手戻り ゼロ を目指して
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

手戻り ゼロ を目指して

on

  • 1,978 views

2013 年 1 月 25 日に Hokuriku.NET で LT 発表した内容です。

2013 年 1 月 25 日に Hokuriku.NET で LT 発表した内容です。
Special thanks to @g_dayori

Statistics

Views

Total Views
1,978
Views on SlideShare
838
Embed Views
1,140

Actions

Likes
5
Downloads
5
Comments
0

11 Embeds 1,140

http://opcdiary.net 488
http://snow-white.cocolog-nifty.com 465
https://twitter.com 71
http://kodapon.hatenablog.com 68
http://app.m-cocolog.jp 30
http://feedly.com 12
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://reader.aol.com 1
http://app.cocolog-nifty.com 1
http://www.linkedin.com 1
http://www.google.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

手戻り ゼロ を目指して Presentation Transcript

  • 1. 手戻り 0(ゼロ) を 目指して 池原 大然 (@Neri78)
  • 2. 自己紹介 池原 大然(いけはら だいぜん) インフラジスティックス・ジャパン株式会社 デベロッパー エバンジェリスト Microsoft MVP for Development Platforms Client App Dev 2010/04 – 2014/03 富山生まれ富山育ち(呉東) Blog 今日は自腹!
  • 3. よくある 開発風景
  • 4. 顧客の反応
  • 5. ふざけんな やり直せ!
  • 6. 結果
  • 7. やり直しだってよ 納期間に合わねーよ いわゆる手戻り デートしたいなぁ
  • 8. 背景: • スマホ個人利用が急激に増えたため… – ユーザ体験のしきい値が非常に高い。 – 少しでもストレスを感じるとすぐ使わなくなる。 – 非機能要件で、ユーザ評価が急激に落ちる。 本来の目的である機能要件が どうかの前に、ユーザ体験の ハードルをクリアしなければ ならない・・・
  • 9. 要因:ユーザーと開発側との認識ズレ • ユーザインタラクションや操作感などが イメージしていたものと異なる • 操作感については仕様書ではわからない – ピューといってパッと表示されるって何よ? インタラクションや操作感までは共有が できていない。 そもそも紙の仕様書では 認識共有が難しい
  • 10. 要因: シナリオの検討不足 • いざ使ってみると使いづらい • ユーザの不満が増大 • 結局利用されない UIを決定する際にシナリオや細かい 利用シーンが具体的に 考えられていない。
  • 11. 失敗要因を克服するには • シナリオをしっかり検討し、それに基づいて各画 面間の遷移や、UI構成を決めなければならない。 • ユーザインタラクションについてユーザとの間で 早期に合意形成を行う事が必要。 素早く合意を形成するための ツール
  • 12. Indigo Studio • 主な機能 –Story Board アプリケーションの利用シーン・シナリオをユーザと共有し、 UIの検討に利用 –Screen ゴールの共有 素早い合意形成 インタラクティブなプロトタイプを作成することにより、 紙の仕様書では表現できないところまでを確認 –Share 作成したプロトタイプを利害関係者(主にエンド)と共有しフィードバックを受ける
  • 13. Indigo Studio による プロトタイピングのさわり m
  • 14. By @g_dayori http://bit.ly/TransDemo
  • 15. まとめ できること 迅速なプロトタイプの作成、早期のインタラクションに関する合意形成 今できないこと 実際の画面実装 今後できるようになること 開発フェーズへのシームレスな成果物の受け渡し (Beta)
  • 16. 画面のエクスポート m
  • 17. bit.ly/IndigoStudio
  • 18. 最後に
  • 19. デートできるかは あなた次第