エデルマン・マスターナラティブ
「企業が発信すべき重要なストーリー」
マスターナラティブ:
コミュニケーション戦略を成功に導く最強のツール
2
人々は常にストーリーを通してコミュニケーションを図ってきました。しかし企業は、主要なコミュニ
ケーション手段として、キーメッセージのみを重視しがちです。今日のステークホル...
懐疑的になる日本人
日本人の大多数が、3回以上同じことを聞かなければ企業に関する情報を信じない
Q165. [TRACKING] Think about everything you see or hear every day about co...
マスターナラティブとは?
マスターナラティブとは企業が発信すべき重要なストーリーである
• どのような企業か、他社との違いは何か、故になぜ重要なのかを
語る企業のストーリー
• 企業の「人格」を引き出し、アイデンティティを明確にし、コン
センサ...
なぜストーリーなのか?
• 人は事実を覚えない、人が記憶するのはストーリーで
ある
• 人はストーリーや比喩によって複雑な問題を理解する
• 人はストーリーの中に自分を見出すため、ストーリー
テリングは最も説得力のあるコミュニケーション手法
で...
どのようにストーリーを伝えるか?
背景
• 過去がどのように現在に影響を及ぼしているか?
対立
• 成功の妨げとなるものは何か?
利害関係
• 企業や社員、全てのステークホルダーにとっての
問題は何か?なぜそれが問題なのか?
約束
• 戦略を成...
マスターナラティブの構成要素
メディア向け
ストーリー
多チャネル向け
コンテンツ
メッセージ構造
キャッチフレーズ例、
統計、逸話、比喩、
ストーリー
など
メッセージ
プラットフォーム
マスターナラティブ
エレベーターピッチ コアスピーチパ...
既存のコミュニケーション
資料の再考 リサーチ結果とインタビューの再考
第1ドラフト作成
クライアントにドラフトを提出し、
フィードバックを基に修正
1 発見 2 会話 開発
メディアやステークホルダーの
認識をデスクトップリサーチ
クライアン...
マスターナラティブの工程表
開発(英&日)
• エレベーターピッチ
• コアスピーチパラグラフ
• メッセージ構造
• メディア向けストーリー
最終化
• クライアントにドラフト
を提出
• フィードバックに
基づき修正
• 最終化
• 経営陣...
あらゆるコミュニケーションチャネルを利用する
マスター
ナラティブ
マーケティン
グ資料
企業
ウェブサイト
社内コミュニ
ケーション
企業概要
メディアへの
提案
マスターナラティブの活用例
• 各種広報資料
• マーケティング資料
• メディアへの提案
• ソートリーダーシップ
• パブリックアフェアーズ
• 社内コミュニケーション
• M&A後や経営交代後のコミュニケーション
• 社内会議/社員研修
...
ワークショップ
• 目的
– マスターナラティブに対する社員の
フィードバックを集める
– 様々なアクティビティを通して、
マスターナラティブを定着させる
• プロセス
– 参加者にマスターナラティブを提示
– 参加者をグループ分けし、フィード...
エデルマン・マスターナラティブ
「企業が発信すべき最も重要なストーリー」
Copyright ©2013 Daniel J. Edelman, Inc. All rights reserved.
All information containe...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

エデルマン・マスターナラティブ

5,164

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,164
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

エデルマン・マスターナラティブ

  1. 1. エデルマン・マスターナラティブ 「企業が発信すべき重要なストーリー」
  2. 2. マスターナラティブ: コミュニケーション戦略を成功に導く最強のツール 2 人々は常にストーリーを通してコミュニケーションを図ってきました。しかし企業は、主要なコミュニ ケーション手段として、キーメッセージのみを重視しがちです。今日のステークホルダーは企業が発信す るメッセージに対してより懐疑的になっており、企業のメッセージは人々の心を掴んだり、行動を促した りするには力不足になりつつあります。 一方、優れたストーリーは、今日の情報化社会においても企業の存在を際立たせ、ステークホルダーの関 心を引くことができます。
  3. 3. 懐疑的になる日本人 日本人の大多数が、3回以上同じことを聞かなければ企業に関する情報を信じない Q165. [TRACKING] Think about everything you see or hear every day about companies, whether it is positive or negative. How many times in general do you need to be exposed to something about a specific company to believe that the information is likely to be true? (Provide Space to Insert Number) Informed Publics Ages 25-64 in Japan (excludes Don’t Know Responses) 2% 1回 10% 2回 89% 3回以上 (グローバル: 82%) 15% 10回以上 1% 6回から9回 27% 4回から5回 46% 3回
  4. 4. マスターナラティブとは? マスターナラティブとは企業が発信すべき重要なストーリーである • どのような企業か、他社との違いは何か、故になぜ重要なのかを 語る企業のストーリー • 企業の「人格」を引き出し、アイデンティティを明確にし、コン センサスを確立する重要なツール • 事実や証拠、測定可能な結果に基づき、親近感を与える言葉で語 られる • 企業のコミュニケーション活動の基盤となり、統一性とインパク トを高める
  5. 5. なぜストーリーなのか? • 人は事実を覚えない、人が記憶するのはストーリーで ある • 人はストーリーや比喩によって複雑な問題を理解する • 人はストーリーの中に自分を見出すため、ストーリー テリングは最も説得力のあるコミュニケーション手法 である • ストーリーは静止画ではなく動画であり、インスピ レーションと対話を生み出す 基本的な3つの質問: 1. What do you stand for? 何を主張するのか? 2. How are you different? どのように違うのか? 3. Why does that matter? なぜ重要なのか? 企業が何をし、どこへ向かい、何を重んじているか、またそれらの理由を説明する
  6. 6. どのようにストーリーを伝えるか? 背景 • 過去がどのように現在に影響を及ぼしているか? 対立 • 成功の妨げとなるものは何か? 利害関係 • 企業や社員、全てのステークホルダーにとっての 問題は何か?なぜそれが問題なのか? 約束 • 戦略を成功させるために、どのような目的に向 かって、いかに努力しているのか? 成果 • 企業にとってどのような意味があるか?企業活動 を利益に変えるにはどうすればよいか? ストーリーとコンテンツの発見手法
  7. 7. マスターナラティブの構成要素 メディア向け ストーリー 多チャネル向け コンテンツ メッセージ構造 キャッチフレーズ例、 統計、逸話、比喩、 ストーリー など メッセージ プラットフォーム マスターナラティブ エレベーターピッチ コアスピーチパラグラフ 企業の魅力を30秒で伝え るストーリー コアスピーチパラグラフ を主題ごとに膨らませた ストーリー。主張の裏付 けとなる事実やデータを 備える。 メディア・アウトリーチ に利用するための一連の ストーリー エレベーターピッチを 補足し、深みを与える 1ページのストーリー 社内・社外における全て の企業のコミュニケー ションに利用するための マルチメディア・コンテ ンツ(オーディオ、ビデ オ、画像など) メッセージ プラットフォーム メッセージ プラットフォーム キャッチフレーズ例、 統計、逸話、比喩、 ストーリーなど キャッチフレーズ例、 統計、逸話、比喩、 ストーリー など
  8. 8. 既存のコミュニケーション 資料の再考 リサーチ結果とインタビューの再考 第1ドラフト作成 クライアントにドラフトを提出し、 フィードバックを基に修正 1 発見 2 会話 開発 メディアやステークホルダーの 認識をデスクトップリサーチ クライアントとの マスターナラティブ・ ワークショップ/ インタビュー リサーチ結果を発表し、 初期段階の方向性を 協議 マスターナラティブの開発フロー 3
  9. 9. マスターナラティブの工程表 開発(英&日) • エレベーターピッチ • コアスピーチパラグラフ • メッセージ構造 • メディア向けストーリー 最終化 • クライアントにドラフト を提出 • フィードバックに 基づき修正 • 最終化 • 経営陣の承認 1 リサーチ & 情報収集 2 分析 & 統合 3 開発 & 最終化 リサーチ • メディア • 業界 • 競合会社 インタビュー • 経営陣など • 社外ステークホルダー • キーワード 分析 • メッセージ・ マッピング • 国内・海外向 けメッセージ の統合 • 第1ドラフト 提出 • 方向性の確認 活用 • コミュニケー ションやマーケ ティングの担当 者とマスターナ ラティブの活用 法を学び、内容 を議論するため のワークショッ プを開催 4 活用
  10. 10. あらゆるコミュニケーションチャネルを利用する マスター ナラティブ マーケティン グ資料 企業 ウェブサイト 社内コミュニ ケーション 企業概要 メディアへの 提案
  11. 11. マスターナラティブの活用例 • 各種広報資料 • マーケティング資料 • メディアへの提案 • ソートリーダーシップ • パブリックアフェアーズ • 社内コミュニケーション • M&A後や経営交代後のコミュニケーション • 社内会議/社員研修 • メディアトレーニング
  12. 12. ワークショップ • 目的 – マスターナラティブに対する社員の フィードバックを集める – 様々なアクティビティを通して、 マスターナラティブを定着させる • プロセス – 参加者にマスターナラティブを提示 – 参加者をグループ分けし、フィード バックを受ける – 日常業務での活用法を学ぶ – 各グループがシナリオに基づいた活用 案を協議し、発表する
  13. 13. エデルマン・マスターナラティブ 「企業が発信すべき最も重要なストーリー」 Copyright ©2013 Daniel J. Edelman, Inc. All rights reserved. All information contained herein is confidential and proprietary to Daniel J. Edelman, Inc. (“Edelman”). Thank You. エデルマン・ジャパン株式会社 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー7F Tel: 03-6858-7711 Fax: 03-6858-7712 japan@edelman.com
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×