Your SlideShare is downloading. ×
Heroku入門
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Heroku入門

3,258
views

Published on

2012年12月6日 Cloudforce Japan Developer Zone内のシアターで講演された資料です。

2012年12月6日 Cloudforce Japan Developer Zone内のシアターで講演された資料です。

Published in: Technology

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,258
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
31
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Heroku 入門 Heroku getting started 相澤 歩 @ayumin 株式会社セールスフォース・ドットコムMonday, December 17, 12
  • 2. Safe harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward- looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2011. This document and others are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward- looking statements.Monday, December 17, 12
  • 3. Monday, December 17, 12
  • 4. Monday, December 17, 12
  • 5. プロフェッショナルなアプリケーション開発者のための 世界で最も先進的なプラットフォーム・クラウド www.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 6. プロフェッショナルなアプリケーション開発者のための 世界で最も先進的なプラットフォーム・クラウド www.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 7. サーバーを意識しなくて良い Forget servers あらゆる言語・フレームワークを利用可能 Run everything アプリケーションの状況をすべて可視化 See everything 信頼と実績 Trust & ManagedMonday, December 17, 12
  • 8. サーバーを意識しなくて良い Forget serversMonday, December 17, 12
  • 9. Monday, December 17, 12
  • 10. Git git-scm.comMonday, December 17, 12
  • 11. 継続的デプロイ Continues DeploymentMonday, December 17, 12
  • 12. 継続的デプロイ Continues DeploymentMonday, December 17, 12
  • 13. 継続的デプロイ Continues DeploymentMonday, December 17, 12
  • 14. Monday, December 17, 12
  • 15. Monday, December 17, 12
  • 16. アプリケーションのスケールが容易 Easy to scale your appMonday, December 17, 12
  • 17. Monday, December 17, 12
  • 18. Monday, December 17, 12
  • 19. Monday, December 17, 12
  • 20. Monday, December 17, 12
  • 21. アドオンによる機能拡張 Add-on EcosystemMonday, December 17, 12
  • 22. Monday, December 17, 12
  • 23. Monday, December 17, 12
  • 24. Monday, December 17, 12
  • 25. Monday, December 17, 12
  • 26. Monday, December 17, 12
  • 27. Monday, December 17, 12
  • 28. Monday, December 17, 12
  • 29. Monday, December 17, 12
  • 30. Monday, December 17, 12
  • 31. Monday, December 17, 12
  • 32. サーバーを意識しなくて良い Forget servers あらゆる言語・フレームワークを利用可能 Run everything アプリケーションの状況をすべて可視化 See everything 信頼と実績 Trust & ManagedMonday, December 17, 12
  • 33. あらゆる言語・フレームワークを利用可能 Run everythingMonday, December 17, 12
  • 34. Scala Java Clojure Ruby Python Node.jsMonday, December 17, 12
  • 35. PHP Lua JRuby Scala Java Clojure Perl Ruby Common Lisp Python Node.js buildpacks Dart R Go devcenter.heroku.com/articles/buildpacksMonday, December 17, 12
  • 36. サーバーを意識しなくて良い Forget servers あらゆる言語・フレームワークを利用可能 Run everything アプリケーションの状況をすべて可視化 See everything 信頼と実績 Trust & ManagedMonday, December 17, 12
  • 37. アプリケーションの状況をすべて可視化 See everythingMonday, December 17, 12
  • 38. heroku logs -tailMonday, December 17, 12
  • 39. heroku logs -tail NewRelic PapertrailMonday, December 17, 12
  • 40. サーバーを意識しなくて良い Forget servers あらゆる言語・フレームワークを利用可能 Run everything アプリケーションの状況をすべて可視化 See everything 信頼と実績 Trust & ManagedMonday, December 17, 12
  • 41. 信頼と実績 Trust & ManagedMonday, December 17, 12
  • 42. 2,548,279 apps runnig on herokuMonday, December 17, 12
  • 43. Herokuの利用事例 success.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 44. Support your marathonMonday, December 17, 12
  • 45. Monday, December 17, 12
  • 46. Monday, December 17, 12
  • 47. Monday, December 17, 12
  • 48. 1stHoldings × BrainPad Business Intelligent × Business Analytics ウイングアークとブレインパッドが ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業 両社でセールスフォース・ドットコムが提供する Herokuプラットフォーム上のキャンペーンアプリ ケーションへのマーケティングソリューションの 共同開発で合意∼ 11/20 ウイングアーク社プレスリリースMonday, December 17, 12
  • 49. 1stHoldings × BrainPad Business Intelligent × Business Analytics ウイングアークとブレインパッドが ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業 両社でセールスフォース・ドットコムが提供する Herokuプラットフォーム上のキャンペーンアプリ ケーションへのマーケティングソリューションの 共同開発で合意∼ 11/20 ウイングアーク社プレスリリースMonday, December 17, 12
  • 50. パソナテック ライフスタイル型ジョブポータル Job-HubMonday, December 17, 12
  • 51. SHANON Marketing Platform バーチャル・イベントブースMonday, December 17, 12
  • 52. CROUD CAST BizNoteMonday, December 17, 12
  • 53. Monday, December 17, 12
  • 54. Herokuをはじめよう Let’s start HerokuMonday, December 17, 12
  • 55. 開発ツール toolbelt.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 56. 開発ツール toolbelt.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 57. Eclipse Plugin toolbelt.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 58. Eclipse Plugin toolbelt.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 59. Heroku Enterprise for Java enterprise.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 60. 開発者向けドキュメント devcenter.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 61. 開発者向けドキュメント devcenter.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 62. 稼働状況のレポート status.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 63. 稼働状況のレポート status.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 64. プラットフォーム・サポート help.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 65. プラットフォーム・サポート help.heroku.comMonday, December 17, 12
  • 66. コミュニティー facebook.com/herokujpMonday, December 17, 12
  • 67. Question? Ayumu Aizawa @ayuminMonday, December 17, 12
  • 68. リソースの配分 アーキテクチャ検討要素 Herokuのアーキテクチャ 高生産性: B2Cアプリケーションに採用実績の多 ビジネス・アプリケーション Business Application and い各種フレームワークを用いたアプリケーション構 カスタム開発 サービス Services 築の手順を公式に提供。 アプリケーション Ruby on Rails, Spring, Grails, 高柔軟性:アプリケーションで利用する言語を自動 フレームワーク CakePHP etc… 検知してメンテナンスされた処理系が自動で設定さ アプリケーション・アーキテクチャ プログラミング れる。(独自の処理系への差替えも可能) 言語 buildpack 高生産/運用性:分散バージョン管理ツールとシーム アプリケーション レスに統合されたデプロイ/ライフサイクル管理。 ライフサイクル管理 Git 高拡張性:約80種類のアドオンによるプラット 外部サービス統合 Add-on Ecosystem フォームの拡張が可能。 拡張性・柔軟性 Scaling 高柔軟/拡張性: Dynoによる柔軟なスケールアウト/ Dyno system インを実現。障害の自動検知と再起動、最適化され たアクセス制御がプラットフォームを基本機能とし 高可用性・耐障害性 Dyno Manifold て提供。 アクセス(経路)制 Intelligent Routing 高統合/拡張性: Amazonが提供するサービス(デー 御 タベースやストレージなど)との連携が可能。 データベース Heroku Postgres 高運用性: 必要に応じてスケールアップ可能な高性 インフラ・ストラクチャ ストレージ、ディス 能データベースをクラウドサービスとして提供。負 ク 荷分散、スナップショットの取得の容易に実現。 サーバーリソース Heroku Kernel 高運用性:アプリケーションを稼働させるために必 要な、アプリケーション/インフラアーキテクチャが セキュリティ 統合されたプラットフォームとして提供され、オン コントロール デマンドでプロビジョニングされる。 ネットワークリソー The Internet 高可用/信頼性: 200万以上のアプリケーションが24 ス 時間365日モニタリングされている。信頼性、稼動 率ともに実績のあるプラットフォームを提供。Monday, December 17, 12
  • 69. ビジネス・アプリケーション Business Application and Services アプリケーション Amazon Web Servidces のような Ruby on Rails, Spring, Grails, CakePHP etc… フレームワーク 高生産性: B2Cアプリケーショ アプリケーション・アーキテクチャ インフラ提供型クラウド(IaaS) を ンに採用実績の多い各種フレーム 有効に活用するためには、 プログラミング ワークを用いたアプリケーション 既存のインフラ技術だけで 言語 buildpack 構築の手順を公式に提供。 なく、採用する IaaS の特 アプリケーション 性を理解し、実績・ノウハ ライフサイクル管理 Git ウに基づく最適なインフラ 高柔軟性:アプリケーションで利 用する言語を自動検知してメンテ 設計・実装ができるアーキ 外部サービス統合 ナンスされた処理系が自動で設定 Add-on Ecosystem テクトが必要です。 される。(独自の処理系への差替 えも可能) 拡張性・柔軟性 Scaling Dyno system アプリケーション・アーキテク チャと利用する外部サービス・ミ 高生産/運用性:分散バージョン管 ドルウェアの統合を独自に設計、 高可用性・耐障害性 Dyno Manifold 理ツールとシームレスに統合され 実装、テストする必要がある。 たデプロイ/ライフサイクル管理。 アクセス(経路)制 Amazon Elastic Load アプリケーションのデプロイ手続 御 Intelligent Routing 高拡張性:約80種類のアドオンに を独自に設計、実装、テストする Balancer(ELB) よるプラットフォームの拡張が可 必要がある。 Amazon Relational Database 能。 データベース Heroku Postgres アプリケーション障害時のモニタ Service(RDS) 高柔軟/拡張性: Dynoによる柔軟 インフラストラクチャ リング、復旧のためのアーキテク ストレージ、ディス Amazon Simple チャを設計、実装、テストする必 Amazon Elastic Storage なスケールアウト/インを実現。障 要がある。 ク Block Storage(EBS) Service(S3) 害の自動検知と再起動、最適化さ れたアクセス制御がプラット アプリケーションの負荷分散を実 Amazon Elastic Cloud フォームを基本機能として提供。 現するためのアーキテクチャを設 サーバーリソース Heroku Kernel 計、実装、テストする必要がある。 Computer(EC2) 特にB2Cアプリケーションに求め セキュリティコント 高運用性: 必要に応じてスケール られる性能要件は、アプリケー Security Group configuration ロール アップ可能な高性能データベース ション/データベース/ネットワーク をクラウドサービスとして提供。 トラフィックすべてにおいて様々 ネットワークリソー 負荷分散、スナップショットの取 な考慮が必要。 得の容易に実現。 ス The Internet サービスを構成する各種サーバー 群、ミドルウェアのプロビジョニ 高運用性:アプリケーションを稼 提供するサービスの特性にあわせ、 セキュリティ・ポ 高統合/拡張性: 高可用/信頼性:200万以上のアプ ングはAmazon Cloud Formationま クラウドインフラの特性を活かし リシーに基づくア 働させるために必要な、アプリ Amazonが提供する リケーションが24時間365日モニタ たはAWS が提供するAPIを利用し ケーション/インフラアーキテク たインフラの設計、クラウド運用 クセスグループを設 サービス(データベー リングされている。信頼性、稼動 た独自のツールの設計、実装が必 チャが統合されたプラットフォー 設計をおこない、必要に応じて 計し、設定する必 スやストレージなど) 率ともに実績のあるプラット 要となる。 ムとして提供され、オンデマンド ツールなどを開発する必要がある。 要がある。 との連携が可能。 フォームを提供。 でプロビジョニングされる。Monday, December 17, 12
  • 70. Thank you! Ayumu Aizawa @ayuminMonday, December 17, 12