Your SlideShare is downloading. ×
Case study2~Wikipediaの文章を大学のレポートのために引用した場合~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Case study2~Wikipediaの文章を大学のレポートのために引用した場合~

545

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
545
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 参考*Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/?utm_source=weibolife.appspot.co
  • 2. 大学生Aさんがレポートの作成のため、Wikipediaのある項目B(項目Bの 作成者はC)を参考文献表記を明記した上で引用したところ、大学教授Dから 違法性を指摘され、さらに大学の授業の単位を落とすことになった。●今回の問題の図式:http://wikipedia.org/項目B.. Wikipedia 項目B 結果: 項目Bとは・・ 1.違法性の指 摘 2.単位不合格 ①閲覧 レポート Bに関する○○ ③教授Dへ ②wikipedia 項目Bとは・・ レポート提出 を引用 (http;//項目B..より引用) *引用は明記
  • 3. ●結論:違法性はないが、単位を落とすことはありうる。文章表現を引用する際に、・内容自体を自分で理解した上で自分の言葉で書きなおして内容を説明・引用であることをはっきりと明記していれば著作権(創造性)を守れているので、Aさんに違法性は特にない。しかし、「単位を不合格にするかどうか」は教授の判断によるものなので、教授の評価観点から大学の授業の単位が不合格になる可能性はある。
  • 4. Wikipediahttp://creativecommons.jp/licenses/#licenses#ixzz2CYln9800Under Creative Commons License: Attribution(以上、http://creativecommons.jp/licenses/#licensesより引用)

×