Your SlideShare is downloading. ×
2011spring guidance01
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

2011spring guidance01

2,169
views

Published on

Published in: Education

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,169
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 平成23年度前学期・教育学部生徒指導論01
    富田英司
    愛媛大学教育学部
    1
  • 2. 本日の内容
    受講要件
    生徒指導とは
    授業概要:到達目標,単位の認定方法
    連絡事項:PCの活用,参考書
    プレテストの代わりに
    2
  • 3. この授業を受けるための大前提
    教師を本気で目指していること
    我が国は質の高い教員を切望
    教員養成課程の維持には莫大な予算が必要
    教師になりたいということが前提
    教員採用試験を来年度受けない者は考え直すこと
    専門家養成のための授業内容
    教師として必要な資質に関する授業内容
    教員採用試験対策
    3
  • 4. 生徒指導とは
    1956「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」
    教育委員会の職務として「生徒指導に関すること」が規定された。
     「生徒指導とは、生徒児童幼児の健康、性格、社会性、公民性及び余暇利用等に関し、教師の行う生活指導、躾をいう。」
    1988 生徒指導資料第20集(文部省)
    「一人一人の個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力・態度を育成し、さらに将来において社会的に自己実現できるような資質・態度を形成していくための指導・援助であり、個々の生徒の自己指導能力の育成を目指す」
  • 5. 生徒指導の7側面
    ①学業指導
    ②個人的適応指導
    ③社会性・公民性指導
    ④道徳性指導
    ⑤進路指導
    ⑥健康・安全指導
    ⑦余暇指導
    キャリア教育
    生徒指導の行われる場面
    • 三つの領域と一つの時間
    • 6. 各教科
    • 7. 道徳
    • 8. 特別活動
    • 9. 総合的な学習の時間
  • 授業の特徴
    テーマ
    「キャリア教育」
    「適応(いじめ・不登校)」
    「コミュニケーション力」・・・自己基盤と関連
    書く力の育成を通した自己構築
    理想とする教師像
    子どもの言動から,その背後にある人間関係のネットワークを読み取る力のある教師
    他者と協同し,楽しく学び続ける教師
    6
  • 10. 到達目標
    (1) 生徒指導の定義と役割について説明することができる。
    (2) キャリア教育や不適応,個に応じた指導に関する現状と対策について説明することができる。
    (3) 児童・生徒の声に耳を傾け,一人の人間として向かい合おうとする態度を形成する。
    (4) 生徒指導の基礎になるコミュニケーション力を獲得する。
    7
  • 11. 単位の認定方法 他
    • 成績評価における得点の配分
    授業への積極的参加30%
    提出物 30%
    テスト等  40%
    • 評価の条件
    ○出席3分の2以上  ○テストを受けること
    • オフィスアワー:月曜3限5限
             本館3F/305
    • Eメール:tomida@ehime-u.ac.jp
    • 12. 出席:黒のボールペン等にて自署
  • PC等を活用した学習
    HPから資料をダウンロード
    http://www.edupsych.ed.ehime-u.ac.jp
    http://www.slideshare.net/EijiTomida
    Office2007以降のファイルを読む方法
    “office online”で検索->「ダウンロード」
    Office互換機能パックをインストール
    ツイッター
    修学支援システム
    携帯またはPCメールに転送設定をしておくこと
    大学のメールは平日は毎日チェックすること
    PDAやPCを授業中にも活用してください
    ->授業のスライドを授業中にDLして書き込み
    ->分からない語はすぐ調べる
    9
  • 13. プレテストの代わりに:教師像の構築
    先生が「大人」であること必須
    子どもには子どもを指導できない
    「大人」であることとは?
    どんな教師の言うことを子どもは聞くか?
    どんな教師の言うことを聞かないか?
    どんな教師が子どもから相談されるか?
    教師像の構築
    自分の考えをシートに記入
    最低3人の他の受講生と意見交換 -> シートに記入
    意見交換の方法
     ①挨拶,②自己紹介,③依頼,④意見交換,⑤お礼
     ※目が合ったら話しかける,立ち止まらない,ゆっくり動く,ゆっくり丁寧に話す,はっきり話すことが重要
    10
  • 14. 本日の課題
    生徒指導提要 第1章を各自読む
    教科書をまだ買っていない人は購入する
    11