Euroia 2013 redux in Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Euroia 2013 redux in Tokyo

on

  • 5,990 views

This is a presentation at the euroia 2013 Redux in Tokyo, held on October 28th, 2013

This is a presentation at the euroia 2013 Redux in Tokyo, held on October 28th, 2013

Statistics

Views

Total Views
5,990
Views on SlideShare
1,202
Embed Views
4,788

Actions

Likes
11
Downloads
4
Comments
0

20 Embeds 4,788

http://www.concentinc.jp 3565
http://sprmario.hatenablog.jp 884
http://iaaj.org 211
http://cptl.corp.yahoo.co.jp 60
http://feedly.com 24
http://flavors.me 11
http://cloud.feedly.com 9
https://twitter.com 5
http://cache.yahoofs.jp 3
http://rss.ameba.jp 3
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://newsblur.com 2
http://digg.com 2
https://m.facebook.com&_=1383105422976 HTTP 1
http://202.218.145.175 1
https://www.google.co.jp 1
http://translate.googleusercontent.com 1
https://m.facebook.com&_=1383107330505 HTTP 1
http://site-it.org 1
http://www.google.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Euroia 2013 redux in Tokyo Euroia 2013 redux in Tokyo Presentation Transcript

  • EuroIA  2013  Redux  in  Tokyo Edinburgh,  26  –  28  September  2013 Twitter:  #EuroIAj
  • ツアーメンバー(スピーカー) ⼭山中  健⼀一(左) 株式会社コンセント EIAチーム 伊藤  恵美⼦子(中央) 株式会社リコー コーポレートコミュニケーションセンター   戦略略・統括室 坂⽥田  ⼀一倫倫(右) 株式会社コンセント @  Edinburgh  Castle EIAチーム
  • 本⽇日の内容 19:00〜~20:30 n  開催概要、開催地等のご紹介 n  EuroIA  カンファレンス全体像のご紹介 n  セッション・ダイジェスト 20:30〜~22:00 n  懇親会 エジンバラのフード&ドリンクも⽤用意してます
  • EuroIA  2013  の概要 会期: 2013年年9⽉月26⽇日〜~28⽇日 開催地: エディンバラ、スコットランド 会場: Sheraton  Grand  Hotel  &  Spa 参加者数: 〜~150名 プログラム: ワーク(Preのみ)4本、 トーク:20本(Day1)、12本(Day2)
  • Day1:がっつり(トーク11本、ライトニングトーク7本、ポスターセッション)、 Day2:少し軽め(トーク12本)
  • 2つの会場を使ってのセッション 男⼥女女⽐比はほぼ6:4ぐらい
  • セッションの間はホワイエでコーヒーブレイク 多国籍でのディスカッションが⾏行行われています
  • ランチも⽤用意されています
  • EuroIA  のセッション・ダイジェスト
  • We  Are  the  Architects  (Lisa  Welchman  –  Digital  Governance) Slideshare:  http://www.slideshare.net/welchmanpierpoint/we-‐‑‒are-‐‑‒the-‐‑‒architects-‐‑‒keynote-‐‑‒euroia
  • We  Are  the  Architects  (Lisa  Welchman  –  Digital  Governance) Slideshare:  http://www.slideshare.net/welchmanpierpoint/we-‐‑‒are-‐‑‒the-‐‑‒architects-‐‑‒keynote-‐‑‒euroia ¤  ヒト及びコミュニケーションの在り⽅方が ⾒見見直されている。 “We  are  making  a  big  difference.” ¤  ⽬目の前にあるスクリーンのことだけに因 われず、スクリーンの裏裏にある「情報」 についても考えてみて欲しい。 ¤  情報を整理理、設計したところで⼈人々は平 和に思うだろうか?
  • 世界初の組織図
  • Big  IA (an  orchestra  conductor  or  film  director) Small  IA (bottom-‐‑‒up;  definition  of  metadata,   wireframe,  etc.) Credit:  Big  Architect,  Little  Architect
  • Credit:  We  Are  the  Architects  –  Keynote  EuroIA  2013
  • Future  Reading  (Claudio  Vandi,  Grandin  Donovan  -‐‑‒  Agency) Speaker  Deck:  https://speakerdeck.com/donovanvandi/future-‐‑‒reading-‐‑‒new-‐‑‒reading-‐‑‒spaces-‐‑‒and-‐‑‒emerging-‐‑‒patterns-‐‑‒for-‐‑‒information-‐‑‒architects ¤  読書時にヒトが「読んでいる」領領域。
  • デジタル・リーダビリティ  (Digital  Readability) ¤  いつでもどこでも、読みやすい環境を整えてく れる。 ex)  Pocket  Bookmarklet  /  Desktop  App ¤  ブラウザにさえ、読書モードが存在する。 ex)  Safari  Reader ¤  新しい技術によって可能性を広がる。 ex)  HTML5
  • The  Cover  Question(表紙問題) Reliability(信頼度度) Thickness  and  Depth(太さと深さ) The  bookshelf  effect(本棚効果) 本がデジタル化されたことで何を失ったか(何を解決すべきか)
  • ナビゲーション調査  (How  do  I  move?  Where  am  I?) ①ページめくり ②セクション間スクロール ③現在位置/進捗 ③現在位置(ページ内) ②ページ内スクロール ③現在位置/進捗(定量量) Credit:  Future  Reading
  • 構造パターン調査  (Text  and  Media) Full  Text (アカデミック、⼩小説など) Text-‐‑‒centric,  media-‐‑‒supported (ノンフィクション、参考書など) Media-‐‑‒centric,  text-‐‑‒supported (漫画、説明書など) ジェスチャー調査  (In  &  Out) Credit:  Future  Reading
  • Credit:  Words
  • Using  Co-‐‑‒creation  to  Make  Design  Solutions  that  Work  (Koen  Peters) Slideshare:  http://www.slideshare.net/KoenPeters/using-‐‑‒cocreation-‐‑‒to-‐‑‒make-‐‑‒design-‐‑‒solutions-‐‑‒that-‐‑‒work-‐‑‒euroia-‐‑‒2013-‐‑‒edinburgh
  • Storytelling (シナリオ、アクト) Ideation (睡蓮の花) Framing (コンテキスト・マップ) Design (プロトタイピング) IA (中⼼心と動線) Service  Design (ジャーニー・マップ) IA (マインド・マップ) Namahn  の  Co-‐‑‒Creation  プロセス Credit:  Using  Co-‐‑‒Creation  to  Make  Design  Solution  that  Work
  • Context  Map プロジェクトにおけるコンテ キストのフレーミング Collaborative  mind  map ウェブサイトの情報をトップダ ウン形式で整理理 Lotus  Blossum KJ法などを活⽤用したアイ ディア発想 Storytelling ペルソナと利利⽤用シーンの作成 Cores  and  paths ユーザが訪れる理理由、利利⽤用 する利利⽤用を分解 User  Journey  map タッチポイントの定義及び ジャーニーの可視化 Serious  play レゴを活⽤用したアクティン グ・アウト Credit:  Using  Co-‐‑‒Creation  to  Make  Design  Solution  that  Work
  • ティップスとリスク  (Tips  and  Risks) ティップス ¤  セッション毎に明確なゴールを設定する。 ¤  1グループ3〜~4名内に留留め、グループディス カッションを避ける。 ¤  椅⼦子を⽤用意しない。 リスク ¤  予算と時間に余裕を持って。 ¤  「あなたの専⾨門分野は?」 Credit:  Using  Co-‐‑‒Creation  to  Make  Design  Solution  that  Work
  • Metadata  in  the  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystem  (Adam  Ungstad  –  Agency) Slideshare:  http://www.slideshare.net/aungstad/euroia-‐‑‒2013-‐‑‒metadata-‐‑‒in-‐‑‒crosschannel-‐‑‒ecosystems
  • Metadata  in  the  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystem  (Adam  Ungstad  –  Agency) Slideshare:  http://www.slideshare.net/aungstad/euroia-‐‑‒2013-‐‑‒metadata-‐‑‒in-‐‑‒crosschannel-‐‑‒ecosystems ¤  IA  Summit  2013  のスピーカーも務める。 ¤  3つに分類されるメタデータ。 ¤  クロスチャネル環境における情報の「交 換」を容易易にするための情報アーキテク チャ。 ¤  共通⾔言語の定義、及びデータのセマン ティックスの定義。
  • Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • メタデータの3つのタイプ  (3  Types  of  Metadata) 1.  Administrative  Metadata(管理理) オブジェクトを管理理するために⽤用いられるメタ データ 2.  Descriptive  Metadata(記述) オブジェクトを発⾒見見、ないしは特定するために ⽤用いられるメタデータ 3.  Structural  Metadata(構造) オブジェクトを構造化し、情報を「交換」する ために利利⽤用されるメタデータ Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • 情報の「交換」を可能にする共通⾔言語の設計  (XML,  OASIS,  RDF) Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • 共通⾔言語の記述内容  (Document  Common  Language) 1.  Lexicon(語彙) 情報交換の際に⽤用いられる⾔言葉葉やフレーズの 定義 2.  Semantics(意味) ⾔言葉葉やフレーズの意味 3.  Syntax(表現) 情報交換の際に⽤用いられる情報そのものの表現 ⽅方法の定義 Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • ポイント  (How  do  we  document  them?) ¤  Data  Standards:  メタデータがどのよう に定義されているか、交換されているか ¤  Controlled  Vocabulary:  複数のドメイン 内で⽤用いられる⾔言葉葉の意味や表現⽅方法を管 理理できているか ¤  Thesauri:  それぞれの⾔言葉葉のヒエラルキー など、構造が整理理されているか ¤  Taxonomy:  クラス名や構造など⼀一貫性が 保たれているか ¤  Ontology:  各メタデータの価値定義及び関 係性は整理理されているか Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • メタデータ設計の重要性を問う Credit:  EuroIA  2013:  Metadata  in  Cross-‐‑‒Channel  Ecosystems
  • The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge  (Xander  Roozen  –  Agency) Slideshare:  http://www.slideshare.net/deluca/the-‐‑‒social-‐‑‒sound-‐‑‒of-‐‑‒the-‐‑‒airport-‐‑‒lounge
  • リスニング・エクスペリエンス  (Listening  Experience) The  3  Pillars  of  Information  Architecture Listening  Experience
  • コンテンツ:カバー写真、フォーマット、ジャンル、棚… Credit:  The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge
  • Credit:  The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge
  • Credit:  The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge
  • ムードに合わせた選曲、きっかけに合わせた検索索⽅方法
  • ユーザ:タグ、フォークソノミー、ソーシャル… Credit:  The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge
  • コンテキスト:場所(位置情報)、時間、気候…
  • リスニング・エクスペリエンス設計  (IA  in  Listening  Experience) Credit:  The  Social  Sound  of  the  Airport  Lounge
  • The  Poetics  of  Space 紹介された書籍 Intersection The  Brain  is  Wider  than  the  Sky
  •            EuroIA  2014 Brussels,  25  –  27  September  2014 10th  Anniversary  EuroIA
  • EuroIA  に関する情報 n  EuroIA  2013  Lanyrd http://lanyrd.com/2013/euroia/ n  The  Information  Architecture  Institute http://www.iainstitute.org/ n  コンセントのサイト内「ラボ」コンテンツ http://www.concentinc.jp/labs/ n  コンセントのウェブマガジン『サストコ』内の「コンセント世界⾏行行脚」 http://sustoco.concentinc.jp/angya/
  • WIAD  2014  2014.02.15  sat   WIAD  2014  のテーマ 「IA  thinking  to  make  the  world  a  better  place」 考えられるローカルテーマ n  Cross-‐‑‒channel  IA  providing  an  experiential  continuity  through  different   channels  and  devices. n  Beyond  business:  improving  life  quality  around  the  world-‐‑‒  from  government  to   city  planning  to  water  quality  and  more. n  Concrete  examples  of  IA  and  the  changes  it  has  made.  Show  through  a  case   study  or  user  research  outputs  how  IA  made  the  world  a  better  place. n  Expressing  IAʼ’s  potential  through  tangible  metrics. n  Pervasive  IA:  IA  in  conjunction  with  computation,  interaction,  and  the  physical   world. n  Show  donʼ’t  tell  or  tell  donʼ’t  show?  Presentation  choices  that  insight  change. n  Emergent  changes:  What  are  the  emerging  trends  and  wicked  problems  of   today  and  tomorrow  that  will  impact  what  we  do? n  Semantic  Web.