The Road to Copenhagen: Issues involved in forming a new climate change treaty (Japanese)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

The Road to Copenhagen: Issues involved in forming a new climate change treaty (Japanese)

on

  • 422 views

 

Statistics

Views

Total Views
422
Views on SlideShare
422
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

The Road to Copenhagen: Issues involved in forming a new climate change treaty (Japanese) Presentation Transcript

  • 1. 新地球温暖化・気候変動防止条新地球温暖化・気候変動防止条 約:約: コペンハーゲンへの道コペンハーゲンへの道 英字新聞ジャパンタイムズ 編集局報道部次長・ COP15 取材担当 エリック・ジョンストン 2009 年9月24日 関西経済連合
  • 2. 最初に何故ジャパンタイムズが最初に何故ジャパンタイムズが コペンハーゲン会議を取材するのかコペンハーゲン会議を取材するのか  新地球温暖化防止議定書を実現するため、日本は政治的、 経済的、技術的、教育的なリーダーシップ役割を絶対果た すことができると思います。海外、環境問題に詳しいジャ パンタイムズ読者は特にそう思っているでしょう。  日本企業は「クリーン&グリーン技術」の世界トップとし て、日本政府と同様にコペンハーゲン会議を成功させるた めの役割があります。環境技術に力を入れている企業にも 、国の経済政策にもコペンハーゲン会議は良い機会だと思 います。  個人レベルでも日本人の環境に対する考え方は海外で参考 になると思います。特に「もったいない概念」が世界に普 及すれば地球温暖化防止の解決策の一つになると、私個人 として考えます。
  • 3. 国連地球温暖化防止条約国連地球温暖化防止条約 1515 回締約国回締約国 会議会議 (( COP15COP15 ))  開催地:デンマーク・コペンハーゲン市デンマーク・コペンハーゲン市  開催時期: 1212 月月 77 日―日― 1818 日日  参加者:約約 190190 カの代表者(大使レベル)と各政府関カの代表者(大使レベル)と各政府関 係者、世界中の環境係者、世界中の環境 NGONGO 代表者代表者 ,,  気候、温暖化の 気候、温暖化の 学者、民間企業代表者、有名人(映画スター、芸能人学者、民間企業代表者、有名人(映画スター、芸能人 など)を含めてなど)を含めて 10,00010,000 人、マスコミ関係者少なくとも人、マスコミ関係者少なくとも 1,5001,500 人見込み。人見込み。  会議中、米国オバマ大統領が「顔を出す」意欲を示し ました。その場合、欧州などの大統領、首相数人も来 るかどうか。  目的: 20122012 年―年― 20202020 年、年、 CO2CO2 を含めて世界中の温室を含めて世界中の温室 効果ガス排出量を削減するために条約を結ぶこと。こ効果ガス排出量を削減するために条約を結ぶこと。こ の条約は「の条約は「 Copenhagen ProtocolCopenhagen Protocol 」となります。」となります。  COP15 は 2012 年までの京都議定書の「後任」という
  • 4. コペンハーゲン会議を成功させコペンハーゲン会議を成功させ るため何が必要ですかるため何が必要ですか(国連の見(国連の見 方)方)。。  各各先進国先進国はは 20122012 年―年― 20202020 年温室効果ガス排年温室効果ガス排 出量を削減するために科学的に意味ある数出量を削減するために科学的に意味ある数 値目標を設定するように同意すること。値目標を設定するように同意すること。  発展途上国発展途上国が先進国を納得できる数字的にが先進国を納得できる数字的に 計られる排出ガス量削減計画を含めて気候計られる排出ガス量削減計画を含めて気候 変動に対する適応設置に同意すること。変動に対する適応設置に同意すること。  先進国が発展途上国を気候変動に適応する先進国が発展途上国を気候変動に適応する ため安定的な資金仕組みを設定。ため安定的な資金仕組みを設定。  先進国が資金と最新環境技術の移転のため先進国が資金と最新環境技術の移転のため 、発展途上国と平等なパートナーシップ関、発展途上国と平等なパートナーシップ関 係に基づいて様々な国際機関の役割と強化係に基づいて様々な国際機関の役割と強化 について合意すること。について合意すること。
  • 5. 気候変動・地球温暖化の科気候変動・地球温暖化の科 学学  2007 年 2 月地球温暖化・気候変動に関す る政府間パネル団体 IPCC は第 4 次評価報 告を公開しました。  IPCC は国連に正式に勧告する世界中の数 百人の気候変動、地球温暖化の科学者で 構成されている団体。データを収集して 分析することによって 7 年ごとに地球温 暖化・気候変動の過去、現状、予測を評 価すると同時に、気候変動への適応と防 止対策、設置を進めるように義務付けら れています。  IPCC の 2007 年報告に基づいてコペンハー ゲン会議への準備と交渉が進行していま す。
  • 6. IPCCIPCC は何を発表しましたかは何を発表しましたか  地球温暖化が進行していることは間違 えないです。 1850 年に地球温暖化を計 り始めて以来、もっとも平均気温が高 い年の 12 年の中の 11 年間は 1995 年 ― 2006 年。  人間活動による温室効果排出ガス量は 1970 年― 2004 年の間に 70 %増加。  2000 年― 2030 年温室効果排出ガス量は 25 %- 90 %の増加が予測される。  2030 年まで 10 年ごとに平均0.2 C の 気温上昇が予測される。
  • 7. 20072007 年年 IPCCIPCC は何を発表しましは何を発表しまし たかたか  世界の平均気温が世界の平均気温が 19801980 -- 19991999 年レベルに比較し年レベルに比較し て1.5-2.5て1.5-2.5 CC 上昇する場合、生物、植物の上昇する場合、生物、植物の 20-30%が絶滅する可能性があります。20-30%が絶滅する可能性があります。  温暖化効果排出ガス(温暖化効果排出ガス( CO2,CO2, フッ化、フッ化、 NO2NO2 )大気)大気 中濃度を4450-490ppmに安定させるた中濃度を4450-490ppmに安定させるた め、め、 20152015 年までにピークして、年までにピークして、 20002000 年で、年で、 20502050 年までに50%-85%削減すれば、年までに50%-85%削減すれば、 18501850 年前の年前の 世界平均気温上昇は2。0-2.4世界平均気温上昇は2。0-2.4 CC 上がる、と上がる、と 予測される。予測される。  2121 世紀末に世紀末に CC 02大気中濃度を450ppmで安02大気中濃度を450ppmで安 定させるため、先進国は定させるため、先進国は 20202020 年までに排出ガス量年までに排出ガス量 を25%-40%削減(を25%-40%削減( 19901990 年比)、年比)、 20502050 年ま年ま でに80%-95%(でに80%-95%( 19901990 年比)削減しなければ年比)削減しなければ ならない。(発展途上国には、数値目標は書いてならない。(発展途上国には、数値目標は書いて いないですが削減しなければならないということいないですが削減しなければならないということ
  • 8. 世界全体の温室効果ガス排出世界全体の温室効果ガス排出 量量 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 1970 28.7 1980 35.6 1990 39.4 2000 44.7 2004 49.0 10 CO2 (億トン 年間) CO2, N20 フッ化ガス、 を含める
  • 9. 全世界全世界 CO2CO2 量量 290 300 310 320 330 340 350 360 370 380 390 1970 327 1980 342 1990 356 2000 370 2009 390 CO2量(ppm)
  • 10. 20072007 年年 1212 月月 COP13COP13 (バリ会(バリ会 議)議) 2007 年 2 月の IPCC 報告書の発表後、約 190 カ国が京都議定書後 2012 年― 2020 年の新 議定書(コペンハーゲン議定書)に向け て 2008 年、 2009 年に何をすべきかという 「行動計画」に 2007 年 12 月バリで合意し ました。これは「バリロードマップ」かこれは「バリロードマップ」か 「バリ行動計画」「バリ行動計画」 Bali Road Map, BaliBali Road Map, Bali Action Plan.Action Plan.  この行動計画を基づいて、 2008 年、 2009 年国連会議、 G8 サミット、 G20 サミット 、世界中の環境問題に関心がある NGO, 企 業、学者などがコペンハーゲン会議で何 をすればいいのかということを議論して います。
  • 11. バリ行動計画の焦点バリ行動計画の焦点  温室効果ガス排出の長期削減目標を含 め、国連温暖化防止条約の最終目標を 達成するため、共通だが差異がある責共通だが差異がある責 任と各国の能力や社会的、経済的な状任と各国の能力や社会的、経済的な状 況を考慮しながら、協力的な行動のた況を考慮しながら、協力的な行動のた めの共通なビジョンを持つことを確認めの共通なビジョンを持つことを確認 しました。しました。  先進国は各国の差異に考慮しながら、先進国は各国の差異に考慮しながら、 数値目標を含めて計測、報告、確認可数値目標を含めて計測、報告、確認可 能な行動計画を策定する義務と責任を能な行動計画を策定する義務と責任を 負います。負います。  各発展途上国は技術的、財政的な支援各発展途上国は技術的、財政的な支援 などを受けながら自国にとって適切ななどを受けながら自国にとって適切な
  • 12. 「共通だが差異がある責任」「共通だが差異がある責任」 Common but Differentiated ResponsibilitiesCommon but Differentiated Responsibilities どういう意味ですかどういう意味ですか  この表現の意味は国によって違います。 コペンハーゲン議定書を合意するため にもっとも政治的に重要な論点。  先進国の解釈:発展途上国も積極的に 、意味ある地球温暖化防止対策を取る ように責任がある。  発展途上国の解釈:今の地球温暖化問 題の殆どは先進国のせいであり、解決 するには先進国に主な責任があります 。
  • 13. 20092009 年年 G8G8 サミットサミット  1)「コペンハーゲンで世界的、野心的、 総合的な合意を結ぶように全力をあげ る」  2)「他の先進国や発展途上国に共通だ共通だ が差異がある責任が差異がある責任という概念に基づいて 活発に努力するように呼びかける」  3)「数多くの科学者が、世界の平均気 温が産業革命前のレベルから2度を越え て上昇すべきではないと認識しています。 世界全体で 2050 年までに温暖化効果ガス 排出量を半減するように合意しました。  4)「ガス排出量はできるだけ早くピー クすべき。先進国が先進国が 20502050 年までに、年までに、 19901990 年比あるいは近年比で80%削減する目年比あるいは近年比で80%削減する目
  • 14. G8G8 サミット直後の重要経済国サミット直後の重要経済国 フォーラム(フォーラム( Major EconomiesMajor Economies Forum, MEFForum, MEF ))  バリ会議での合意と 2008 年洞爺湖サミットの 合意を受けてコペンハーゲンで議定書を結ぶ ため強く努力するように合意します。  「平等で共通だが差異がある責任共通だが差異がある責任と各自の能各自の能 力に従って力に従って」。 – 先進国は野心的、長期的な目標を目指して活発な中 期目標数値を発表することでリーダシップを取るこ とを合意。 – 発展途上国は中期的にガス排出量を抑えるために従従 来通りではない意味ある行動を直ぐ取ります。来通りではない意味ある行動を直ぐ取ります。 – ガス排出量はできるだけ早くピークすべきだが発展 途上国ではピーク年までの時期は先進国より時間が かかります。
  • 15. G8G8 サミット直後の重要経済国サミット直後の重要経済国 フォーラム(フォーラム( Major EconomiesMajor Economies Forum, MEFForum, MEF )) – 発展途上国は社会的、経済的な開発と貧乏 根絶を最優先します。持続可能な開発 (sustainable development) のために低炭素社 会の実現が不可欠だということを認識しま す。 – 科学が世界の平均気温が産業革命前のレベ ルから2度を超えるべきではないとしてい ることを認識します。 – バリ行動計画を背景にしてバリ行動計画を背景にして今からコペン ハーゲン会議まで、 2050 年までに世界のガ ス排出量を本質的に削減するよう先進国と 発展途上国が協力します。
  • 16. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年9月年9月 11 日日 現在)現在)                 米国 2012 年 3%削減(3%削減( 20052005 年比)年比) 2020 年 17%削減(17%削減( 20052005 年比)年比) 2030 年 42%削減(42%削減( 20052005 年比)年比) 2050 年 83%削減(83%削減( 20052005 年比)年比)
  • 17. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年年 88 月月 11 日日 現在)現在) 日本 2020 年 25%削減(1990年比)25%削減(1990年比) 2050 年 60-80%削減60-80%削減
  • 18. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年年 88 月月 11 日日 現在)現在) ドイツ 2020 年 40%削減(40%削減( 19901990 年比)年比) 2050 年 50%以上の削減(50%以上の削減( 19901990 年比)年比)
  • 19. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年年 88 月月 11 日日 現在)現在) フランス 英国 イタリア 2020 年 20%削20%削 減減(( 19901990 年比)年比) 34%削34%削 減減(( 19901990 年比)年比) 20%削20%削 減減(( 19901990 年比)年比) 2050 年 80%削80%削 減減 (( 19901990 年年 比)比) 80%削80%削 減減(( 19901990 年比)年比) 80%削80%削 減減(( 19901990 年比年比
  • 20. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年年 88 月月 11 日日 現在)現在)  インド: 2020 年までにエネルギー効率 改善する計画を様々分野で行っていま す。  メキシコ:  2050 年までに50%削減 ( 2002 年比); 2012 年までに全エネ ルギー需要の25%は再生可能エネル ギーから
  • 21. 重要経済国の温室効果ガス排重要経済国の温室効果ガス排 出量の削減計画 出量の削減計画 (( 20092009 年年 88 月月 11 日日 現在)現在) 中国中国  2005 年― 2010 年、エネルギー効率性の20%改善を計画 (だが実現は困難)。 2008 年省エネルギー法が強化され ました。1,000企業を対象にして、エネルギー削減目 標数値を設定。新しい建物は 2020 年までに全エネルギー 供給の15%は再生可能エネルギーから。 北京市内北京市内  2008 年以降、新しいビル建設許可を得るためには65%の エネルギーの消費減少が義務付けられる。  温暖化ガス排出量が多いバス 10,000 台、タクシー 50,000 台 を廃棄し、欧洲環境基準に合うバス 20,000 台と天然ガス使 用バス4,000台が導入されました。  2009 年末までに公害が多い100,000台の自動車を廃 棄する計画。
  • 22. アメリカと中国は現在全世界の温室アメリカと中国は現在全世界の温室 効果ガス量の40%を占めます。効果ガス量の40%を占めます。 CO2CO2 排出の場合排出の場合 中国は昨年世界トップになりました中国は昨年世界トップになりました 。。 コペンハーゲン会議は成功か失敗かということにつコペンハーゲン会議は成功か失敗かということにつ いていて 米中関係によるとの見解は世界中に広がっています米中関係によるとの見解は世界中に広がっています 。。 9月22日中国は国連新しい環境対策を発表する。9月22日中国は国連新しい環境対策を発表する。
  • 23. 先月、米中の気候変動・エネルギー・環境の先月、米中の気候変動・エネルギー・環境の 協力を強化するのに協定を結びました。協力を強化するのに協定を結びました。  エネルギー効率性  再生可能エネルギー  クリーン石炭( Clean Coal )  電気自動車、バスの導入  電力グリッドを現代化  新グリーン技術を研究、開発  空気をきれいにする  水道制度  自然、特に湿原の保護  気候変動を「戦う」
  • 24. これからの米中関係。。。 気候変動に関して「共通だが差異ある責任」「共通だが差異ある責任」との意味 は争点ですが、オバマ大統領は「継続的な協力は 21 世 紀の歴史に影響を与えます」。ケリー上院議員は「米 中の地球温暖化効果排出ガス量に対する協力は世界的 な解決策の鍵です。」 ところが米国下院議会は 2020 年までにガス排出量を制 限しない国の輸入品に対して関税に付けるということ を現在議論中。中国、インド、それから国連はこれを 強く反発しました。 アメリカの国会、特に上院議会はコペンハーゲン会議 前何か発展途上国に対して決議を許可するかどうか論
  • 25. では、これからどうなりますでは、これからどうなります か:か: コペンハーゲン会議までコペンハーゲン会議まで 44 ヶ月間のヶ月間の 動きと期待動きと期待
  • 26. 最近の動き:日本に対する海外報 道  選挙前、麻生総理の発表された排出ガス削減中期目標は( 15%削減、2005年比)国連、 EU, 発展途上国に批判 されました。「非科学的、野心的ではない目標です。日本 は地球温暖化に対して政治的なリーダーシップを取ってい ない」。  選挙後:鳩山総理は環境フォーラムに出席している国連、 IPCC の代表者の前で「25%削減、1990年比」と再 確認。  国連を初めて、世界、日本の有力環境 NGO 、 EU 、発展途 上国は大歓迎。 COP15 主催しているデンマークは「日本 は野心的な目標を設定することは一歩前に進んだ。他の国 に影響を与えると期待します」と言いました。  Greenpeace は「日本の新中期目標発表はすべての先進国か らのひさしぶりの政治的なリーダーシップの表れ」  WWF 「新首相となる鳩山代表の勇気を歓迎する。日本政 府に初めて自らリーダーシップを発揮でくる首相が誕生す
  • 27. 最近の動き:日本に対する海外報 道  海外マスコミの殆どうは鳩山総理の政治的な リーダシップを表したことを報道した。ただ 、中期目標を実現するため、日本マスコミと 同様に実際問題、政策の矛盾点、と財界の反 発も報道した。  特に経済を中心にしている米英国新聞と雑誌 は消極的、悲観的に中期目標を見て、問題点 を大きく指定しました。「高速道路を無料化 して逆に温暖ガス量は大幅増加する」、「民 主党の目標を実現するためには、国内全体で 190兆円以上の費用が必要と経済産業省が 計算した」と経団連の反発を Financial Times (英国新聞)と Forbes( 米国雑誌に載せ られた。
  • 28. 在日外国人記者は個人的にどう見ているか:取材した コメント 「日本はやっと政治的なリーダシップを示した」。 ( ア ジア人の記者 ) 「鳩山は Japan   Inc. に反対することによって、独立的 な勇気を示した。経団連に支配されている日本政治の 時代が終わっているのか」 ( フランスの記者 ) 「実現できなくても、大切な支持メッセージを米国と中 国に伝えました。米国はオバマではなくて鳩山さんの ような政治家が必要です。」米国人記者 「何で日本の財界が反対しているのかちょっと分からな い。日本のグリーン技術、特にソーラー、 hybrid 車は 世界で No. 1.日本は25%のカットを実現するのは 全く問題はない」。オーストラリア人の学者 「経団連の反対は半分マスコミのパフォーマンスだけ。 日本の政府は25%カットを実現するため、日本企業 にいろいろな形で捕助金を絶対出します。グリーン技 術の研究、開発、と販売は日本の国策ですから成功し ます」。英国人記者 「政治的に意味があるけど、どうやっていけるのか未だ
  • 29. 国際的な交渉機会がまだまだあり国際的な交渉機会がまだまだあり ますます  国連: 9 月国連代表バンコク市で会合。コペン ハーゲンに向けて交渉。  9月22日国連総会、 G20 サミット直前、米 国でコペンハーゲン会議についての首脳会談。  9 月 24 日ー 25 日、米国ピッツバーグ市 G20 サ ミット(発展途上国は6月に先進国が 2020 年までに40% 削減するよう( 1990 年比)求めたが、 7 月の G8 サミット、重 要経済国フォーラムでは触れなかった)気候変動に適応 するため、財政的、技術的な枠組みをどのよう な形でコペンハーゲン議定書に盛り込むか、が
  • 30. 国際的な交渉機会がまだまだあります国際的な交渉機会がまだまだあります  11 月シンガポールで APEC 会議。その直前 、オバマ大統領は来日予定。「コペンハーゲ ン会議を成功させるため日米は何ができる か」がテーマの一つ  コペンハーゲン会議中、交渉が行き詰まった らオバマ大統領を含めて、 G8 あるいは G20 の首脳も行く可能性。( COP3 の会議が失敗 しそうだったとき、アル・ゴア副大統領(当 時)が出席した。
  • 31. では、日本の役割?では、日本の役割? (海外マスコミの見方)(海外マスコミの見方)  京都議定書の母国日本は「後任」のコペンハー ゲン議定書の合意のために特別な責任がありま す。  民主党は 2020 年までに25%削減( 1990 比) との約束を守りましたから、12月まで、鳩山 政権は米国、中国に2007年のバリ合意に従 うように政治的な圧力をかけることが大事です 。
  • 32. では、日本の役割?では、日本の役割? (海外マスコミの見方)(海外マスコミの見方)  ただ、日本はこれから政治的なリーダシップ別 にして技術的なリーダシップを取ることができ ます。ソーラー発電力、電気車、それから水道 、水管理シイステム技術の分野で日本の企業は 既に世界で No. 1。発展途上国に日本の技術を どう移動できるのか日本政府、企業は真剣に考 えて欲しい。  日本の「もったいない」文化は世界はどこまで 勉強できますか。特にエネルギー効率性世界
  • 33. 世界の世界の NGONGO の役割・特徴の役割・特徴  1997 以来、国連の環境会議に参加してい る国際 NGO 団体数は増加。  海外メデイァは各政府の代表者の取材並み に特定の NGO 代表者を取材するようにな りました(特に英国、欧洲の新 聞、 BBC )  有力 NGO は政府との直接的な交渉、会談 が当然になってきました。  国際 NGO 代表者の数人は大手マスコミの 経験者。ですからマスコミへの対応は政府 、民金企業より早い。  最近、有力環境、持続可能開発の国際 NGO が民間企業より、経済、財政に詳し いことは珍しくない。( MBA を持ってい
  • 34. コペンハーゲン会議への海外コペンハーゲン会議への海外 NGONGO の活の活 動動  コペンハーゲンまでの関連会議(各国連会 議、 G20 、 APEC )に際し、 2007 年の IPCC 報告 とバリ行動計画に従うように先進国に圧力をかけ ます。  発展途上国、特にアフリカ、南米に向けて、気候 変動に適応するために先進国から資金制度と持続 可能開発のために新投資を求めます。 EU,   G20, 国連、国際通貨基金、世界銀行などにロビー活動 。  メデイァに対して最新技術を通して情報発信(ブ ログ、 Facebook,Twitter, Tweeter).
  • 35. コペンハーゲンまでの日本のコペンハーゲンまでの日本の NGONGO 活動活動  環境問題、特に地球温暖化問題に詳し い日本の NGO は気候ネットワーク(京 都)、 WWF 日本支部(東京)、グ リーンピース。国際会議で情報収集し たり、英語でニューズレーターを発効 したり、国際活動者、 NGO と提携して います。海外、日本国内(日本外国人 特派員協会)で英語の記者会見をして います。昨年 G8 サミット直前、日本、 海外の環境 NGO は総理大臣と会談。
  • 36. 20092009 年年 66 月月 1010 日ボンで国別作業部会で日ボンで国別作業部会で 国際国際 NGONGO は以下の作った「号外」はは以下の作った「号外」は 1,0001,000 人ぐらいの国際メデイァに配られました。人ぐらいの国際メデイァに配られました。
  • 37. COP15COP15 に向けて注目すべきに向けて注目すべき 点点  コペンハーゲン議定書で先 進国の地球温暖化・気候変 動対策は結局どこまで科学 な結論に基づいているか。  ピーク年をいつに設定する か  発展途上国は科学的に意味 ある削減を実現するため、 どのような行動に合意する か  米国議会は国内のためのい わゆる Green New Deal を許 可するか。コペンハーゲン 会議直前、上院議会は発展 途上国に対して厳しい決議 を採択するか。  気候変動を抑えたり、適応 したりするための資金枠組 みを設定できるか。  CO2 を減らすため炭素取 引の導入はどこまで効果が あるか
  • 38. COP15COP15 に向けて注目すべきに向けて注目すべき 点点  190 カ国の優秀な国連代表者はコペン ハーゲン会議で野心的、理想的な科学 的に意味がある合意を実現できても、 日常レベルで先ず私、一人の人間とし て温暖化に直面したり、資源がなく たった地球をどう助けられるのか。
  • 39. 御静聴ありがとうございま御静聴ありがとうございま す!す! THANK   YOU!!
  • 40. 参考資料1参考資料1 ::  用語 用語  共通だが差異がある責任: Common but differentiated responsibilities  継続可能な開発 Sustainable Development : 環境、資源保 存、効率性を最優先、経済的な 開発。  Capacity Building: アフリカで よく利用されている表現。ハー ドのインフラを建設後、教育、 観察、管理の支援も提供するこ と。  CCS (Carbon Capture and Sequestration) 電力会社の排出 ガスを摑まって地下に保管する こと。  IPCC-Intergovernmental Panel on Climate Change: 国連を勧告 する地球温暖化・気候変動の科 学者(日本人 3 人を含めて)。 7 年毎に総合的な報告書を公開 します。次の報告書は 2014 年  Annex I Countries: 国連用語: 大体先進国  Annex II Countries: 国連用語: 大体発展途上国  Waxman-Markey: いわゆる米国 の Green New Deal  (参考資料 2)
  • 41. 参考資料2:  参考資料2:   Waxman-Markey Bill orWaxman-Markey Bill or The American Clean Energy and Security Act ofThe American Clean Energy and Security Act of 20092009  2009 年 3 月 31 日下院・エネルギー商業委員会の Waxman 委員長は「 American Clean Energy and Security Act] を下院議会提出しました。 6 月 26 日可 決されて現在上院議会で議論中。 10 月か 11 月ごろ 可決か否決になる。  焦点  1) 2012 年から電力供給会社の電力量の6%は再生 可能エネルギーから、 2025 年までに25%。  2)全国の温室効果ガス排出量の87%を制限。こ れにより、 2020 年まで15%の削減( 2005 年比)  2) CCS を促進します。  3)電気自動車、電気バスを導入する地自体への補 助金
  • 42. 参考資料3: 参考資料3:  COP15COP15 関連ホーム関連ホーム ページページ  http://en.cop15.dk/ COP15 公式サイト、世界中から COP15 関連ニューズが毎 日載せられる。  http://www.kikonet.org/日本で地球温暖化について一番詳しい環境 NGO 気候 ネットワークの公式サイト。コペンハーゲン会議についての日本、海外の 情報は一番多いです。  http://www.knowledge.allianz.com/scorecards_2009: WWF (Worldwide Fund for Nature) と Allianz との NGO は 2009 年 G8 、 G20 の気候対策を分析、評価 した結果。  http://www.us-cap.org/ The American Climate Action Partnership 公式サイト。温 暖化対策に積極的な企業グループとして3大自動車メーカー、鉄鋼メー カー、化学メーカーなど 28 団体で構成される。この団体の対策と Waxman- Markey 法案は同様な点が多いです。コペンハーゲンでロビー活動がは可能 。