Ruby で zabbix agent の loadable module を作れる loadable module を C言語 + mruby で作った
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Ruby で zabbix agent の loadable module を作れる loadable module を C言語 + mruby で作った

on

  • 2,481 views

[mruby embedded loadable module for zabbix agent]

[mruby embedded loadable module for zabbix agent]
https://github.com/BlueSkyDetector/mruby_module_for_zabbix_agent
で作ったものの説明。

Statistics

Views

Total Views
2,481
Views on SlideShare
2,382
Embed Views
99

Actions

Likes
1
Downloads
3
Comments
0

2 Embeds 99

https://twitter.com 92
http://www.slideee.com 7

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Ruby で zabbix agent の loadable module を作れる loadable module を C言語 + mruby で作った Presentation Transcript

  • 1. Ruby で zabbix agent の loadable module を作れる loadable module を C言語 + mruby で作った Takanori Suzuki twitter: @BlueSkyDetector
  • 2. Loadable Module http://blog.zabbix.com/zabbix-2-2-features-part-10-support-of-loadable-modules/2379/
  • 3. Zabbix 2.2から サポートされた 機能の一つ
  • 4. ライブラリファイル 追加でZabbixに 独自の新規キーを 追加できる機能 dummy.pingキーで1を返すとか 好きなキーを追加して値を返す処理を 書ける
  • 5. 独自の新規キーを 追加する機能といえば UserParameter
  • 6. UserParameter と比べメリットは?
  • 7. 監視時に毎回外部プロ セスを起動せず、 同じプロセスで変数な どを再利用して動作す るので
  • 8. 動作が早い & データをキャッシュ しておける
  • 9. 作るには?
  • 10. C言語などで共有ライ ブラリ.soファイルを 作成する必要がある
  • 11. zbx_module_init()… プロセス起動時の処理 キーと紐付けた任意の関数… 監視実行時の処理 zbx_module_uninit()… プロセス終了時の処理 実行されるコード
  • 12. zabbix_agentd.conf LoadModulePath… モジュールのディレクトリ LoadModule… モジュールのファイル名 設定方法
  • 13. ところでmrubyとは?
  • 14. mruby = 組み込み向けruby 組み込み機器用のruby や アプリへ組み込めるruby
  • 15. mruby = 組み込み向けruby 組み込み機器用のruby や アプリへ組み込めるruby (今回はこっち)
  • 16. というわけで
  • 17. Github にあります 入力をmrubyで評価 する loadable module を作った https://github.com/BlueSkyDetector/mruby_module_for_zabbix_agent
  • 18. mruby.string[rubyコード] mruby.file[rubyファイル] でrubyコードが実行 できる mruby_module.so
  • 19. $ zabbix_get -s localhost -k 'mruby.string[1234 * 4]' 4936.000000 とかできる mruby_module.so
  • 20. $ zabbix_get -s localhost -k 'mruby.file[hello.rb]' Hello World とかできる mruby_module.so
  • 21. mruby.file で loadable module と 似たものを ruby でも書ける
  • 22. 監視時に毎回外部プロ セスを起動せず、 同じプロセスで変数な どを再利用して動作す るので
  • 23. 動作が早い & データをキャッシュ しておける
  • 24. zbx_module_init()… プロセス起動時の処理 zbx_module_run()… 監視実行時の処理 return値が監視結果となる zbx_module_uninit()… プロセス終了時の処理 実行されるrubyコード
  • 25. init で作成したデータは Userdata class for mruby で共有する。 https://github.com/matsumoto-r/mruby-userdata 実行されるrubyコード thanks to @matsumoto-r
  • 26. 実行されるrubyコード class Something def call() u = Userdata.new return "hello world " + u.name + " " + u.age.to_s end end def zbx_module_init() u = Userdata.new u.name = "test_user01" u.age = 30 return 'init world' end def zbx_module_run() return Something.new.call() end def zbx_module_uninit() return 'uninit world' end sample.rb
  • 27. $ zabbix_get -s localhost -k "mruby.file[sample.rb]" hello world test_user01 30 実行されるrubyコード
  • 28. デモ (時間があれば)
  • 29. Any question?