Your SlideShare is downloading. ×
0
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発

1,572

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,572
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Salesforce Platform Mobile Serviceを使ったアプリ開発 Sep 6, 2013
  • 2. #forcedotcomjp Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2012. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  • 3. #forcedotcomjp Speakers Kazuhiko Imamura Sales Support Engineer @KAZU_200WR Masashi Tsuji Sales Support Engineer @h2z
  • 4. #forcedotcomjp Developer Force Japanを是非フォロー下さい Developer Force Japan +Developer Force Japan DeveloperForce Japan @developerforcej / #forcedotcomjp
  • 5. #forcedotcomjp  Salesforce Platform Mobile Services 概要  Mobile Packs を使ったVFページ作成  Mobile Design Templates を使ったVFページ作成  Mobile SDK 2.0 getting started  Mobile SDK 2.0 を使った hybrid アプリ作成 Agenda Demo Demo Demo Demo
  • 6. #forcedotcomjp http://www2.developerforce.com/ja/mobile Salesforce Platform Mobile Services 概要 salesforce platform mobile services
  • 7. #forcedotcomjp Trust Customer Data Business Logic Identity Offline Social Analytics APIGeolocation Mobile SDKs Mobile Packs Mobile Design Templates Salesforce Platform Mobile Services 概要 Salesforce Platform Mobile Serviceにより、顧客データに接続されたエンタープライズモバイルアプリ ケーションを最小限の工数で開発することが可能に。 あらゆるデバイスに対応したアプリケーション開発に必要なツール, フレームワーク, APIを提供します。
  • 8. #forcedotcomjp Trust Customer Data Business Logic Identity Offline Social Analytics APIGeolocation Mobile SDKs Mobile Packs Mobile Design Templates 本セッションで扱うMobile Services Salesforce Platform Mobile Serviceにより、顧客データに接続されたエンタープライズモバイルアプリ ケーションを最小限の工数で開発することが可能に。 あらゆるデバイスに対応したアプリケーション開発に必要なツール, フレームワーク, APIを提供します。
  • 9. #forcedotcomjp モバイルアプリ開発のパターンとMobile Services iOSやAndroidなどのデバイス ネイティブなプログラムでアプリ ケーションを作成する 例 : HTML5とデバイスのプログラムを 使い分けてアプリケーション作成 する 例: ブラウザベースでスマートフォンや タブレット向けのWebアプリケー ションを作成する  Mobile Design Templates を使 ったVFページ作成 Mobile SDKs Mobile Packs Mobile Design Templates  Mobile Packs を使ったVFページ 作成  Mobile SDK 2.0 getting started  Mobile SDK 2.0 を使った hybrid アプリ作成 Demo モバイルアプリ 開発パターン デモのお題: Geolocationを使うアプリ
  • 10. #forcedotcomjp Mobile Packs  Visualforce及びMobile SDKハイブリッドアプリケ ーションを作成するの為のジャンプスタート  モダンなJavascriptフレームワークを使ったサンプル  Force.com以外のプラットフォームにもデプロイ可能 (例 : Heroku)  クイックスタート & チュートリアル  http://www2.developerforce.com/mobile/ services/mobile-packs (英語)
  • 11. #forcedotcomjp Demo Mobile Packs を使ったVFページ作成
  • 12. #forcedotcomjp Mobile Design Templates ビジネスの典型的なMicro-Momentシナリオに対応する、20 以上のアプリケーションのHTML5/CSSデザインテンプレート  モバイル向けの UI/UX を実現することができ る、カスタマイズ可能なオープンソースのCSS3 とHTML5のマークアップ  JavaScript(ForceTKや Backbone,Angular,Knockout のMobile Packs)と組み合わせることで、Salesforceのバ ックエンドとライブデータバインディングを提供  標準 / カスタムオブジェクト対応  クロスプラットフォーム対応(HTML5、CSS3や JavaScriptのような標準的なWeb技術を利用)
  • 13. #forcedotcomjp Demo Mobile Design Templates を使ったVFページ作成
  • 14. #forcedotcomjp Salesforce Mobile SDK 2.0 Touch Platform Cloud Application Platform Multi-tenant Cloud Database Identity Apache Cordova (PhoneGap) ベース  ユーザ管理 , 認証 (SAML2 ,OAuth2)  オフラインデータの格納  (ネイティブアプリ)REST APIのラッパー  (ハイブリッドアプリ)アプリケーションコンテナ ‒ iOS ,Android ‒ プッシュ通知(ロードマップ)
  • 15. #forcedotcomjp Mobile SDK 2.0 getting started for iOS  準備 ‒ 環境 • OS X Lion 以上 • Xcode 4.5以上 ‒ Mobile SDK 2.0 • npmからインストール  Getting Started with iOS Hybrid http://www2.developerforce.com/ja/mobile/getting-started/ios#hybrid
  • 16. #forcedotcomjp プロジェクトの作成 (1)  対話型で作成 $ forceios create Enter your application type (native, hybrid_remote, or hybrid_local): hybrid_local Enter your application name: SampleApp Enter your company identifier (com.mycompany): com.mycompany Enter your organization name (Acme, Inc.): MyCompany Enter the output directory for your app (defaults to the current directory): . Enter your Connected App ID (defaults to the sample app's ID): sample_app Enter your Connected App Callback URI (defaults to the sample app's URI): sfdc://success
  • 17. #forcedotcomjp プロジェクトの作成 (2)  コマンドで一気にパラメータを指定 $ forceios create --apptype="hybrid_local" --appname="SampleApp" --companyid="com.developerforce.jp.devcon.bo1" --organization="DevCon2013" --outputdir=. --appid="sample_app" --callbackuri="sfdc://success"
  • 18. #forcedotcomjp Demo:3 force.com側の設定 ∼ プロジェクト作成 ∼ 実行
  • 19. #forcedotcomjp ハイブリッドアプリケーションの作成 お題:日本の駅を検索するアプリケーション 駅名、路線名で検索が可能 駅名、路線名をリスト表示 検索結果を地図に表示 現現在地から近いものを優先 検索結果に現在地からの距離を表示  元データは駅データ.jpを使用 (http://www.ekidata.jp/) UIはtwitter bootstrap を適用 現現在地から近いものを優先
  • 20. #forcedotcomjp ハイブリッドアプリケーションの作成 お題:日本の駅を検索するアプリケーション 駅名、路線名で検索が可能 駅名、路線名をリスト表示 検索結果を地図に表示 現現在地から近いものを優先 検索結果に現在地からの距離を表示  元データは駅データ.jpを使用 (http://www.ekidata.jp/) UIはtwitter bootstrap を適用 現現在地から近いものを優先 技術要素 •Mobile SDK 2.0 for iOS (Hybrid) •駅データはSalesforce上 (カスタムオブジェクト Station__c) •データの取得にはSmartSync Data Frameworkを利用
  • 21. #forcedotcomjp SmartSync Data Frameworkについて  Mobile SDK 2.0のHybridアプリケーションに含まれる JavaScriptライブラリ  Backbone.jp (http://backbonejs.org/) を継承している ‒ Backbone.Model => Force.SObject ‒ Backbone.Collection => Force.SObjectCollection  オフラインキャッシュに対応 ‒ SmartStoreを利用している
  • 22. #forcedotcomjp ディレクトリ構造  編集を行うのはほぼ www 内のみ  利用する html は index.htmlのみ  主な処理は js/index.js  認証関連は js/salesforce_oauth.js  backbone.js や underscore.js と いったサードパーティーの JavaScript は lib/の中
  • 23. #forcedotcomjp FastClickについて  物理タップしてからクリックイベントが発生するまでの 約300msの遅延を回避するたに使用されるライブラリ  約300msでダブルタップとシングルタップを区別  touchstartイベントをclickイベントとして発行  詳しくは https://github.com/ftlabs/fastclick を参照  FastClickデモ http://ftlabs.github.io/fastclick/examples/layer.html
  • 24. #forcedotcomjp Demo:4 Hybrid アプリ作成
  • 25. #forcedotcomjp GitHub(DeveloperForceJapan)にて公開しました https://github.com/DeveloperForceJapan/StationSearch Demo:4 Hybrid アプリ作成
  • 26. #forcedotcomjp まとめ  どのserviceを使っても大抵のことはできるので、用途に合わせて使いましょう ‒ VFで、得意なJavaScript フレームワークを使って開発をしたい! => Mobile Packs ‒ 業務に利用するアプリのイメージがTemplateのものと近い! => Mobile Templates ‒ アプリケーションとして配布したい! => Mobile SDKでハイブリッド or Native開発  デモを作成した感想 ‒ Mobile Packs • force.com開発を始める開発者がとりあえず使ってみると、外部ライブラリの使い方や forceTKの使い方などよい勉強になると思います。 ‒ Mobile Template • 少ないコーディングで機能を持ったモバイルに最適化されたページを作ることができるので便利でした。 ‒ Mobile SDK 2.0を使ったハイブリット開発 • backbone.js 好きにはたまらないです。 • 前のバージョンとあまり変わっていない様に見えるけど、実際にそんなに変わってないです。
  • 27. #forcedotcomjp まとめ ※SmartSync が使える様になったのと、いろいろシンプルになって使いやすくなってます  どのserviceを使っても大抵のことはできるので、用途に合わせて使いましょう ‒ VFで、得意なJavaScript フレームワークを使って開発をしたい! => Mobile Packs ‒ 業務に利用するアプリのイメージがTemplateのものと近い! => Mobile Templates ‒ アプリケーションとして配布したい! => Mobile SDKでハイブリッド or Native開発  デモを作成した感想 ‒ Mobile Packs • force.com開発を始める開発者がとりあえず使ってみると、外部ライブラリの使い方や forceTKの使い方などよい勉強になると思います。 ‒ Mobile Template • 少ないコーディングで機能を持ったモバイルに最適化されたページを作ることができるので便利でした。 ‒ Mobile SDK 2.0を使ったハイブリット開発 • backbone.js 好きにはたまらないです。 • 前のバージョンとあまり変わっていない様に見えるけど、実際にそんなに変わってないです。
  • 28. #forcedotcomjp ブースにお越し下さい! •本セッションで紹介したアプリのこと •セッションでは紹介しなかったnativeアプリのこと •mobileに限らずforce.com 開発について Q & A
  • 29. #forcedotcomjp
  • 30. #forcedotcomjp

×