• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content

Loading…

Flash Player 9 (or above) is needed to view presentations.
We have detected that you do not have it on your computer. To install it, go here.

Like this presentation? Why not share!

Fatwireセミナープレゼン資料

on

  • 1,683 views

CTC様資料

CTC様資料

Statistics

Views

Total Views
1,683
Views on SlideShare
1,648
Embed Views
35

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 35

http://211427168875708.iframehost.com 16
http://cms.fatwire.com 13
http://wem.main.jp 5
http://10.141.31.180:8080 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Fatwireセミナープレゼン資料 Fatwireセミナープレゼン資料 Presentation Transcript

    • Web CMS 導入後 2 年間を語る 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の Web CMS 活用事例 ~「2年間で50部署以上、アクティブユーザーが140名に拡大」~ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広報部  竹森 賢司
    • 1. 会社概要  2010 年 4 月 1 日現在  〒 100-6080 東京都千代田区霞が関 3-2-5 霞が関ビル  TEL :   03-6203-5000 (代)  URL :  http://www.ctc-g.co.jp/   本社所在地 1972 年(昭和 47 年) 4 月 1 日  創 立 21,763 百万円  資  本  金 7,228 名 社員数 コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、  科学・工学系情報サービス、サポート、その他   事業内容 英文社名 会  社  名 (略称 CTC )  代表取締役社長 奥田 陽一  代表者
    • 2.コーポレートサイトリニューアルのプロセス
      • 現状の整理
      • 目的の設定
      • 方針の設定
      • 課題の抽出
    • 2-1.コーポレートサイトリニューアルのプロセス 現状の整理 
      • 同じ伊藤忠グループの IT 企業でありながら
      • ビジネススタイルも企業風土も異なる企業同士が 1 つにまとまること。
      コーポレートサイトリニューアルは以前から検討を重ねてきた。 「経営統合」をきっかけに、その動きが加速! ・組織ごとに Web に対するニーズや考え方が異なる ・商品やサービスが数多く存在することから、それぞれの  商品やサービスごとにウェブサイトの制作 / 運用に関わる  部署(担当者)が多岐にわたる。 ② 組織ごとの徹底的なヒアリング    ・コンテンツ内容    ・更新頻度    ・管理体制    ・技術的な必須要件    ・その他さまざまな要素の洗い出し まずは 現状把握 ① 現状サイトの棚卸し   ・主ドメイン配下  ・各組織の独自サイト  ・別ドメインコンテンツ
    • 2-2.コーポレートサイトリニューアルのプロセス 目的の設定 上記達成のために最大限に機能するWEBサイトとして、 コーポレートサイトを 何のために / 誰のために 造るのかを定める 「使いやすく、わかりやすいCTCコーポレートサイト」を実現することで、WEB上での情報発信を活性化し、ステークホルダーとのコミュニケーションを強化する。 ・顧客 ・株主 ・取引先 ・社員 ・メディア ・・・ ・企業情報の提供 ・営業活動 ・マーケティング ・ブランディング ・ CSR   ・・・ CTC のコーポレートサイトの目的              IT・情報サービス業界において ① ユニーク なビジネスモデルで 総合力 を兼ね備えた会社 ② 規模において トップ集団 に入る会社 ③ テクノロジー・リーディング ・カンパニー CTCが目指す姿
    • 2-3.コーポレートサイトリニューアルのプロセス 方針の設定 方針とは・・・ コーポレートサイトをどのようなものにするか、 意識を統一 したもの ・全社共通インターフェース、  ガイドラインを遵守し  統一したブランドイメージを  保つ。 ・「サイト訪問者」の目線で  コンテンツ作成を行う。 CTC のコーポレートサイトの方針 「使いやすく、わかりやすい  CTCコーポレートサイト」 を実現することで、WEB上での情報発信を活性化し、 ステークホルダーとの コミュニケーションを強化する。 CTC のコーポレートサイトの目的 リニューアルを行う上での「軸」を定める
    • 2-4.コーポレートサイトリニューアルのプロセス 課題の抽出 課題とは・・・ 定められた方針に沿って、目的を達成する上で 解決しなければならないこと ・CTCのあらゆるソリューション情報を網羅する。 ・デザイン、レイアウト、コンテンツの要素を揃える。 ・掲載したコンテンツを再利用し、有効活用する。 ・各部の情報発信のセルフサービス化を実現する。 CTC のコーポレートサイトの課題 システム要件 CMSツールの導入が必須 CMS ツールの導入が目的ではなく、コーポレートサイト構築に 必須なツールとして、 CMS が必要!
    • 3. Fatwire 選定のポイント 1. スモールスタートが可能なもの   ⇒初期投資の軽減、システムカットオーバーまでの時間短縮 2. 拡張性が高いもの   ⇒経営状況や体制の変化に柔軟に対応 3. プラットフォームに依存しないもの   ⇒ Solaris との親和性 4. コンテンツを再利用できるもの   ⇒ワンソースマルチユースの実現 5. 既存の IDM システムと連携できるもの   ⇒ガバナンスルールの徹底
    • 4.スケジュール
    • CTCのコーポレートサイト 正面のスクリーンをご覧ください http://www.ctc-g.co.jp
    • 5.円滑なサイト運営を行うための施策 ・管理者ガイドラインとユーザーガイドラインは明確に分離 ・ユーザーガイドラインは必要最低限、かつ可能な限り簡易に  役割:・コーポレートサイトのシステム運用管理      ・コーポレートサイトに関わる各部署への適切な指導・       教育・説明・啓蒙  業務: ・ヘルプデスク対応      ・ガイドライン、ドキュメント、運用Webサイトの維持管理      ・CMSの仕様(機能)説明会の実施      ・障害対応/緊急オペレーション 1. ガイドライン、ドキュメント、運用 Web サイトの整備 2. コーポレートサイト運用事務局の設置
    • 5.円滑なサイト運営を行うための施策 コーポレートサイト運用Webサイト 正面のスクリーンをご覧ください
    • 6.リニューアルの効果
      • ユーザーインターフェースの統一
      • コンテンツマルチユースの実現
      • コンテンツ作成のセルフサービス化の実現
      • ワークフロー機能を活用したガバナンスルールの徹底
      ● 定量効果 ● 定性効果 リニューアル前 (2007 年度 ) リニューアル初年 (2008 年度 ) 現在 (2010 年度 ) 149,000 186,000 204,000 月間平均 訪問者数 25%UP 10%UP 不明 1,500 2,200 総ファイル数 47%UP カテゴリ数:             アクティブ ユーザー数: 53 140 名 ( 概算 ) ( 概算 )
    •