Spring 12’リリース開発者向け新機能Webinar Manager, Developer ProgramsMitsuhiro Okamoto@mitsuhiro   facebook.com/mokamoto      mokamoto...
Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation maycontain ...
@developerforcej / #forcedotcomjpDeveloper Force Japanfacebook.com/developerforcejapan
Spring 12リリースに関する情報を得るには?                                           Webinar録画                                           リリ...
本日ご紹介する内容• Spring 12リリースのプラットフォーム機能 – スキーマビルダの新機能 – Force.com Flow – 開発者コンソールの新機能 – 認証プロバイダ – Streaming API – Apex & Visua...
SchemaBuilder
Schema Builder ‒ ベータ
Force.com   Flow
正式リリース: Cloud Flow Designer
開発者コンソール
(From Apex PM) 容易性とスケーラビリティをエ ンタープライズプラットフォームに届ける  スケール              容易性          拡張性• 信頼性の高いスケール方法     • ライブラリの充実   • 高度な...
開発者コンソール長大なRawログをサポート
ブレークポイントのシュミレーション場所を指定           ヒープをステ                ップ毎に確認
VisualForceコード補完 リアルタイム            Visualforce フィードバッ              サポート   ク
認証プロバイダ
認証プロバイダ機能のフロー既存ユーザのSSO                      ユーザはSSOサイトへ認証 ユーザが既存ユーザSSOリンク                        リクエストと共に をクリック           ...
認証プロバイダ機能のフローSSO 初期化 / ログイン                     ユーザはSSOサイトへ認証  ユーザがSSO初期化リンク                       リクエストと共に  をクリック        ...
Streaming    API
Streaming とは?• Streamingとは、クライアントが単一のリク  エストでサーバからの更新情報を連続的に複数  回受け取る事のできる仕組み – Publish/subscribeモデル –  Push のテクノロジに利用• 例 ...
どのような時にStreamingを使用するか?• データの更新をリアルタイムに近いタイミング  で通知する場合–  状態の変化に応じて行動を起こす ‒ 例)送信アラー ト–  状態の同期 ‒ 例)ブラウザ上でのUpdate• 現在polling...
よく使われるケース• コールセンターやサポートアプリケーション–  Salesforce Service Cloud–  Case上でのテクニカルコールセンタ• 会計アプリケーション– ブローカが株式情報の最新情報を取得• ソーシャルアプリケー...
Polling vs Streaming•  Polling             •  Streaming  – クライアントは継続的にAPI      – クライアントはリアルタイム   を呼ぶ必要がある              に更新...
Trigger vs Streaming• Trigger + future     • Streaming – Trigger でデータの変更時     – リアルタイムに近いデータ  に動作し、そこから              の受け取り...
VisualForce    and   Apex
VisualForceに以下のコンポーネントが追加• <social:profileViewer> – ソーシャル取引先及びソーシャル取引先責任者• <chatter:newsfeed> – Chatterのニュースフィードを表示• Chatte...
Dynamic Visualforce Components• サーバ側でVisualforceページをプログラミン  グし、タグとして埋め込む仕組み – よりインタラクティブ性の高いデザインが可能• Visualforce Page<apex...
VisualForceのView Stateがより最適化• View Stateとは – VisualForceがForm値  を画面間でやりとりする  ためのハッシュ文字列  • Form要素が増えるとそのたびにView Stateがやりとり...
Testクラスの挙動変更及びアノテーション• @isTestアノテーションがついたテストクラスを実行し  た場合、デフォルトでは実データを読まななくなった –  Test.startTest()呼び出し前にデータを作成• @isTest(See...
Apex and SOQL• SOQLでのOFFSETのサポートSELECT Name FROM Account ORDER BY NameLIMIT 50 OFFSET 100• 同時に実行できるApex jobの数が増加  – 10から25...
Q&A
Spring 12 リソース– Developer Release情報 (英語)  http://developer.force.com/releases/– リリースノート  http://successjp.salesforce.com/f...
今後のWebinar予定• REST, Chatter and Streaming API• Site.com• Force.com開発ベストプラクティス• Mobile SDK Webinar
THANK YOU@developerforcej       facebook.com/developerforcejapan                   dfcjapan@salesforce.com
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Spring12新機能webinar

1,811

Published on

Salesforce Platform Spring '12リリースの新機能についてご紹介したWebinarのスライドです。

Developer Force JapanではForce.com開発者に必要な各種技術資料の公開や、Webinarセミナー等を定期的に開催しております。
http://jp.force.com/

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,811
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Spring12新機能webinar

  1. 1. Spring 12’リリース開発者向け新機能Webinar Manager, Developer ProgramsMitsuhiro Okamoto@mitsuhiro facebook.com/mokamoto mokamoto@salesforce.com
  2. 2. Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation maycontain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any suchuncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc.could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. Allstatements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including anyprojections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regardingstrategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerningnew, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of ourservices.The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated withdeveloping and delivering new functionality for our service, our new business model, our past operatinglosses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Webhosting, breach of our security measures, the immature market in which we operate, our relatively limitedoperating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, newreleases of our service and successful customer deployment, and utilization and selling to larger enterprisecustomers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com,inc. is included in our annual report on Form 10-K filed on April 30, 2008 and in other filings with theSecurities and Exchange Commission. These documents are available on the SEC Filings section of theInvestor Information section of our Web site.Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are notcurrently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services shouldmake the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumesno obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. @developerforcej / #forcedotcomjpDeveloper Force Japanfacebook.com/developerforcejapan
  4. 4. Spring 12リリースに関する情報を得るには? Webinar録画 リリースノートへのリンク ディスカッションボード #spring12 のハッシュタグでディスカッションボードへhttp://boards.developerforce.com/sforce/?category.id=Developers_JP
  5. 5. 本日ご紹介する内容• Spring 12リリースのプラットフォーム機能 – スキーマビルダの新機能 – Force.com Flow – 開発者コンソールの新機能 – 認証プロバイダ – Streaming API – Apex & Visualforce新機能 – その他の新機能• Q & A
  6. 6. SchemaBuilder
  7. 7. Schema Builder ‒ ベータ
  8. 8. Force.com Flow
  9. 9. 正式リリース: Cloud Flow Designer
  10. 10. 開発者コンソール
  11. 11. (From Apex PM) 容易性とスケーラビリティをエ ンタープライズプラットフォームに届ける スケール 容易性 拡張性• 信頼性の高いスケール方法 • ライブラリの充実 • 高度な機能の提供• ランタイムの継続的なチューニング • 手順の簡素化 • より高位のフレキシビリ• デプロイのスピードアップ • ツールの提供 ティ • APIの公開
  12. 12. 開発者コンソール長大なRawログをサポート
  13. 13. ブレークポイントのシュミレーション場所を指定 ヒープをステ ップ毎に確認
  14. 14. VisualForceコード補完 リアルタイム Visualforce フィードバッ サポート ク
  15. 15. 認証プロバイダ
  16. 16. 認証プロバイダ機能のフロー既存ユーザのSSO ユーザはSSOサイトへ認証 ユーザが既存ユーザSSOリンク リクエストと共に をクリック リダイレクトされる ユーザはSSOサイトによって認証され, SSOサイトはユーザのクレデンシャルをコールバックURLへ ユーザがサードパーティの リンクを確認 ユーザはSSO初期リンクより ログイン可能となる
  17. 17. 認証プロバイダ機能のフローSSO 初期化 / ログイン ユーザはSSOサイトへ認証 ユーザがSSO初期化リンク リクエストと共に をクリック リダイレクトされる ユーザはSSOサイトによって認証され, SSOサイトはユーザのクレデンシャルをコールバックURLへユーザがすでにリンクされている 場合はログインユーザがリンクされていない場合 はユーザを新規作成してリンク
  18. 18. Streaming API
  19. 19. Streaming とは?• Streamingとは、クライアントが単一のリク エストでサーバからの更新情報を連続的に複数 回受け取る事のできる仕組み – Publish/subscribeモデル –  Push のテクノロジに利用• 例 –  新しい取引先レコードが作成されました –  商談のサイズが$1Mを超えました
  20. 20. どのような時にStreamingを使用するか?• データの更新をリアルタイムに近いタイミング で通知する場合–  状態の変化に応じて行動を起こす ‒ 例)送信アラー ト–  状態の同期 ‒ 例)ブラウザ上でのUpdate• 現在pollingのAPIを使用している場合!–  より効率的にAPIを良い出すことが可能
  21. 21. よく使われるケース• コールセンターやサポートアプリケーション–  Salesforce Service Cloud–  Case上でのテクニカルコールセンタ• 会計アプリケーション– ブローカが株式情報の最新情報を取得• ソーシャルアプリケーション–  Live Chatter (将来のリリース)• 軽量データの同期–  社内データとの同期–  他のクラウドシステムからの更新
  22. 22. Polling vs Streaming•  Polling •  Streaming – クライアントは継続的にAPI – クライアントはリアルタイム を呼ぶ必要がある に更新を受け取れる – SOAP/REST API – Bayeuxプロトコル – クライアント毎に1回のデー – クライアント毎に一回のAPI タ確認(Pulllリクエスト)のた 呼び出し(データが更新された めに1APIコールを行う (デー 時だけレスポンスを返す) タがない場合でも)
  23. 23. Trigger vs Streaming• Trigger + future • Streaming – Trigger でデータの変更時 – リアルタイムに近いデータ に動作し、そこから の受け取りが可能 future メソッド内でWeb – クライアントはHTTPプロ サービス呼び出し トコルが話せれば、サーバ – サーバはメッセージを受け プロセスからブラウザ上の るためにエンドポイントを Javascriptまで対応. 露出する必要がある – 1から1000以上のをサポ – (一般的に) 一つのサーバに ート 対して – Bayeuxプロトコル – SOAP/REST API
  24. 24. VisualForce and Apex
  25. 25. VisualForceに以下のコンポーネントが追加• <social:profileViewer> – ソーシャル取引先及びソーシャル取引先責任者• <chatter:newsfeed> – Chatterのニュースフィードを表示• Chatter Answer及びLive Agent関連タグ
  26. 26. Dynamic Visualforce Components• サーバ側でVisualforceページをプログラミン グし、タグとして埋め込む仕組み – よりインタラクティブ性の高いデザインが可能• Visualforce Page<apex:dynamicComponent componentValue="{!accountname}"/>• Apex Controllerpublic Component.Apex.OutputText getAccountname(){ Component.Apex.OutputText name = newComponent.Apex.OutputText(); Name.expressions.value = test; return name;}
  27. 27. VisualForceのView Stateがより最適化• View Stateとは – VisualForceがForm値 を画面間でやりとりする ためのハッシュ文字列 • Form要素が増えるとそのたびにView Stateがやりとりさ れる• Single View State – 有効化すると複数のFormコンポーネントも単一の ViewStateに合わせて格納される • パフォーマンスが向上
  28. 28. Testクラスの挙動変更及びアノテーション• @isTestアノテーションがついたテストクラスを実行し た場合、デフォルトでは実データを読まななくなった –  Test.startTest()呼び出し前にデータを作成• @isTest(SeeAllData=true)オプションを付与す ることで、従来通り全てのデータを参照する
  29. 29. Apex and SOQL• SOQLでのOFFSETのサポートSELECT Name FROM Account ORDER BY NameLIMIT 50 OFFSET 100• 同時に実行できるApex jobの数が増加 – 10から25に増強• ContentDocument Triggers – Chatterへのファイル添付を禁止するといった場合など
  30. 30. Q&A
  31. 31. Spring 12 リソース– Developer Release情報 (英語) http://developer.force.com/releases/– リリースノート http://successjp.salesforce.com/features/2012/01/lt.html– (Blog)開発者向け新機能Top10– http://blogjp.sforce.com/2012/01/spring-12-10-6f25.html– ディスカッションボード– http://boards.developerforce.com/sforce/? category.id=Developers_JP
  32. 32. 今後のWebinar予定• REST, Chatter and Streaming API• Site.com• Force.com開発ベストプラクティス• Mobile SDK Webinar
  33. 33. THANK YOU@developerforcej facebook.com/developerforcejapan dfcjapan@salesforce.com
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×