【Interop Tokyo 2014】 ビジネスに革新をもたらす、グローバルマルチデバイス・コラボレーション

698 views
610 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
698
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【Interop Tokyo 2014】 ビジネスに革新をもたらす、グローバルマルチデバイス・コラボレーション

  1. 1. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. ビジネスに革新をもたらす、 グローバルマルチデバイス・ コラボレーション NTT コミュニケーションズ株式会社 Voice & Video サービス部 梶木 保宏 2014年6月13日
  2. 2. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. ガートナーが予測する2020年の労働環境 企業における「働き方」のトレンド すぐ集まり、 すぐ解散 状況に応じた柔軟な 組織活動 労働力の"寄り集まり” 週7日 24時間 体制で対応可能。 オフィスもなく 知らないもの同士 の仕事も増加 仕事場のバーチャル化 自動化できない人間 ならではの業務、 25%(2010年)から 40%(10年後)へ 業務の非定型化 24時間いつでも、世界のどこにいても、 必要に応じて寄り集まって働ける社会
  3. 3. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 「働き方」をめぐる環境の変化 多様化するワークスタイル 進化するテクノロジー 多様なワークスタイルへの対応力自体が 企業の競争力の源泉 最新テクノロジーを活用し、 事業スピードを最大化 事業の グローバル化進展 働き方改革 労働環境 の多様化 モバイルの普及 (ますます分散し) クラウド化の進展 (ますます柔軟に)
  4. 4. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 「働き方改革」をするまでの具体的な悩み 距離・時間の壁 組織・地域の壁 個人のナレッジの壁 たとえば、代表的な悩み  情報の渦に巻き込まれる • 毎日大量メールの処理に忙殺され、返信 だけで一日がかり • 異なるチームが同じ作業をやっている  会議の調整に手間取る • スケジュール調整/会議室確保に難航 • ビデオ/電話会議の設定が上手くできず、 時間通り会議を始められない • 遅刻者/途中離席者が多く、会議のア ジェンダに集中できない  海外とのコミュニケーションの急増 • 海外現法とのやり取りが急激に増えた • 非英語圏同士で英語で意識を併せる必要  キーパーソンが捕まらない • 相談したい相手が捕まらず、メールの返 信もない • 着信に折り返したところ相手も不在 … 3 つ の 課 題
  5. 5. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. Arcstar UCaaSの概要 4 基盤となるネットワークや外線サービス、機器構築、オペレーションと組み合せ ご提供するクラウド型ユニファイドコミュニケーションサービスです Arcstar Universal One社外 Arcstar UCaaS プラットフォーム メッセージング機能 ( プレゼンス、IM ) カンファレンス機能 ( ボイス, Web、ビデオ会議 ) IP電話機能(IP-PBX) モビリティ機能 本社 海外拠点 (グローバル) 国内支社 オプション Arcstar IP Voice or Arcstar SIP Trunking ソフトフォン (Jabber) ソフトフォン (CIPC)
  6. 6. Arcstar UCaaS特徴1:全世界をカバーするUCソリューション UC Platform UCaaS Platform On NTT’s Global Cloud APAC Europe North America グローバル3極プラットフォームをベースに世界158か国でサービス提供 プラットフォーム及び、現地サポートを含めきっちりとご対応
  7. 7. Primary Secondary HSRP IP-VPN ●高品質DC内設置  全世界で、Tier4相当のNTT独自基準を満たした 最高レベルの電源上長化や空調設備、ビルディン グ保安を保障 ●プラットフォームの完全冗長化  NW装置: 電源装置, 配線、NW構成は全て冗長化  サーバ・ シャーシーは全て冗長構成  ストレージ装置は全て物理冗長のSANに保存 ●24x365体制の監視保守  NOCによる万全なバックアップ体制  CiscoのHCS認定取得による高度なパートナー支援 VLAN Base VM Base MPLS Base Arcstar UCaaS特徴2: 世界最高水準の信頼性 ●クラウド技術の採用  VMwareを利用した仮想化環境採用  ハードウェア共有(CPU, Memory, Disks, Network)  Storage/SAN含むデータ完全冗長化とバックアップ  プラットフォーム冗長化によるサービス継続性を実現
  8. 8. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. ・お客様のビジネス変化にオンデマンド・リアルタイム対応 ・システム管理・運用に掛かるリソース・コスト削減 (パッチ・バージョンアップ) ・M&Aなど突発需要に対応するグローバルに統一されたサービス提供 時間 ITリソース 新たな 事業展開 ITリソース 新事業展開時にIT リソースが不足 需要を見越した先 行投資が必要 機会損失 過剰投資 事業リスク クラウド型サービスオンプレミス型SI 事業規模 利用期間&拠点展開 オンプレ利用の場合 余剰投資 リスク システム増強遅延 (業務停止リスク) 事業統合・縮小 (休資産リスク) 需要予測 実稼働数 UCaaSのID数 Arcstar UCaaSの特徴3:クラウド型によるサービス柔軟性
  9. 9. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 日本企業のグローバル事業展開 製造・組立 (アジア⇒全世界) 営業・販売 (欧米⇒全世界) プロダクト・ サービス開発 スタッフライン 収益増 コスト削減 M&A 事業全体戦略
  10. 10. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 日本企業のグローバル事業展開 出典:財務省データ 対外直接投資と純資産増加 (要因) ・対外直接投資増・大幅黒字 ・M&Aによる海外企業買収 (2013年:527件) 貿易収支の赤字化拡大 (要因) ・天然資源の輸入拡大? ・円安による外貨流出量増大 ・輸出量の減少 (国内製造・輸出構造の変化) 構 造 変 化 . 13.7兆円赤字! (2013年度) 23年連続 世界一! (325兆円) グローバルなコミュニケーション・コラボレーションの必要性の高まり!
  11. 11. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. グローバル化でのコミュニケーション上の課題は? 水槽で泳いでいる熱帯魚を思い浮かべて下さい
  12. 12. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. グローバル化でのコミュニケーション上の課題は? 水槽で泳いでいる熱帯魚を思い浮かべて下さい どういった順番で、何を書きますか?
  13. 13. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. グローバル化でのコミュニケーション上の課題は? 虹の色は何色か?
  14. 14. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. グローバル化でのコミュニケーション上の課題は? コミュニケーションの本質、、 ■文化・国籍・背景・状況によって理解が異なり、言葉以外も“通じにくい” ■ビジネスの質を高めるには、コミュニケーション緊密性を高める必要性 (人のつながり= 質 x 量) 可視光(波長380-750nm)の光合成比率によって変化、 ■ 赤(波長: 625-740 nm 周波数: 405-480 THz) ■ 緑(波長: 500-565 nm 周波数: 530-600 THz) ■ 青(波長: 450-485 nm 周波数: 620-665 THz) 一般的健常者で、250-300色くらい認知可能?
  15. 15. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. コミュニケーションの“質“を高めるコラボレーション環境とは? Web会議スマートフォン モバイル端末 チャット 固定電話 対面 非同期 同期→ メール テレビ会議 量 : 必要なときに、必要な相手と簡単につながれる X質 : 同期コミュニケーションツールの活用がキー
  16. 16. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 15 本日は、弊社の事例をご紹介します
  17. 17. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 16 入社当時 1999年 必要なときに、必要なコミュニケーション (デバイス毎One-Way-Communication) (自席)(社内) (FAX設置場所) (会議室)(自席) 「ハードウェアや、ロケーション依存したコミュニケーション」
  18. 18. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. Arcstar UCaaSがもたらす「働き方改革」 2014年 新たな働き方の実現 17 在宅勤務 フリー・デスク BYOD(私物活用) ロケーション・フリー デバイス・フリー どこでもオフィス 17 (IM/Chat) (Web会議) 「ハードや、ロケーションに依存しないコミュニケーション」
  19. 19. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. NTT Communicationsの事業展開(主に海外視点) 18 2000年 事業展開 日本中心、海外は自前主義 システム 日本中心型:会計, 本業DB系 各国毎型 :メール,Web, etc 通信NW ATM & Frame Relay (64k-6M) セキュリティ 全社ポリシーに基づき各国毎 Web・ドメイン 各国毎に設置 (ex. ntta.com, ntt.eu) IT資産 各国毎に投資 (PBX, サーバ, Security, 監視・運用 各国・地域単位で運用 コミュニケーション 音声/TV会議/メール を個別導入
  20. 20. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. これまでのインフラ【2000年前後】 19 東京DC 海外M&A会社 mail proxy www A/D ERP SCM SQL … 国際国内 mail www A/D 海外DC(各社毎) mail proxy www A/D
  21. 21. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. これまでのICTインフラ 東京DC mail proxy www A/D ERP SCM SQL … mail www A/D 海外DC(各社毎) mail proxy www A/D パフォーマンス低下 (リソース・拡張性・遅延) システム&セキュリティ 管理・運用コスト大 20 システム分散・重複投資による 投資ロスと、管理コスト増 海外M&A会社国際国内 ボトルネック リソース 共有困難 海外ITは当初は入るも 結局現地任せ、シャドーIT でも、クレームは来る。。。 使えない!遅い!ウィルス感染した! ↓ グローバルな一元管理しなければ・・・ 受けてくれない・・・ 触れたくない・・・
  22. 22. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 21 これまで 2013年~ 事業展開 日本中心、海外は自前主義 積極M&Aによる海外事業拡大 (海外15社+買収) システム 日本中心型:会計, 本業系 各国毎型 :メール,Web, etc 通信NW ATM & Frame Relay (128k-6M) セキュリティ 全社ポリシーに基づき各国毎 Web・ドメイン 各国毎に設置 (ex. ntta.com, ntt.eu) IT資産 各国毎に投資 (PBX, サーバ, Security, 監視・運用 各国・地域単位で運用 コミュニケーション 音声/ビデオ/メールを個別導入 コミュニケーション の質向上 IT資産の見える化 可用性向上 統一ポリシーによる 一元管理・運用 投資コストの最適化 弊社のグローバル事業展開
  23. 23. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 22 これまで 2013年~ 事業展開 日本中心、海外は自前主義 積極M&Aによる海外事業拡大 (海外15社+買収) システム 日本中心型:会計, 本業系 各国毎型 :メール,Web, etc クラウドでの統一基盤運用 通信NW ATM & Frame Relay (128k-6M) Arcstar UNO (10Mbps 以上) セキュリティ 全社ポリシーに基づき各国毎 クラウド上で統一運用 (us.ntt.com, eu.ntt.com) -security : wideangle -servers : BHEC -operation: GMOne Web・ドメイン 各国毎に設置 (ex. ntta.com, ntt.eu) IT資産 各国毎に投資 (PBX, サーバ, Security) 監視・運用 各国・地域単位で運用 コミュニケーション 音声/ビデオ/メールを個別導入 クラウド上で統一運用 =UCaaS 弊社のグローバル事業展開
  24. 24. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. UCaaSのグローバル規模での全社展開はコミュニケーションを促進させ、全世界 に分散する内部リソースや、顧客・M&A会社等の外部とのコミュニケーション を「いつでも、どこでも」円滑に実現するものであり、成長戦略を支える基盤強 化の核であると考えます。 As Is To Be 外部 内部 成長戦略 効率的なコミュニケーション →競争力強化・遂行力向上 価値・ナレッジの共有 →育成強化・要員の相互交流体制 M&A, パートナー企業との更な るコラボレーション強化 →事業展開の加速化 共通のグローバルプラットフォーム上 で、いつでも・どこでもマルチデバイス マルチツールを活用したコミュニケーシ ョン コア事業強化 海外新規事業への取組み強化 取組地域の拡大 Arcstar UCaaS導入目的
  25. 25. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 現時点~今後のNTTComのICTインフラ 24 NTTCom Cloud Platform mail proxy www AD#1 ERP (global) ERP (local) SQL … Arcstar UNO (NFV: Network Function Virtualization) 海外M&A会社国際国内
  26. 26. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 25 NTTコミュニケーションズ 社内導入事例
  27. 27. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン1 電話機 Before 社内はPHS、 外では携帯、個人の スマホもあるし…
  28. 28. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン1 電話機 After BYODで、どこでも 自分のスマホ1台!
  29. 29. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン2 アドレス帳 Before 連絡先はどこ だったかな… 連絡先はどこ だったかな…
  30. 30. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン2 アドレス帳 After クラウド上の電話帳で どこでも検索、 簡単ワンクリックコール
  31. 31. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン3 社内電話 Before K課長は会議中。 不在メモ、不在メモ…
  32. 32. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン3 社内電話 After K課長、会議中だけどPC ログイン中みたいだから、 IM送ってみよう…
  33. 33. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン4 会議 Before 会議はいつも始める までのセットアップ が大変…
  34. 34. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 利用シーン4 会議 After 自席からすぐWeb 会議に参加!
  35. 35. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 社内導入で実現したこと <オフィスで> 社員 社内電話帳 IM 電話 Web会議 電話会議 オフィス プレゼンス シームレス・コミュニケーション
  36. 36. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 社内導入で実現したこと <外出先で> PSTN お客様 外出先 社内電話帳 050VoIP プレゼンス ・会社貸与のsimを廃止 ・社員の選択で 9000IDのBYODを導入 BYODを実現
  37. 37. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. Web電話帳を使ったコミュニケーションイメージ マルチデバイス 各コラボレーションツール 内線 外線 プレゼンス Web会議 IM Arcstar UCaaS Web電話帳 ドキュメントシェア タブレット デバイス領域 スマートフォン フィーチャーフォン PC
  38. 38. Arcstar UCaaS導入実績 導入前の課題 UCaaS選定理由 NTT Comから導入した理由 ■ANA 様 約7,000ID導入(国内外) 自己資産としない音声システム(クラウド化) 相手の電話番号を意識しないクラウド電話帳の導入 グローバル規模の冗長化構成でサービス提供していること お客様のご要望にきめ細やかに対応したプライベートクラウドサービス(UCaaS) の提供 導入前の課題 UCaaS選定理由 NTT Comから導入した理由 ■金融B社様 約1,000ID導入(国内外) PBX仕様から新たな音声環境へスピーディーな移行ができること。 ・国内外の災害に伴い、BCP対策としてNTTコミュニケーションズのクラウド導入実績 ・事業所の移転や拠点増が今後見込まれ、それに対して柔軟に対応できるサービス提供 型での導入。 電話による顧客対応の効率化 社内電話の利用形態の見直し 導入前の課題 UCaaS選定理由 NTT Comから導入した理由 ■製造C社様 約1,000ID導入(国内外) 既存サービスとの相互接続をマネージメントし、新しいシステムの導入をスピーディー に推進することができる。 海外(シンガポール)について現地法人との密接な連携により国内と変わらない対応 が実現できる。 ・ワークスタイル変革、携帯費用の削減からモビリティのある端末の導入を希望 ・下位レイヤから上位レイヤまでフルレイヤでのマネージメントとコスト削減
  39. 39. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. お客様事例: 全日本空輸株式会社 様 38 (1)マルチデバイス対応の、クラウド上のコミュニケーション機能 (2)どこからでもセキュアに利用できるWeb電話帳機能 (3)より安心な携帯端末の業務利用をサポートするMDM機能
  40. 40. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. お客様の声 39
  41. 41. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 外部評価 40 2014 Japan Excellence Awards ■受賞カテゴリ “Japan Unified Communications-as-a Service Provider of the year” ・NTTComとして他に, Asia Pacific data Center Service of the year を受賞 “日本市場におけるリーダーシップと、全世界でのサービス展開、 顧客実績を信頼ベースに、素早いサービス展開を行っている点 を評価“
  42. 42. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 最後に、 41 X - 日本唯一、アジア初のCisco認定クラウド型UCサービス事業者 - 全世界189ヶ国で提供可能なカバレッジと、アジアで、世界で 認められる真のCloud Unified Service - NTTグループ総合力を活用し、お客様ニーズに応じたトータル ソリューション提供 Global integration Audio/Video/Web Conference Contact Center ITO/BPO
  43. 43. Copyright © NTT Communications Corporation. All rights reserved. 42 ご清聴ありがとうございました 梶木 保宏 y.kajiki@ntt.com

×