Force.com Canvas アプリケーション

3,642 views
3,563 views

Published on

2012年12月6日 Cloudforce Japan Developer Zone内のシアターで講演された資料です。

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,642
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
52
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Force.com Canvas アプリケーション

  1. 1. Force.com Canvas アプリケーション基本機能の紹介⽶米国セールスフォース・ドットコムデベロッパーエヴァンジェリズム担当ディレクターデイブ・キャロル@dcarroll
  2. 2. Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of theassumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements wemake. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscribergrowth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief,any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services.The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, newproducts and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delaysin our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers andacquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees andmanage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization andselling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annualreport on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2012. This documents and others containing important disclosures are available on the SECFilings section of the Investor Information section of our Web site.Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not bedelivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available.Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. テクノロジーの課題はなかなか⼿手ごわい 市場には多様なソリューションが流流通し、課題も多岐にわたる §  社内で多数の Web アプリケーションが使われている •  イントラネット、⾃自社開発ツール、他社製品 §  Salesforce と統合すべきアプリケーションが数多く存在するが、対応が進まない •  リソースを割り当てられない、適切切なツールがない、専⾨門知識識が不不⾜足 •  ⽇日々の業務で複数のシステムを使⽤用しなければならず、ユーザの不不満を招いている
  4. 4. 何をするにもアプリケーションは必須 ほとんどの企業では、ユーザは複数のアプリケーションを 使わなければならない §  クラウドアプリケーション (Salesforce、Google ドキュメント) §  ハイブリッドアプリケーション (モバイル、タブレット、デスクトップ) §  ⾃自社開発アプリケーション (イントラネット、タスク管理理)
  5. 5. 最新型プラットフォームなら、アプリケーションの連携は簡単エンドユーザは単⼀一の画⾯面から複数の異異なるコンテンツにアクセス可能別のコンテンツに移動する際の認証も不不要§  ユーザまたはシステム管理理者がアクセスを許可§  単⼀一のインターフェースにコンテンツを統合 •  Google+ ゲーム •  Twitter アプリケーション •  Facebook アプリケーション
  6. 6. 新機能 – Force.com Canvas 外部アプリケーションをネイティブ環境から Salesforce に 簡単に統合できるプラットフォームの新機能 (パイロットリリース) プロセスは安全で、再設計の⼿手間もわずか §  次のツール、サービスを提供 •  JavaScript SDK •  シンプルな認証システム (Oauth による署名付きリクエスト) •  クロスドメインに対応した API コール •  アプリケーションの登録、管理理
  7. 7. Force.com Canvas– 作成したアプリケーションをただちに Salesforce で表⽰示開発⾔言語にかかわらず、JavaScript ライブラリを介して、UI 層と API 層でアプリケーションを統合
  8. 8. Force.com Canvas を使ってみる サンプルの Canvas アプリケーションを作成しながら 開発とデプロイのポイントを解説します §  既存の Heroku アプリケーションをベースに Canvas アプリケーションを作成 §  Canvas アプリケーションを Salesforce の「キャンバスアプリケーション プレビューア」と Chatter タブ内で表⽰示 §  Canvas アプリケーションと Chatter の連携を確認 §  Canvas アプリケーションをほかの Salesforce 組織に対して公開 §  Canvas アプリケーションをほかの Salesforce 組織にインストールして実⾏行行 §  コードの変更更がただちに反映されることを確認
  9. 9. Canvas アプリケーションを作成する §  Salesforce で Canvas アプリケーションの設定を定義 •  設定ページの [アプリケーションの設定] で、[作成]、[アプリケーション] の順 に選択し、[接続済みアプリケーション] セクションの [新規] をクリック
  10. 10. Salesforce で Canvas アプリケーションを表⽰示する §  アプリケーションは「キャンバスアプリケーションプレビューア」ページと Chatter タブに表⽰示される (所定の権限を持つユーザのみアクセス可能)
  11. 11. Canvas アプリケーションと Chatter を連携させる§  サードパーティのアプリケーションは、コンテキストの確⽴立立後、 データ層で Salesforce に連携させることが可能になる (既存の API を使⽤用)
  12. 12. Canvas アプリケーションの仕組み 社内アプリケーション API Canvas UI アプリケーションクラウドアプリケーション コンテキスト API API
  13. 13. 連携のプロセス 署名付きリクエスト (POST) .NET アプリケーション、 Java アプリケーション ネイティブの iFrame クライアント REST API コール (必要に応じて実⾏行行) REST Web ページ Web ページ JavaScript SDK JavaScript SDK
  14. 14. Canvas アプリケーションを公開する 作成した Canvas アプリケーションは、他の Salesforce 組織でも利利⽤用可能 §  名前空間を設定済みの Developer Edition 組織からアプリケーションを公開して、 他の組織にインストールすることが可能
  15. 15. 公開済みの Canvas アプリケーションをインストールする 公開先の組織のユーザは、アプリケーションをワンクリックで インストール可能  
  16. 16. 変更更はただちに組織に反映されるアプリケーションへの変更更を⾏行行うと、その内容は、アプリケーションをインストール済みのすべての組織にただちに反映される
  17. 17. 補⾜足 – Heroku Quick Start Heroku Quick Start を使⽤用すると、Canvas アプリケーションを ワンステップで作成可能 §  設定ページの [アプリケーションの設定] で、[キャンバスアプリケーションの プレビューア] を選択し、[Heroku Quick Start] をクリック
  18. 18. まとめ本⽇日のセッションのトピック Canvasnoの概要 サンプルの Canvas アプリケーション §  Force.com Canvas の基本機能の紹介 §  ⼀一連の操作の実⾏行行 (アプリケーションの作成、表⽰示、連携、公開、インストール、 変更更など)

×