• Like
Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Net advantage 2012 volume2 最新情報 xaml プラットフォーム編

  • 586 views
Published

2012 年 12 月 7 日に実施した Webinar において NetAdvantage for WPF / Silverlight 2012 Volume2 の新機能を紹介したスライドです。

2012 年 12 月 7 日に実施した Webinar において NetAdvantage for WPF / Silverlight 2012 Volume2 の新機能を紹介したスライドです。

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
586
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
9
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. NetAdvantage 2012Volume2 最新情報XAML プラットフォーム編Daizen Ikehara : Marketing & Developer Evangelistdikehara@infragistics.comTwitter @Neri78
  • 2. 自己紹介池原 大然(いけはら だいぜん)インフラジスティックス・ジャパン株式会社マーケティング & デベロッパー エバンジェリストMicrosoft MVP for Development PlatformsClient App Dev 2010/04 – 2013/03 Blog
  • 3. NETADVANTAGE
  • 4. Cross Platform Modern User Experience
  • 5. XAML styles to match published Microsoft themes.
  • 6. 利用のポイント/傾向• 開発/テスト双方における工数の削減• パフォーマンスの高さ(特にグリッド/チャート)• 手軽に一貫した優れたスタイルによる外観の高い品質を得ることが可能• 日本法人によるダイレクトサポート• サブスクリプション/アップグレードにおける継続的な価値向上(大小の機能追加及びバグフィックスを含む)• ソースコードの開示(100万行以上の洗練されたコード!)• どの製品でも一貫したアーキテクチャと同じアプローチをとっていることによる学習コストの削減 SIer • プロジェクトにおける工数の削減 • 提案/設計時のラピッドプロトタイピングにも利用 ISV • 自社製品の継続的アップグレードに伴う価値向上 • 弊社製品による他のプラットフォームへの迅速な対応In-house IT • セルフ開発スキーム確立における標準パーツとしての利用 • 「作らない」ための弊社製品の利用 ユーザーインターフェイス開発において、いかに生産性を高め、 優れたUXを実現するための支援が出来るかを追求
  • 7. UIコントロールの有効活用 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 従来、導入が検討されたのは開発一歩手前、あるいは 開発に着手してからであり、要件が完全に固まった状態 であった。そのため、やむを得ずコントロールのカスタマイズ をされるケースも多く、あまり効率の良い状態ではない。 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 有効活用されているお客様では、共通して「設計段階 においてUIコンポーネントで要件が満たせるかどうかにつ いて評価」を行い、開発の難易度を決定されている。結 果として見積もりが正確になり、手戻りが少なくなる。
  • 8. XAML プラットフォームとNetAdvantage のキーコンセプト2012 Volume2 新機能XAML の将来まとめ
  • 9. XAML プラットフォーム と NetAdvantage の キーコンセプト
  • 10. ハイプ・サイクル WPF3.5 WPF4.5 SL3 SL5 WP8 流行期 安定期 回復期 WPF4 幻滅期 SL4 WP7.1黎明期 テクノロジとしてこなれた状態(安定している)
  • 11. プラットフォーム選択 ReachWeb Standard Application Third Party Framework要求によっては XAML プラットフォームが 適している 要求 Third Party Framework WPF Silverlight WP WinRT Native Application Rich
  • 12. NetAdvantage のキー コンセプト パフォー Modern Application マンス ツール セット Exceptional 使い勝手 User Experience 機能セット Interaction Design スタイル + Engineering
  • 13. WPFコンポーネント• データグリッド• チャート• リボン• ドックマネージャー• エクセル/XPSエクスポート• カレンダー• タブ• データカルーセル• データカード• カルーセルリストボックス• カルーセルパネル• 各種エディター• ゲージ• タイムライン• ズームバーブレットグラフ• マップ• ガント、他
  • 14. Silverlightコンポーネント • グリッド • チャート • ツリー • メニュー • コンテキストメニュー • HTMLビューワー • Outlookバー • ダイアログウィンドウ • タイルビュー • エディター • スケジュール • スペルチェッカー • タグクラウド • エクセルエクスポート • ドラッグアンドドロップ • マップ • タイムライン • ズームバー • ブレットグラフ • ピボットグリッド • ガント、他
  • 15. 高パフォーマンス• 業界最速の Silverlightデータグリッド – 対象コントロール:XamGrid – テスト内容:xamGrid をさまざまな ItemSource へバインドし、 LayoutUpdated イベントの描画にかかった時間を測定 – 想定操作:データの読み込み時のエンド ユーザーの待ち時間を測定■表3:描画に要した時間 ※IList へバインド - 10 列、1,000,000 行のデータ 弊社製品 競合製品 I 競合製品 II 所要時間 (ms) 1,028 2,050 99% 遅い 1,962 90% 遅い メモリ使用量 91,852 88,964 0.3% 少ない 90,683 0.1% 多い - テスト前(KB) メモリ使用量 91,762 144,394 57% 多い 128,511 40% 多い - テスト後(KB)■表4:描画に要した時間 ※ObservableCollection へバインド - 10 列、1,000,000 行のデータ 弊社製品 競合製品 I 競合製品 II 所要時間 (ms) 1,028 2,025 96% 遅い 1,962 90% 遅い メモリ使用量 - テスト前 91,852 91,360 等しい 90,660 1% 少ない (Kb) メモリ使用量 - テスト後 91,762 113,795 24% 多い 128,207 39% 多い (Kb)
  • 16. xamGrid の仮想化描画されていないコンテンツを仮想化表示されているセルのビジュアル要素のみが読み込まれる
  • 17. リソースウォッシング 基本色を1色選択するだけで アプリケーションの外観を キレイにスタイリング
  • 18. カラー チューナーリソース ウォッシャー機能を拡張し、デザイン時に手軽にスタイリング
  • 19. カラー チューナー / リソース ウォッシングDemo
  • 20. スタイリング サポートリソース ウォッシャー カラー チューナー テーマ提供 工数と外観のバランス
  • 21. 広がり続けるプラットフォーム Windows HTML5 Phone WPF iOSSilverlight WinRT Core Data Visualization APICross Platform Shared Code Strategy
  • 22. プラットフォーム横断による工数 コードの共通化
  • 23. コード共有によるプラットフォーム間の互換性Demo
  • 24. コード共有による “効率化”• XAMLコードの共通化 – WPF/Silverlight/WP 開発でのコードシェア・コスト低減• APIセットの共通化 – マルチプラットフォーム開発でのコスト低減 API共通化に よる学習・開発 コストの削減 単独 APIセット共有 共通部分 Silverlight Windows Phone WPF jQuery
  • 25. NetAdvantage2012 Volume2 新機能
  • 26. xamGantt コントロールMS プロジェクトのガント表示を XAML プラットフォームで実現 タイムスケール 追加、変更タスクデータを 関連タスク表示 グリッド表示 ドラッグ移動編集、追加、削除 期間変更など
  • 27. xamPivotGrid + xamDataChartOLAP 軸を利用したデータ分析支援 UI を素早く構築Excel スタイル フィルタリング、コンパクトレイアウト、ドラッグイベントハンドリングといった機能も ピボット グリッド データ セレクター Excel スタイル フィルタリング チャート
  • 28. xamGeographicMap大量データや時系列データの表示を可能に
  • 29. 構文解析ライブラリー + エディタールールに従って構文を解析できる Infragistics Syntax Parsing Engine上記エンジンを組み込んだエディター コントロール xamSyntaxEditor
  • 30. xamCalculationManager + xamDataGrid動的に書式を組み立て、グリッドに適用その他グリッド機能拡張 – 外部演算、並び替え、グループ化などのパフォーマンス向上
  • 31. XamPivotGrid + OLAP 軸構築Demo
  • 32. XAML の 将来
  • 33. NetAdvantage for Windows UIXAML & HTML コントロール• Grid• Chart特にデータ視覚化パターンを実装した UI に注力
  • 34. Windows ストアアプリケーション用UIコントロール (Beta) http://bit.ly/NAWindowUIBeta
  • 35. Running TotalDemo
  • 36. ロードマップ 2012 Q4 2013 H1 2013 H2ベータ版公開 v1 リリース v2 リリース
  • 37. まとめ
  • 38. まとめ XAML プラットフォームの安定性 • 先進的よりは安定的 • UI の表現力の優位性 UI コンポーネント活用 • 高機能、高パフォーマンス • 開発生産性を考慮 • コード共有による将来へのリスクヘッジ
  • 39. UIコントロールの有効活用(再) 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 従来、導入が検討されたのは開発一歩手前、あるいは 開発に着手してからであり、要件が完全に固まった状態 であった。そのため、やむを得ずコントロールのカスタマイズ をされるケースも多く、あまり効率の良い状態ではない。 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 有効活用されているお客様では、共通して「設計段階 においてUIコンポーネントで要件が満たせるかどうかにつ いて評価」を行い、開発の難易度を決定されている。結 果として見積もりが正確になり、手戻りが少なくなる。
  • 40. &NetAdvantage 利用を前提とした サービスでの協業を開始!
  • 41. セカンドファクトリー様との協業でお届けできるものは: コードレベルで再利用可能な 継続的な開発に利用できる 実際にコントロールを配置した 仮説 練りこまれたUXを表現するための ユーザー、課題の理解レイアウトデザイン UI ガイドライン インタラクション設計 グラフィックアセット 触れる、実機で動く、最終に近い、 テーマ/スタイル ユーザーの想像力を喚起できる 早期の検証 プロトタイプ開発ビジュアルデザイン プロトタイプ触って確かめられるプロトタイプタッチ アンド トライ プロトタイピング 2nd FACTORY CO.,Ltd. CONFIDENTIAL 41