こ ー 地 ル た切 動 を ギ 庭 準 の は 入 で い 1 れ 症 震 な のれ を し ー で 備 生 相 れ は わ つ は 候 の ど はま 自 て を の が 活 当 な エ れ に ト 群 際 で 「せ 動 い 浪 エ で 用 改 く レ て な イ で な あ 生ん 車 る 費 ネ き 水 善 て ベ い っ レ 亡 ど る 活。 106 ど し が 名 つ ど を ら 住 は と 世 大 高 I と 要 郊 の て ら 誉 い も 見 本 し ま 出 考 帯 規 齢 団 T て な 外 検 長 、 教 て 、 守 来 高 い 口 え 化 模 者 地 を も 課 型 討 距 地 授 は 地 る は 齢 の 晴 ら し ニ の 再 活 重 題 の も 離 方 ・ ぜ 域 の 、 者 三 れ 、 ュ 増 生 用 要 で 団 進 ト 公 東 ひ 住 が 人 の 92 歳 代 て 団 ー 加 に し に す 地 め ラ 共 京 取 民 理 手 見 の 表 い 地 タ 」 も た な 。 な て ッ 団 理 り の 想 に 守 お 理 る に ウ の う 独 る 団 ど い ク 体 科 組 金 な 頼 り 父 事 か 残 ン 問 1 居 こ 地 ガ ま の と 大 ま 銭 の り シ さ 自 ら っ に 題 つ 老 と 再 ソ す 運 一 学 な 的 で 訪 ス ま ら で た 集 で 重 人 も 生 リ 。 転 緒 教 け ・ し 問 テ を U す 親 中 す 要 対 お に ン 手 に 授 れ 労 ょ し ム 被 R 。 世 流 。 な 策 わ は 自 の な の ば 力 う て の 験 都 エ 代 入 高 視 か 電 動 方 っ 板 い 的 。 一 実 者 市 リ の し 度 点 り 気 車 な た 尾 け 負 し 人 験 に 機 ア 高 た 成 が い 自 に ど 取 清 な 担 か 暮 」 「 構 マ 齢 世 長 あ た 動 頼 へ り 先 い を し ら を I の ネ 化 代 期 り だ 車 っ も 組 生 課 考 、 し し T 東 ジ が が に ま け を た 活 み の 題 え 地 の て を 金 メ 過 子 郊 す る う 生 用 や ご で る 方 お い 活 町 ン 度 世 外 。「 か ま 活 で 、 助 す と 公 年 ま 用 第 ト に 代 に と く の き 応 言 。 I 共 寄 す し 二 推 進 の 開 一 思 使 見 な 用 も 東 T 団 り 。 た 団 進 む 独 発 人 い う 直 い 分 受 京 活 体 の 一 地 協 た 立 さ 暮 ま 視 し か 野 け 大 用 や 様 人 に 会 め で れ ら す 点 は な と な 学 に 子 子 暮 お で だ 小 た し 。 が 重