コンテンツ著作権管理とグローバルPIM
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

コンテンツ著作権管理とグローバルPIM

on

  • 1,029 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,029
Views on SlideShare
979
Embed Views
50

Actions

Likes
0
Downloads
7
Comments
0

3 Embeds 50

http://191034970944620.iframehost.com 21
http://cms.fatwire.com 17
http://wem.main.jp 12

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

コンテンツ著作権管理とグローバルPIM Presentation Transcript

  • 1. コンテンツ著作権管理とグローバルPIM
    Webデータマネジメント
    The FatWire Content Integration Platform
    2011年05月12日
    FatWire株式会社
    代表取締役 田中猪夫
  • 2. 想定外事例その1
    Webサイトのリニューアルでデザイン会社を変えた
      ->Webサイトの写真の著作権がすべて旧デザイン会社のもの
        http://www.jps.gr.jp/rights/outline.html
      ->新デザイン会社は旧写真を使うことができない
      ->新デザイン会社は新写真を使いサイトをリニューアル
      ->新Webサイトは写真の少ないものに
        協力会社とのコンテンツ著作権の取り決めはないのだろうか?
        誰に著作権があるかが、管理・格納されていないのだろうか?
        コンテンツ著作権をガバナンスの対象としない⇒想定外のリスク
        
    2
  • 3. 想定外事例その2
    • 印刷物を商品群毎に複数の印刷会社に発注
      ->複数の印刷会社は製版会社に写真加工を発注
      ->印刷コンテンツの著作権は誰も管理していない
      
    • Webサイト制作を子会社に発注
      ->子会社は印刷会社やデザイン会社に発注
      ->Webサイトのコンテンツ著作権は誰も管理してない
     
     同じ製版会社が印刷もWebも写真加工している
     コンテンツ加工が特定サプライヤーへの集中
     ⇒直接、著作権を含め管理し、あらかじめ加工
     コンテンツ著作権をガバナンスの対象とする⇒想定外のコスト削減
     
    3
  • 4. 著作権の管理単位はページ単位でなくアセット単位
    4
    アセット管理
    商品情報
    画像
    ライブラリ
    文書
    ライブラリ
    4
  • 5. システム監査人の役割
    5
    システム監査人の役割:組織体の情報システムを独立した専門的な立場で検証又は評価する
    Webサイトの著作権もガバナンスの対象!