手戻り ゼロ を目指して
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

手戻り ゼロ を目指して

on

  • 1,903 views

2013 年 1 月 25 日に Hokuriku.NET で LT 発表した内容です。

2013 年 1 月 25 日に Hokuriku.NET で LT 発表した内容です。
Special thanks to @g_dayori

Statistics

Views

Total Views
1,903
Views on SlideShare
794
Embed Views
1,109

Actions

Likes
5
Downloads
5
Comments
0

10 Embeds 1,109

http://opcdiary.net 486
http://snow-white.cocolog-nifty.com 439
https://twitter.com 71
http://kodapon.hatenablog.com 67
http://app.m-cocolog.jp 29
http://feedly.com 12
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://reader.aol.com 1
http://app.cocolog-nifty.com 1
http://www.linkedin.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

手戻り ゼロ を目指して 手戻り ゼロ を目指して Presentation Transcript

  • 手戻り 0(ゼロ) を 目指して 池原 大然 (@Neri78)
  • 自己紹介 池原 大然(いけはら だいぜん) インフラジスティックス・ジャパン株式会社 デベロッパー エバンジェリスト Microsoft MVP for Development Platforms Client App Dev 2010/04 – 2014/03 富山生まれ富山育ち(呉東) Blog 今日は自腹!
  • よくある 開発風景
  • 顧客の反応
  • ふざけんな やり直せ!
  • 結果
  • やり直しだってよ 納期間に合わねーよ いわゆる手戻り デートしたいなぁ
  • 背景: • スマホ個人利用が急激に増えたため… – ユーザ体験のしきい値が非常に高い。 – 少しでもストレスを感じるとすぐ使わなくなる。 – 非機能要件で、ユーザ評価が急激に落ちる。 本来の目的である機能要件が どうかの前に、ユーザ体験の ハードルをクリアしなければ ならない・・・
  • 要因:ユーザーと開発側との認識ズレ • ユーザインタラクションや操作感などが イメージしていたものと異なる • 操作感については仕様書ではわからない – ピューといってパッと表示されるって何よ? インタラクションや操作感までは共有が できていない。 そもそも紙の仕様書では 認識共有が難しい
  • 要因: シナリオの検討不足 • いざ使ってみると使いづらい • ユーザの不満が増大 • 結局利用されない UIを決定する際にシナリオや細かい 利用シーンが具体的に 考えられていない。
  • 失敗要因を克服するには • シナリオをしっかり検討し、それに基づいて各画 面間の遷移や、UI構成を決めなければならない。 • ユーザインタラクションについてユーザとの間で 早期に合意形成を行う事が必要。 素早く合意を形成するための ツール
  • Indigo Studio • 主な機能 –Story Board アプリケーションの利用シーン・シナリオをユーザと共有し、 UIの検討に利用 –Screen ゴールの共有 素早い合意形成 インタラクティブなプロトタイプを作成することにより、 紙の仕様書では表現できないところまでを確認 –Share 作成したプロトタイプを利害関係者(主にエンド)と共有しフィードバックを受ける
  • Indigo Studio による プロトタイピングのさわり m
  • By @g_dayori http://bit.ly/TransDemo
  • まとめ できること 迅速なプロトタイプの作成、早期のインタラクションに関する合意形成 今できないこと 実際の画面実装 今後できるようになること 開発フェーズへのシームレスな成果物の受け渡し (Beta)
  • 画面のエクスポート m
  • bit.ly/IndigoStudio
  • 最後に
  • デートできるかは あなた次第