Your SlideShare is downloading. ×
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~

1,981

Published on

富士通フォーラム2012(2012/5/18)のセッション資料です。 …

富士通フォーラム2012(2012/5/18)のセッション資料です。

世界に誇る最先端技術を結集したプラットフォームとSolaris仮想化技術で実現する、基幹システムに最適なプライベートクラウド基盤について、事例を交えてご紹介します。

【セッションタイトル】
SPARC/Solarisで実現するプライベートクラウド ~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,981
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. SPARC/S l i で実現するSPARC/Solarisで実現するプライベ トクラウドプライベートクラウド~メイドインジャパンの技術が基幹インフラを変える~2012年5月18日富士通株式会社プラットフォーム技術本部プロダクトソリュ ション技術統括部プロダクトソリューション技術統括部統括部長代理 中陦 修 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 2. サーバ市場で盤石なポジションを確立スーパーコンピュータ「京」 (※1) TOP500リスト(※2) でス パ ンピ タ「京 国内サーバ市場 国内サ バ市場 連続世界1位を獲得 (2011年6月、11月) 5年連続シェアNo.1 理化学研究所と富士通の共同開発 [%] 出荷金額シェア推移(2007年~2011年) 2位のスーパーコンピュータより、4倍以上高速 2位のス パ コンピ タより 4倍以上高速 富士通 A社 B社 C社 D社 E社 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年(※1) 「京(けい)」: 2010年7月に理化学研究所が発表した「次世代スーパーコンピュータ」の愛称(※2) 毎年6月と11月に発表される、世界のスーパーコンピュータ性能ランキング 出典:IDC Japan’s Japan Server Quarterly Model Analysis CY11Q4 第16回顧客満足度調査 国内UNIXサ バ市場 国内UNIXサーバ市場 UNIXサーバー部門 第1位 ベンダシェアNo.1(2011年) 出典:IDC Japan‘s Japan 出典:日経コンピュ タ 出典:日経コンピュータ Server Quarterly Model 2011 年8 月18 日号 Analysis CY2011Q4 第16 回顧客満足度調査 (CPU:RISC+IA64,OS:U UNIXサーバー部門 NIX 出荷台数) 1 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 3. ハードウェアの進化1990年代 2000年代 2010年代 1999年 2002年 2007年 2008年 2010年 SPARC64 GP SPARC64 V SPARC64 VI SPARC64 VII SPARC64 VII+ • ECC回路付 • キャッシュ縮退 • Dual Core • Quad Core • 3GHz 2次キャッシュ • ハードウェア • VMT • SMT • 2次キャッシュ 命令リトライ 容量2倍1999年 2002年 2007年 2010年PRIMEPOWER 2000 PRIMEPOWER 2500 SPARC Enterprise SPARC Enterprise • 大規模SMP (最大128CPU) • クロスバー性能の • 最大256仮想CPU • 最大512仮想CPU • 仮想化機能のサポ ト 仮想化機能のサポート 強化 • 信頼性機能の強化 • システムボード単位の • 仮想化機能の強化 • コア縮退 リソース割当て • CPU単位の • メモリミラー • Dynamic Reconfiguration リソース割当て 1024ノード HPCモデルGP7000Fモデル600の 6倍 24倍 69倍 150倍性能を1とすると 2 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 4. Oracle Solarisの進化 The First Cloud OS バイナリ互換を確保 Oracle Solaris 11 仮想化環境を提供するOS Solaris 10 仮想化技術の強化  OSとファイルテムの仮想化 ネットワークの仮想化  セキュリティ強化 運用管理の改善  信頼性向上(SMF, FMA, DTrace) OSアップデート時間の短縮 リソース制御に対応 セキュリティ強化 Solaris 9  ユーザごとのリソース制御 ザごとのリソ ス制御 投資保護 投資保護  ボリューム管理機能 Solaris 10コンテナ  運用管理の改善 ( (Solaris Live Upgrade, Flash Archive) pg , ) エンタープライズサーバに対応 Solaris 8  ネットワーク機能の強化  セキュリティ強化 3 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 5. 目次 企業内ICTの課題と取り組み SPARC E t i で実現する Enterpriseで実現する プライベートクラウド環境 導入事例 進化を続けるSPARC Enterprise まとめ 参考情報 4 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 6. 企業内ICTの課題と取り組み 5 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 7. 情報システム部門を取り巻く状況 情報システム部門が担う役割が増えている 市場環境の変化  経営層 • エネルギー問題、節電 • 競争優位の創出 • 円高 • グローバルビジネス • 災害対策 • セキュリティ問題 情報システム など 部門 IT技術の多様化 技術 多様  事業部門(ユ ザ部門) 事業部門(ユーザ部門) • クラウド、ビッグデータ • 事業スピード向上 • SNS、モバイル • 顧客ニーズへの対応 端末の進化など 6 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 8. 課題を解決するICTインフラの要件 IT投資効果最適化、経営に対する貢献 資効 適 経営 献 高プライス  コストの見える化とマネージメントの強化 パフォーマンス  コスト(初期/運用)低減と戦略投資へのシフト スト(初期/運用)低減と戦略投資 のシフト  価格性能比の向上 業務効率化/業務変化への迅速な対応 柔軟なシステム  要請/変化に応じて迅速にシステムを構築/変更 構築/運用  開発/検証環境 柔軟な運用により 迅速に 開発/検証環境の柔軟な運用により、迅速に システムを立ち上げ 業務継続性 安定稼動 業務継続性、安定稼動 業務継続性の  トラブル時/災害時も業務の継続運用が可能 追求  アプリケ ション資産を長期に利用 アプリケーション資産を長期に利用 お客様資産の 様資産  コンプライアンスの徹底、セキュリティ確保 長期利用 仮想化、プライベートクラウドによるインフラ統合が有効 7 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 9. プライベートクラウドに対する期待 トータルコストの削減 71.4 47 ハードウェアコストの削減 27.5 7.1 42.9 42 9 高プライス 運用管理コストの削減 8.7 41.5 パフォーマンス ソフトウェアコストの削減 3.1 リソースの効率的な活用 27.4 6.9 69 セキュリティの強化 27 6 運用管理の負荷軽減 4.2 26.6 業務継続性 システムの可用性向上 4.3 25.9 の追求 消費電力の負荷軽減 20.6 1 ITの標準化 20.6 20 6 2.1 処理性能の向上 20.2 2.5 容易 容易なシステム間連携 間連携 2.7 27 19.3 柔軟なシ テ 柔軟なシステム リソースの迅速な配備、展開 2.7 17.6 構築/運用 アプリケーション開発の迅速化 15.9 1.1 0 20 40 60 80 [%] 期待効果 最も重要な期待効果出典:IDC Japan,2011年10月,「国内プライベートクラウド市場 2010年の実績と2011年~2015年の予測」,#J11591001 (承諾番号:IDCJ-12-0441 ) 8 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 10. SPARC Enterpriseによる解決 経営層、ユーザ部門からの要求に応え、プライベート 経営層 ザ部門からの要求に応え プライベ ト クラウド環境を実現するサーバプラットフォーム 他社の追随を許さない 高 ラ 高プライスパフォーマンス ォ 高信頼/高可用技術により 業務継続性を追求 仮想化システムによる 柔軟なシステム構築/運用 柔軟な 構築 運 お客様資産を積極的に保護し、 お客様資産を積極的に保護し、 長期的な利用を可能に 「Cloud in A Box」の実現 9 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 11. SPARC Enterpriseの信頼性 部品/ハードウェアレベルでの耐故障性の徹底により 可用性を大幅アップ動的縮退 •CPU(キャッシュway, コア, チップ) •メモリ(8KB単位) •その他(電源ユニット,ファン, HDD, PCIカード)冗長構成 •メモリ •電源系統 •その他 (電源ユニット, ファン, HDD, PCIカード) SPARC Enterprise活性交換 •CPU/メモリボード(CPU, メモリ) •I/Oボード •その他(電源ユニット, ファン, HDD PCIカ ド) その他(電源 ト ン HDD, PCIカード) Oracle Solaris 10 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 12. CPU能力を最大限に引き出すSolaris OS SPARC/Solarisなら、マルチコア/マルチスレッドを 安定的/効率的に活用  Oracle データベースに最適化されたOS  Solaris仮想環境は性能オーバヘッドなし 100 100100 wt 90 sys usr 80 70 User/sy (%) 60 ys 5050 50 40 30 全スレッドがCPU 20 リソ スを使い切って リソースを使い切って 10 いる(約96%) 00 0 Number of threads 256 0 10 24 34 48 58 72 82 96 106 120 130 144 154 168 178 192 202 216 226 240 250 264 274 288 298 312 322 336 346 360 370 384 394 408 418 432 442 456 466 480 490 504 0 スレッド数 他OSでの ユーザプログラム OS処理 空きCPU CPUを使い切れない例SPARC Enterprise M9000 (128コア/256スレッド) Oracle DB 10g 約7,500のDBプロセスを処理 11 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 13. SPARC Enterprise開発の考え方マルチコア/マルチスレッド、大容量メモリ構成、仮想統合 ド 大容量メ リ構成 仮想統合 に最適なプライスパフォーマンスと業務継続性を実現  プライベートクラウド環境/大規模構成にマッチしたサーバ ハードウェア自身で解決 ハードウェアとOracle ハ ドウ アとOracle Solarisとの連携による解決  Oracle社‐富士通の連携による開発 •トラブル時は最小限のリソースを 動的に縮退 ミドルウェア •ハード性能を最大限に発揮 レンジへの拡張 •ハードウェアが •コア/プロセッサ Oracle 自律的にトラブル 縮退 Solaris を解決 メモリ縮退 •メモリ縮退 •CPU/メモリの •ECC 活性交換 サーバ •プロセッサキャッ •物理コアを意識 シュ縮退 シ 縮退 したプロセス ハードウェア 制御 •命令リトライ 12 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 14. SPARC Enterpriseで実現するプライベートクラウド 利用者 利用者 利用者 セルフサービス ポータル お客様資産の長期利用 アプリケーション アプリケーション アプリケーション 仮想インフラ ミドルウェア ミドルウェア ミドルウェア 自動配備 柔軟なシステム構築/運用高プライスパフォーマンスリソースプール 管理者 + リソース サーバ ストレージ ネットワーク OSイメージ 可視化 仮想化 リソース管理 管ハードウェア 仮想基盤の Windows/ 運用管理 状態監視Solaris Linux ストレージ 業務継続性 13 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 15. SPARC Enterpriseで実現するプライベートクラウド環境 ~高プライスパフォーマンス~ 14 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 16. 高プライスパフォーマンス CPU能力を 最大限に引き出す Solaris OS ハードウェア性能の Oracleデータベース 飛躍的向上 の高速化 他社の追随を許さない 高プライ 高プライスパフォーマンス フォ ン 標準機 Solarisの標準機能 ライセンスコストの だから 低減 仮想化コストゼロ 15 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 17. ハードウェア性能の飛躍的向上性能 Oracle データベースの機能 「Database Smart Flash Cache」 Database CPU 4.8倍の性能向上 キャッシュ領域 SPARC Enterprise M4000 約750倍~ データ メモリ Flash Accelerator データ SSD F20カード データ HDD ストレージシステム ストレ ジシステム ETERNUS 約 約150倍 2000 2002 2004 2006 2008 2010 2012 16 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 18. Solarisの標準機能だから仮想化コストゼロ仮想化の基本機能をOSに取り込み進化し続けるOS • 仮想OSのライセンスは無償 • クライアントライセンスも不要 Oracle DB Web Logic Interstage Symfoware 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想化ソフトは不要 (OS標準) Solaris10, Solaris 11 LAN LAN FC FC LAN FC DISKの冗長化構成をOSの標準機能で実現可能 LAN・FC・DISKの冗長化構成をOSの標準機能で実現可能 (IPMP, MPxIO, SVM, ZFS) データの重複排除 デ タの重複排除 データの暗号化 デ タの暗号化 *IPMP:IP Malti Pathing (Solaris11標準) (Solaris11標準) SVM:Solaris Volume Manager 17 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 19. ミドルウェアのライセンスコスト削減 Oracle Solarisコンテナで仮想統合すると 富士通ミドルやOracleライセンスは実使用分だけ課金一般のVM環境 Oracle Solaris コンテナ 物理サーバに搭載可能なCPU分の 物理サ バに搭載可能なCPU分の 仮想環境に割り当てられたCPU分の データベースライセンスが必要 データベースライセンスでOK 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 Oracle Oracle 業務A 業務 業務B 業務 データ デ タ 業務A 業務 業務B 業務 データ デ タ ベース ベース CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU CPU 6CPU分のライセンス 2CPU分のライセンス 18 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 20. SPARC Enterpriseで実現するプライベートクラウド環境 ~業務継続性の追求~ 19 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 21. 仮想環境でも高い業務継続性を提供 CPU、メモリエラーが業務に影響を与えにくい エラーが発生したキャッシュやメモリを切り離して継続運用が可能  CPUはキャッシュway単位, コア単位、チップ単位で動的縮退 メ メモリは8KB単位で動的縮退 は 単位 動的縮退 仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 業務A 業務B 業務C ) 業務D 動的縮退 Oracle Solaris O l S l i ハードウェア エラー CPU0 CPU1 コアA コアB コアC コアD コアE コアF コアG コアH 動的縮退 メモリ メモリ メモリ メモリ メモリ メモリ メモリ メモリ エラー 20 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 22. プライベートクラウド環境での高可用性の実現サービス提供部門(システム利用部門) • アプリが異常終了してもすぐに再起動 サービス (シングルノードクラスタ) 利用者仮想環境 仮想環境 仮想環境 仮想環境 サービスの継続 アプリケーション アプリケーション アプリケーション アプリケーション アプリ アプリ アプリ アプリ 異常監視 異常監視 異常監視 異常監視 サービス サ ビス PCL Agent PCL Agent PCL Agent PCL Agent 提供部門 システムの継続Solaris PRIMECLUSTER PRIMECLUSTER Solaris ハードウェア 相互監視 共用ディスク装置 システム管理部門システム管理部門 • ハードウェアレベルで二重化して継続運用 21 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 23. 修正適用時間短縮による業務継続性向上 OSアップデートによる業務停止時間を短縮 業務稼働中にバックアップ/アップデート 業務稼働中にバックアップ/アップデ ト 再起動で新OS環境/旧OS環境を切替■例:バックアップとOSアップデートに4時間かかっていた場合 0.1h 2h 2h 0.1h 0.5h シン バック OS リブ 動作従来 業務 グル アップ アップ デート ート 確認 業務 4.7h 業務停止時間 OS1 業務 0.6h OSSolaris11 OS2 クロ アクテ リブ 動作 ーン アップ ィブ化 ート 確認 業務 デート デ ト 0.01h 2h 0.01h 0.1h 0.5h 22 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 24. SPARC Enterpriseで実現するプライベートクラウド環境 ~柔軟なシステム構築/運用~ 23 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 25. サーバリソースを柔軟に活用する仮想化機能CPUリソースの分割・移動 メモリの上限設定 スレッド単位または%単位のリソース割当て  仮想環境に対してメモリの上限を設定可能 動的にCPUリソースの移動が可能 動的にCPUリソ スの移動が可能 特定の仮想環境によるメモリ独占を回避 CPUリソースを無駄なく利用 仮想環境A 仮想環境B 仮想環境C 仮想環境A 仮想環境B 仮想環境C (メモリ上限設定あり) (メモリ上限設定なし) (メモリ上限設定あり) 1:1 1:2 CPU CPU CPU CPU CPU CPU メモリ リ ストレージ仮想化 ネットワーク仮想化 複数のHDDを1つの仮想ボリ つの仮想ボリュームに ムに  NICに加えてスイッチも仮想化 データが増加したら、動的にストレージ拡張  帯域上限の設定も可能 初期導入費を抑制 サーバ1台で3階層システムを構築 Web AP 仮想ディスク 仮想ディスク 拡張 サーバ サーバ 仮想 仮想 DB スイッチ スイッチ サーバ Web AP サーバ サーバ 追加 24 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 26. DB統合によるコスト削減と可用性向上を両立 Oracle RAC*1 on Solarisコンテナで、データベースサーバを集約  Solaris仮想環境上でOracleデータベースを統合して、ライセンスコストを削減 Solaris仮想環境上でOracleデ タ スを統合して、ライセンス ストを削減  万一の故障にも他のリソースを利用でき、低コストで可用性を向上  業務を止めずに瞬時にバックアップ可能 (ETERNUS SF AdvancedCopy Manager) 業務 業務 業務 仮想環境 仮想環境 仮想環境 Oracle データベース(Oracle RAC) バックアップツール*2 バックアップツール バックアップツール 仮想環境 仮想環境 仮想環境 Oracle Solaris Oracle Solaris Oracle Solaris サーバz サーバx サーバy (SPARC Enterprise) (SPARC Enterprise) (SPARC Enterprise) 共用ストレ ジ 共用ストレージ Oracle データベースの デ タベ スの Oracle デ タベ データベース ETERNUS バックアップ*1: Oracle Database Real Application Clustersの略, *2: バックアップツール:ETERNUS SF AdvancedCopy Manager 25 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 27. サーバ間での仮想環境の移動が容易に システム移動や移行を柔軟・迅速に実現 速 環境変化に余裕で対応アプリケーション 古いアプリケーションを アプリケーション Solaris 10 A そのまま稼働 新しい仮想環境を E 物理環境を 簡 簡単に作成 簡単に仮想環境 簡単に仮想環境へSolaris 9 Solaris S l i 10 別サーバへ移動アプリケーション ゚ ケ アプリケーション ゚ ケ アプリケーション アプリケーション アプリケーション アプリケーション A B B C E FSolaris 9 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 11 Solaris S l i 10 Solaris 10 Solaris S l i 11 物理 HDD Snapshot 仮想環境 ディスク容量が 足りなくなれば、 足りなくなれば 仮想環境の簡単バックアップ いつでも簡単に追加 26 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 28. 物理環境と仮想環境を同一Viewで監視・管理 ServerView Resource Orchestratorによる簡単運用管理異なるプラットフォームを統合管理 なるプ を統合管 仮想環境毎に 監視・操作が可能 SPARC Enterprise 監視 操作 監視・操作 PRIMEQUEST PRIMERGY管理者利用者の申請によりOracle Solaris コンテナの移動もGUIで簡単にコンテナを自動配備 Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris Solaris コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ コンテナ Oracle Solaris Oracle Solaris Oracle Solaris SPARC Enterprise SPARC Enterprise SPARC Enterprise 共用ストレージ 共用ストレージ利用者 管理者 ※BMC BladeLogicとの組み合わせで実現 27 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 29. 重複排除によるバックアップ効率化規模によりストレージの機能とSolarisの機能を選択可能 大規模システム  デデュープアプライアンスETERNUS CS800を使用して重複排除 データ バックアップ時に 性能重視 重複排除 データ • ストレージの機能を利用 • サーバのCPUを使用す る必要なし る必 なSPARC Enterprise ETERNUS DX Series ETERNUS CS800 小規模システム  ZFSを使用した重複排除 ZFS コスト重視 スト重視 運用中に • OSの標準機能利用 重複排除 (無償) • 専用装置の購入する 必要なし SPARC Enterprise ETERNUS DX Series 28 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 30. SPARC Enterpriseで実現するプライベートクラウド環境 ~お客様資産の長期利用~ 29 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 31. 安心して長期間システムを利用できます 富士通製品なら、サーバ~OS~ミドルウェアまで、 富士通製品なら サ バ OS ミドルウ アまで 最長10年間、利用できます FJミドル Interstage,Systemwalkerなど 通常サポート(販売期間+5年間) 延長(個別)Oracle DB 11g R2 Premierサポート Extendedサポート Sustainingサポート OS Solaris10 Extendedサポート Sustainingサポート サーバ SPARC Enterprise Mシリーズ 寿命部品交換Mシリーズ 長期サポート対応商品 (6年目) 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 (※) Solaris10の販売終了時期は未定 ※ストレージやその他周辺装置については途中で更新(リプレース)が必要になる場合があります。 * 出典:ライフタイム・サポート:http://www.oracle.com/jp/support/lifetime-support/index.html 30 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 32. オープンOS初の無期限サポート 無期限OSサポート* Solaris 9 (Premier) Extended Sustaining g▲2002年 ▲2011年 ▲2014年 Oracle Solaris 10 (Premier) E t d d Extended Sustaining ▲2005年 ▲2015年 ▲2018年 Oracle Solaris 11 (Premier)Extended Sustaining ▲2011年 ▲2021年 ▲2024年  Solaris 8はSustainingサポート中 優れたバイナリ互換  Solarisバージョン間でのバイナリ互換を確保 * 出典:ライフタイム・サポート http://www.oracle.com/jp/support/lifetime-support/index.html 31 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 33. 長期サポートモデルの提供(Mシリーズ) お客様からの長期資産利用のご要望を実現 最長10年間*の長期サポート対応商品をご提供 最長10年間*の長期サポートモデルの提供 対象機種:SPARC Enterprise M3000/M4000/M5000/M8000/M9000 対象機種 p 寿命部品の交換による安定稼働の実現 出荷から5年目に寿命部品交換を実施し、摩耗障害期の障害率を低減 偶発障害期 磨耗障害期 保守部材確保 寿命部品の交換(※) 寿命部品の交換を未実施の場合 初回契約時に 寿命部品の例:・電源障 寿命部品および ・ファン害 保守部品を確保 ・ディスク 等率 寿命部品の交換を実施した場合 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 *:サポート期間は予め設定する必要があります。 また当初定めたサポート期間から延長することは出来ません。 32 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 34. 富士通ミドルウェアも長期安心サポート お客様システムを長期間にわたりサポート  長期にわたり、製品の標準サポートを実施 長期にわたり、製品の標準サポ トを実施  ハードウェアのライフサイクルに左右されないミドルウェアやアプリケーション資産 の長期利用の実現 他社ミドルの場合 富士通ミドルの場合 対応レベルが落ちる▼出荷開始 出荷開始 (修正未提供) ▼出荷開始 延長 販売終了から5年間、 通常サポート アップデート または出荷開始から7年間の 延長サポート サポート (5年間) 推奨期間 いずれか長い方 (3年間) 期間はお客様と 5年 3年 販売期間 5年▲ ▲ 調整 ▲ ▲ ▲ ▲通常 通常 延長 通常 通常 延長サポート サポート サポート サポート サポート終了 サポート開始 終了 終了 開始 終了 33 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 35. アプリ資産も短期間で最新ハードウェアへ移行可能 Oracle Solaris Legacy Containersで 旧Solaris環境を簡単移行  既存環境をそのまま最新ハードウェアへ移行  短期間で移行が完了  豊富な移行実績 アプリケーションの 約6割の企業が 約100社の 修正不要 約3カ月で移行完了 移行実績 (検証含む) 業務A 業務B 業務A 業務B Solaris 8 Solaris 9 Solaris 8 zone Solaris 9 zone Oracle Solaris 10 PRIMEPOWER PRIMEPOWER SPARC Enterprise 34 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 36. 導入時期の異なるシステムの移行 業務毎に構築されたサーバの段階的統合人事 事 経理 生産 物流システム システム 管理 システム システム 第1次移行 第2次移行 第3次移行 第4次移行 人事 経理 生産管理 物流 システム システム システム システム 10年保守により、異なる業務サーバの統合も現実的に!! 35 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 37. 導入事例 36 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 38. 事例:オラクル・コーポレーション 基幹システムをSPARC Enterprise Mシリーズで刷新 Sun統合に伴い基幹システムを改善 統合 伴 基幹シ ムを改善  SPARC Enterprise M9000 + Solaris 10 + Oracle Database 11g / RAC OLTP / ERP パフォーマンス: 2 倍向上 コスト削減: Sun Fire E25K SPARC Enterprise M9000 約40 万ドル 更改前 更改後4ノード E25K クラスタ x2 2ノード M9000 クラスタ x2 障害時(本番、災対) (本番、災対) リカバリー時間:Solaris 9 Solaris 10 95% 短縮 37 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 39. 事例:電信 – 福建公司 中国電信 – 福建公司  売上:120億RMB以上 (2011年)  ユーザ数:2300万人以上 ザ数 万人以上 • インターネット契約: 500万人以上 • 携帯電話(3G)契約: 300万人以上 ( ) • 固定電話契約: 880万人以上 事業内容  固定電話 移動電話 インタ ネ ト 固定電話、移動電話、インターネット サービス、アプリケーションサービス  独自のサービス商品の提供 (“Tianyi”, “My Home”, (“Tian i” “M e Home” “Best Tone”) 導入システム  Broadband Billing System g y • SPARC Enterprise M9000/M4000  Centralized OSS Security System • SPARC Enterprise M8000 性能と信頼性を評価 38 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 40. 事例:日野自動車 S l i の仮想化機能を活用し 低 スト 短期間で最新サ バ 集約 Solarisの仮想化機能を活用し、低コスト・短期間で最新サーバへ集約 Oracle Solaris Legacy Containersにより、既存のアプリケーションやミドルウェア をバージョンアップすることなく、約5カ月間の短期間でスムーズに移行。 をバ ジョンアップすることなく 約5カ月間の短期間でスム ズに移行 3カ所にあった8台のサーバを1台に集約し、本社で一元管理。サーバ削減ととも に、データセンターの利用料も不要になるなどトータル運用コストを1/4に削減。 最新サーバSPARC Enterprise M3000によりレスポンスが大幅に向上。また、 新 バ ポ が 幅 向 Solarisコンテナにより、仮想環境上でのリソースの最適化を実現。営業支援システム(新) 日野自動車株式会社 トラックチョイスシステム 上物架装 開発 検証 バス見積支援システム・シャシなび 見積支援システム 販売会社 Web AP DB AP/DB/ AP/DB/ DB Web/AP サーバ サーバ サーバ Web Web (40数社 サーバ サーバ サーバ サーバ 250拠点) Solaris 9 Solaris 9 Solaris 9 Solaris 9 Solaris 9 Solaris 9 Solaris 9 Containers Containers Containers Containers Containers Containers Containers Solaris10 Mailサーバ PRIMERGY RX300 Oracle Database Interstage ストレージ SPARC Enterprise M3000 E t i ETERNUS 2000 39 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 41. 事例:全社システム統合事例 (富士通社内事例) 全社共通システムを支えるサーバを節電効果の高い 全社共通シ ムを支えるサ バを節電効果 高 最新SPARC Enterprise M3000 に集約  35台のサ バをOracle Solaris コンテナで15台に集約 35台のサーバをOracle  物理サーバ数の削減により、消費電力を大幅削減 (約80%)  Oracle Legacy Containersにより 旧OS環境のまま集約(一部) Containersにより、旧OS環境のまま集約( 部)  設計~事前検証、実際の移行作業までを、約30日で実施【全社共通システム】従来 移行後 会議室予約システムスケジュール 在籍管理 稟議 会議室予約 稟議システム管理システム システム システム システム 在籍管理システム Solarisコンテナ スケジュール管理システム スケジ ル管理システム /Solaris Legacy Solaris Solaris Containers コンテナ … T5120/ コンテナ で統合 T5220×5 ・・・ ・・・ Solarisサーバ 35台 SPARC Enterprise M3000 15台 最大消費電力: 計42,832W 計8,112W 1年間稼働し続けた場合で比較すると、 CO2排出量、ブナの木11,392本分削減 40 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 42. 事例:Solarisクラウド実践例(教育環境) (富士通社内事例) • 教育 境構築 自動 教育環境構築の自動化により、人的ミスを防止 的 を防 • 教育の事前準備の時間を短縮 (120分→50分に) • 申し込み人数に合わせた環境構築ができ、サーバ稼働率が向上 実習環境 実習環境 実習環境 実習環境 実習サーバ障害時には 実習環境 ゲストドメイン 実習環境 ゲストドメイン ゲストドメイン ゲストドメイン ゲストドメイン ゲストドメイン ドメインとiSCSIディスク を手動切替 Oracle VM Server Oracle VM Server for SPARC for SPARC 高可用性 実習環境 実習環境 実習環境 ゲストドメイン ゲストドメイン ゲストドメイン Oracle VM Server Oracle VM Server 実習 for SPARC for SPARC サーバ コスト削減LAN iSCSI ・iSCSIで共有ディスクを構成 デ ・iSCSIディスクをゲストドメイン・1台の物理サーバに 6環境を集約 の仮想ディスクに設定 コスト削減・実習環境はゲスト 実習環境はゲ ト 効率的な ドメイン上に構築 共有ディスク 運用 効率的な・Sol10/11混在環境 運用 41 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 43. 進化を続けるSPARC Enterprise 42 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 44. 次世代サーバ■データ爆発を処理するコンピュータイノベーション デ ピ 並列処理 • 高並列演算処理 •I M In Memory処理 処理 • 超高速結合機構 新たな価値領域 分散コンピューティング 分散コンピ ティング 単一性能向上 単 性能向上 • スケールアウト 今までの • コンピューティング・ 価値領域 • クラスタ パワー パワ 43 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 45. ビッグデータの処理技術■スパコンで培った技術をビジネスユーザへ 培 術 ネ 高並列演算処理 列演算 高密度 In Memory処理 実装技術超高性能CPU 高密度実装ラック 省エネ 超高速 技術 結合機構 蓄積した 高効率冷却 ミッショクリティカル技術 トーラス システムボード システムボ ド ネットワーク ネットワ ク 44 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 46. 富士通のプロセッサ開発の歴史 CMOS Cu 40nm CMOS Cu 45nm SPARC64 IXfx HPC用命令拡張(HPC-ACE) SPARC64 VIIIfx 次期 SPARC64 Tr=600M プロセッサ SPARC64™ CMOS Cu 高速スレッド同期機構 65nm SPARC64 Tr=540M VII+ CMOS Cu SPARC64 マルチコア・マルチスレッド ルチ ア ルチ ッド 90nm VII Tr=400M CMOS Cu SPARC64高 レベルL2キャッシュ内蔵 Tr=190M 90nm VI GS21 1600性能 ノンブロッキングキャッシュ CMOS Cu 130nm SPARC64 V+ アウトオブオ ダ実行 アウトオブオーダ実行 SPARC64技 スーパースカラ V GS21術 Tr=30M Tr=46M CMOS Cu 900 Mainframe 1チップCPU CMOS Al 180nm GS21 Tr=500M 250nm / 220nm 600 CMOS Cu ストア突き放し GS8900 Tr=190M 90nm Tr=10M GS8800B ブランチヒストリ CMOS Al GS8800 CMOS Cu SPARC64 プリフェッチ 350nm GP 130nm 高 キャッシュ ECC GS8600 Tr=30M CMOS Cu 180nm / 150nm レジスタ/演算器パリティ 信 SPARC64 命令リトライ II 頼 SPARC64 :半導体テクノロジ世代 技術 キャッシュ動的縮退 RC/RT/ヒストリ ~1995 1996 1998 2000 2004~ 2008~ ~1997 ~1999 ~2003 2007 45 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 47. SPARC64™ VII+  SPARC Enterprise (UNIXサーバ) 高性能 のプロセッサ  マルチコア・マルチスレッド L2 Cache 4コア x 2スレッド(SMT) Data  L2キャッシュ内蔵 • 12MB Core L2 Core  富士通65nm CMOS半導体 Cache Control • 3.0GHz System • 1,000Mトランジスタ Core Interface Core System I/O  マルチソケット対応(最大64ソケット) 46 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 48. SPARC64TM の高信頼性 SPARC64TM VII+ 宇宙線の衝突などにより データが変化 (例: 0→1) 高信頼 間違った計算結果を出力 SPARC64TM は、ハードによるエラー検出と、 さらに自己修復が可能 エラー検出方法 パリティ リティ 演算器 ハードによるエラー検出 レジジュ +自己修復可能領域 レジスタ パリティ ハードによるエラー検出 ECC 領域 エラーが実運用に影響 ECC しない領域 キャッシュ パリティ+2重化 注)上の図はエラー検出範囲の概略を示すもので あり、実際のチップのフロアプランを正確に反 あり 実際のチップのフロアプランを正確に反 映するものではありません 47 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 49. 進化を続けるSPARC Enterprise 48 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 50. リアルタイム化 基幹システム(OLTP, バッチ), 情報活用(DWH, BI)のリアルタイム化 情報活用(DWH 基幹 バッチ 処理 処理 DWH BI OLTP DWH In-memory処理 超高速結合機構 49 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 51. ワンランク上のプライベートクラウドへ 利用者 利用者 アプリケーション アプリケーション 仮想インフラ ミドルウェア ミドルウェアリソースプール 管理者 + サーバ ストレージ ネットワーク OSイメージ 仮想化 リソース管理 ハードウェア 高並列演算処理 Linux 省エネ 省 ストレージ Windows/ 高密度 状態監視 超高速 SolarisIn Memory処理 技術 実装技術 結合機構 高効率冷却 トーラス超高性能CPU システムボ ド システムボード 高密度実装ラック ネットワ ク ネットワーク 50 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 52. プライベートクラウドに最適なプラットフォームSPARC Enterpriseによる「Cloud in A Box」の実現他社の追随を許さない 高プライスパフォーマンス 高プライスパ ンス高信頼/高可用技術により 高信頼/高可用技術により 業務継続性を追求仮想化システムによる 仮想化システムによる 柔軟なシステム構築/運用お客様資産を積極的に保護し、 長期的な利用を可能に 51 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 53. 参考情報 52 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 54. 今後のイベントご紹介 【サーバ・ストレージ共同セミナー】 【サ バ ストレ ジ共同セミナ 】 高信頼プラットフォームによる仮想化・クラウド運用のすすめ ~これからの基幹システムのあり方~日時: 2012年6月28日(木), 7月27日(金) 14時~会場: 富士通トラステッド・クラウド・スクエア 〒105-6125 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル(受付30階) 世界貿易センタ ビル(受付30階)概要: 仮想環境における「仮想環境では想定した性能がでない」、 考えていたよりもコストがかかる」、 基幹システムを仮想化する 「考えていたよりもコストがかかる」、「基幹システムを仮想化する には、信頼性が不安」などの問題を払拭する仮想化ソリューションを 富士通のUNIXサーバ・ストレージで提供します。 ご希望者には、専任スタッフによる個別相談会を実施いたします。受講料: 無料 受講料対象: UNIXシステムをご利用いただいているお客様 情報システム部門の方、部門サーバ管理者の方 情報シ テム部門の方 部門サ バ管理者の方 UNIXサーバの取り扱いのあるシステムインテグレータの方セミナーに関するお問い合わせ先: 富士通株式会社 プラ トフ プラットフォーム技術本部 ム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部 E-mail; sscc-event@ml.cs.fujitsu.com 53 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 55. SPARC Enterprise 情報発信中! @Fujitsu_SPARC 富士通 SPARC Enterprise ソーシャルメディアアカウント一覧 54 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 56. 紹介商品のご購入・ご導入を検討中のお客様へ 商品情報サイト UNIXサ バ UNIXサーバ SPARC Enterprise (スパーク・エンタープライズ) http://jp.fujitsu.com/sparcenterprise/ 法人のお客様向けショールーム 富士通トラステッド・クラウド・スクエア http://jp.fujitsu.com/facilities/tcs/ 電話での問い合わせ 富士通コンタクトライン TEL:0120-933-200 備考: 受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) 55 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED
  • 57. 56 Copyright 2012 FUJITSU LIMITED

×