• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
20100413持続的社会構築を考える
 

20100413持続的社会構築を考える

on

  • 762 views

 

Statistics

Views

Total Views
762
Views on SlideShare
762
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20100413持続的社会構築を考える 20100413持続的社会構築を考える Presentation Transcript

    • 持続的な社会構築を考える 東京電力株式会社 早坂 房次 平成22年4月13日 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。 また、本協会の目的の範囲外の利用や他の方への複写による配布 はご遠慮下さい。 1
    • 2
    • 出典:国連人口基金東京事務所HP 3http://www.unfpa.or.jp/p_graph/pgraph.html
    • ・先進国の内部では平等化が進展、国家間の経済力の面で格 差拡大 ・労働者の時間当たり賃金の国家間格差の拡大→実際には経 済発展の遅れている国の労働者は実際には仕事をしていない →実際に仕事をしている時間当たり賃金格差は小さい ・近代的な生産技術を活用するためには規律正しく良心的で 仕事熱心な労働者が必要 1250年~1800年のイギリスでは富裕層 の出生率が貧困層の2倍→貧困家庭が断 絶→富裕層からの下方移動「種の淘 汰」→人々の嗜好が中産階級化→利子 短期的に所得が増えても人 率低下・殺人件数低下・労働時間延び 口が増えることで常に相殺 る・暴力志向弱まる・読み書き計算の 習慣が下層階級にも広がった。 (マルサスの罠) 4出典:グレゴリー・クラーク 久保恵美子訳『10万年の世界経済史』2009年日経BP社本資料は日経BP者殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 西暦1-2000年のヨーロッパにおける、人骨から推定した男性の身長出典:グレゴリー・クラーク 久保恵美子訳『10万年の世界経済史』2009年日経BP社 5本資料は日経BP者殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 紀元前13万年から西暦1800年までの人口と技術進歩出典:グレゴリー・クラーク 久保恵美子訳『10万年の世界経済史』2009年日経BP社 6本資料は日経BP者殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 小麦の量に換算した1800年ごろの労働者の賃金 2000年の人口一人あたりの所得の比較 格差の拡大した現代 1800年ころのイギリスより 低い所得水準の国々 →日本だって将来こうなら ないとも限らないのでは? 南インドより貧 しかった日本出典:グレゴリー・クラーク 久保恵美子訳『10万年の世界経済史』2009年日経BP社 7本資料は日経BP者殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 8
    • 石油生産量を下回る油田発見・油田発見は1960年代がピーク・発見量を生産量が上回っている・確認埋蔵量が減らないのは回収技術の進歩と石油価格の上昇による投入できるコストの増大による 9
    • 10 10
    • 1億年前の白亜紀の頃、地 球は非常に暖かくなりまし た。地球からは氷が消え、 海水準は現在より300 メートルもあがりました。 海水の温度も平均で20℃ まで上がり、北極も南極も 暖かくなり両極地方には大 森林が生まれ、生物が爆発 的に増えました。その化石 が石油と石炭なのです。特 に石油は、ほとんどがこの 時にできています。 出典:丸山重徳『「地球温 暖化」論に騙されるな!』 白亜紀の地球 11出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版
    • いまから2億年くらい前、石油資源に限りが 世界の大陸は一カ所にまとあり、中東に集中 まっていた。超大陸である。 これが分かれる過程でいましている理由 の地中海、ペルシャ湾地域 に「テチス海」と呼ばれる 内海が出来、長い間赤道付 近に停滞した。二酸化炭素 は今より一桁も高く、気候 は温暖、活発な光合成が 作った藻類など、大量の有 機物がテチス海に沈殿した。 このテチス海が内海であっ テチス海 たため酸欠状態であり、こ れが石油生成に幸いした。 中東の超巨大油田群は、 このように地球史的な偶然 によるものである。このよ うな場所は他にはない、つ まり第2の中東は無いのであ る。人類はこの億年単位の 地球遺産をたった百年、し かも20世紀後半の2・3 0年で一気に使ったのであ る。このようなことが長続 きするはずはない。「地球 は有限」なのである。 出典:石井吉徳 「石油が危ない:瀕死のガ ワール油田」 http://www007.upp.so- 12 net.ne.jp/opinions/ghawar.htm出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版 12
    • 大陸分布の変遷の図 本資料は秀和システム 殿の承諾を得て転載し ています。無断での再 複写・転載・配布等は 法律に反します。 出典:川上紳一・東條文治 『図解入門「最新地球史が よく解る本」』 2006年秀和システム 13
    • 世界の堆積盆地と主な油田の分布 出典:田口一雄『石油はどうしてできたか』1993年 青木書店 14本資料は青木書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 無機起源説まで含めた過程を炭素循環の視点からまとめた化石燃料生成過程 出典:田口一雄『石油はどうしてできたか』1993年 青木書店 15 15本資料は青木書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • (資料提供:石井吉徳東京大学名誉教授) 注:早坂地球の熱で加熱濃縮される 16
    • 地層の背斜構造での石油のたまり方 出典:田口一雄『石油はどうしてできたか』1993年 青木書店 17 17本資料は青木書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 石油が誕生するまで 18
    • 貯留岩中に石油が含まれている状態 出典:田口一雄『石油はどうしてできたか』 1993年 青木書店 19本資料は青木書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 自噴する油田 1の投入エネルギーで100の エネルギーが得られていた時代 【左】「1901年1月10日スピンドルトップで海軍大佐アンソニー・カールスの油井が噴 出。テキサス州の石油産業の劇的な始まり」~写真出典注記より~ 出典:ダニエル・ヤーギン著 日高義樹・持田直武共訳 『石油の世紀』上 日本放送出版協会 ピークを越して減退する非OPEC、非FSU諸国 【上】出典:石井吉徳『石油最終争奪戦』日刊工業新聞 20 20本資料は日本放送出版協会殿・日本工業新聞殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 中東地域の石油とガス田 ガワール油田 本資料は作品社 殿の承諾を得て 転載しています。 無断での再複 写・転載・配布 等は法律に反し ます。 21出典:ジャン=マリー・シュヴァリエ 増田達夫監訳 林昌宏翻訳『世界エネルギー市場』2007年 作品社
    • ガワール油田の規模 出典:石井吉徳「石油ピークが来た」日刊工業新聞 本資料は日本工業新 聞殿の承諾を得て転 載しています。無断 での再複写・転載・ 配布等は法律に反し ます。 22
    • (資料提供:石井吉徳東京大学名誉教授)ガワール油田 23
    • 石油価格における期待のパラドックス (逆説)これから石 省エネや代替 石油価格は油価格が上 エネルギーの 上がらないがると予想 開発に努めるこれから石 省エネや代替 石油価格が油価格が下 エネルギーの 上がるがると予想 開発に努めな い 24 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。 出典: • 濃縮している 石井『石油最終 争奪戦 世界を資源とは • 大量にある 震撼させる 「ピークオイ • 経済的な位置にある ル」の真実』太陽定数(大気表面の単位面積に垂直に入射する太陽のエネルギー量)が1366W/m2であるので地球の断面積を127,400,000 km²をかけると地球全体が受け取っているエネルギーは1.740×1017 W本資料は日本工業新 1Ws=1J だから1年間に大気表面で受ける太陽エネルギーは聞殿の承諾を得て転 1.740×1017 W×60s/m×60m/h×24h/d×365d/y=5.487×1024J載しています。無断での再複写・転載・ 人類が全世界で1年間に使うエネルギーの量は原油換算で配布等は法律に反し 11,099.3×106t 1t=1.176kℓ 原油1ℓ=9,126kcal 1cal=4.2Jます。 1.10993×1010t×1.176kℓ/t×103ℓ/kℓ×9,126kcal/ℓ×4.2J/cal×10 3cal/kcal=5.003×1020J 出典:BP統計 http://www.bp.com/sectiongenericarticle.do?categoryId=9023766&contentId=7044197 石油連盟 http://www.paj.gr.jp/statis/kansan.html 約1万倍 しかし広く薄くしか存在しない 過去の太陽からのエネルギー を濃縮したものとしての化石 25 燃料に頼ることに
    • 化石燃料も広い意味でのバイオマスエネルギー(石油天然ガス生成に無機起源説=非生物起源説もあるが現在はそれを唱える人はほとんどいない) 石油・石炭・天然ガスは昔の貯金を取り崩して 使っているようなものウラン 太陽のエネルギーは核融合(主に水素⇒ヘリウム) 恒星の核融合では鉄までしかできない それ以上重い元素は超新星爆発(恒星の死)できたもの 地球は超新星爆発のゴミ(廃棄物の塊) ウランもその時にできたもの 26 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 27本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 内山先生の表の使い方 (おおざっぱに言うと)10階建ての集合住宅を太陽光発電で賄うと考えると 35kWh/㎡・年×10÷ 24kWh/㎡・年=14.58 約15倍の面積必要設備利用率が15%と高めなので12%を使うと 35kWh/㎡・年×10÷ (24kWh/㎡・年×12%/15%)=18.23 約18倍の面積必要これが量子ドット太陽光発電で変換効率が向上しても(15%→30%) 35kWh/㎡・年×10÷ (24kWh/㎡・年×30%/15%)=7.29 約7倍の面積必要 設備利用率が15%と高めなので12%を使うと 35kWh/㎡・年×10÷ (24kWh/㎡・年× 30%/15%×12%/15%)=9.11 約9倍の面積必要20階建てのオフィスビルを風力発電で賄うと考えると 400kWh/㎡・年×20÷ 21kWh/㎡・年=333.33 約333倍の面積必要 分散型電源とコンパクトシティを同時に主張する 方々の考え方は、正直に申し上げてはなはだ疑問 28 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • このような見方もあるが… 出典:石油連盟 今日の石油産業2008 29 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • EPR(Energy Profit Ratio)とは 出力エネルギーと投入エネルギーの比 1960年代の中東の石油はEPRが100を超えていたといわれる。 人間は採りやすいところから採掘。今後開発が考えられている超深海 や北極海などではEPRは著しく低下が予想される。 オイルシェールやオイルサンド、オリノコタールなども低EPRになら ざるを得ない。 メタンハイドレートはそもそも資源と言えるかを確認している状態。「究極資源量」と「確認(可採)埋蔵量」 究極資源量 現在の技術で経済的に採取 確認埋蔵量 できる資源の量 (資源の価格や技術進歩で 30 変わる) 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 可採年数(R/P) 現在の確認可採埋蔵量/その年の生産量 現在の確認可採埋蔵量をその年の生産量で割ったモノ確認可採埋蔵量面積×厚さ×孔隙率×(1-水分飽和率)×回収率回収率:自噴(約20%)、回収率向上技術(40~50%) 既に発見されて採り出しうる量(出典)芦田譲京都大学名誉教授 2007年6月9日 京都科学カフェ講演「日本周辺の資源エネルギーと地域調和型社会の構築」資料 スライド26枚目 http://education.ddo.jp/kagaku/ashida/ashida.pdf 科学カフェ京都 http://ameblo.jp/kagaku/entry-10035268328.html 31
    • ・太陽からのエネルギーがあるから大丈夫?・メタンハイドレードがあるから大丈夫?・石油もオイルシェールやオイルサンド、オリノコタールがあるから大丈夫? ・ウランも海水中には確認埋蔵量の1000倍ある 100年×1000=10万年分? (高速増殖炉利用で更に100倍なら1,000万年分?) エネルギーの質を考えていない議論 32 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 33
    • 低下 34本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • IEA世界石油生産見通し (天然ガスリキッド生産) (非在来型原油) (回収技術向上による生産増) これから発見される油田 (既に発見されている既知未開発油田) (既に発見されている在来型油田) (既に発見されている在来型油田) 35本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • わたくしたちの生活 炊事 洗濯 奴隷や召使・家畜の 掃除 代わりにエネルギー 冷房 を使う事で成り立っ 暖房 ている 給湯 移動 ・ ・ ・あらゆるところで 36 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • EPRが下がる(安い石油が無くなる) ということは…奴隷や召使・家畜の代わり 生活レベルをにエネルギー 下げるか…を使う事で成り立っている生活ができな EPR=27 EPR=5くなる。 他の安価 なエネル ギーを確 保しなけ ればなら ない 37 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 人間は賢明…きっと誰かが解決してくれる。しかし、現実には…イースター島 緑豊かだったイースター島。人口が増大。人々は石像建築を競い、樹木を伐採。ついには食糧危機に…さらには殺し合い、そして…マヤ文明 人口増加と森林破壊。度重なる旱魃による飢餓により、支配者階級がスケープゴートに。 ジャレット・ダイアモンド 楡井 浩一訳ノルウェー領グリーンランド 『文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの』 1300年頃には5000人の人口。寒冷化による食糧生産の低下 2005年草思社にあっても、上流階級は牛の飼育にこだわる。人々は比較的 COLLAPSE How Societies to Fail or Succeed豊富だった魚を忌避。貧富の差が時代とともに拡大。イヌ byイットから生活の知恵を学ばず、急激に崩壊。 Jared Diamond 2005 Viking Penguinルワンダ大虐殺(現代) 本資料は草思社殿の承諾を得て転 フツ族とツチ族の部族対立が原因と言われているが、人口 載しています。無断での再複写・圧力による農耕地不足も大きな要因。 転載・配布等は法律に反します。 38 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 出典:国立社会保障・人口問題研究所 39日本の将来推計人口(平成18年12月推計)
    • サービス収支:(出典:財務省 国際収支統計) 日本の経常収支の推移 国境を越えた(居住者と非居住者の間の)サービスの取引を計 上する。サービスとは、輸送、旅行、通信、建設、保険、金 融、情報(コンピュータ・データサービス、ニュースサービス 35,000 等)、特許権使用料、その他営利業務、文化・興行、公的その 他サービス   30,000 所得収支: 国境を越えた雇用者報酬(外国への出稼ぎによる報酬の受取 等)および投資収益(海外投資による利子・配当金収入等)の 25,000 支払い。   経常移転収支: 20,000 政府間の無償資金援助、国際機関への拠出金など、資産の一方 的支払い。 15,000 経常移転収支 所得収支億円 10,000 サービス収支 貿易収支 経常収支 5,000 0 9月 月 月 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 月 月 月 1月 2月 10 11 12 10 11 12 -5,000 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 07 08 08 08 08 08 08 08 08 08 09 09 07 07 07 08 08 08 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 -10,000 貿易収支=輸出-輸入 経常収支=貿易収支+サービス収支+所得収支+経常移転収支 -15,000 40
    • 日本のエネルギー自給率 41本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 輸入に占めるエネルギーの割合 34% 出典:財務省貿易統計 http://www.customs.go.jp/toukei/info/tsdl.htm 42
    • 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 10,000 2001年 1月 2001年 4月 2001年 7月 2001年 10月 2002年 1月 2002年 4月 2002年 7月 2002年 10月 2003年 1月 2003年 4月 2003年 7月 2003年 10月 出典:財務省貿易統計(通関ベースの価格) 2004年 1月 2004年 4月 2004年 7月 2004年 10月 2005年 1月 2005年 4月 2005年 7月 2005年 10月 2006年 1月 2006年 4月 2006年 7月 2006年 10月 2007年 1月 2007年 4月 2007年 7月 発熱量(1kcal)当たりの燃料価格 2007年 10月 2008年 1月 2008年 4月 2008年 7月 2008年 10月 2009年 1月 2009年 4月 2009年 7月 2009年 10月 2010年 1月(出典:通関統計) 43 石炭 原油 LNG
    • 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 2001年 4月 2001年 8月 2001年 12月 2002年 4月 2002年 8月 2002年 12月 2003年 4月 石炭 原油 LNG 2003年 8月 2003年 12月 2004年 4月 2004年 8月 2004年 12月 2005年 4月 2005年 8月 2005年 12月 2006年 4月 2006年 8月 2006年 12月 2007年 4月 2007年 8月 2007年 12月 2008年 4月 2008年 8月 2008年 12月 2009年 4月 2009年 8月 燃料価格の相対的変化(2001年1月~2003年12月をベースに考えた場合) 2009年 12月(出典:通関統計) 44
    • 税収が公債発行額を下回る のは明治維新で近代財政制 度になってから昭和21年(終 戦直後)以来2度目 45出典:財務省『平成22年度予算のポイント』http://www.mof.go.jp/seifuan22/yosan001.pdf
    • 私の疑問(東電の公式見解ではありません)• 安い化石燃料の時代は終わった• 少子高齢化で日本経済の相対的地位低下• 財政は危機的状況だが国内はそれほど危機感 がない• 96%(原子力を準国産エネルギーとしても 81%)を輸入に頼る• 将来もエネルギーを海外から今までと同じよ うに買い続けることができるのか?• 影響は社会的弱者ほど大きい。 46 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 地球システムの概念図出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム 47本資料は秀和システム殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 太陽系の形成過程の概念変遷 太陽系の惑星出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 48 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球誕生から現在までの変遷出典:熊澤峰夫・丸山茂徳編『プルームテクトニクスと全地球史解説』2002年 岩波書店 49本資料は岩波書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球の形成 50 出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版
    • 地球の内部構造と組成 現在の多くの太陽電池はシリコンを使う がその主な成分は珪素(Si)。 地球の全組成の13%、地球の一番外側 にある地殻の25%を珪素(Si)が占める。 太陽電池で数年前に日本のメーカーがシ リコン不足からシェアを落としたと騒が れたが、これは原料のシリコンを作る珪 素(Si)が不足したわけではない。 シリコンのインゴッド(金属を精製して 一塊りとしたもの :鋳塊【ちゅうかい】) 鋳塊【 ちゅうかい】 を作るエネルギー価格の高騰による。シ リコン製造には多くのエネルギーが投入 されている。 51出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版
    • 第四紀の扱い については争 いがあります 現在は第四紀出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム 出典:熊澤峰夫・丸山茂徳編『プルームテクトニクスと全地球史解説』2002年 岩波書店 52 本資料は秀和システム殿・岩波書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球表層環境の歴史とプレート運動の盛衰、 地球史7大事件 上部マントルの温度変化および海水の総量 の沈み込み帯の温度の歴史出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム 出典:熊澤峰夫・丸山茂徳編『プルームテクトニクスと全地球史解説』2002年 岩波書店 53 本資料は秀和システム殿・岩波書店殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球のエネルギーバランス 地球の多層構造と不連続的な内部熱放出がおきる原因 地球の内部には境界層があるために対流運動が妨げられたり加速 されたりする。そのために地球表層でカタストロフィックな大変 動が起きる。出典:熊澤峰夫・丸山茂徳編『プルームテクトニクスと全地球史解説』2002年 岩波書店 出典:田近英一『地球環境46億年の大変動史』2009年 化学同人 54 本資料は岩波書店殿と化学同人殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球の熱収支 差10TW 発熱量の大きな部分は地殻 中の放射性物質の崩壊熱 地球も一種の原子炉出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 55 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球の磁気圏 出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版 地球の外核は液体で核は鉄を中心とした成分からなる固体と考えられている。地磁気の源は,鉄を主成分とする金属コア(半径3480 km で,地球半径の半分強を占める)に流れる電流である。地球ダイナモを駆動する源は,地球の冷却熱である。コアやマントルの深部は1 億年で10 度くらいの割合で冷えている。コアの表層部は冷却されると熱収縮により密度が高まり,コアの底に沈もうとする。いっぽう中からは熱く軽い液体が湧き上がり,熱をマントルに逃がす。これを熱対流とよぶ。冷却熱が液体鉄の力学的エネルギーを生み,さらにそれが磁気エネルギーに変換されるのである。コアを構成している鉄は,地球深部の高温下では大部分が融解しており,水と同程度の粘性率をもつ。実際コアは,内部の熱をマントルに運ぶべく対流しており,その流速は10-4m/s のオーダーと推定されている。 コアが冷えて固まってしまえば宇宙からの宇宙線や太陽風を遮るものがなくなり地上の生物は生きていけないと考えられる。(月や火星には磁気圏はない) 地殻中の放射性物質の崩壊熱もこの一助となっていると考えられる。 56
    • 気候システムの概念図出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム本資料は秀和システム殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。 57
    • 地球のエネルギー収支 太陽から地球大気の上端に入射するエネルギーを100としたときの相対値 (Ohmura and Raschke,2004を改変)出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 58 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地球内部に境界層がないときの地球の冷却曲線(太線)と内部に境界層があるときの地球の冷却曲線(細線) 一方、太陽は地球ができたころは今の70%程 度ほどの明るさがなかったと言われている。 太陽はだんだん輝きを増している→20億年 頃には現在の地球の軌道周辺まで膨張し、地 球は飲み込まれるとも言われている。出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 59 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地質学的時間スケールの炭素循環 出典:田近英一『地球環境46億年の大変動史』2009年 化学同人 60本資料は化学同人殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 二酸化炭素分圧(気圧)の時系列的変化出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 61 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 酸素分圧(気圧)の時系列的変化出典:東京大学地球惑星システム科学講座編『進化する地球惑星システム』2004年 東京大学出版会 62 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 氷期(右:約2万年前)と間氷期(左:現在)の地球の姿出典:田近英一『凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語― 』2009年 新潮社本資料は新潮社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。 63
    • 過去、3回の氷河時代においては地球全体が凍結したのではないかとも考えられている 出典:田近英一『凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語― 』2009年 新潮社 64 本資料は新潮社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 現在の地球が全球凍結したらどうなるか(想像図) 出典:田近英一『凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語― 』2009年 新潮社 65本資料は新潮社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 生命の歴史地球にとっての環境問題ではなく人類にとっての環境問題雰囲気(空気)の議論は人類の将来を危うくする 出典:『英和ビジュアルディクショナリー-分解博物館』同朋出版 66 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 生命の歴史最初の生物は硫化水素をエネルギー源にしていたのではないかと言われている。⇒これらの生命にとっては酸素は猛毒⇒光合成生物の誕生により酸素が生成⇒酸素を使う生物発生(硫化水素は猛毒)⇒多細胞生物へ 丸山・磯﨑『生命と地球の歴史』 リチャード・フォーティ『生命40億年全史』 黒岩『ミトコンドリアはどこからきたか』 福岡『生物と無生物のあいだ』 67 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 地球 生命地球と生命は共進化の歴史 68 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • さまざまな時間スケールでみられる気候変動本資料は秀和システム殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。 69出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム
    • 気候変動と大気中の温室効果ガスの変遷 本資料は秀和システ ム殿の承諾を得て転 載しています。無断 での再複写・転載・ 配布等は法律に反し ます。 70出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム
    • 過去40万年の気温の変化 環境原理主義的な人は地球温暖化懐疑論者(近年地球が温暖化し たことはほとんどの人が同意しているが、将来も温暖化するか、 更には二酸化炭素がその原因か疑問に思っている人達)は論外だ と議論の余地がないかのように言う人がいるが、温暖化懐疑論は ? 根強くあり、このような環境原理主義的な人は観念的・イデオロ ギー的な教条主義のドグマに陥っているようにも思える。(あく までも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません) ?出典:丸山重徳『「地球温暖化」論に騙されるな!』2008年 講談社 71 本資料は講談社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 過去250万年間における気候変動の復元図 出典:川上紳一・東條文治『図解入門「最新地球史がよく解る本」』2006年秀和システム現在は第四紀(258.8万年前~現在、但し、争いがある) なぜ第四紀 (258.8万年前) ・人類の進化と繁栄の時代。 現在は氷河期 から寒くなった ・更新世末に、大規模な絶滅が起こった。 ・高緯度の地域に、大陸並の規模の氷河が分布している。 の中の間氷期 かはまだよく解 ・氷期と間氷期を繰り返している。 らない 72本資料は秀和システム殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 寒冷化した場合の日本列島への影響について出典:太田陽子他『日本列島の地形学』2010年 東京大学出版会 73 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 文明の画期と環境変動 環境変動が文明の 興亡にも少なから ぬ影響を与えてき たのも事実 森林が保持できな くなって来た時が 文明の滅びる時と いう見方も本資料は朝倉書店殿の 出典:小泉格・安田喜憲編承諾を得て転載してい 『 講座・文明と環境1 地ます。無断での再複 球環境と文明の周期』1995写・転載・配布等は法 年 朝倉書店律に反します。 74
    • (ご参考) 本資料は洋泉社殿の承諾を得て転 載しています。無断での再複写・ 転載・配布等は法律に反します。 75
    • 東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター副センター長 76 金子祥三特任教授ご提供資料
    • CO225%削減対策 未定 ・25%削減は大変厳しい。 ・原子力9基増設と稼働率81%に大きく依存 ・これがぶれると大きく影響を受ける ・太陽光・次世代自動車に余り多くの期待できない。 ↓ ・達成できない場合、排出権取引で海外 へお金が流出・国内産業の海外移転? →国の富や雇用を失う。 77このコメントは東京大学生産技術研究所エネルギー工学連携研究センター副センター長金子祥三特任教授との意見交換を参考にした早坂の個人的見解であり東京電力の公式見解ではありません。
    • 京都議定書の基準年の違いによる影響 ○ 現行の削減義務量及びその基準年(1990年)は、政治的決着の産物であり、各 国のこれまでの省エネ努力が反映されていない(2004年) 【排出増加率:基準年の違いがもたらす影響】 【不衡平な目標】 60% ○日本は、世界最高水準 50% +47.9 1990年比 の省エネ大国であるが 40% 1995年比 +34.6 省エネの太宗は1990 30% +25.1 +26.6 年以前に達成。 +21.3 ○他方、EUは、発電分野 20% +17.5 +15.8 +16.9 +16.4 +12.1 の燃料転換(石炭→天 +9.1 +7.4 +9.4 10% +1 +2 +0.2 +0.6 然ガス)、省エネ余地 0% -0.9 -0.8 の大きい東ドイツの統 -4.8 -10% -6.9 -6.4 -7.3 合等により、1990年 -20% -14.1 以降に排出量が大幅に -17.5 -30% 減少することが見込ま -32.0 れていた。 -40% (米) (豪) 日 露 加 NZ EU15 英 仏 独 西 伊 EU27 78 (注)2004年時点においてEUは25ヶ国 【出典】UNFCCC及びEEAデータ等を基に経産省まとめ
    • 欧州における先行事例EUETS<欧州域内排出量取引制度(EUETS:EU Emissions Trading Scheme)> 事業者に強制的な排出枠(発電所にも総量枠)を設定し、CO2を売買するこ とでCO2に金銭価値を生み出し、削減対策に拍車をかけることが狙いとされる。 欧州域内排出量取引指令(2003年7月)に基づく、大規模施設を対象とする Cap & Trade制度。 EUの京都議定書目標(▲8%)達成に向けた中心的施策。温暖化問題にリー ダーシップを発揮したいEUの象徴とされる。 現在、新規加盟国を含めたEU27カ国で実施中。 対象施設 20MW以上の燃焼設備(発電所等) 一定規模以上の主要産業(鉄鋼、セメント、石油等)の生産設備 カバー率 EUのCO2排出総量の45%(そのうち発電事業者のシェアは6割) 対象期間 第一フェーズ:2005~2007年 第二フェーズ:2008~2012年(京都議定書の第一約束期間と一致) 不遵守時の罰則 排出枠を超過した排出量1t-CO2あたり ・第一フェーズ:40ユーロ ・第二フェーズ:100ユーロ 罰金を払っても削減義務は繰り越され、逃れられない 79 Copyright© 2008 TEPCO 79
    • キャップ&トレード型排出量取引制度の仕組み企業などに排出枠(キャップ)を設定温室効果ガス排出量が排出枠を下回る場合 → 余剰の排出枠売却温室効果ガス排出量が排出枠を上回る場合 → 不足分の排出枠購入キャップ&トレード型排出量取引の例: EUETS(欧州域内排出量取引制度) 余剰排出枠 キャップ 実 キャップ 排 実 排 出 排 排 排出枠取引費用 出 出 枠 出 量 量 枠 事業所A 事業所Bキャップ&トレード排出量取引では、各事業者への初期排出枠の割当を行うことが必要。割当方法論は3つに大別される。 80
    • (参考)ベースライン&クレジット型排出量取引の仕組み○ベースライン排出量とプロジェクト実施後の排出量の差が排出削減量(クレ ジット量)となる○プロジェクトには追加性が求められる(通常の経済活動として行われるプロ ジェクトは認められず)○測定方法の厳密性と取引の活性化は二律背反の関係 →厳密に排出削減効果を測ろうとすると、認証手続きに多くの時間と労力を要する○ベースライン&クレジット型排出量取引の例 → 京都メカニズムクレジット(CDM等) プロジェクトが無かった場合に合理的 に表されるシナリオに則った排出量 CO2排出量 ベースライン排出量 クレジットとし 排出削減量 て売却可能 当該プロジェクトを実施することによる実排出量 プロジェクト排出量 プロジェクトの実施 期間 81
    • 排出量取引制度に対する産業界等の考え方 政府が「公平な排出枠」を設定できるか疑問。 排出枠(エネルギー利用量割当)の設定は、経済活動の自由を損ない、経済統制色の強い政策である。 「伸びる」を抑え、「落ちる」を助けることにより、活力の失われた硬直的な社会になる恐れがある。 生産段階でのエネルギー制約は、企業の競争力・サービス低下に繋がる。また海外に生産拠点が移転すれば、地球規模での温室効果ガス増加が懸念される。 企業や業種毎に排出枠を設定すると、複数の部門、業界、企業が総体としてCO2を抑制する取組みに水を差してし まう。 82
    • EUETSに関する調査結果<調査概要>【日程】2007年4月23日~28日【構成】環境省、経済産業省及び日本経済団体連合会【目的】EU域内排出量取引制度(EUETS)の実情把握【概要】ベルギー・ブリュッセル及びイギリス・ロンドンを訪れ、欧州委員会、英国政府、産業界、環境N GO、市場 関係者及び研究機関等に対するインタビューを実施<調査結果(関係者の主なコメント)> 導入経緯 ・環境税導入の政治的困難性(加盟国全ての同意が必要)等から導入。総 意義・効果 ・第1期では排出実績並みの緩い割当であったため、実質的な削減効果はなかった。論 ・市場価格の大幅な変動は企業経営上のリスク。 ・排出量のモニタリング・検証と遵守確認は排出量取引制度の根幹。2~3ヶ月で400施 設近くの認証を一定の精度をもって実施するのは容易ではない。排出枠の割当の ・新規参入者や廃止設備の取扱いなど国内の排出枠割当ルールについて、加盟国間の整合公平性 がとれておらず、EU域内の競争条件に歪みが生じている。 ・排出枠の割当にあたって、裁量的な決定がなされたり、欧州委員会や各国政府が政治的 圧力を受けることもある。 ・割当の公平性等を巡り訴訟が多発(企業が各国政府を提訴した事例がEU全体で800 件程度。また、英・独政府が欧州委員会を提訴)。国際競争力への ・フルに価格転嫁できた電力に比べ、アルミ・セメント等、国際取引される製品を生産す影響 る業種は価格転嫁できず、国際競争で不利な立場にある。投資・技術開発 ・排出枠価格の大幅な変動により投資判断ができず、現在の市場では十分な投資や技術開との関係 発に対してインセンティブを付与していない。 ・割当期間が短く、将来の割当方法不明のため、投資に関する長期の経営判断ができない。取引市場 ・対象施設は1万事業所あるが、活発に取引しているのは50社程度(排出削減義務のあ る事業者による実需取引は希で、参加者の大部分は利益目的の金融やブローカー等) 出典;「EU域内排出量取引制度に関する調査結果報告書(2007年6月15日 環境省・経産省・経団連)」より抜粋 83
    • 日本列島の地域人口:縄文早期~2000年 140000 現在 120000 歴史時代の人口 100000 120000 80000 江戸時代 人口3000万人台で停滞 60000 100000 40000 20000 80000 0 725 925 1125 1325 1525 1725 1925 600 60000 古代の人口 500 弥生時代 縄文中期 400 縄文後期 縄文晩期 300 40000 200 縄文前期 100 縄文早期 20000 0 -8800 -7800 -6800 -5800 -4800 -3800 -2800 -1800 0-9000 -8000 -7000 -6000 -5000 -4000 -3000 -2000 -1000 0 1000 2000 西暦 出典:鬼頭宏『人口から読む日本の歴史』講談社学術文庫より作成 84 本資料は講談社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 出典:鬼頭宏『人口から読む日日本列島の地域人口:縄文早期~2000年 本の歴史』講談社学術文庫 85 本資料は講談社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 日本の大飢饉とその原因(14世紀以降)出典:西岡 秀雄『寒暖700年周期説』2008年 PHP出版本資料はPHP出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。 86
    • 地域人口の変動(1721~1846年)出典:鬼頭宏『人口から読む日本の歴史』講談社学術文庫本資料は講談社殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。ヨーロッパでは 魔女狩り18世紀小氷期の影響 87(太陽活動のマウンダー極小期)
    • 耕地面積と人口の変遷(奈良時代~江戸時代年) (マルサスの罠) 出典:養老孟司・竹村公太郎『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー』2008年 PHP出版 88本資料はPHP出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 貧しかった日本(胸まで浸かった田植えの様子) 昭和30年代の富山県出典:養老孟司・竹村公太郎『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー』2008年 PHP出版 89本資料はPHP出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 地産地消・自給自足を問う4月9日のあるシンポジウムで地方自治担当のある国務大臣のご発言「宮崎県は南にあり太陽の光に恵まれている。この宮崎県は毎年エネルギーを県外に頼っているため年間3,000億円も支払っている。今後はこれをなくす、エネルギーを自給自足する施策を進めたい。」(一見するともっともなご意見に思えるが…)• 江戸時代は基本的に国内に閉鎖された社会。その中で維持できる人口は約3,000万人。完 全に再生可能エネルギーに頼ったバイオマス社会。しかし、エネルギー資源の限界から 山は禿げ山になりかけた。一人あたりGDPも100ドル程度と現在の38,467ドル(それ でも世界23位)の380分の1。交易から断絶すれば国内は飢餓に苦しむ。また、江戸時代 は国内市場が整備された時代でもあった。• 国が自給自足、都道府県が自給自足、更には市町村や家庭が自給自足というと縄文時代 と同じ。縄文時代には気候変動で最盛期の260万人が75万人まで4分の1近くまで減少。 人類の生活は分業で成り立っている。(リカードの比較優位論)歴史的に見て政治が安 定せず交易が低下した時代は民衆が苦しんだ時代。• 今日の経済停滞の時代は石油に代表される高いエネルギー収支比(石油で言えば1のエ ネルギーで100のエネルギーが得られた時代)は終わったこと。これは金融・財政政策 では改善できない。社会システムとしてエネルギー収支比をあげる努力をするか生活レ ベルを下げることに満足するように納得するしかない。社会的弱者により厳しい結果に なる。• 主たる事になり得ない太陽光発電などの自然エネルギーで何とかなるという幻影を与え ることは国を誤ることにならないか?リーダーの考え方次第では無謀な戦争へと導いた 愚を同じような過ちを重ねることにならないか? 90 このコメントは早坂の個人的見解であり東京電力の公式見解ではありません。
    • 2008年度の各国の一人あたりGDP(名目)① 91
    • 2008年度の各国の一人あたりGDP(名目)② 92
    • 豊かさにあこがれた日本 (洗濯機・冷蔵庫・テレビが「三種の神器」と言われた) 出典:坂本雄三編著 『省エネ・温暖化対策の処方箋』2006年 日経BP社 93本資料は共同通信社殿・日経BP者殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 貧しい時代は女性に厳しい時代(生殖可能期間の終了が人生の終了) 平均的な人生で女性が長い老後を送れるのは 現代だけかもしれない。 出典:竹村公太郎著 『日本文明の謎を解く―21世紀 を考えるヒント 』2003年 清流出版 本資料は清流出版殿の承諾を得て転載しています。無 断での再複写・転載・配布等は法律に反します。 94 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 再生可能エネルギーでは大きな割合を占める日本最大(揚水式を除く)の水力は奥只見の56万kW日本最大に発電所は柏崎刈羽原子力は821.2万kW(14.7倍)世界には三峡ダム水力(中国)1,820万kW(奥只見の32.5倍)イタイプ(ブラジル・パラグアイ)の1,260万kW(水力)もある。日本の水力開発の適地はほぼもう余地がない。 95
    • 一次エネルギー総供給に占める割合 太陽光 3%× 6%=0.18% 風力 3%× 7%=0.21% バイオマス熱 3%×16%=0.48% これから増やすことは大変だし主 たるものになるとは考えにくい。 96(あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 新エネルギーの導入見通し(最大導入ケース) 3500 3000 2500 太陽光発電石油換算万kL 2000 風力発電 廃棄物発電+バイオマス発電 バイオマス熱利用 1500 その他 1000 500 0 2005年度 2020年度 2030年度 (原油換算万kL) 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 太陽光発電 35 350 1300 出典:総合資源エネルギー調査会 風力発電 44 200 269 需給部会 廃棄物発電+バイオマス発電 252 393 494 平成20年5月 バイオマス熱利用 142 330 423 『長期エネルギー需給見通し』 その他 687 763 716 合計 1160 2036 3202 97 「その他」には、「太陽熱発電」、「廃棄物熱利用」、「未利用エネルギー」、「黒液・廃材など」が含まれる。
    • 一次エネルギー国内供給に新エネルギーが占める割合7.00% 太陽光発電を40倍に増やす最6.00% 大導入ケースでも、一次エネ5.00% ルギー国内供給に占める割合 は2.47%に過ぎない。 太陽光発電4.00% 風力発電 廃棄物発電+バイオマス発電 バイオマス熱利用3.00% その他2.00%1.00%0.00% 2005年度 2020年度 2030年度 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 太陽光発電 0.06% 0.62% 2.47% 出典:総合資源エネルギー調査会 風力発電 0.07% 0.36% 0.51% 需給部会 廃棄物発電+バイオマス発電 0.43% 0.70% 0.94% 平成20年5月 バイオマス熱利用 0.24% 0.59% 0.80% 『長期エネルギー需給見通し』 その他 1.17% 1.36% 1.36% 合計 1.98% 3.63% 6.09% 98 「その他」には、「太陽熱発電」、「廃棄物熱利用」、「未利用エネルギー」、「黒液・廃材など」が含まれる。
    • 一次エネルギー国内供給(最大導入ケース) 700 600 500 新エネルギー等 地熱原油換算百万kL 400 水力 原子力 天然ガス 300 石炭 LPG 石油 200 100 0 2005年度 2020年度 2030年度 最大導入ケース (原油換算百万kL) 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 255 209 183 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 18 18 18 需給部会 石炭 123 110 95 平成20年5月 天然ガス 88 79 73 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 69 99 99 水力 17 19 19 99 地熱 1 1 1 新エネルギー等 16 26 38 一次エネルギー国内供給 587 561 526
    • 一時エネルギー国内供給構成比(最大導入ケース)100%90%80%70% 新エネルギー等60% 地熱 水力 原子力50% 天然ガス 石炭40% LPG 石油30%20%10% 0% 2005年度 2020年度 2030年度 最大導入ケース 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 43% 37% 35% 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 3% 3% 3% 需給部会 石炭 21% 20% 18% 平成20年5月 天然ガス 15% 14% 14% 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 12% 18% 19% 水力 3% 3% 4% 100 地熱 0% 0% 0% 新エネルギー等 3% 5% 7% 一次エネルギー国内供給 100% 100% 100%
    • 一次エネルギー国内供給(現状固定ケース) 800 700 600 新エネルギー等 500 地熱原油換算百万kL 水力 原子力 400 天然ガス 石炭 LPG 300 石油 200 100 0 2005年度 2020年度 2030年度 現状固定ケース (原油換算百万kL) 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 255 248 245 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 18 19 19 需給部会 石炭 123 136 146 平成20年5月 天然ガス 88 107 129 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 69 99 99 水力 17 19 19 101 地熱 1 1 1 新エネルギー等 16 22 26 一次エネルギー国内供給 587 651 684
    • 一次エネルギー国内供給構成比(現状固定ケース) 100% 90% 80% 70% 新エネルギー等 60% 地熱原油換算百万kL 水力 原子力 50% 天然ガス 石炭 40% LPG 石油 30% 20% 10% 0% 2005年度 2020年度 2030年度 現状固定ケース 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 43% 38% 36% 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 3% 3% 3% 需給部会 石炭 21% 21% 21% 平成20年5月 天然ガス 15% 16% 19% 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 12% 15% 14% 水力 3% 3% 3% 102 地熱 0% 0% 0% 新エネルギー等 3% 3% 4% 一次エネルギー国内供給 100% 100% 100%
    • 一次エネルギー国内供給(努力継続ケース) 700 600 500 新エネルギー等 地熱原油換算百万kL 400 水力 原子力 天然ガス 300 石炭 LPG 石油 200 100 0 2005年度 2020年度 2030年度 努力継続ケース (原油換算百万kL) 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 255 232 220 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 18 18 19 需給部会 石炭 123 121 123 平成20年5月 天然ガス 88 87 94 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 69 99 99 水力 17 19 19 103 地熱 1 1 1 新エネルギー等 16 22 26 一次エネルギー国内供給 587 599 601
    • 一次エネルギー国内供給構成比(努力継続ケース) 100% 90% 80% 70% 新エネルギー等 60% 地熱原油換算百万kL 水力 原子力 50% 天然ガス 石炭 40% LPG 石油 30% 20% 10% 0% 2005年度 2020年度 2030年度 努力継続ケース 20 05 年度 20 20 年度 20 30年度 石油 43% 39% 37% 出典:総合資源エネルギー調査会 LPG 3% 3% 3% 需給部会 石炭 21% 20% 20% 平成20年5月 天然ガス 15% 15% 16% 『長期エネルギー需給見通し』 原子力 12% 17% 16% 水力 3% 3% 3% 104 地熱 0% 0% 0% 新エネルギー等 3% 4% 4% 一次エネルギー国内供給 100% 100% 100%
    • 105
    • 106
    • 太陽光・風力発電の出力変動 太陽光発電の出力変動(春季) 風力発電の出力変動(冬季) (kW) (kW) 2.5 1,200 定格出力(1,100kW) 晴れ 2 1,000発 発電 曇り 電 800電 1.5 電力 力 600量 1 量 雨 400 0.5 200 0 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 (時) 0 6 12 18 24 (時) 容量3.2kW、北緯34.4° 、東経132.4° 方位角0(真南)、傾斜角30° 、 の場合 太陽光発電は 風力発電は 時間と天気で 風の強さで 発電量が変わる 発電量が変わる 107 出典:電気事業連合会資料、北海道電力ほりかっぷ発電所
    • 108
    • 都道府県数 0 1 2 3 4 5 6 7 9 .0 % 9 .1 % 9 .2 % 9 .3 % 9 .4 % 9 .5 % 9 .6 % 間)[1995.4~2004.3]」 9 .7 % 9 .8 % 9 .9 % 1 0 .0 % 1 0 .1 % 秋田県:9.1% 1 0 .2 % 1 0 .3 % たりの年間発生電力量と年間売電電力量(10年 出典:財団法人新エネルギー財団「都道府県のkW当 1 0 .4 % 1 0 .5 % 1 0 .6 % 1 0 .7 % 1 0 .8 % 1 0 .9 % 1 1 .0 % 1 1 .1 % 設備利用率 1 1 .2 % 全国平均 11.2% 1 1 .3 % 1 1 .4 % 1 1 .5 % 1 1 .6 % 1 1 .7 % 1 1 .8 % 1 1 .9 % 1 2 .0 % 都道府県別太陽光発電設備利用率分布表 1 2 .1 % 1 2 .2 % 1 2 .3 % 1 2 .4 % 高知県:12.7% 1 2 .5 % 1 2 .6 % 1 2 .7 %109 1 2 .8 % 1 2 .9 % 1 3 .0 %
    • 有馬元東大総長・元文部大臣の太陽光発電の御試算(1/2) 出典:『地球を考える会』(http://enecon.netj.or.jp/index.html) 有馬朗人元文部大臣・元東大総長講演資料 http://enecon.netj.or.jp/forums/100307tokyo/pdf/arima.pdf 110 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 有馬元東大総長・元文部大臣の太陽光発電の御試算(2/2) 出典:『地球を考える会』(http://enecon.netj.or.jp/index.html) 有馬朗人元文部大臣・元東大総長講演資料 http://enecon.netj.or.jp/forums/100307tokyo/pdf/arima.pdf 111 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 配付資料にあります再生可能エネルギーの全量買取制度に関するオプションについての意見募集 (経済産業省)オプションにおけるケースの設定 意見受付期間 資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部 ヒアリングを希望する場合は、平成22 再生可能エネルギー全量買取意見受付担当宛 年5月31日(月)18:00必着 E-MAIL:re-kaitori@meti.go.jp 上記期間以降も随時意見を受け付け、参 考とさせていただきます。 112
    • 有馬元東大総長・元文部大臣の御試算を基に考えてみると 想定年間 日本の電力総 日本の一次エ 【参考】 【参考】 発電量 発電量(1.19 ネルギー省消 CO2削減 年間 兆kWh)に占 費(6.1兆kWh) コスト(円/t) (億kWh) 買取費用 める割合 に占める割合 (億円) ケース1 513以上 4.3%以上 0.84%以上 52,297以下 16,083以上 397~ 3.3%~ 0.65%~ 25,743~ 6,131~ ケース2 28,854 8,873 513 4.3% 0.84% 397~ 3.3%~ 0.65%~ 19,407~ 4,622~ ケース3 21,798 6,292 481 4.0% 0.79% ケース4 397 3.3% 0.65% 20,596 4,906 113
    • 114
    • 日本列島周辺の風の状況風力発電は平均風速が6m/s以上ないと事業化は難しいといわれる。陸上で風況の良い地点は北海道・東北や九州の一部に集中。更に山頂等が風況が良いが設置には道路建設から行わなければいけない。また、日本は台風など瞬間的に大きな風が吹く。平均して一定の方向の風が吹く国に比べ設備的に難しいなど諸外国に比べ一般的に条件は良いとは言えない。 115 出典: http://app2.infoc.nedo.go.jp/nedo/webgis
    • 世界の風の状況 アルゼンチンのパタゴニア地方などは風力発電に適しているとも言われる。The map shows the mean wind speed in ms‐1 @ 10 m a.g.l. for the period 1976‐95, according to the NCEP/NCAR reanalysis data set 116出典:http://www.windatlas.dk/World/Index.htm
    • 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。 洋上風力も水深200m程 度まで。 日本近海は急峻なため大陸 棚のある場所とは違う出典:安田・松岡編『日本文化と民族移動ー文明と環境Ⅱー』1994年 思文閣出版 117 本資料は思文閣出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 約2万年前の 日本列島出典:太田陽子他『日本列島の地形学』2010年 東京大学出版会 118 本資料は東京大学出版会殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 電気新聞掲載記事 竹村公太郎 『エネルギーと日本文明』 江戸時代に一度オイル・ピークを迎 えた日本 バイオマスに基づく循環型社会では日 本国内で3000万人程度の人口を維持す ることが限界 丸山重徳『「地球温暖化」論に騙されるな!』養老・竹 内『本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー』など 文明の歴史は森林破壊の歴史であった 石・安田・湯浅『環境と文明の世界史』 石井『石油ピークが来た 崩壊を回避する』 石井『石油最終争奪戦』 養老・竹内『本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー』 竹村『幸運な文明 日本は生き残る』 竹村『日本文明の謎を解く 21世紀を考えるヒント』 日本国内の森林資源は現在が有史以来最大 石・安田・湯浅『環境と文明の世界史』 養老・竹内『本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー』 119本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 禿げ山になった江戸時代の日本 竹村『エネルギーと日本文明』 歌川広重(安藤広重) 歌川広重(安藤広重) 東海道五十三次 府中 東海道五十三次 江尻 歌川広重(安藤広重) 歌川広重(安藤広重) 東海道五十三次 舞阪 東海道五十三次 丸子 120 提供:マナベ測量登記事務所 浮世絵サロン http://www.aurora.dti.ne.jp/~k-manabe/uki.htm
    • 現代(1965年頃)と明治大正(1900年頃)の国土利用 明治期より緑の増えた日本 出典:養老孟司・竹村公太郎『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー』2008年 PHP出版 121本資料は朝倉書店殿とPHP出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 禿げ山になった日本 出典:養老孟司・竹村公太郎『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー』2008年 PHP出版 122本資料はPHP出版殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • ・日本国内の森林資源は現在が有史以来(縄文時代をのぞく)最大とも言われる。・森林からのバイオマスでまかなえるのは長期的には成長の範囲内。(ストックの1%程度?)・外国が水資源の確保の問題も考え日本の森林を購入する動きもある。 森林資源を大切に使っていく必要 (過度な期待は禁物) 森林が無くなるときは文明が滅びるとき 123 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 124
    • 水素について水素は電気と同じ二次エネルギー これでは化石燃料が必 要なことは変わらない 二次エネルギー:他のエネルギーから作られるエネルギー 炭化水素(他の化石燃料)から作る 水蒸気改質法 部分酸化法など 石炭を使って作る ガス化水素 電気を何からつくるかで結局同じ。再生可能 エネルギーからの電気に期待するのは疑問。 電気分解 水から作る 熱分解 光分解 量的にはあまり期待できない 放射線分解 バイオマス・廃棄物利用 微生物分解など (炭化水素から作る方法の一つ) 125 (あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 水素の製造方法独立行政法人工業所有権 情報・研修館 流通部 『特許流通促進事業』平成17年度 特許流通支援チャート 一般20 水素製造技術http://www.ryutu.inpit.go.jp/chart/H17/ippan20/frame.htm 126
    • 水素をインフラ面から考える(自動車を例に全体の観点から) 出典:『地球を考える会』原子力の日記念講演会「みんなで考えよう!! エネルギーと地球環境問題」 http://enecon.netj.or.jp/forums/091026fukuoka/index.html (財)電力中央研究所 原子力技術研究所 特別上席研究員 天野治氏 「石油ピーク後のエネルギー」講演資料 127 http://enecon.netj.or.jp/forums/091026fukuoka/091026_amano.pdf
    • 高温ガス炉(原子炉)による水からの水素製造 128
    • 家庭におけるエネルギー消費 欧米各国は暖房部分に ヒートポンプ導入による 大幅なエネルギー効率改 善余地がある 日本が世界に向かっ て発信する必要性 129本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 家庭におけるエネルギー消費 暖房や給湯に比べ冷房は実 は少ない ⇒ヒートポンプだから!第28回国有財産の有効活用に関する検討・フォローアップ有識者会議 資料http://www.mof.go.jp/singikai/zaisanfollow_up/siryou/20080415/02a.pdf 130 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 都道府県別家庭の一人当たりエネルギー消費 出典:独立行政法人 経済産業研究所 都道府県別エネルギー消費統計50 東京45 大阪 京都403530 自動車25 家庭 都会より地方の方が20 エネルギー価格高騰の15 インパクトが大きい?10 5 0 北 秋 福 石 富 青 岩 新 福 山 宮 山 徳 高 島 岡 愛 鳥 広 香 三 大 愛 和 兵 長 千 大 佐 宮 静 福 長 岐 奈 東 群 京 鹿 神 熊 山 滋 栃 茨 埼 沖 海 田 井 川 山 森 手 潟 島 形 城 口 島 知 根 山 媛 取 島 川 重 阪 知 歌 庫 野 葉 分 賀 崎 岡 岡 崎 阜 良 京 馬 都 児 奈 本 梨 賀 木 城 玉 縄 道 山 島 川個人の生活では必ずしも地方に比べ都会のエネルギー消費が多いわけではない 自動車次第 131 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 都道府県別自家用車の一人当たりエネルギー消費 出典:独立行政法人 経済産業研究所 都道府県別エネルギー消費統計 都道府県間で3倍近い差 大阪 京都 東京 132 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 運輸部門のエネルギー源別消費量の割合電車のエネルギー消費の占める割合は低い 出典:平成20年度 エネルギー白書 133
    • Post Hydro-Carbon Society 構築へ向けた2つの柱 • ヒートポンプの活用 • 電気自動車の活用 134 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • ヒートポンプの仕組みCOP(成績係数)って?COPとは、成績係数と呼ばれるもので、エアコンが作り出す熱・冷熱量の、消費する電力量に対する割合を示しています。 135COP=6.0のエアコンとは、消費する電力量の6倍の温熱・冷熱量を作り出すものを意味します。従って、COPの値が高い程、省エネのエアコンといえます。
    • 省エネ手法の順位付けの整理手法(例)について 省 エ ネ 率 初期コスト増加率 (出典:日建設計資料) 136
    • LCC(ライフサイクルコスト)の概念• LCC(ライフサイクルコスト)とは – 事業期間全体を通じて必要となるコスト(生涯コスト) →事業の企画・設計に始まり、運用を経て事業が終了するまでを 事業の生涯と定義して、その全期間に要する費用 – 施設整備費であるイニシャルコストと、光熱水費、運営・維持管 理費などのランニングコストにより構成 →ライフサイクルコストの大部分は「ランニングコスト」 LCC方式採用によるメリット ラ イニシャルコスト※1 ン 維持管理・ ※2 ニ ランニングコスト ン 運営費 維持管理・ グ 運営費 27% (光熱水費 含む) (光熱水費 L 含む) C C イ ニ シ 施設整備費 73% ャ 施設整備費 ル 都立駒込病院の参考価格(東京都提示) ※1:全面改修工事費を示す イニシャル重視 LCC重視 ※2:医療機器、医薬品等調達費を除く15年間の費用 137
    • 電気の効率を考える上で陥りやすい罠(1) I7 燃料の採掘輸送への投入エネルギー 一次エネル 発電設備等への投入エネルギー I6 ギー投入 I5 I3 発電された電 力(送電端) I4 送・配電線の建設・保守・補 修への投入エネルギー エアコン エアコン製造のための I2 の消費電 I1 投入エネルギー 力 W0 エアコンの空調熱量 138 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 電気の効率を考える上で陥りやすい罠(2) I7 燃料の採掘輸送への投入エネ ルギー 各電源のエネルギー収支比 一次エネル I3/(I5+I7) ギー投入 電気の非効率を主張する人々 I6 I5 I2/I6 発電された電 力(送電端) 送・配電線の建設・保守・補 エアコンのCOP 修への投入エネルギー W0/I2 I3 I4 エアコンの一般的なLCA分析 W0/(I1 +I2)エアコンの消費電力 エアコン製造のための投入 エネルギー 地域冷暖房の総合エネルギー効率 I2 I1 W0/(I1’ +I6) : エアコン・地域冷暖房のEPR W0/(I1 +I4 +I5 +I7) W0 エアコンの空調熱量 ※I1’はI1の一部の意味 139 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 電気の効率を考える上で陥りやすい罠(3) I7 燃料の採掘輸送への投入エネ ルギー よく見かける間違い例で言うと 一次エネル ギー投入 発電設備等への投入エネルギー I6 I5 発電された電 力(送電端) 送・配電線の建設・保守・補 修への投入エネルギー I3 I4 採掘によるエネルエアコンの消費電力 エアコン製造のための投入 エネルギー × W0/I6 ギー効率の低下が考 慮されていない。 I2 I1 石油のEPR100でも 10でも同じ。 W0 仕事の量 ○ W0/(I1+I4 +I5 +I7) 140 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • ヒートポンプによる削減イメージ 141本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 平成20年5月15日 参考資料 ヒートポンプによるCO2削減ポテンシャル(詳細)[万トンCO2 ] 国内CO2排出140,000 12.9億トン 日本全体で1.3億トン その他 (民生1億トン+産業3千万トン) <9%>120,000 3.5kWの太陽光発電を国内全世帯に設置した削減量の2倍に相当 運輸部門 2.6億トン [万トンCO2 ] <20%>100,000 20,000 産 乾燥 1,400 自家発電力 18,000 業 加温 1,200 部 購入電力 門 工場空調 80,000 16,000 1,700 産業部門 産 5.2億トン 業 14,000 給湯 <40%> 部 直接加熱用 業 2,300 門 務 ▼ 60,000 12,000 1.3億トンCO2 乾燥 部 (民生+産業) 門 空調 ▼ 加温 ボイラ 1億トンCO2 その他用 10,000 (民生部門) 工場空調 4,300 40,000 8,000 業 業務部門 動力他 給湯 務 330 2.2億トン 部 6,000 家 290 <18%> 給湯 3,600 390 門 庭 770 空調 部 20,000 4,000 家庭部門 家 動力他 門 1,400 庭 暖房 1.6億トン 1,230 <13%> 部 給湯 2,000 門 暖房 4,400 1,350 0 0 国内CO2排出量 部門別CO2排出量 現状 全てヒートポンプ 142 出典:「温室効果ガスインベントリ」(環境省、2004データ)、『エネルギー・経済統計要覧2004・006』(日本エネルギー経済研究所、2002データ・2004データ)、『石油等消費構造統計2001』(経済産業省)より作成参考:5月15日国有財産の有効活用に関する検討・フォローアップ有識者会議東京電力説明資料
    • 電源種別別発電電力量構成比 (10電力・卸電気事業者・卸供給事業者その他)火力発電の比率:65%(平成19年度)→48%(平成29年度)[▲26%] 火力平均でみると将来を見誤る 143 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • エネルギー効率が非常に高い電気自動車Well to Wheelでのエネルギー効率 自動車関係のEPR バイオ燃料や水素燃料自 動車はEPRが1を下回って いるものも多く、必ずし も効率的なエネルギー手 段とはいえない。 出典:財団法人日本自動車研究所 出典:電力中央研究所 天野治『「自動車燃料をどうするか」 「JHFC総合効率検討結果報告書」 -輸送関係のエネルギー収支分析-』 月刊「エネルギー」2008年2月号 144 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 電気自動車 CO27割削減 燃費9割削減 145
    • 電気自動車の普及への障害についてその1 走行距離が限られている 乗用車の1日の走行距離の80%以上は100km未満 普段の生活は電気自動車・長距離は鉄道を使おう!その2 充電インフラが限られている 自宅で充電することが基本=自宅がスタンド 急に充電しなければいけないのは例外屋外コンセントを自宅の駐車場に!その3 イニシャルコストが高い 我が家の場合(100V) 下から見ると 補助金・リース制度・カーシェアリングなど 146 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 暖房こそエアコンを! ガスストーブの34% 石油ストーブの26.5% 石油ストーブの36.7% ガスストーブの35% 147 147
    • 昔にもどればいい?(確かに懐かしい思い出) 練馬区 石神井公園ふるさと文化館展示より http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/furusato/index.html 148
    • 住宅のエネルギー消費を考える上での留意点夫婦2人子供2人の標準的なライフスタイルを考えてみるとライフスタイルを見直す前 ライフスタイルを見直す?・間取り LDK 16畳 六畳一間に一家四人が家族団欒 寝室 10畳 ・夏は扇風機のみ 子供部屋A 8畳 ・冬はコタツに4人(500W・1日6時 子供部屋B 8畳 間)で、石油ストーブ・新築 ・寝室は別にあるがすぐ布団に入っ (24時間換気設置は義務) て暖房は使わない。(湯たんぽ程度) ・風呂(ガス)は保温・追い炊きなど せず家族が続けて入る。 ・シャワーは使わない。 扇風機:40W・1日8時間使用 コタツ:500W・一日6時間使用を仮定 149 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 住宅のエネルギー消費を考えるライフスタイルを見直す前 ライフスタイルを見直す? ・間取り 六畳一間に一家四人が家族団欒 LDK 16畳 ・夏は扇風機のみ 寝室 10畳 ・冬はコタツに4人で、石油ストーブ 子供部屋A 8畳 ・寝室は別にあるがすぐ布団に入って暖房は使わない。 子供部屋B 8畳 (湯たんぽ程度) ・新築 ・風呂は保温・追い炊きなどせず家族が続けて入る。 (24時間換気設置は義務) ・シャワーは使わない。RC造の集合住宅でも 注:扇風機・コタツはコンセント負荷計上 【冷房負荷】 3.4GJ/年 【冷房負荷】 0GJ/年 【暖房負荷】 10.2GJ/年 【暖房負荷】 2.8GJ/年 【給湯負荷】 22.5GJ/年 【給湯負荷】 15.6GJ/年 【調理負荷】 2.0GJ/年 【調理負荷】 2.0GJ/年 【乾燥・ミスト負荷】 1.3GJ/年 【乾燥・ミスト負荷】 0GJ/年 【電灯・コンセント負荷】 11.2GJ/年 【電灯・コンセント負荷】 5.5GJ/年 【24H換気負荷】 0.3GJ/年 【24H換気負荷】 0GJ/年 合計 50.9GJ/年 合計 26.2GJ/年(51.5%)オール電化住宅でも 一次エネルギー投入は47,375MJ/年 一次エネルギー投入は40,341MJ/年(85.2%) 150 (電気はTEPCO実績値) 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 住宅のエネルギー消費を考える上での問題提起昭和30年代の生活に戻す? ↓現在でもこのような生活をしている人はいるし、昭和30年代でもライフスタイルを見直す前の生活を送っていた人は多くいたのでは? ↓*結局は所得水準の問題?*エネルギーの相対価格が上がれば(Sein:「存在」として)低エネルギーの生活にならざるを得ない。*ライフスタイルの見直しの方向が「一億総火の玉、欲しがりません、勝つまでは」という精神論に陥る危険性があるのでは?*これは本当にあるべき姿(Sollen:当為)か?高気密高断熱住宅でヒートポンプを使ったオール電化住宅ならエネルギー消費はあまり変わらない。化石燃料への依存度は下がる。 151 (あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 結論 需要サイド 供給サイド γ=αεの力ヒートポンプの力 電気(特に原子力)の力 =電気自動車は内燃機関(レシプロエンジン)に対するモーターの力(効率性) E=mc2 特殊相対性理論の世界 VS ニュートン力学的世界・化学反応の世界 152 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • まとめ • 現在の人類は化石燃料消費の上に異常繁殖した状態。 • 資源には限りがある。 • その資源を日本は海外に依存している。 • 高齢化で国際競争力が危惧され財政状況も悪化する日本はこの ままエネルギーを買い続けられるか解らない。 • 現在の不況の根底にはエネルギー効率(エネルギー収支比)の 低下がある。 • そのような状況では金融・財政政策では限界がある。 • 社会システム全体としてエネルギー効率を考えた議論でないと 現在の人口は維持できない。 • 再生可能エネルギーにもエネルギー効率(エネルギー収支比) の視点が必要不可欠 • 生活レベルの低下は悲惨な結果を招きかねない。 • 精神論では克服できない。雰囲気(空気)の議論は人類・日本・家族の将来を危うくする 本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。 153
    • 高速増殖炉について 154
    • ウランの核分裂とプルトニウムの生成・核分裂●軽水炉の核分裂とプルトニウムの生成 熱エネルギー 減速された中性子 中性子 熱エネルギー 減速された中性子 ウラン235 ウラン235 中性子 プルトニウム239 ウラン238●高速増殖炉の核分裂とプルトニウムの生成(増殖) 熱エネルギー ウラン238 プルトニウム239 中性子 中性子 ウラン238プルトニウム239 中性子 中性子 プルトニウム239 熱エネルギー 155
    • 156
    • 高速増殖炉(FBR)のしくみ燃料にはプルトニウムとウランを混ぜたもの(MOX燃料)を使う 原子炉で発生した熱はナトリウムから 原子炉 水に伝えられ、水は蒸気となる 格納容器 制御棒 蒸気 中間熱交換器 2次系ナトリウム タービン 発電機 過 熱 器 空気 冷却器 復水器 燃料 蒸 1次主循環 2次主循環 発 放水路へ ポンプ ポンプ 水 器 冷却水 原子炉容器 (海水) 給水 循環水 タンク ポンプ ポンプ 1次系ナトリウム 2次系ナトリウム 蒸気でタービンを回し発電する冷却材には熱のよく伝わる液体金属(ナトリウム)を使う 157 出典:文部科学省「高速増殖炉もんじゅ研究開発の意義と必要性」
    • 原子燃料サイクル 海外に依存 しない! 158経済産業省資源エネルギー庁資料 158
    • 原子力発電所の安全性について原子力発電所・ジェット旅客機・自動車でどれが一番危ないとお聞きすると (一般の方の答え) 原子力発電所>ジェット旅客機>自動車 (実際には) 自動車>ジェット旅客機>原子力発電所 交通事故による死者(早坂推計) ジェット旅客機 原子力発電所 (昭和30年~平成20年の累計) 第四世代旅客機で今世 1966年の東海発電所 24時間以内 約557,000人 紀に入って先進国の死亡 運転開始以来原子炉の事 3日以内 約644,000人 事故はブラジル沖のエー 故での死亡者は国内ゼロ 1年以内 1,000,000人超 ルフランス機墜落のみ JCO事故(1999年9月30日) ・死者2名、燃料加工工場での事故 チェルノブイリ事故(1986年4月26日) ・事故そのものの死者は31名(爆発による スリーマイルアイランド事故(1979年3月28日) 死者など3名を含む) ・放射性物質による住民や環境への影響 美浜3号機事故(2004年8月9日) ・小児甲状腺ガンの増加があるが99%は存 はほとんど無かった。 ・死者4名、二次冷却系の復水配管 命と言われる から蒸気漏れ<参 考> • ユニオンカーバイド社事故:インド・ボパールの化学工場から有毒ガスが流れ 出た事故。その夜のうちに2000人以上が死亡し、15–30万人が被害を受けた。 数ヶ月以内に新たに1500人以上が死亡し、最終的に、様々な要因で1万5000人 ~2万5000人が死亡したとされる。 (1984年12月3日) • ブラジル沖エールフランス航空エアバスA330-200型機事故、乗客・乗員228名 の生存は絶望的(2009年6月1日) • JR西日本福知山線事故 死者107名(2005年4月25日) (あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 出典:http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6820.html
    • スマートグリッドについて サブプライム・ローンの証券化のようなもの質の悪いものをIT技術と統計学の知識で質が良くなるかのような話し 161(あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • コンピュータ・ネットワークと電力系統の類似性 コンピュータの潮流の変化 電力系統も送電ロスと発電効 率でネットワークが決まる メイン・フレーム(集中処理) 電気業の黎明期(明治時 代)はマイクログリッド クライアント・サーバ(分散処理) 小規模発電 ↓ 送電技術(電圧)の向上に 伴いネットワーク拡大 クラウド・コンピューティング(集中処理) 端末の処理速度の単価 > 回線の伝送速度の単価 分散処理 端末の処理速度の単価 < 回線の伝送速度の単価 集中処理 162(あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 日・米・欧の電力系統の比較 163
    • 164http://aspo-usa.com/2009presentations/Scott_Pugh_Oct_11_2009.pdf
    • 165http://aspo-usa.com/2009presentations/Scott_Pugh_Oct_11_2009.pdf
    • 数が多くなると統計的な性格が見えてくる 電力系統も同じ 光の波としての性格 スリット実験(量子)の結果 スリット実験(量子)の結果スリット実験(量子=粒としての性格) (あくまでも早 坂の個人的見解 で東京電力の公 式見解ではあり ません) 出典:竹内宏『図解入門「よくわかる最新量子論 基本と仕組み」』2006年秀和システム 166 本資料は秀和システム殿の承諾を得て転載しています。無断での再複写・転載・配布等は法律に反します。
    • 社会インフラの質を考える 離れたところの大規模集中型発電所から電気を送るのは無駄が多い? マイクログリッドが地球を救う。・・・本当にそうか? 欧米の議論を日本に安直に適用しているのでは? 日本は既にコンパクトシティ!送電ロスについて① 送電線の距離に比例する ② 電圧に反比例する (やや厳密性に欠ける議論です) W:電力量(VA=W) 電力ロス∝I I:電流(A) E:電圧(V) W=EI I=W/E 167 (あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • 電気の届くまで 同じ電流(I)が同じ電線を流 れた場合の電力ロスの比 (やや厳密性に欠ける議論です) 275,000V~500,000V 0.036% ~ 0.02% 154,000V 0.065% 66,000V 0.15% 6,600V 1.5% 100V/200V 100% 100Vを基準とした場合 168本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • 送電網を考える上での日米比較 169本資料は東京電力の公式見解ではなく早坂の個人的見解です。また、目的外利用や複写による配布はご遠慮下さい。
    • ロス・アンゼルス市と関東平野の大きさ 新潟や福島から電気を送るのは アメリカで比較するとロス・ア ンゼルス郊外の発電所から 電気を送るようなもの ©2009 Google 地図データ © 2009ZENRIN 需要密度の高さ(コンパクトシティ) は低エネルギー社会のメリット! 日本は既にコンパクト・シティ 化が(かなり)進んでいる 日本型スマートグリッドは整備済み? © 2009 Google 地図データ © 2009 Tele Atlas 170 (あくまでも早坂の個人的見解で東京電力の公式見解ではありません)
    • ご静聴ありがとうございました。