• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Salesforceでの大規模データの取り扱い
 

Salesforceでの大規模データの取り扱い

on

  • 4,153 views

2013年3月28日に行われた「Salesforceでの大規模データの取り扱い」Webinarの録画です。 ...

2013年3月28日に行われた「Salesforceでの大規模データの取り扱い」Webinarの録画です。
Salesforce Platformでは、非常に簡単に小規模から大規模までデータのスケールアップを可能が可能ですが、データセットが膨大な場合には特定処理で多くの時間がかかるケースもあります。そこでデータモデルのデザインや設定情報、デプロイのプロセス等を改善して処理の効率をあげるベストプラクティスをご紹介します。

Statistics

Views

Total Views
4,153
Views on SlideShare
1,926
Embed Views
2,227

Actions

Likes
2
Downloads
30
Comments
0

3 Embeds 2,227

http://blogjp.sforce.com 2224
https://twitter.com 2
https://www.google.co.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Salesforceでの大規模データの取り扱い Salesforceでの大規模データの取り扱い Presentation Transcript

    • Salesforceでの大規模データの取り扱いForce.com アーキテクチャベストプラクティス
    • Safe harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2012. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward- looking statements.ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • スピーカー Daisuke Kawamoto Mitsuhiro Okamoto Customer Centric Engineer Developer Programs Manager @DaisukeSfdc @mitsuhiroハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • Developer Force Japanをフォロー下さい!! @developerforcej / #forcewebinarjp Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force groupハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • アーキテクトコアリソースページ •  アーキテクト向け注目記事 •  Twitterをフォロー 週ごとにUpdate http://developer.force.com/architect 日本語の場合 DeveloperForce Japan Blogをチェック!! http://jp.force.com/blogsハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 質問がある場合には? §  質問がある場合にはGoToMeetingのチャットを経由して(Organizer 宛 or 全体に)質問して下さい。 §  後ほどスピーカーが要望のおおい質問から順番にWebinarの最後に 回答していきます。 §  あとでチャットのログを遡りますので、質問は一度すれば大丈夫です。ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • 本日のゴール 理解・認識ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • どれぐらいの規模のデータがSalesforce Platform で扱えますか? どれぐらいだと 思います?ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • ベストプラクティス デザイン ロード コンフィグ メンテナンスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • デザインベストプラクティスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • デザインベストプラクティス データ量と ビジネス要件 増加 クエリ テキスト デザイン サーチハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • ビジネス要件ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • アプリケーション及びユーザの要件を理解する どれぐらいの どれぐらいの業務 レコード数が、 データが本当に必 リストビューや 要なのか? レポートにおいて 適切か? データを履歴 としてアーカイブ したり、ビューや レポートで使用し ないようにできな いか?ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 例: 意味のあるリストビューのデザイン 人間はどれぐらいのデータレコードを扱う事ができますか?ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • データボリュームと データ増加ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • データのボリューム及び増加量を予測する データのロード時 どのような に不要なタイプの タイミングで、 データをスキーマ どれぐらいデータ から取り除く事は の量は増加します できますか? か? アーカイブでデー タの増加を相殺で きますか? ハードデリート? ゴミ箱を空にす る?ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 例: プロジェクトの月毎及び年毎の成長 ! 250" 大容量オブジェクト X (月毎) 200" トランザクション増加率 •  レコード数 •  GB 150" データ増加率 •  レコード数 100" •  GB アーカイブによる相殺 50" •  レコード数 •  GB 0" 3" " 3" 3" 3" " 3" " " " 3" " 13 13 13 13 13 13 )1 )1 r)1 )1 )1 t)1 n) b) g) p) v) c) ar ay n l Ju Oc Ap De No Au Ja Fe Se Ju M MハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • キーとなる成功要因 : データ量を最小化する 過度ではない、 アーカイブ不要な 要件にあった データは データロードの 破棄をする計画を 立てる プランを作成する アーカイブ後、 ハードデリートか、 ゴミ箱を空にするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • クエリのデザインハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • 効果的なクエリのデザインを学ぶ インデックスを SOQLの最適化を 有効活用する 理解する 選択リストビュー、 レポート、SOQL クエリを デザインするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • インデックスを有効活用するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Cheat Sheet(早見表):インデックス済みフィールド ※英語 http://developer.force.com/architectハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 例: 特定のSOQLをモニタリングして改善するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • テキストサーチハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • 効果的なサーチのデザインを学ぶ インデックスを SOSLの最適化を 有効活用する 理解する 選択リストビュー、 レポート、SOSL をデザインするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • "テキスト"系の項目は検索インデックス化されるハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Cheat Sheet(早見表): サーチフィールド ※英語 http://developer.force.com/architectハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • どのようにサーチは行を見つけるか? インデックス 数百万 の DB レコード サーチ文字 に合致する データを全 インデック サーチに合致 DBが共有ルール スから探す したデータの のチェックなど レコードIDを を行う 処理するため にDBへ送るハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • おさらい: デザイン時のベストプラクティス ü  要件を認識する ü  データの増加量を想定する ü  データのボリュームを最小化する ü  効率的なオペレーションをデザインする ü  効率的な共有モデルを適用するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • データロードのベストプラクティスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • データロードのベストプラクティス ロードの前にデー AppExchangeの タをきれいにして ツール利用を おく 検討する よりよりスルー 無効化や遅延処理 プットの為にBulk できるものを知る APIを利用するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • オーバーヘッドを避けるようにデータを準備する 1 2 3 4 5 標準化 浄化 補強(オプション) 重複除去 確認 名称 検索 & 置換 会社名 & 住所 アイデンティティ Sandboxへ アクメ株式会社 -> アクメ(株 ) Hot -> Hight &スコアマッチ ロード Cold -> Low 渡邉 渡邊 -> 80% 住所 命名規約 階層構造 マージ 編集 検証 渡邉部長 , 渡邊 聡 アクメ-会議資料-453 アクメ株式会社 - 本社 JP,Japan -> 日本 -> 渡邉 聡 アクメ - イギリス 郵便番号 データ変換 統計 主従関係 本番環境へ 統合、買収、独立 の見直し ロード 取引先、部門、商談 取引先責任者 アーカイブ &フィルタハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • データロード処理前に無効化しておく 検証ルール ワークフロールール トリガハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Force.com Bulk APIを理解するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Bulk APIのリミットについて留意するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • ユーティリティを使えばもっと簡単に処理ができるハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 共有ルールの計算を遅延させる もしくは、デフォルトの公開状態でロードするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • おさらい: データロード時のベストプラクティス ü  整形済みのデータをロードする ü  Bulk APIを利用する ü  APIを使ったロードユーティリティを検討する ü  トリガ、検証ルール、ワークフローを無効化する ü  共有ルールの適用を延期するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • コンフィグのベストプラクティスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • 効率的な共有モデル作成方法を学ぶ ロール階層やグ ループの入れ子を データを過度に 最適化する 保護しすぎない レコードオーナー 更新時のロックに 及び親レコードは 留意する 適切に分配するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 必要以上にデータを保護しすぎないハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • ロール階層を最適化する 複雑な階層構造 = より多くの時間が共有 の計算にかかる 階層は10以下にする テリトリー管理を使っているならば、 シンプルなブランチにするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 歪なデータ構造を避ける オーナー 主従関係ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 更新時のロックに留意する 組織ロック レコードロック X X 単一スレットグループ 歪な主従関係をさける 小規模のロックを心がける シーケンスがParentIDを更新しますハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • おさらい: 設定時のベストプラクティス ü  可能であればデータは公開で利用する ü  ロール階層を最適化して利用する ü  歪なデータ構造を避ける ü  レコードロックの罠を最小限にするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • メンテナンス ベストプラクティスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • メンテナンス時のベストプラクティス カスタム データ インデックス パーティショニ ング マッシュアップ や外部データ データの ウェアハウスの 非正規化 利用ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • カスタムインデックスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • 自身でインデックスを作成するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 非標準のインデックスをリクエストする サポートに単項目もしくは 2項目のインデックス作成 を依頼できるハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • スキニーテーブルハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • スキニーテーブルで、自動的に非正規化するハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • データのパーティショニングハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • ディビジョンを利用してテスト及び実装する 地域毎に 役職毎にハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • アプリケーションの パーティショニングハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • Salesforce Platformコンポーネントを活用する Force.com Canvasを利用すれば、 オペレーションデータと履歴データを シームレスに統合を可能にします。 ETLプロセス 100010010Salesforce組織はオペレーションデータ(現業務で利用しているデータ) Herokuアプリ & データベースは履歴データ を管理する を管理する ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Demo インテグレーション ベストプラクティスハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • インテグレーションのベストプラクティス ü  Salesforceのデータベースについて特性を知る ü  履歴データをアーカイブする ü  アーカイブしたレコードはハードデリートする ü  外部アプリケーション (Heroku等) を分析に利用する ü  Force.com Canvas等を利用してUIでインテグレーションをするハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 追加リソース Architect Core Resources(英語) http://developer.force.com/architect 日本語ページにも翻訳次第順次追加予定 http://jp.force.com/ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • 直近のイベント Customer Campany Tour 各都市ごとに開発者向けセッションもあります 4/15 ‒ 福岡 (グランドハイアット福岡) 4/17 ‒ 大阪 (ヒルトン大阪) 4/24 ‒ 名古屋 (ヒルトン名古屋) 5/21 ‒ 東京 (東京ミッドタウン) 参加無料 : http://eventjp.salesforce.com/ Webinar 2013年 - 4月28日(予定) Visualforce & Force.com Canvas: Salesforce.com上であなたのWebサービスをハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Survey Your feedback is crucial to the success of our webinar programs. Thank you! http://bit.ly/datavolumessurvey *Look in the GoToWebinar chat window now for a hyperlink.ハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • Q&A Daisuke Kawamoto Mitsuhiro Okamoto Customer Centric Engineer Developer Programs Manager @DaisukeSfdc @mitsuhiroハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar
    • Developer Force Japanをフォロー下さい!! @developerforcej / #forcewebinarjp Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force Japan Developer Force groupハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjp
    • Thank YouハッシュタグでShareしよう : #forcewebinarjpJoin the conversation: #forcewebinar