まだ不思議な国2:
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

まだ不思議な国2:

on

  • 536 views

 

Statistics

Views

Total Views
536
Views on SlideShare
536
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

まだ不思議な国2: まだ不思議な国2: Presentation Transcript

  • まだ不思議な国: 欧米と戦後日本 イメージと現実 英字新聞ジャパンタイムズ 大阪支局次長 エリック・ジョンストン 京都外国語大学 2007年5月23日
  • 欧米で昔から 不思議な国日本のイメージ Jonathan Swift (1726), ``Gulliver’s Travels’’ (政治的社会的な 風刺。日本以外、訪問された国は想像的なのです。 Lafcadio Hearn, writing in 1890 : ``As first perceived, the outward strangeness of things in Japan produces (in certain minds at least) a queer thrill impossible to describe—a feeling of weirdness which comes to us only with perception of the totally unfamiliar.’’ Victor Hugo: ``Japan is the child of the world’s old age.’’ Henry Adams, writing from Japan in 1886, ``Positively everything in Japan laughs.’’ Oscar Wilde: ``The whole of Japan is pure invention.’’
  • 戦後、「米国の時代」で 日本がどう見られていますか  戦後直後:「暴力的な敵から穏やかな見方まで」 1945年ー1952年アメリカのマスコミ、政府、それ から「日本専門家」は「日本人たちは基本的に平和なの ‘ ’で 正しく 教育されたら戦前のような軍事主義は繰り返 されない」ということを強調しました。 でも、日本人は基本的に平和な国民だったらなぜ戦争に 入ってしまいましたか。 「昭和初期まで日本は民主主義の道に進んでいたけど、一 ‘ ’部の極端な陸軍、海軍の方が日本を 拉致して 間違えた 道に強制的に連れました。ですから私達米国人は日本を 民衆主義の本当の意味を教える義務があります」 以上の考えを前提として米国人記者、Hollywood などの映画は日本という国を米国に伝えました。
  • 戦後直後のイメージ管理  1945年ー1952年まで在日米国マスコミ は占領軍事で検閲されたところが多いでした。  戦後直後の在日米国記者たちは「日本は思った より弱い国で一般日本人可愛そうです」との態 度がよくありました。それから日本人たちは在 日米国人に対して親切で占領を意外に歓迎して いたみたいですから反日本イメージを伝える理 由はないと思われていました。  「日本は不思議な国ですが今アメリカの見方 だから友好的に取材しよう」との考えが常識 になりました。
  • 戦後日本は どう米国に伝われましたか?  米国マスコミは日本がもっと米 国のようになりたいだと考えた。 特に民主主義、言論自由、男女 平等、資本主義のような価値観 が一般日本人たちが望んでいる ということをよく報道した。 「日本は小さなアメリカになり たい」とのイメージを伝えた。  Hollywood の場合、芸者、侍の 文化がある日本はまだ神秘的な 国民とのことよく伝えました。 古い歴史とわけが分からない価 値観があります。  基本的に日本の関連する Hollywood 映画は二つのタイプ :  「芸能映画」と「大衆映画」。  芸能映画は「広島 Mon Amour 」。 影響は知的な方の中。  「大衆映画」は Teahouse of the August Moon.
  • 1950年ー1964年のイ メージ 冷戦時代で日本はアメリカの仲間。芸者、侍のイメージ が現代化になってきました。「現代侍」とのものはやは り大手企業のサラリーマン。米国マスコミは日本の経済 成長についての取材があったから戦争回復の早さについ て米国人が驚いています。「日本人たちはアメリカ生 活並みになるためよく頑張っていますね」というよ うな言外な意味の記事がよく見られました。  60年代:一部の共産主義に絡んでいる日本人は反戦争 、反日米安保ですが、殆どの日本人は「経済第一」です。 1964年東京オリンピックの開催によって日本は戦争 に回復したとの報道日本、海外で多かった。この時代も 「日本は経済的だけではなくて技術的に段々米国企 業とのライバルになるでしょうか」との一部のマスコ ミを報道しました。
  • 1965-1972年のイメー ジ  「反戦争日本」との情報が増加。  ベトナム戦争は60年代後半から深刻化になっ て日本国内の反対運動は強くなりました。米国 のマスコミは「日本はまだ経済成長を最優先 しているですが共産主義を支持している若 者たちの一部がベトナム戦争を大反対して います」との観点から日本の社会を取材しまし た。  でも、沖縄米国基地からべトナムへ飛んで空爆 している米国空軍に対しての反対運動は若者だ けではなくていろいろな日本人が支持しました。 この事実は在日米国マスコミが真剣にかからな かったけど米国学者たちがよく分かりました。
  • 1965-1972年  沖縄の返還:日本にとってこれは大きな動きで すが米国マスコミは「沖縄を日本に返還する ことが必然でした」。それから返還しても基地 がまだ存続することが分かったから一般米国人 が「返還後は基本的に何も変わらない」との 報道をよく読みました。  戦争、軍事のニューズ以外、日本の環境問題、 特に水俣病の問題は世界中に伝われました。  しかしどうしても「経済大国になっている日 本」とイメージがまだ一番強かった。  と、米国人には一番印象的な日本は米国マスコ ミに出ている日本ではなくて「ゴジラ」映画に 出ている日本です。
  • 1972年ー1980年  貿易摩擦が始まっているところです。「日本は ある分野で米国より強い。特に鉄鋼産業、自 動車産業。」  日本の専門科、特にハーバード大学の Ezra Vogel 先生、は「アメリカの産業は日本から 勉強すべき」と言っていました。これはまだ戦 後直後の日本のイメージ、侍、芸者のイメージ が残っている一般米国人には信じ難い話でした 。  この時代で政治的にはロッキード事件以外、あ る程度穏やかですが経済的に難しくなってきま した。日本の企業は自由に米国市場に入ること できるけど米国の企業は日本市場に入られない 例をよく米国マスコミに出た。「日本は不平な
  • 1972年ー1980年  文化的なイメージはまだ芸者、侍と「ゴ ジラ」が強いですがそれと同時に「空 手」と「アニメ」のイメージもありまし た。「空手」はブルース・リーの映画の 成功でたくさん米国人は空手だけではな くて合気道も発見した。それを勉強のた め来日した米国人が増加してきました。  アニメーの場合、全米で二つの日本アニ メは大人気でした「マーハ・ゴ・ゴ・」 と「ギャマロン」は熱心なファンがあっ て因みにマーハ・ゴ・ゴは現在映画化に
  • 1980年:「将軍」の現象  1980年の初めごろ、全米国で「将軍」とい うテレビドラマが放送されていました。160 0年の日本を舞台として歴史事実を基にした番 組でした。予想より大ヒットでした。もちろん 、芸者、侍の日本のイメージを強化したけど、 以前の日本に関連する報道と日本を舞台にした 映画と違って「将軍」は日本人の個人性をよく 伝えたと思われました。  「将軍」の理由で米国人たくさん(私を含め て)もっと日本のことを勉強するように興味深 くなりました。
  • ですから80年代に入って一般米国人は 現代日本のイメージは不明ですが 昔の「サムライ」「芸者」のイメージが まだ強かった。 米国マスコミは 「将軍」の成功を参考にして 「日本は現代サムライ、現代芸者のい る不思議な国」 というような頭の中見方で取材したケー スが沢山見えました。
  • 1980-1992年 「日本の時代」  1980年の初めごろ日本の企業の成功 の鍵を勉強したい米国人が急増しました。 それと同時に「米国産」とイメージは悪 化して米国企業は日本の企業に対して劣 等感がありました。  米国の鉄鋼産業、自動車産業の失業率が 上がり「競争相手日本の企業はフェア ではないか」との批判があったから日米 貿易摩擦は大きなニューズでした。
  • 1980-1992年 「日本の時代」  米国マスコミはどう「日米貿易摩擦」を取材したと き「戦争の言葉」をよく使用しました。例えば: 「大日本は再びアメリカを攻撃している」「ヤンキ ー(米国人)対サムライ(日本人)の現戦場は経 済」というような新聞見出し、テレビ番組はよくあ りました。ですからある一般米国人にはまた日本は 敵になったかとのイメージが強くなりました。  でも、それと同時に「将軍」の文化がありながら経 済力がある日本は米国人、特に経済、技術に興味あ る大学生にとって日本は敵ではなくて「先生」でし た。大学では「日本語ブーム」があった。「将来は 日本の時代だから日本語、日本の経営し方を学ぶべ きです」と思った大学生、学者、マスコミは当時多 かった「ガン・ホー」との映画は大人気でした。
  • バブル時代日本のイメージ  「日本はお金持ちですね」1986-199 1年まで日本の経済は世界中に有名になった。 物価は世の中一番高い東京とのニューズは米国 のマスコミによく出た。「奈良市では金ぱく が入っているコーヒーは50,000円」 「皇居の土地はフランスより値段が高い」「あ る企業にはある新入社員の年俸は千万円」な どの記事がよく見られた。  日本国内世論調査によると一般日本人はお金持 ちと感じなかったけど来日したばかりか東京し か見ていない外国人観光者は大変お金持ちだと 思った。「日本人はわがままだから自分がお 金持ちということを認めたくはないでしょ う」と思いつけていた外国人が多かった。
  • 「現在の豊かな日本は昔の苦しい時 代を忘れている」 米国マスコミ、日本と東アジア  バブル時代で日本はもっともっと世界に出てい ることに当たって「まだ未解決な歴史問題」が 段々出てきた。慰安婦問題、靖国 A 級犯罪者、 南京虐殺事件について「日本はお金持ちになっ たけど歴史を忘れている」との米国マスコミ の記事は見えるようになった。冷戦はヨーロッ パで終わりましたから戦前、戦中と戦後のまだ 未解決問題を日本を指導して解決すべきだとい うような記事も見た。でも日本はドイツほどち ゃんと攻撃した国に対して謝罪していない。 「日本人は日常的によくお詫びするけど、重 要な問題にお詫びをできない。無責任です ね」と一流米国マスコミがこの風によく報道し
  • 失われた10年間と現在  バブル時代は1992年ごろ崩壊して不景気は 大体2002年まで続いていました。ですから 90年代は「日本の失われた10年間」と米国 マスコミは結局判断しました。80年代と違っ て米国人の中日本のイメージは「怖いそうな 国」ではなくて「可愛そうな国」になりました 。  それと90年代は米国マスコミは日本社会の極 端なところを報道する傾向がありました。例え ばニューヨークタイムズ紙は「援助交際」「ポ ルノ漫画」「愛情は無い結婚は日本で普通」の 記事をよく取材しました。つまり「まだ不思議 な国だけではなくて変な国」とのイメージを示 した。米国マスコミは一般日本人を馬鹿にして いるとの思っていた在米日本人は批判しました
  • 可愛そうな日本のイメージから クール・ジャパン(素敵な日本、 素敵な日本人)まで  野球外交:野茂、 ICHIRO の意味:  日米共通点はやはり野球。野茂と ICHIRO のメ ージャーリーグで大成功で日本人も個人性が強 いとのことを全米で分かった。「日本は不思議 な国かも知らないけど野茂と ICHIRO のような 日本人がいること凄いですね」との見方が一般 米国の中普及した。 野茂と ICHIRO のおかげさまで「失われた10年 間日本」のイメージを解消した。
  • 可愛そうな日本のイメージから クール・ジャパン(素敵な日本、 素敵な日本人)まで  アニメ天国日本:米国の若者は日本製の漫画、 アニメとビデオゲームが大好きになって「日本 の漫画は世界一番深くて質が高い」とのイメ ージを広がった。漫画は日本の大事な文化の一 つだということが一般米国人と日本専門家が認 めました。  最新技術天国日本:秋葉原、大阪のでんでんタ ウンで他の国に手に入らない電気製品を買える ということが世界中の「おたく」の中有名にな
  • ですから、現在(2007年) 一般米国人はどのように 一般日本人、日本の社会を 見ているのか との質問を答える前、 三つの点を 計算に入れなければいけません
  • ( I)  世代によって違います  70歳以上の米国人は戦中、戦後直後の 日本のイメージは未だ強いです。「クリ ント・イーストウードの映画」のイメー ジ強いでしょう。  40歳ー70歳:戦後日本のイメージ、 歴史問題、バブル時代の日本のイメージ と思い出が強いでしょう。  40歳以下ー漫画、アニメ、クール・ ジャパン、野茂、 ICHIRO のイメージが一 番強いでしょう。
  • ( II)  地域によって違います  原則として米国で日本、日本人について一番関 心が高いところは東海岸(ニューヨーク、ワシ ントン D.C 。ボストン)と西海岸 ( ロス、サン フランシスコ、シアトル)だと思います。もち ろんハワイで特に興味が高い。  どちらかとういと西海岸のほうが東海岸より 「現実的なイメージ」があるでしょう。これは 西海岸では日経人と日本人の人口は全米で一番 多いわけです。
  • ( III)  教育レベルによります 残念現在一般米国人は前より日本だけではなくて海 外に興味がないとのことはよく報道されています。 80年代に比べると日本、日本語を勉強したい人数 は確実に減少しました。9・11以来一般米国人は 「海外は怖い」とのイメージが強かった。 しかし、海外に興味が強い米国人は日本にも興味が あります。日本の物価は高いですから日本に行きた い米国人は割りにお金もちで高い教育レベルがある でしょう。クール・ジャパンのおかげさまで日本語 に興味がある方は最近増えている傾向がありそうで すが 80 年代な日本語ブームほどではありません。
  • それにあわせて現在、 欧米マスコミの五つの基本考えは以下 1)技術の天国 2)戦争犯罪者の国 3)クール・ジャパン 4)経済大国 5)伝統文化(富士山、サムライ、芸者、歌舞伎 など)
  • 戦後直後から現在までの共通イメー ジ  芸者、サムライのイメージはまだ完全に解消して いない「ラスト・サムライの映画」  戦争時代の日本のイメージはまだ残っています。 (クリント・イーストワードの映画、戦争の未解 決問題の新聞報道)  日本は超現代化してきたけど、やはり日本人は何 か不思議、神秘的、変なところがある(ロスト・ イン・トランズレーション、バベルとの最近の映 画とクール・ジャパンに関する報道の中の決め付 けが現れています。)
  • 絶望している在日欧米マスコミ 1991 年以来、在日欧米外国人記者は約 400 人から 250 人まで下がった 欧米マスコミの東京支局数は 1991 以来約50ら1 4まで下がった。 このことはなぜ日本にとって問題ですか 海外マスコミが Hollywood やフィクションの作家 と違って現実的に日本を報道するように努力す る義務があります。日本に対する深くて現実的 な情報が少なくなれば明治時代のような「不思 議な国日本」なイメージが欧米に続く恐れがあ ります。
  • THANK YOU!!!!!