Awsを使った構築事例
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,096
On Slideshare
1,096
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Copyright© 2013 ,All Rights ReservedCopyright© 2013 , All Rights Reserved Amazon Web Service を使った サーバー構築事例 株式会社雲屋ネットワー ク
  • 2. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 自己紹介 • 株式会社雲屋ネットワーク • 企業のインターネットサーバーの構築~運用を やっています。時には開発も・・・・。 • 好きなサービス・・・Amazon Web Service ※物理サーバー&ネットワークの構築運用もして いますが、コスト&手間を考えるとAWSの方が断 然メリットが高い!ということでAWSの構築運用 ばかりやってます。 2
  • 3. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved ※業務拡大に伴う既存CMS&サーバーの仕様見直しが検討のキッカ ケ。 金融商品を開示する為のホームページであり、その時の商品価格を 一日の中で決まった時間に更新しなければならないという理由で、 クライアントからは絶対にサーバーを落としたくない。バックアッ プは東京以外、もしくは海外にもとりたい。バックアップサーバー は違う運営会社にしたいなど、かなりの冗長構成の希望を実際は頂 いておりました。よってそれを意識した構成例になっています。 ・証券会社、銀行の窓口等における個人投資家向け各種金 融商 品の提供 ・機関投資家向けの投信の提供 ・機関投資家と年金基金からの個別ベースの運用委託 クライアント情報
  • 4. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 提案パターン 4 ①AWSご提案構成(DRなし) ②AWSご提案構成(シンガポールDR使用) ③AWS+さくらインターネットをDR として 使用したご提案構成 ※結果として③をご採用いただきまし た。
  • 5. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 5 各構成の比較 障害時の復旧 対応可能なリージョ ン障害 価格 パトリオット法 AWS (DRなし) 自動 1リージョン ◎ 適用 AWS (シンガポールDR あり) 自動 2リージョン ○ 適用 AWS+さくら インターネッ トDR 自動 2リージョン ▲ 一部適用
  • 6. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 選定要因 6 • AmazonWebServiceの良いところってアクセス 数の多いサイトでロードバランシングやオート スケーリングがAWSだけで安価に完結できるこ とですが、Amazon一社に依存したくないとい うお客様事情により今回はさくらVPSと組み合 わせての提案となりました。 というのが提案③の選定要因です。
  • 7. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved ①AWSご提案構成(DRなし)
  • 8. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved ネットワーク構成図(通常運用時) WEB Instance (Active) WEB Instance (Standby) Elastic Load Balancer MySQL Active (Multi-AZ) MySQL Standby (Multi-AZ) 自動切替 Heartbeatで冗長化(監視) 通常はこちらのア クセス経路 通常は切り離した状態 (Standby)で運用 Availability Zone A Availability Zone B サーバを2つのデータセンタ(Availability Zone A/B)に振り分けて運用を行います。 Amazon Simple Storage Service (S3) バックアップ WindowsInstance 管理サーバ Standbyのコンテンツ は定期的にrsyncで Active機より定期的に 同期 お客様 お客様ネット ワークより管理 管理 管理
  • 9. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 9 ネットワーク構成図(本番機でのWEBサーバ障害発生時) Instance (Active) WEB Instance (Standby) Elastic Load Balancer MySQL Standby (Multi-AZ) Active機で障害が発生した際は、ロードバ ランサがStndby機にアクセスを振り分け ます Availability Zone A Availability Zone B WEBサーバのActive機がダウンした際は、ロードバランサ及びheartbeatが感知し自動で Standby機に処理が移行します。 データベースは引き続きActive機を使 用可能です MySQL Active (Multi-AZ)
  • 10. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 10 ネットワーク構成図(本番機でのDBサーバ障害発生時) Instance (Active) Instance (Standby) Elastic Load Balancer DBサーバに障害が発生した時点で自動で Standbyに切り替わります Availability Zone A Availability Zone B DB障害が発生した場合は、Active-Standby構成をとっており自動でStandby機に 処理が移行します MySQL Standby (Multi-AZ) MySQL Active (Multi-AZ)
  • 11. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 11 ②AWSご提案構成(シンガポールDR使用)
  • 12. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 12 ネットワーク構成図(通常運用時) Instance (Active) Instance (Standby) Elastic Load Balancer Instance DR領域 Singpore Region MySQL DB Instance MySQL DB Instance RDS DB Instance Standby (Multi-AZ) 自動切替 Heartbeatで冗長化 (監視) 通常はこちらの アクセス経路 通常は切り離した状態で運用。 Zone Aで障害発生の際はZone B に自動で切り替わります Availability Zone A Availability Zone B rsyncで定期的に同期 mysqldumpにて定期 的に同期 サーバを3つの東京リージョンのデータセンタ(Availability Zone A/B)と シンガポールリージョンに振り分けて運用を行います。 Tokyo Regionに障害が発生した 場合はSingapore Regionで運用 を継続します WindowsInstance 管理サーバ お客様 お客様ネット ワークより管理 管理 管理 管理 Standbyのコンテンツ は定期的にrsyncで Active機より定期的に 同期
  • 13. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 13 ③AWS+さくらインターネットをDR として 使用したご提案構成
  • 14. Copyright© 2013 ,All Rights Reserved 14 ネットワーク構成図(Amazonとさくらインターネットの組み合 わせ) Instance (Active) Instance (Standby) Elastic Load Balancer Web Server DR領域 MySQL DB Instance RDS DB Instance Standby (Multi-AZ) 自動切替 Heartbeatで冗長化 (監視) 通常はこちら のアクセス経 路 Standbyのコンテンツ は定期的にrsyncで Active機より定期的に 同期 通常は切り離した状態で運用。 Zone Aで障害発生の際はZone B に自動で切り替わります Availability Zone A Availability Zone B rsyncで定期的に同期 mysqldumpにて定期 的に同期 サーバを3つのデータセンタ(Availability Zone A/BならびにさくらインターネットDC)に 振り分けて運用を行います。 AWSのTokyo Regionに障害が発 生した場合はさくらインター ネットで運用を継続します さくらインターネット Ishikari Region WindowsInstance 管理サーバ お客様 ※さくらインターネットはCentOSのみの 提供のためAgentをサポートしていません管理管理