Your SlideShare is downloading. ×
0
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Spring '14リリース開発者向け新機能
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Spring '14リリース開発者向け新機能

1,247

Published on

3/14日に行われた「Spring '14リリース開発者向け新機能」Webinarの発表資料です。

3/14日に行われた「Spring '14リリース開発者向け新機能」Webinarの発表資料です。

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,247
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Spring ’14リリース 開発者向け新機能 株式会社セールスフォース・ドットコム
  • 2. #forcedotcomjp Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2012. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  • 3. スピーカー 岡本 充洋 ディベロッパープログラムマネージャ セールスフォース・ドットコム @mitsuhiro
  • 4. #forcedotcomjp Developer Forceをフォロー!! @developerforcej/ #forcedotcomjp Developer Force Japan +Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force Group
  • 5. #forcedotcomjp デモ Webinar録画 リリースノート ドキュメント トレーニング ハイライト ボード http://jp.force.com/releases Force.comのハッシュタグ #forcedotcomjp Spring ’14リリースを学ぶには
  • 6. #forcedotcomjp アジェンダ §  Salesforce1モバイルアプリケーション機能強化 §  Visualforce §  分析API §  Force.com Canvas §  その他のPlatform機能強化
  • 7. Salesforce1 モバイルアプリケーション 機能強化
  • 8. #forcedotcomjp PC上で作成したアプリケーションが そのままモバイルでも表示 ドラック & ドロップに よるUIのカスタマイズ 通知プラットフォーム パブリッシャ アクション ... これからの未来 Android、iPhone両方に対応 すべての カスタマイズ あらゆるデバイス すべてのCRM データ すべてのアプリケーション Salesforce1で従業員向けアプリを素早く作成 https://yourinstance.salesforce.com/one/one.app
  • 9. #forcedotcomjp Salesforce1モバイル開発について 1.  パブリッシャアクション •  宣言的: レコード作成, 通話ログ, レコード更新 •  プログラミング: Visualforce, Canvas 2.  モバイルカード 3.  コンパクトレイアウト 4.  モバイルナビゲーション 5.  Javascriptライブラリ 3 1 2
  • 10. #forcedotcomjp Salesforce1モバイル機能強化 §  モバイルナビゲーション •  コミュニティ •  Canvasアプリケーション §  通知の機能強化 •  プッシュ通知: タスク, プロファイルへの投稿, 投稿へのコメント •  アプリ内通知: モデレーション(不適切通報), コミュニティからの通知 §  レコード詳細ページへのチャートの埋め込み §  新しい"スキル"への関連リスト (パイロット)
  • 11. デモ
  • 12. Visualforce 機能強化
  • 13. #forcedotcomjp Visualforceリモートオブジェクト (パイロット) §  JavascriptリモーティングはSalesforce上のデータをWeb/モ バイルから扱うのにパワフルかつ効率的な方法 §  Visualforce Remote ObjectsはJavascriptリモーティングから いくつかの複雑な手順を取り除いたもの •  Apexコントローラ上の@RemoteActionメソッドを必要としない §  SObjectへの基本的なDML処理をJavascriptからダイレクトに 行う為のProxyオブジェクトを提供する
  • 14. #forcedotcomjp Visualforceリモートオブジェクト (パイロット) §  ProxyオブジェクトではSObjectsへの基本的なDMLオペレー ションをJavaScriptから直接行える •  Visualforce: <apex:remoteObjectModel name=“Test__c” jsShorthand=“myTest” fields=“Name, Id” > <apex:remoteObjectField name=“Email__c” jsShorthand=“e”> </apex:remoteObjectModel> •  JavaScript: // 新しいRemote Objectを作成 var te = new SObjectModel.myTest(); // Remote Objectを使用して10件のテストレコードを取得する te.retrieve({ limit: 10 }, function(err, records) {
  • 15. デモ
  • 16. #forcedotcomjp その他のVisualforce機能強化 §  PageReference URIのアンカーサポート •  例: PageReference p = new PageReference(‘/home/home.jsp#logTicket’); §  <liveAgent:clientChatFileTransfer> コンポーネント(パイロット) §  <analytics:reportChart> コンポーネント (正式リリース) •  埋め込みチャートよりもより細かなコントロール •  レポート上のチャートに対してカスタムのフィルタをかけられる
  • 17. 分析API
  • 18. #forcedotcomjp 履歴トレンド (正式リリース) §  現在のデータに対する過去のデータとの比較を行える •  商談、ケース、および3つまでのカスタムオブジェクトで使用可能 §  5つの異なる日付での比較が可能 (現在日付を含む) §  履歴データは最大3ヶ月前まで指定可能 •  商談のトレンドは即座に表示される •  ケース/カスタムオブジェクトの場合は、有効にした段階からデータが集められる
  • 19. デモ
  • 20. #forcedotcomjp Apex上の分析APIの利用 §  Apexから分析APIへアクセス §  レポートIDよりレポートのデータを取得 •  例: Reports.ReportResults res = Reports.ReportManager.runReport(reportId); §  レポートのデータ/メタデータをグルーピング単位で解析 §  他のApex機能と合わせて利用する事により以下が可能: •  RepotデータをChatterに投稿する •  スナップショットを作成し、添付ファイルに追加する •  特定の処理のためのトリガ •  などなど…
  • 21. #forcedotcomjp その他のApex機能強化 §  Batch startメソッド内のクエリタイムアウト時間の強化 •  今まで : 3分 •  Spring '14より : 10分 §  自動採番シーケンスに対するテストオプション •  テストレコードはシーケンスへコミットされず、DBはロールバックされる •  このオプションをApexクラスがデータを作成する前に有効化する
  • 22. Force.com Canvas 機能強化
  • 23. #forcedotcomjp Canvasアプリがパブリッシャ及びフィード使用可能(正式リリース) §  パブリッシャ: グローバルパブリッシャアクションにCanvasアプリケーショ ンを指定可能 •  パブリッシャアクションとして、ユーザがテキスト、リンク及びキャンバス型のフィードアイテム を作成可能 •  デスクトップ及びSaleforce1両方で対応 •  接続アプリケーションの設定からパブリッシャヘッダおよび投稿ボタンを削除可能 §  フィード: Canvasアプリケーションをフィードアイテムとして表示する •  フィードアイテムはアクションを現在のユーザの状況に基づいて表示可能 •  コンテンツはキャンバスアプリ側に保持し、開発者は挙動を完全にコントロール可能 •  例: 従業員勤務表 •  勤務データへの承認がマネージャには表示される •  勤務表への閲覧及びノートの記述が従業員へ表示される
  • 24. #forcedotcomjp Canvasアプリと Visualforceページ間のイベント §  CanvasアプリとVisualforceとの間でイベントを通知を通知/購読が行 える •  publish – Canvasアプリからイベントを発行 •  resize – VFページ上でCanvasアプリのiFrameのサイズを変更 •  subscribe – VFページ上でCanvasアプリから発行されるイベントを購読する •  unsubscribe – VFページ上で、Canvasアプリから発行されるイベントの購読を解除 する §  Canvas SDKをデバッグする際にはデバッグモードを有効にする •  Sfdc.canvas.console.enable();
  • 25. デモ
  • 26. その他 Salesforce1 Platform 機能強化
  • 27. #forcedotcomjp SOQL / SOSL の機能強化 SOQL §  SELECT 句で複合項目の標準住所フィールド及び地理位置情報型フィー ルドをサポート •  SELECT Location__c, BillingAddress FROM Account §  WHERE DISTANCE()及び ORDER BY DISTANCE() が複合項目の標 準住所フィールドをサポート •  SELECT Id, Name FROM Account WHERE DISTANCE(BillingAddress, GEOLOCATION(37.775, -122.418), “mi”) < 20 ORDER BY(BillingAddress, GEOLOCATION(37.775, -122.418), “mi”) LIMIT 10 SOSL §  OFFSET を使用してクエリの結果セットのオフセット開始行を指定すること が可能
  • 28. #forcedotcomjp 新しいオブジェクト §  LimitAllocationPerApp (pilot) – 個別の接続アプリケーションへ接続制限を かけられる §  より重要な機能のためにAPIコール数を開けておくために、あまり重要でないアプリに制限をか ける §  24毎の制限: トータルAPIリクエスト, Bulk APIバッチ数, Streaming API イベント, 一般的なスト リーミングイベン §  OwnedContentDocument §  あるユーザが所有するファイルを取得できる §  プロファイルスキル [x] (10個のProfileSkillオブジェクト) §  ユーザの専門知識について説明、整理ができる §  同僚のスキルを推薦したり、コラボレーションできる
  • 29. #forcedotcomjp 新しい"注文"REST API §  REST API でSalesforceの注文データをアプリにプログラマティック 組み込む •  注文データはすでにCRMに統合されており、すぐに利用可能: 取引先及び商談、見 積、商品、価格表、契約、およびサービスクラウドと統合 •  標準の契約、注文、注文商品へのリソース §  シンプルな注文処理プロセスで、バックオフィスとのシステム 連携も容易
  • 30. #forcedotcomjp クラウドで注文管理 商談 見積 契約 注文 エンタイトル メント サービス 契約 注文 商品 Sales Cloud Service Cloud 注文管理 会計 Back-End Systems 請求 ケース
  • 31. #forcedotcomjp 新しい注文Place Order REST API JSON フォーマット { "order": [ { "attributes": { "type": "Order" }, "EffectiveDate": "2013-01-13", "Status": "Draft", "pricebook2Id": "01sx00000001NyX", "billingCity": "SF", "accountId": "001x00000036jpf", "OrderItems": { "records": [ { "attributes": { "type": "OrderItem" }, "PricebookEntryId": "01ux0000000dhAn", "quantity": "1", "UnitPrice": "100" } ] } } ] } REST APIで 注文/注文商品 を作成
  • 32. #forcedotcomjp まとめ §  Salesforce1 機能強化 §  Visualforce 機能強化 §  分析API §  Force.com Canvas §  APIの機能強化
  • 33. #forcedotcomjp 使用したサンプルコード §  Salesforce1開発者ガイド(日本語翻訳中) –  bit.ly/s1-dev-guide §  Visualforce –  bit.ly/knockout-vf-remote §  Force.com Canvas –  bit.ly/jp−canvas-dev-guide –  github.com/sready/Canvas-VF-Sample §  分析API –  github.com/sready/Historical-Trending-Analytics-API –  bit.ly/jp−analytics-dev-guide bit.ly/prerel-spring14
  • 34. Q & A 岡本 充洋 ディベロッパープログラムマネージャ セールスフォース・ドットコム @mitsuhiro
  • 35. #forcedotcomjp Developer Forceをフォロー!! @developerforcej/ #forcedotcomjp Developer Force Japan +Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force Group
  • 36. Thank You !!

×