Future Of TV

746 views
687 views

Published on

テレビ(ディスプレイ)の未来についての私的メモ

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
746
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Future Of TV

  1. 1. 1. Start Screen 視聴者がアクセス可能なコンテンツやサービスを可視化する <これまで> <これから> ※画面はWiiメニュー(任天堂)の例 ・テレビの電源を入れると、前回見ていたチャネルが ・テレビの電源を切ってから一定時間経過後に電源を再び 引き続き表示される 入れると、スタートスクリーン(メニュー画面)が表示される ・視聴可能なチャネル(受信している全ての放送波)と それぞれの番組概要、接続しているレコーダー上の コンテンツ、対応しているネットサービスのメニューが 等価に表示される
  2. 2. 2. Contents Awareness コンテンツの内容と連動したサービスを可能にする <これまで> <これから> 無関係 連動 公式 勝手 サービス メタ メタ ・ソニー社のアプリキャストでは、画面上に任意の ・放送コンテンツには秒単位の内容メタデータが放送と ウィジェット(アプリケーション)を配置することは 同時に配信される(公式メタ) できるが、 メインスクリーンに表示されている 放送コンテンツ等との連動は不可能 ・また放送事業者以外が作成したメタデータも、ネット経由 で配信されデバイス内に蓄積される(勝手メタ) ・これらのメタデータと連動したサービスが、ウィジェット等 の形態で利用可能になる
  3. 3. 3. Behavior Tracking 視聴者の反応や態度を捕捉する <これまで> <これから> ・カメラ ・マイク ・血圧計 ・脈拍計 ・発汗検知器 ・サーモグラフィ 視聴質 メタ ・テレビデバイス内にマイクやカメラが搭載され、 ・視聴者の行動情報としてTVが取得可能なのは、 視聴者の音声や表情、各種生体反応を取得する 基本的にはチャネル切り替えのみ ・リモコンによる操作ログとともに、これらの情報を ・レコーダーの場合は、コンテンツの再生・停止・ 統合的に処理し、「視聴質メタデータ」を生成する 早送り・巻き戻しや録画予約指示などの動作が 取得可能 ・ただしこれらの操作ログは履歴としては残らない

×